メイク・コスメ

スプレーファンデーション│ムラなく簡単に仕上がる使い方を紹介

ベースメイクの基本となるファンデーションですが、通常のファンデーションと異なりムラのないきれいな仕上がりになるのがスプレーファンデーションです。使い方も簡単で、ベースメイクが苦手な女性におすすめです。では、どのように使うのでしょうか。

スプレーファンデーションについて詳しくご紹介

ベースメイクに欠かせないファンデーションですが、スプレー式のスプレーファンデーションをご存知でしょうか。スプレーファンデーションには専用の機械を使って直接顔にファンデーションを噴射するものとパフを使って顔に塗るものがあります。

スプレーファンデーションは普通のファンデーションに比べてムラなく仕上げることができます。今回はそのスプレーファンデーションについて詳しくみていきます。

スプレーファンデーションのタイプは2種類

スプレーファンデーションにはスプレー缶タイプとエアーファンデーションタイプの2種類があります。この2種類には使い方や費用に大きな差があり、それぞれの特徴をよく理解した上で使っていく必要があります。

スプレー缶タイプのファンデーション

スプレー缶タイプのファンデーションの一番の特徴は、スプレー缶に入っているため持ち運びが簡単にできるという点です。費用もあまりかかりません。スプレー缶タイプのファンデーションの場合は顔に吹き付けるのではなく、パフなどに噴射して使います。

パフに吹き付けて使用する

スプレー缶タイプのファンデーションは一般的なファンデーションと同様に、パフを使って顔に塗っていきます。パフに使う分だけスプレーし、ムラにならないように塗るだけで大丈夫です。

ひんやりした感触がある

現在、さまざまなメーカーからスプレー缶タイプのファンデーションが発売されていますが、スプレー缶タイプのファンデーションの中にはひんやりとした感触のものも多く発売されています。

エアーファンデーションタイプのファンデーション

エアーファンデーションタイプの場合、スプレー缶タイプのファンデーションとは異なり、専用のマシーンを使って直接肌に吹き付けて使います。全体に満遍なく吹き付けることによってきれいな肌に仕上がります。

専用の機器を使用して肌に直接スプレーする

エアーファンデーションタイプのものを使う場合、スプレー缶タイプのものとは異なり専用の機器を購入する必要があります。専用の機器を使って肌に吹きかけることによってムラのない仕上がりになりますが、初期費用がある程度かかってしまうというデメリットもあります。

ムラのない綺麗な肌に仕上がる

普通のファンデーションではムラのないように塗っていても多少のムラが出てしまいます。しかし、エアーファンデーションタイプの場合は専用の機器を使用して直接スプレーでファンデーションを吹き付けるため、ムラのないきれいな仕上がりになります。

スプレー缶タイプを使う際のポイント

スプレー缶タイプのファンデーションはパフに吹き付けて使いますが、どのようなポイントに気をつけて使用すればいいのでしょうか。

スキンケア後にスプレー缶をよく振る

スプレー缶タイプのファンデーションを使う前に、必ずスキンケアをします。洗顔や化粧水でしっかりとスキンケアをして化粧下地を使ってからスプレー缶タイプのファンデーションを使います。

まず、スプレー缶をしっかりと振ってスプレー缶の中身をしっかりと撹拌します。この作業を怠ると塗った時にムラができてしまうため、必ず使用前にはスプレー缶をしっかりと振りましょう。

1回分はパフに1~2秒スプレーする

続いて1回に使う量についてですが、1回の使用量はパフに1~2秒程度吹き付けた量を使います。よく振ったスプレー缶を垂直に立て、パフを2cm程度離してスプレーを吹き付けます。パフに吹き付けたらそれを顔に塗っていきます。

ファンデーションは顔の内側から外側に向けてのばす

パフにスプレーを吹き付けたら顔の内側から外側に向けてファンデーションを塗っていきます。内側から外側に向かって伸ばしていくことによって最終的な仕上がりが綺麗になります。

また、小鼻や口周り、目元などの細かい部分は最後にパフに残った量で仕上げていき、目尻や口周りといったしわになりやすい部分は塗り終わったタイミングで軽めに拭き取ることで仕上がりが美しくなります。

肌をきれいに見せるメイクテクニック

エアーファンデーションタイプを使う際のポイント

専用の機器を使って顔に直接スプレーのようにファンデーションを吹き付けて使用するエアーファンデーションタイプですが、どのようなポイントに気をつけて使用するとよいのでしょうか。

専用の機器に1回分のファンデーションを入れる

まず、エアーファンデーションタイプを使用する場合、専用の機器にファンデーションを入れる必要があります。専用の機器にファンデーションを入れるときの注意点としては必ず専用のファンデーションを1回分だけ入れることです。

専用のファンデーション以外を使った場合、詰まりといった故障の原因にも繋がります。また、入れる量が多すぎると空気口から溢れる場合があるため、ファンデーションの入れ過ぎには注意が必要です。

顔から10cmほど離してスプレーする

専用の機器にファンデーションを入れた顔に吹き付けていきます。顔にファンデーションを吹き付けるときは、吹き付け口を顔から約10cmほど離して吹き付けます。

顔の輪郭に沿ってファンデーションを吹き付け、円を書くように本体を回しながら全体にスプレーします。そのときに目を強く瞑ってしまうとしわの原因になっていまうため、ファンデーションを吹き付けている間は顔に力を入れ過ぎないことが大切です。

ファンデーションが乾くまで1分ほど待つ

顔全体にファンデーションを吹き付け終わったら乾くまで約1分待ちます。ファンデーションが乾くのを待っている間はできる限り顔を動かさないようにします。吹き付けたファンデーションのヨレが気になる場合は、吹き付けたファンデーションが乾いた後に指でたたいてなじませると、きれいな仕上がりになります。

慣れないうちは首元にタオルを巻いておく

専用の機器を使って顔に吹き付けるエアーファンデーションタイプですが、ムラなくきれいに仕上げることができるというメリットがある反面、吹き付ける方向を間違ったりすると服や髪の毛を汚してしまうことがあります。

スプレーの噴射角度は服や髪の毛を汚さないように設計されていますが、慣れない最初のうちは首元にタオルなどをまいて汚れないように気を付けることが無難です。

おすすめスプレーファンデーション

ここではネットで購入できるスプレーファンデーションを4つ厳選しました。それぞれファンデーションだけではなく、+αの機能をもっています。

プリオール クール美つやBBスプレー UV 50 b

プリオール クール美つやBBスプレー UV 50 bはスプレー缶タイプのファンデーションのため、パフに吹き付けて使用します。

ファンデーションとしての機能だけではなく、化粧下地やUVカット効果、美容液、おしろいといった機能があり、とても重宝するファンデーションです。アロマブーケのほのかな香りがするのが特徴です。

パルガントン クーリングCCスプレー

パルガントン クーリングCCスプレー60g SPF50+/PA++++

パルガントン クーリングCCスプレー60g SPF50+/PA++++

1,650円(09/17 10:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

パルガントン クーリングCCスプレーはスプレー缶タイプのスプレーファンデーションです。スプレー缶タイプのため、使う分だけをパフにスプレーして使います。

ファンデーションとしての機能以外にも化粧下地や乳液、美容液、毛穴カバー、カラーコントロール、UVカットと7つの機能を持っており、万能な化粧品です。

オンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション

オンリーミネラル ミネラルエアーファンデーションは専用機器を使って顔に噴射するエアーファンデーションタイプのスプレーファンデーションです。毛穴より小さい微粒子エアーが出る専用機器を使って顔に噴射することによってムラのないきれいな肌に仕上がります。

噴射角度もしっかりと計算されているため服や髪の毛を汚すことなく使えます。ファンデーションとしての機能以外にも日焼け止めやコンシーラー化粧下地としての機能も持っているため、これ一つでベースメイクを行えます。

サーフレモネード ボディースプレーファンデーション

サーフレモネード ボディースプレーファンデーションはウォーターブルーフ配合でサーフレモネードの香りが特徴的なスプレー缶タイプのスプレーファンデーションです。顔だけではなく腕や足にも使用可能で、ファンデーションとしての機能だけではなく、日焼け止めとしての機能や黒ずみや毛穴、傷跡などのカバーもしてくれます。

腕や足に使う場合は20cm程噴射口を離してから直接噴射して全体に伸ばします。顔に使う場合は直接噴射せず、パフに使う分だけ噴射して顔全体へムラにならないように伸ばして使用します。

面倒なベースメイクもスプレーファンデーションで簡単に済ませよう

メイクのベースになるファンデーションは面倒になりがちですが、しっかりとベースを作ることによってメイク全体がきれいな仕上がりになります。スプレーファンデーションを上手く利用すれば面倒なベースメイクも簡単にできます。スプレーファンデーションを上手く活用して毎日のメイクを楽に済ませられるようにしていきましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール