資格・語学

人気の調理師の資格を取って、料理のスペシャリストになろう

食のスペシャリストの調理師。料理を作って相手に「おいしい」と言われる仕事は調理師だけ。そして近年女性が注目されている仕事の一つ。ではその調理師になるにどういう方法で資格を取得するのか?またどんな内容の勉強方法があるのでしょうか。

調理師の資格取得に関する知識を知ろう

「調理師免許」を取得することで「調理師」と名乗ることができます。そして調理師はとてもやりがいがある仕事です。料理を作って相手に「おいしい」と言ってもらえる仕事です。

相手を喜ばせたい、おいしい料理を食べて欲しい、手に職をつけたいと思う方にはとてもオススメの仕事です。

では調理師免許の資格の取り方と、免許取得のための勉強方法などに関する知識を知りましょう。

まずは知りたい「調理師」はどんな資格?

「調理師」というのはどんな資格なのか、また資格を取得することでどのような仕事や資格を活かせるのでしょうか。

調理師という資格について

調理師とは、食品の「栄養」や「衛生」などの知識を持ち、お客様に安心と安全の料理を提供する食のスペシャリストです。また料理といってもさまざまなジャンルがあります。和食の「板前」、イタリア料理やフランス料理の「シェフ」、洋菓子などを作るパティシエなども全て調理師です。また学校の給食や病院の食事をつくるのも調理師の仕事です。

将来的に活躍できる仕事、資格の活かし方

調理師免許を取得した人しか調理ができないわけではありません。しかし「調理師」と名乗ることができるのは調理師国家試験に合格した人のみです。また独立をしてお店を開くときには調理師免許がないとお店を開店できません。

飲食業界で働くのなら調理師免許取得は調理師のキャリアアップとして必要な免許です。

免許を取ることで就職・給与に関係する

資格を取ることで一流ホテルや有名なレストランなどに就職するために有利です。免許を持っているのと持っていないとでは待遇なども全く変わります。免許を持っていることで経営側は即戦力としての人材としてくれます。

また通常よりも給与などの待遇も高くなるでしょう。お店によっては「資格手当」などで手当がつく所もあります。

女性が取得したときのメリット

調理師というと男性が第一線で活躍をしているイメージがあります。しかし実際には女性の調理師も数多くおり、最近ではレストランなどで一流シェフとして働いている女性の調理師も増えています。

また世界に向けてみると女性の方がが活躍の場を広げています。女性ならではの盛り付けやセンスの需要も高いのでメディアなどで取り上げられることも多々あります。男性も女性も関係なく調理師は平等に扱われる仕事です。

調理師の資格の取り方

調理師の資格を取るためには、どのような方法があるでしょうか。また資格を取るための費用はいくらかかるでしょうか。

効果的な勉強法

調理師免許を取得するためには2つの方法があります。一つ目は調理師専門学校などの調理師養成施設に1年以上通って卒業して免許を取得する「通学制」。

二つ目は飲食店などで2年以上の実務経験を経て、国家試験の調理師免許試験を受けて合格して取得する「通信制」の2つです。

この2つの方法で選ばれるが多いのは、1年以上の調理師養成施設を卒業することで取得できる「通学制」ですが、メリットとしては最短1年で卒業するだけで資格取得ができます。

しかしデメリットとしては調理師専門学校は食材などを使っての実技があるので、その分学費が高く金額面で悩む事が多いのがデメリットです。

ちなみに調理師免許試験は筆記試験のみです。また試験日は都道府県によって異なります。なので複数の都道府県での掛け持ち受験も可能です。

スクールに通う

調理師免許は1年以上の専門課程を修めれば試験なしで取得できます。そのため、一番最短での取得の近道としては調理師養成施設のある学校にいくことです。

免許が取れる学校は調理科のある高校・短大、また調理師専門学校があります。この場合は1年以上の通学をし、卒業をすることで100%で調理師免許を取得できます。

しかしデメリットとして学校や学科によっては異なりますが、専門学校ではかなりの学費がかかるので負担がかかるのが難点です。

通信教育で勉強する

専門学校に通うにはお金かかるのであまり費用をかけたくない、通学時間が確保することができない、働きながら勉強がしたいなどの理由の場合、通信教育で勉強ができます。

通信教育であれば自分のペースで費用も安く勉強できます。最近ではあのユーキャンでも調理師免許の資格講座があり、わかりやすくスムーズに試験の勉強ができるようになりました。

しかし通信では専門課程を履修していないので、調理師試験を受験するために2年以上の飲食店での実務経験が必要になるので、時間がかかることがデメリットです。

独学で勉強する

調理師免許は取得したいが、専門学校や通信教育に頼りたくない、自分の力だけでがんばりたいという人は参考書などの本を使用しての独学があります。調理師免許は2年以上の実務経験を有する以外は特に受験資格はありません。なので実務経験さえあれば受験できます。

デメリットとしては独学は本当に誰にも頼らない勉強法なので、試験日に向けての勉強スケジュールを全て自分で作るので挫折する人も多いです。そのため、根気のない人や継続力がない人には不向きです。

取るまでにかかる費用

調理師免許を取るまでにかかる費用は、さまざまな勉強方法でかかる費用とは別に受験料がかかります。調理師試験の受験料は都道府県別に受験料が違います。例として東京都で試験を受ける場合では、平成29年度の場合は6,300円です。

調理師学校にかかる費用

調理師養成施設に行って資格取得の場合ですが、1年以上の勉強をして卒業し取得します。この場合は調理師学校の費用がかかります。逆に受験料はかかりません。

調理師学校は全国にあり、各校で学費も異なりますが、入学金や授業料、さまざまな食材を使っての実習費用などを合わせると、1年間通学した場合にかかる費用は200万円が相場となっています。

調理師学校は費用がかかりますが、調理の知識や技術をしっかりと身につけることができ、またそれ以外にも「ふぐ調理師免許」や「食育インストラクター」などさまざまな資格も取得できます。

通信講座にかかる費用

通信講座を使って資格取得の場合にかかる費用ですが、ユーキャンなどの通信講座はものによって違いますが5万円前後が相場になっています。それ以外では調理師資格指導協会で実施している講座は全4回で28,000円です。

調理師学校と違い費用は格段に安くなり、これに受験料がかかります。ですが2年以上の飲食店での実務経験が必要になるので、調理師養成施設よりも取得までには時間がかかりますし、合格しないと免許は取得できません。ですが働きながら勉強もできるし、通信講座のフォローはしっかりとあります。

独学による費用

参考書などの本を使っての独学による場合の費用ですが、参考書と受験料だけなので1万円程度しかかかりません。独学の場合も通信教育と同じで2年以上の飲食店での実務経験が必要です。

またこの場合は一人での勉強になるので、フォローなどがなく自分で全てしないといけません。そのため根気が必要です。

調理師養成施設では費用はかかりますが、最短で1年で資格取得ができます。それ以外は時間が2年以上はかかります。ですから自分のライフスタイルにあった資格取得の勉強方法を選んでください。「お金」を取るか「時間」を取るかです。

調理師免許を取るための難易度(合格率)

調理師試験は各都道府県で試験問題が異なっています。しかし合格率としては一般的に60%~65%ぐらいです。調理師試験は資格の中では難易度もそれほど高くなく、しっかりと勉強をすれば合格できるといわれています。ただ年々難しくなりつつあるもいわれていますし、実務経験が2年以上必須です。

試験の内容としては食文化論、公衆衛生学、食品学、食品衛生学、衛生法規、調理理論、栄養学の中から出題をされます。

資格の更新などはある?

調理師免許は調理師養成施設を卒業や調理師試験に合格した人が、申請をすることで調理師免許を交付されます。では免許の更新はあるのでしょうか?実は調理師免許は一度取得をすれば、更新をする必要が全くありません。また有効期限もありませんので、取得をすれば一生調理師として名乗ることができます。

常に需要のある仕事。「おいしい」をプレゼントする調理師になろう

調理師は飲食店がある限り需要のある仕事です。そのため調理師免許を取得することでたくさんの仕事があります。また高い技術さえあればどんどんキャリアアップができる仕事です。そして最近では女性の調理師がメディアなどにピックアップされます。それだけ女性にとっても調理師という仕事は魅力的です。

調理師試験自体もしっかりと勉強をすれば合格は比較的簡単にできます。ですから調理師養成施設を卒業して免許を取得するのか、通信や独学で勉強し試験を受けて合格して免許を取得するのかは自分のライフスタイルに合うものを選んでください。免許を取得して調理師になってからが本番です。技術の向上や知識の習得をして自分の憧れる調理師を目指しましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール