メイク・コスメ

ファンデーションの種類。今さら聞けない選び方と使用方法

口紅やアイメイクは色々なタイプを試してみても、ファンデーションの色々なタイプを試してみることってあまり無いでしょう。いまさら聞けないファンデーションの選び方や目的の肌タイプ別のおすすめファンデーション選びなど、ファンデ選びのポイント満載です

様々なファンデーション

女性のお化粧のベースとなるファンデーション。ファンデーションはメイクのベースとなる重要なポイントになっています。分かっているはずのファンデーションですが、意外と知らない種類や目的が沢山あります。ファンデーションの種類や使用方法をしっかり理解して正しいファンデーションを使用しましょう。

ファンデーションの種類

ファンデーションの種類を全て正確に知っている方は、多くないでしょう。いつも使用しているファンデーションの種類ばかりで、女性はあまり冒険しない方も多いはず、ここでは、今さら聞けないファンデーションの種類別にメリットやデメリットなども含めてご紹介しましょう。

パウダーファンデーション

ファンデーションと言ったら、多くの方がパウダーファンデーションを思い浮かべるほど、使用している人も多い人気のタイプです。パウダーファンデーションは、パウダーを油性成分で固形に押し固めたプレストタイプと、粉のまま使用するルースタイプになります。比較的に乳化剤や防腐剤などの添加物が使用されていないものが多く、お肌にも安全な商品が多いのも特徴です。

一般的に市販されているパウダーファンデーションは固形タイプのプレストタイプのものが多く、コンパクトタイプとなって、スポンジやミラーがセットされているものが販売されています。パウダーファンデーションは、油分が少なく皮膚の余分な油分を吸収してくれるので、皮脂によるテカリなどに効果的であり、使い方が簡単な為、メイク初心者にもおすすめなファンデーションです。

メリット

きめ細かい粉が肌にフィットしてムラになりにくい・コンパクトタイプが主流で化粧直しが手軽・リキッドやクリームタイプに比べ肌に優しくナチュラルに仕上がる・皮脂を吸収しテカリを抑えてサラサラ

デメリット

シワに溜まりやすい・油分の配合がないので肌が乾燥しやすい・カバー力が低いので肌の粗が出てしまう・重ね付けを繰り返すと厚塗りになってしまう

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、肌へのフィット感やカバー力など、クリームタイプとパウダリータイプの中間的位置にあり、乳液状のタイプは肌にのせた時に伸びが良いのが特徴で、複数のカラーを配合して自分の肌に合わせた、オリジナルカラーのリキッドファンデーションを作ることが出来ます。

粉と油と水分で構成されていて、配分は1対2対7程度と、水分が多く付けた直後から肌が潤う効果があり、カバー力、保湿性に優れ、流行りのツヤ肌を作りやすいファンデーションです。

メリット

潤いがある肌になり保湿効果がある・カバー力がありアラを自然に隠せる・密着度が高いのでキープ力が高い・薄付や厚塗りなど仕上がり次第で使い分けることが出来る

デメリット

使用料や使い方次第でムラになりやすい・油成分が配合されているの肌への負担が大きく肌トラブルの原因となることもある

クリームファンデーション

クリームファンデーションは、リキッドをもっと濃くしたコッテリしたテクスチャーで、リキッドより水分量が少なく、その分油分が多く配合され保湿力に優れています。塗った後もしっとりした仕上がりになり、冬や秋など乾燥しがちな季節には、ぴったりのファンデーションです。

カバー力が絶大で、シミやソバカスや毛穴を目立ちにくくすることが出来ます。ただし塗りすぎの場合、顔が真っ白になることもあるので、少量ずつよく伸ばして使用することがおすすめです。

メリット

肌への密着力が高いのでしっかりメイクできる・一度塗ると崩れにくい・シミやそばかす毛穴を隠せる

デメリット

油分が多いので落とすために肌に負担がかかる・油分が多いので皮脂と混ざって崩れることも

クッションファンデーション

クッションファンデーションは、リキッド状のファンデーションをスポンジに含ませてコンパクトにセットされているものをいい、比較的ファンデーションタイプの中では新しい形のファンデーションです。パウダリーファンデーションの手軽さと、リキッドファンデーションの保湿力が合わさったタイプになります。

リキッド状で付けた感触はサラッとして、保湿成分でツヤ肌が簡単に実現できます。水分や美容成分が含まれている物もあり、ナチュラルな仕上がりが期待できるファンデーションです。

メリット

手を汚さず簡単に使用できる・カバー力と保湿力もある・下地を使わなくても自然に仕上がる・UV機能や美肌機能の美容液を含ませたものもある・お手軽に化粧直しが出来る

デメリット

残量が分からない・皮脂が多い方にはテカリが広がる・パフに雑菌が繁殖しやすい

エマルジョンファンデーション

エマルジョンファンデーションは、練り状のコンパクトタイプファンデーションと言ってよいでしょう。クリーム状を少し硬めにした感じで、使う量が分からないなどの理由から使用する人も少なめですが、1度使用したら癖になるほど簡単という声もあります。

使用感は肌にのせた時にはリキッド状ですが、すぐに水分のみが蒸発してパウダーに変化する印象で、パウダーファンデーションのサラサラ感と、クリームファンデーションのカバー力が合わさった使い心地です。肌にのせるとクリームファンデーションの様によく伸びて広がり密着してカバーします。

メリット

色ムラなく肌に密着・伸びが良いので薄付けもできる・コンパクトタイプで塗り直しも手軽・崩れにくい

デメリット

肌へ負担がかかる添加物が多く使用されている・肌荒れし易い・肌トラブルの原因になることも

ウォーターファンデーション

「水おしろい」とも言われるウォーターファンデーションは、化粧水のような感触でサラッとした付け心地が実感できます。他のファンデーションのように油分が含まれていないので、軽い印象のモノが多く、素肌と同じような使い心地で、ナチュラルメイクには欠かせないファンデーションです。

ウォーターファンデーションは水のようなテクスチャーなので、付け方に工夫が必要です。油分がないので、下地で保湿を補っておく必要もあります。

メリット

油分が少なくミネラル分が多いので肌への負担が少ない・付け心地がしっかりなのにサラサラ・付けていることを忘れるほど軽い

デメリット

薄付きなのでカバー力がない・化粧直しにもテクニックが必要・付け方によってはムラになることも

スティックファンデーション

スティックファンデーションは、スティック状の固形タイプで顔料に油分を加えて練ったモノで、油分がクリームより多くコシが強い感触です。直接肌の気になる部分に塗って、手やスポンジで伸ばし、仕上げはスポンジを叩き込んで肌に馴染ませます。

ファンデーションの中では断トツのカバー力で、気になるシミやくすみに直接塗ることでカバーできます。リップスティックタイプ状で使用しやすく、時短メイクが可能なので、朝の忙しい時間も簡単にメイクが出来ます。

メリット

UV効果のあるものを使えば下地がいらない・テクニックなしできれいに塗れる・スティックタイプで適量が分かりやすい・汗や水に強い・化粧崩れしにくい・持ち運びしやすい形状

デメリット

油分が多いのでヨレやすい・慣れないと力加減では塗りすぎることも

ミネラルファンデーション

近年、ミネラルファンデーションと耳にすることが多く、気になっている方も多いファンデーション。主成分に、ミネラル成分である天然の鉱物などが使用されているので、肌への負担が少なく油分を含んでいないので、メイククレンジングを使用しなくても石鹸だけですっきり落とすことが出来ます。

肌に負担が少ないことから肌トラブルを引き起こしにくく、毎日使っていても安心なファンデーションです。オイリー肌でも化粧崩れしにくいので、汗をかきやすい夏などでも安心して使用できます。テクスチャーはパウダー状のモノが多くブラシなどで肌にのせます。

メリット

ミネラルパウダーならUV効果も期待できる・ クレンジングを使用しないので肌に安心・保湿成分のあるパウダーが使用されているので乾燥にも安心・肌荒れ中でも使用できる

デメリット

カバー力がないのでシミやくすみが隠せない・下地次第ではヨレることも・乾燥しがち

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

ルースファンデーションプレストファンデーション

ルースファンデーションは、パウダーファンデーションが固まらず粉のままの状態です。固めたものをプレストファンデーション(パウダーファンデーション)といいます。ルースファンデーションは、主にブラシなどで使用することが多く、リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使用した後にルースファンデーションを使用して肌をなじませるという使用方法もあります。

下地の後、そのままルースファンデーションのみを使用する場合もあり、油分がないのでサラッとした付け心地で重い付け心地のファンデーションが苦手な方におすすめです。

メリット

油分無いので肌への負担が少ない・簡単に落とせる・毛穴を隠せる・テクニックがいらない

デメリット

そのままでは乾燥する・下地などが必要・落ちやすい

種類が多いファンデーションの自分にあった選び方と使い方のコツ

ファンデーションは思った以上に種類が多く、自分の肌に合った形状やタイプのものを選ぶのがコツです。肌の状態や仕上がり目的に合わせた選び方をご紹介しましょう。

肌質別ファンデーションの選び方

肌質には、オイリーや乾燥など様々なタイプがあります。それぞれの肌質に合わせたファンデーションを選ぶことで、ファンデーション崩れを防ぐことや、肌トラブルを起こす原因を無くすことも可能です。

オイリー肌

オイリー肌とは、一般的な肌より皮脂が多いタイプの肌で、毛穴が開きやすく肌のキメも粗い場合が多いので、テカテカしたりベタベタし易い傾向にあります。

オイリー肌には、油分を含まず肌の皮脂を吸収する効果の期待できる、パウダータイプのファンデーションがおすすめです。油分量が多いタイプのリキッドファンデーションを使用すると、余分な皮脂が浮いてしまうのでおすすめできません。

乾燥肌

乾燥肌の場合は、肌の皮脂が少なく水分量も少なめなので、カサカサと肌表面が乾いている場合が多く、ファンデーションを塗っても、カサカサしてしまったり皮がめくれてしまうこともあります。

乾燥肌におすすめなファンデーションは、とにかく保湿成分が多いタイプのものを選びましょう。クリームファンデーションは保湿力が高いのでおすすめです。また、カサカサしていると肌トラブルの原因になることもあるので、美容成分などが含まれていたり天然成分が配合されているファンデーションを選ぶことがポイントです。

混合肌

混合肌とは、鼻筋のTゾーンなどはオイリー肌なのに顎ラインがカサカサする乾燥肌など、オイリー部分と乾燥部分の両方の要素を持っている肌を言います。

混合肌の場合、オイリー肌用のパウダーファンデーションを選ぶと乾燥部分が余計カサカサしてしまい、乾燥肌用のファンデーションを使用するとTゾーンが余計テカテカしてしまうなど、どちらがいいのか迷うことも少なくありません。混合肌の方には、2種類のファンデーションを部分的に使用する事がおすすめで、特に保湿成分が含まれた、リキッドファンデーションがおすすめです。

保湿成分は、皮脂を浮かせてしまうと思いがちですが、皮脂を抑える効果もあるので、オイリー部分の皮脂を抑えながら、乾燥部分には保湿効果を与えるリキッドタイプがおすすめといえます。

敏感肌

敏感肌とは、ファンデーションなどに含まれる添加物に過剰反応して、添加物の多いファンデーションを付けると肌トラブルが進んでしまう肌質になります。

敏感肌の方の場合は、低刺激性のミネラルファンデーションがおすすめです。クレンジングのケミカル成分も敏感肌には刺激が強すぎるので、クレンジングが必要ない天然成分のみで作られているミネラルファンデーションが付けていても安心なファンデーションになります。

悩み、仕上がり別選び方と使い方のコツ

ファンデーションの仕上がり具合によっても、ファンデーションを選ぶことが出来ます。仕上がり別のファンデーションの選び方と、より良い完成度の仕上がり向上にする使い方も合わせてご紹介しましょう。

つや肌

女優さんやモデルの肌ってなんであんなにツヤツヤ潤ってるのにヨレてないんだろうと、思う方も多いでしょう。あのつや肌を自分でもしてみたいと思ったら、つや肌を作りやすいファンデーションを使用しましょう。つや肌にするためには保湿成分が多く配合された、クッションファンデーションやクリームファンデーションがおすすめです。

また、基礎となる肌自体のキメを日頃から整えることも、つや肌へ一歩近づくためのポイントです。ファンデーションも厚く付けずに薄付きで、素肌に近いナチュラル感を出すことが健康的なつや肌メイクになります。

マット肌

近年人気となっているマット肌は、お人形のように毛穴や肌の凸凹がなく、テカりやツヤもないマシュマロのような印象の肌をいいます。年配の女性に人気なつや肌と反して、マット肌は10代~20代の女性に支持されている肌感です。

マット肌に仕上げたいなら、油分が含まれていないパウダー系ファンデーションがおすすめです。パウダー状のファンデーションをスポンジで肌に滑らせるのでなく、ブラシなどでポンポンと粉を肌になじませながら使用するとマットな仕上がりになります。パウダーは油分がない分肌が乾燥し易いので、保湿の下地を丁寧に忘れずに行うことがポイントです。

毛穴カバー

年齢と共に開いてくる毛穴や、生活のストレスが続くと目立ちやすくなる毛穴を、ファンデーションで何とか目立たなくしたいと思ったら、クリームタイプのカバー力に優れたファンデーションがおすすめです。

油分が多く肌に密着しやすいクリームファンデーションは、毛穴などの凸凹にも浸透するので毛穴隠しにはおすすめです。密着が高い分メイク落としは、クレンジングでしっかり落とさなくてはなりません。落とす際に摩擦が生まれたりクレンジングのケミカル成分が、肌荒れや毛穴をもっと開かせる原因になる場合もあります。

毛穴が気になる場合は、カバーすることだけを考えるのでなく、日ごろのケアで毛穴自体を引き締める努力が必要です。毛穴引き締めを怠ると、ファンデーションでいくらカバーできても毛穴は広がる一方です。

シミそばかすカバー

20代後半になってくると顔に細かいそばかすが増えてきたり、30代半ばになってくるとシミも所々見えてくるようになります。顔に広がったそばかすやシミをファンデーションで隠してしまいたいと思う方は、リキッドファンデーションやクリームファンデーションがおすすめです。

リキッドやクリームファンデーションは油分や水分が多く、高カバー力でありながら薄付きもできる優れたファンデーションなので、厚ぼったくならない程度にファンデーションを塗って、シミやそばかすをカバーしましょう。濃いシミやそばかすでファンデではカバーできない場合は、コンシーラー+ファンデーションという方法もあります。

ニキビ肌ニキビ跡カバー

ニキビは、アクネ菌と言われる菌が増殖して起こります。アクネ菌は油分を好むため、思春期にニキビが多くなるのはその理由によるためです。ニキビ肌やニキビ跡カバーしたい場合は、油分が配合されない肌に優しいミネラルファンデーションやウォーターファンデーションがおすすめです。

ただし、ニキビは乾燥にもとても弱いので、ニキビ肌になってしまったらなるべくお化粧せずに、ニキビが完全に治ってからメイクを楽しみましょう。ニキビがひどい状態でファンデーションを塗ると、余計ニキビが炎症し悪化してしまうこともあります。日頃から素肌を清潔に保つことが肝心です。

しわ・ほうれい線

しわや、加齢により口の周りにできる大きな縦ジワのほうれい線を、隠すためにファンデーションを厚塗りしても、しわやほうれい線にファンデーションが溜まって線のようになってしまう場合があります。

しわやほうれい線は、肌にできた谷間のようなものです。その谷間を隠すためにファンデーションを厚塗りしても、結局はファンデが割れたり寄れたりで目立ってしまいます。しわやほうれい線を隠すには薄付きのリキッドファンデーションがおすすめです。

薄付きで保湿力があり、カバー力もあるリキッドファンデーションは、しわやほうれい線に入っても保湿しながら薄くカバーできるので、寄れたり割れることなく自然な仕上がりが期待できます。しわは乾燥からできるものなので、基礎化粧品なども保湿効果のあるものを日ごろから使用することが、しわやほうれい線を深めないポイントです。

肌をきれいに見せるメイクテクニック

自分に合うファンデーションを見つけよう

ファンデーションってこんなに種類があるのかと、びっくりした方いるでしょう。日ごろ使っているファンデーションタイプから、女性はあまり冒険をしないものです。でも、若いころから使用しているファンデーションではなく、年齢や肌の具合に合わせてファンデーションを変えていくことで、いつまでも健康な肌でいることができます。

今の自分に合わせてファンデーションを選び、いつまでも健康で綺麗な肌を維持しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧