ファッション

キーケースのブランド10選【自分だけの特別なものを選んでみよう】

カギをしっかりと管理することは社会人として大切なポイントです。家のカギに会社のロッカーのカギ、そして大事なカギなどを任されることもあるかもしれません。そんなカギの持ち運びや管理に便利なキーケースについて、さまざまな角度からみていきましょう。

キーケースのブランドどれがよいのか?

今流行っているキーケースのブランドは、どのようなものなのでしょうか。自分の生活スタイルに合わせたキーケースを持ち歩いて、ちょっとしたときに周囲からみられても恥ずかしくないものを使いたいものです。キーケースのブランドはたくさんあるので、どのような特徴があるのか知り、自分に合ったものをみつけましょう。

キーケースなど、洗練されたブランドの小物を使っていると、自分の気分が上がりますし、周囲からの自分の価値を高めるポイントにもなり得ます。洗練されたキーケースを探してみましょう。

キーケース使うときにこんなことに悩む

キーケースを使うときに起こる悩みを考えてみましょう。

キーケースをバックのどこにしまったのか解らない

キーケースをバックの中に入れると、どこにあるのか分からず、探すのに時間がかかることがあります。もちろんバックのせいでもあるのですが、キーケースが適度に目立つものだとみつかりやすいです。

特定のポケットに入れるなどできると解決できるのでですが、忙しい朝などにはついついバックに放り込んでしまうこともあるでしょう。キーケースのデザインや大きさなどを見直すことで、このような場合にも対処できるようになります。

カギが無くなっていることがたまにある

キーケースにありがちなのが、使わないカギまでもつけてしまい、カギを紛失してしまうことがまれにあります。キーケースで管理しないで、そのままでカギを持っておくより無くす危険性は低いですが、必要ないカギは適度に整理しましょう。またホルダーに二つのカギをつけるなどすると、紛失する原因となります。

自分の使用するカギのみを持ち歩くことにして、キーケースは常にできるだけ整理しておくようにしましょう。

見せて歩くのに抵抗がある

キーケースのデザインが気に入らないものだとバックの中にしまうという一択になり、キーケースを出すのに手間取ったり、キーケースが出しにくいためにいろいろな不具合が生じてしまうことでしょう。さまざまな使い方をするためには、キーケースはブランドものを選び、人にみせても恥ずかしくないものを選ぶようにしましょう。使いかたの幅を拡げることにも繋がりますし、洗練されたブランドもののキーケースを持ち歩くことで、おしゃれにみえます。

キーケースの使いやすさのポイント3つ

キーケースの使いやすさをみるときに、どのようなことに注目すればよいのでしょうか。

カギの一括管理ができる

キーケースの一番の役割は、大切なカギの一括管理ができるということです。家のカギから会社のカードキーなど最近はいろいろなキーのタイプに対応できるようなキーケースもでています。

自分の生活の中で扉などを開ける際には必ず使うことになるため、そのカギが一括で管理できていると使用する際に出しやすく、一つのキーケースでその全てをまかなえます。

出しやすくスマートにカギが出せる

キーケースの管理ができていれば、スマートにカギの出し入れができ、カギが必要な場面でもたつくことがありません。カギが必要な場面では早さを求められることも多く、例えば会社のカードキーなら入り口でもたもたしていると、後の人に迷惑をかけることになります。できるだけスムーズに、カギの出し入れができることが、キーケースのメリットです。

カギの紛失がない

キーケースに適切にカギをつけることで、カギの紛失を予防することができます。カギの紛失は日常の大きな痛手となることも多く、家のカギでも会社のカギでも無くしてしまうと一大事になりかねません。

大切に扱い管理したいものですから、キーケースにもそれなりにこだわる必要性がでてきます。ブランドもののキーケースは中の金具などがしっかりしているものが多いので、カギの紛失の心配はそれだけ少なくなります。カギの紛失の危険性が少ないということは、安心して日常の生活を送れることに繋がります。

キーケースの選び方のコツ

キーケースの選び方のコツをいくつか押さえておきましょう。

素材

素材はレザーや合成皮革、ナイロンなどさまざまありますが、人気があるのはレザーです。レザーは経年劣化とともに味がでてきて、次第に自分だけの風合いがでてきます。合成皮革なら買ったときの印象がそのまま保てますし、ナイロンも軽くて濡れても乾かせるなどメリットがあります。自分の好みやスタイルに合わせて素材を選んでみるとよいでしょう。

収納できるキーの本数や種類

収納できるキーの本数や種類は選ぶポイントの一つです。フックタイプやリングタイプなどそれぞれに特徴が違うので、自分の使いやすいものを選択しましょう。最近ではカードキーも多くなってきているため、カードキーに対応しているかも確認してみましょう。

キーケースは、デザインより機能性で選ぶほうが長く使える傾向があります。自分のよく使うカギのタイプを確認しながら、一括で管理できるようなキーケースを選ぶようにしましょう。

使い方

使いかたについても、選ぶうえで重要なポイントです。バッグの中にしまうだけではあまり気にする必要はないかもしれませんが、バッグにキーホルダーのようにつけたり、洋服のポケットに入れたりする場合は、使用する状況を思い浮かべながら選びましょう。

バッグにキーホルダーのようにつけるのならば、人にみられてもよいようなデザイン性の高いものであったり、洋服のポケットに入れる場合は、チェーンなど落下防止の機能がついているものがよいかもしれません。どのようにキーケースを使うのか、考えながら選ぶようにしましょう。

使う頻度

使う頻度によっても取り付ける場所を変えたり、見せる場面が多かったりするので、自分の使う頻度に合わせたキーケース選ぶもポイントです。使う頻度によって使いやすいキーケースを選ぶと、より効果的な買い物になることでしょう。

デザイン

デザインは機能性の次に選ぶとよいポイントです。これはブランドにより大きく異なりますので、直感を信じて選びましょう。また素材がレザーの場合には使いこんでいくうちに質感が変わるので、その点などを含めて、考えてみるとよいです。お店で買う場合には店員さんに、ネットなどでは口コミが参考になりますので、デザインはその点を加味して考えてみましょう。

キーケース人気ブランド別おすすめ商品

それではキーケースの人気ブランドの特徴とおすすめの商品を見てみましょう。

1.ケイトスペード

シンプルながら手の込んでいるディティールを特徴としているケイトスペードは、女性から大人気。1990年代に発祥し、まだブランドの歴史は浅いですが、創業者のマドモアゼル誌の元アクセサリーエディターだったケイト・ブロスナン・スペードの意思を受け継ぎ、彼女が求めた完璧な女性用のバックを追い求めている姿勢は、今でも製品開発に活かされています。使う人に寄り添った製品は多くのファンを集めており、キーケースも人気のあるブランドです。

ケイトスペード(kate spade) キーケース PWRU5256 265 キャメロンストリート

六連のフックホルダーがしっかりとカギをホールドするタイプのキーケースです。素材はレザーでシンプルなデザインがケイトスペードらしい一品。添えられているブランドロゴが上質なイメージのアクセントとなってさりげなく光ります。バックに入れて持ち歩くタイプなのですが、色合いも目立つので、バックの中に埋もれてしまうことは無いでしょう。

ケイトスペード キーケース KATE SPADE PWRU5256 612 CAMERON STREET JAX 無地

6つのフックホルダーに1つだけ大きなホルダーがあり、使いみちの幅を拡げているキーケースです。素材はレザーで赤を基調としているデザインに中身の薄いピンクも生えて上品。ブランドロゴが大きくアピールしているので、目立つケイトスペードは周囲の人から一目置かれることでしょう。内側にポケットがあるので、小物をいれたりと、ちょっとしたところに気を使っているのがメリットです。

2.ルイヴィトン

財布やバックで有名なルイヴィトンですが、元々はトランクのメーカーが発祥です。1800年代に創業者のルイ・ヴィトンがトランクのアイデアを思いついて、事業を拡大していきました。今でもしっかりと締まるバックや財布などにそのアイデアが受け継がれており、日本でも愛用者が多いブランドです。新作の発表会には多くのメディアが注目しているなど、ファッションの一部として世界的に地位を確立しています。キーケースにもロゴが入っているだけで高級感があると人気です。

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) 4連キーケース ミュルティクレ4 モノグラム M62631

いかにもルイヴィトンらしい4連フックキーケースで、外側からしっかりとアピールするロゴがメインのデザインです。素材はモノグラムキャンバスでデザインが変化しないので、劣化しにくいのがメリット。ホルダーはホック型でしっかりとカギをホールドし、取り外しも比較的楽なのがよいです。男女ともにプレゼントに人気で、ルイヴィトンと明らかに分かりやすいのがらしいキーケースです。

ルイヴィトン キーケース M63812 エピ ミュルティクレ6

こちらはレザーの落ち着いた感覚のするデザインが魅力的なキーケースです。ロゴは内側についており、さりげないおしゃれをアピールします。6連フックのキーホルダーはカギの取り外しが楽な点はメリットです。内側にオープンポケットがあり、小銭を入れたりして使うことができます。シックな大人の風合いが自分だけのルイヴィトンのようで、カギを使うときが楽しくなることでしょう。

3.サマンサタバサ

バックを輸入販売していた個人から大きな女性向けの人気企業へと成長したブランドです。1993年に個人経営で女性向けのバックを専門輸入販売していた寺田和正氏が立ち上げました。一見すると海外からのブランドのようですが、日本発祥のブランドで日本から海外へと展開している企業です。積極的なCM戦略から高品質でデザインも女性受けのする製品を多く取り揃えており、女性から圧倒的な支持があるブランド。海外セレブをCMに起用したりと海外への志向も強く、海外へ支店を作り、これから海外へと乗り出そうとしているブランドです。

Samantha Thavasa Petit Choice サマンサタバサ プチチョイス 5連 キーケース

サマンサタバサらしいガーリーなデザインのシンプルなキーケースです。女性らしいシルエットとアクセントが光るキーケースは牛革で使いこなれていくうちに、より自分のものへと近くなる一品。5連フックのキーホルダーはカギの付け替えなどが楽なタイプです。内側には2つポケットがあり、小銭入れやカードキーなどを入れるのに適しています。

サマンサタバサ カラーズ バイ ジェニファー スカイ リボン キーケース

リボンが特徴的なキーケースで、合皮で作られているので、手入れが楽なのがメリットです。なによりその可愛いシルエットは魅せるキーケースとしても女性らしいですし、自分の手元を飾るには最適。4連の取り外ししやすいフックホルダーがカギをしっかりとホールドします。中身の2つのポケットがいろいろな使いみちを提供し、ちょっとした小銭入れなどの使いかたを提供。アクセントのハートのアクセサリーも女性らしい作りです。

4.カルティエ

フランスのジュエリー高級時計ブランドとして有名で、世界的にもファンが多いカルティエです。創業は1800年代中ごろフランスの小さな工房を宝石細工師であるルイ=フランソワ・カルティエが、師から引き継いだのが始まり。名作として数々の時計を持ち、ジュエリーのブランドとしても王族から使用されるなどして、世界的に広まっていきました。日本でもファンが多く、高級ブランドとしての認知度が高いので、プレゼントとしても使われているブランドです。

Cartier 【カルティエ】 L3000929 レッド ホック開閉式 キーケース

ガラスコーティングされたレザーの光沢を活かした作りをしているキーケースです。Cを2つ重ねたロゴが外側と内側にランダムに入っており、裁断する場所によりデザインが変わることから、同じ品は生まれないといわれています。六連フックのキーホルダーは汎用性が高い作りになっており、キーをしっかりとホールド。内側のポケットなども使いやすく小銭を入れたりカードを入れたりすることができます。

Cartier 【カルティエ】 L3000775 ブラック 6連キーケース SANTOS

こちらはシックな風合いが控えめなデザインと共に生きているキーケースです。キーリングはカギをしっかりとホールドし、内側のオープンポケットも使いやすいもの。デザインより機能性を重視しており、可愛さは無くても使い勝手のよい品です。

5.ブルガリ

イタリアの高級宝飾品メーカーで、どちらかというとマイナーなイメージの強かったブルガリは、1997年に香水を発売し、これが売れたため世間一般に広まりました。元々あるイメージはイタリアの職人が作る高品質の宝飾品や時計がメインで、最近では香水に限らず食品までいろいろ出していたりと幅広く活動して多くのファンを獲得しています。日本ではブルガリの時計を芸能人がつけていたため、時計が先行して広まっているイメージが強いブランドです。

ブルガリ キーケース 30424 ピンク ブルガー

ブルガリ キーケース 30424 ピンク ブルガー 並行輸入品

ブルガリ キーケース 30424 ピンク ブルガー 並行輸入品

27,800円(09/30 15:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

特徴的なのはロゴとキーケースホルダーを兼ねている点がおしゃれなものです。レザーの自然なピンク色は使いこむとどんどんアンティークに質感を変え、その変化と共に楽しめる一品。六連フックのホルダーはカギをしっかりと抑え、キー探しの手間を省きます。1つあるオープンポケットがいろいろな汎用性を上げており、使い勝手のよい製品です。

(ブルガリ) BVLGARI キーケース 6連 283703

やや落ち着いたシンプルなデザインが控えめなおしゃれを助けるキーケースです。キーフックはキーの絡まりを防止する性能などに優れ、キー探しをより楽にします。内側のポケットが2つあり、小銭入れやお札を入れておくなど第二の財布としても機能。落ちついているデザインは使う人を選びません。

6.コーチ

1941年に皮革メーカーとしてアメリカに誕生したコーチは、男性用のバックなどを主に販売していました。次第に女性に目を向けるようになり、ブランドの頭文字をあしらったデザインがセレブ層に受け、数多くのファンを獲得しています。1988年に日本に進出し、その頃には主力の製品は女性用のバックや靴というようなものが主な製品です。現在ではその熱烈なファンを中心に独自のライフスタイルを提供する企業として活躍しています。

[コーチ] COACH コーチキーケース フローラルプリント 6連 キーケース F-26220 SVCAH ホワイト×マルチカラー

花柄が鮮やかな白を基調としたキーケースです。女性らしいデザインはどのような場面でも華やかに日常を彩ります。素材はレザーを主体としていますが、表面がプリントなので、質感の変化はないです。6連フックのキーホルダーを基礎としている単純な作りは、キーケースそのものの機能を活かしています。

[コーチ]キーケース F26616 キーケース

シンプルなハート型デザインが特徴のキーケースで、比較的どのような年齢の人からも人気を集めている一品。表地はレザーで質感が少し変わるとまた違った味がでて、使い込んでいくうちに入れたカギの形などから人によって違いがでてくるので、自分なりのキーケースにすることが可能です。6連フックのホルダーは使いやすくカギを絡まないようにホールドし、この使い勝手をよくします。

7.ミュウミュウ

1994年にプラダからレディースの専用ブランドとして設立されたミュウミュウは、本家を超えるほどに人気になっており、その製品の可愛さから多くの女性のファンを獲得しています。本来はプラダの幼名から取った一ブランドですが、現在はかなり独自性を持っており、プラダと競うくらいのものです。

プラダそのものも女性から人気がありますが、ミュウミュウは特に若い女性をターゲットにしているデザイン性のものが多く、持つ人の可愛さを一段階上げるといわれています。

(ミュウミュウ)MIUMIU 6連キーケース 5PG222 MUGHETTO ピンクベージュ

デザインが独特の女性らしいシルエットのキーケースです。6連フックのホルダーは絡むことなく、カギの管理を楽にします。レザー素材ですが、シルエットなどから使い込んでいくとより色に濃淡がついてきてよくなると噂。内側はシンプルに作ってあり外側のデザインとの対比がよく、使いやすいのがメリットです。

MIUMIU(ミュウミュウ) マドラス 6連キーケース 5PG222 3R7 615

表面のリボン状のデザインが特徴的なキーケースですが、機能はそれよりも優れているものです。6連のキーフックは確実にカギを収納し、内部のオープンポケット2つはキーケースの汎用性を格段に上げています。使いかたは自由で、ちょっとしたお札入れから小銭などの収納やカードなども入るので、セカンドウォレットとして使ってみてもよいでしょう。

8.ポールスミス

1970年代にイギリスで発祥したポールスミスは、男性用の腕時計や財布などで最初は火が付いたブランドです。奇抜すぎないがどこか新しいデザインはビジネスマンを中心に人気がでて、世界に広まっていきました。近年では女性用の革製品にも力を入れており、控えめなデザインは奇抜なものを嫌う女性を中心に人気があります。日本では男女同じくらいに人気があり、男性がこの財布を持っていたら、女性が女性用のブランドを使っていると勘違いして怒ったなどの逸話が残っているほど、女性受けのよい製品が多いです。

Paul Smith 正規品 ポールスミス ラブレター キーケース

レター型になっているデザインが斬新かつ控えめなキーケースです。赤を基調として白と黒の配色は女性にも使え、さりげないおしゃれとして手元を輝かせます。5連のフックはカギをしっかりとホールドし、それぞれが扱いやすいものです。バックの中でも目立つデザインはキーケースの役割をしっかりと果たします。

Paul Smith スミシーハート キーケース

派手にならない程度にハートがあしらってあるキーケースです。ピンクの女性らしい甘い色ながら甘すぎない落ち着いているキーケースはどのような場面でも使いやすいもの。フックが4つしかないので、汎用性はあまりないですが、基本3つぐらいがカギを持つ数ですから気にしないでよいです。

9.グッチ

1921年イタリアのフィレンツェで創業しファッションブランドとして、服から革製品、装飾品など幅広く手掛け一大ファッションメーカーとして地位を確立しているブランドです。しかし現在はグッチは正確にはブランドとして残っているものの、2013年のケリングからの買収によって、デザイナーとの契約などの問題が起き、一時期そのブランド力は衰退します。しかしブランドの名前は広く知れ渡っており、ケリングがその経営を引き継いでいく形をとっており健在です。

グッチ キーケース レディース GUCCI 354499 CAO0G 5806 レディース GUCCI SWING SOFT PINK

ピンク色のシンプルなデザインが人気のカーフスキン製のキーケースです。小さなオープンポケットはちょっとした小物を入れるにはちょうどよい大きさでしょう。6連のキーフックホルダーは1つがキーリング式になっており、いろいろな形のカギを入れるには便利。シンプルながらちょっとした工夫とそのブランドネームが大きな売りのキーケースです。

[グッチ] レディース METAL BAR 6連キーケース 127048KY9IR

シンプルながら機能面でも優れているキーケースです。キャンパスとレザーを使い分けデザインの中心にグッチのロゴが入っているバーが大きなアクセント。目立たないおしゃれ感がそこにはあり、ネームバリュー以上の価値があります。キーフックは6連で、1つがキーリング式になっている特徴は様々なカギの形に合わせて使いやすいものです。

10.プラダ

プラダは1913年イタリア創業の革加工から始めた高級メーカーです。レディースのミュウミュウはプラダの傘下で、レディースの人気を子会社と争っている本家のブランドも全世界の人から多くのファンを集めています。今は独自に製品を出しながら多角的経営に乗り出していますが、その品質は多くの人の注目を集め、新作の発表の際にはサイトにアクセスが集まるなど、今も変わらず高い関心を持たれているブランドです。日本でもファッションの大きなメーカーとして衣服など身に付けるものを中心に人気があります。

プラダ(PRADA) キーケース 1PP026 QWA F0505 サフィアーノ メタル ピンク

ファスナー式になっており、中にはキーリングが1個入っている形のキーケースです。ファスナー式になっていることで用途がグッと豊富になり、セカンドウォレットや小物入れとしても活用しやすくなりました。小さなキーの場合にはキーケースはこのタイプのほうがよい場合があり、ロッカーのキーなどに対応しやすくなっています。

[プラダ] レディース キーケース 1PG222 ZTM

リボンが特徴的なキーケースで、正面のプラダのマークが凛々しくそして重厚感を感じるデザインです。レザーの生地でできている製品の品質はプラダが元々高品質の革製品を生産していることから、絶対的な信頼があります。6つあるキーホックホルダーはしっかりとホールドし、カギの紛失がない状態。プラダは常に時代に合わせたデザインを変更し、世界のトップブランドとして走っています。

ブランドのキーケースを使ってみよう

キーケースのメリットやブランドのものを見ていくに当たって、よいものを選ぶ基準がよりはっきりとわかってきたことでしょう。ハイブランドのキーケースはやはり品質と機能性に優れています。選ぶ基準をしっかりと持って、よいキーケースを選びようにしましょう。自分の手に馴染むキーケースであるのならそれはとてもよい買い物です。店員さんやネットの口コミなどを参考にしながら、自分のキーケースを選んでみましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール