ファッション

チェック柄のロングシャツを大人可愛く着こなすコツ。選び方も重要

チェック柄のロングシャツは着こなしが難しいアイテムですが、コツをつかめばバリエーション豊富なコーデを楽しめます。大人可愛く着こなすことができるので、着こなしテクニックを身につけましょう。シャツの選び方も雰囲気を左右する重要なポイントです。

チェック柄のロングシャツは着回せる便利なアイテム

チェック柄のロングシャツがトレンドインしていますが、コーデの難易度が高いイメージが先行していて、なかなか手が出ないという方が多いです。しかし、チェック柄のロングシャツは1枚でコーデの主役になったり、アウターにもインナーにもなるので、着まわしがきく便利なアイテム。着こなしテクニックを知っておくとコーデの幅がぐんと広がります。

以下に春夏におすすめのコーデ、秋冬におすすめのコーデをまとめているので、着こなしテクニックを身につけてコーデの幅を広げましょう。また、どのようなチェック柄のロングシャツを選んだらよいのかも、コーデの印象を左右する重要なポイントです。これから購入を検討している方は、選び方のポイントも事前におさえておきましょう。

チェック柄のロングシャツの春夏コーデ

まずはチェック柄のロングシャツを使った春夏コーデのバリエーションをチェックしていきましょう。

前を閉じてシャツワンピースとして着る

ロングシャツは着方を変えればシャツワンピースになります。前を閉じてシャツワンピースとして着ることで、一躍コーデの主役アイテムに。1枚でさらりと着ることができるので、春夏スタイルにぴったりです。

少し差をつけたいなら、ベルトを合わせて個性を出すのもおすすめ。ウエストにベルトでアクセント付けをすることで、おしゃれ度がアップすると共に、コーデにメリハリが出てスタイルアップ効果も狙えます。シャツワンピースとして着る場合は、足元が重要なポイント。スニーカーを合わせるとよりカジュアルに、ハイヒールパンプスを合わせると女性らしさのある大人かわいいコーデに仕上がります。

ロングシャツを羽織に使用する

ボタンを全部外してオープンにして着ることでロングシャツをロングカーディガンのように使用することができます。まだ肌寒さが残る春の時期や、夏の冷房対策に、ロングシャツを羽織に使用するのは最適です。

薄手のアウターとして着ることができるとなると、コーデのバリエーションはかなり広がります。インナーの合わせ方によって、ガーリーなコーデにもボーイズライクなコーデにも。さまざまな雰囲気のコーデをつくることが可能になるのです。

ショートパンツも肌面積が抑えられて着やすくなる

ロングシャツを羽織ったコーデのメリットは、美脚効果が期待できること。着丈の長いロングシャツを羽織ることで足の側面がシャツで隠れるので、足を細く見せることができます。また、ショートパンツを履いても肌面積が抑えられて着やすくなるというメリットもあるのです。

チャック柄のシャツを羽織ったら中のコーデをシンプルにする

チェック柄のシャツを羽織ったら、中のコーデが重要なポイント。アウターとして着ているシャツが柄物なので、中のコーデはシンプルにしたほうがゴチャゴチャしなくてバランスが取れます。例えば、モノトーンや、チェック柄の色の系統に合わせたインナーにすると、全体的にコーデに統一感が出るのでおすすめです。

腰に巻いてコーデのワンポイントにする

チェック柄のロングシャツを腰に巻いてコーデのワンポイントにすることもできます。着丈が長いので、足が覆われてスタイルカバーにもなるという点もおすすめポイントです。

チェック柄シャツの腰巻は定番ではありますが、ロングシャツの腰巻は今までの定番の腰巻とは違う雰囲気。丈が長い腰巻になるので、ワンポイントとしての存在感が出てコーディネートのアクセントになります。カジュアルだけどこなれ感があり、おしゃれで差がつくカジュアルコーデに仕上がることでしょう。

上半身だけボタンをはずして腰に巻くとスカートになる

シャツワンピースの上級テクニックとしておすすめしたいのが、上半身だけボタンをはずして腰に巻いたスカートスタイル。袖の部分を腰に巻くことでシャツワンピースがスカートに変身します。

シャツの長さによってスカートがマキシ丈になって雰囲気がからりと変わるので、ロングシャツとして着ていたスタイルとは全く別物です。腰に巻いたスカートスタイルは、実際にやってみると簡単なので、試してみましょう。個性的すぎず、程よく存在感のあるおしゃれコーデになります。

チェック柄のロングシャツの秋冬コーデ

チェック柄のロングシャツを使った秋冬コーデのバリエーションもチェックしておきましょう。

スキニージーンズを合わせてすっきりシルエット

チェックシャツにはジーンズがよく合います。秋冬コーデなら、ぴったりフィットするスキニージーンズは最高の組み合わせです。

秋冬コーデには、肌の露出を少なくするフルレングスのボトムスが最適。フルレングスのスキニージーンズを合わせることで、シルエットがすっきりするというメリットもあります。ロングシャツがボリュームがあるので、ボトムスはなるべくボリュームを抑えたものを組み合わせたほうが全体のバランスが取りやすいです。

パーカーやダウンベストを合わせてカジュアルに仕上げる

秋冬の季節感をコーデの中に投入したいなら、パーカーやダウンベストを合わせれば完璧です。チェック柄シャツとの相性を考えても、パーカーやダウンベストはおすすめのアイテム。カジュアルに仕上げたい方におすすめです。

パーカーやダウンベストなら、ボタンを閉じてシャツワンピースとして着たときにも、ボタンをはずして羽織ったときにも、腰巻をしたときにも、あらゆるチェック柄のロングシャツコーデのときに合わせることができます。カジュアルコーデには鉄板のアイテムなので、秋冬はパーカーやダウンベストを持っておくとコーデが楽になります。

ロングシャツの上にニットを着る

ロングシャツの上にニットを着るのは、ファッション誌にも度々登場しているトレンドのおしゃれコーデテクニック。シャツの襟をニットの首元からのぞかせることがコーデのポイントです。

ワンピースにしてもスキニーパンツを合わせてもおしゃれな秋冬コーデに仕上がります。ニットはクルーネックでもラウンドネックでもVネックでも良いのですが、Vネックであれば浅めのVネックのほうがトレンド感が出ておすすめ。最近では、シャツの上に首が少し詰まったボトルネックやオフタートルのニットを着て、襟を少しだけ魅せるスタイルも注目されています。

ロングコートを合わせていつもと雰囲気を変える

いつもと雰囲気を変えたいなら、ロングコートを合わせるのもおすすめです。チェック柄のシャツは、カジュアルなイメージが強いのですが、ロングコートを羽織ることで、大人っぽさが出て雰囲気を変えることができます。

しかしロングとロングの重ね着はバランスを取るのが難しいので注意が必要。全体のバランスを取るには、コートとロングシャツの丈感は同じくらいがベターです。

チェック柄ロングシャツを選ぶコツ

チェック柄ロングシャツを選ぶときにもコツがあります。選び方次第で雰囲気が変わるということを覚えておきましょう。

柄の大きさで選ぶ

選ぶポイントはいくつかありますが、雰囲気を左右するのが柄の大きさです。チェックの柄が大きいほうがカジュアル度が強くなります。逆に、柄が小さいほうがきれいめコーデには合わせやすいです。

カジュアルな着こなしを求めているなら、柄が大きいチェックの中から、好みの色や素材、自分の体形に合うシルエットや丈を選びましょう。柄が小さいチェックでもシャツはカジュアルな着こなしになりますが、大人カジュアルなスタイルやきれいめを意識したカジュアルスタイルを目指しているなら、柄が小さいチェックを選んだほうがよいです。

シャツの素材で選ぶ

チェック柄のロングシャツに使用されている素材は様々なものがありますが、素材の違いで印象が変わるので、素材もよくチェックしましょう。きれいめに仕上げるなら柔らかい素材(ツイルやブロードなど)、カジュアルに仕上げるならざっくりとした素材(ダンガリーやリネンなど)がおすすめです。

季節感を演出したい場合にも素材選びが重要なポイントになります。春夏にはリネンや鹿の子などの清涼感のある素材、秋冬にはコーデュロイやコットンフランネルなどの厚手であたたかみのある素材を使用したシャツを選びましょう。オックスフォードなど、オールシーズンで使える素材もあります。

試着して丈とシャツの形をよく確認する

デザインも色も素材も完璧なものを選んだとしても、丈やシャツの形・シルエットが自分の体形に合っていないと、すべてが台無しになってしまいます。コーデを成功させるためにはサイズ感が重要です。

アウターと合わせる場合は丈をよくチェックする必要があります。インナーに丈の長いロングシャツを持ってくる場合、アウターを着たときに丈のバランスによって、だらしなく見えてしまうこともあるからです。ロング丈のアウターと合わせる場合は、ロングシャツがアウターよりも長いとバランスが悪くなります。ショート丈のアウターであれば問題ありません。試着したときには、アウターとロングシャツとのバランスを鏡でよく確認しましょう。

チェック柄のロングシャツを着こなしておしゃれを楽しもう

チェック柄のロングシャツを上手く着こなせたら、おしゃれコーデの幅が広がります。ボタンを閉じてワンピースになり、ボタンをはずしたらアウターになり、腰巻をしてコーデのアクセントになり、下半分のボタンを閉じて腰に巻いたらスカートにもなり、アレンジは自由自在です。

ロングシャツを着こなすには、コーデのバランスを気をつけることがポイント。インナーやアウターとの丈感のバランスをよくチェックしましょう。

また、ロングシャツを選び方もコーデの印象を左右するポイントになります。チェックの柄が大きいとカジュアルに、小さいとキレイめな雰囲気になるので、理想のスタイルをイメージしてチェック柄のデザインを選ぶとよいでしょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール