ダイエット

「リンゴダイエット」の魅力とは。正しく行うことで確実に痩せられる

リンゴダイエットは、効果を実感できるダイエット法のひとつとして注目されています。しかし、やりかたを間違えるとリバウンドのリスクがあるため、正しいやりかたを把握することが大切です。ダイエットを成功させるためにも、ポイントを押さえましょう。

リンゴダイエットで確実に痩せる

リンゴダイエットは、今までダイエットを失敗してきた人でも効果を実感できるとして、たくさんのメディアで紹介され大ブームになったダイエット法です。1週間で4kgも痩せられると大成功した人もいるので、効果は期待できるとされています。

しかし、優れたダイエット法でもやりかたを間違えてしまうと効果が発揮できず、逆に太ってしまう原因にもなりかねません。リンゴダイエットを確実に成功させるためにも、正しい方法を把握して、計画的に取り組むことが大切です。

リンゴダイエットの基礎知識

リンゴダイエットに対する基礎知識を身につけることで、リンゴダイエットに取り組む意識を高められます。

リンゴを食事に取り入れるダイエット法のこと

リンゴダイエットとはリンゴを食事に取り入れるダイエット法です。リンゴダイエットには2種類の方法があり、毎食リンゴだけを3日間食べ続ける方法と、1日1食をリンゴに置き換えるという方法です。

リンゴは、糖や脂肪の吸収を抑える作用があり、食物繊維も豊富にあるため健康や美容にもよい働きがあります。リンゴポリフェノールが含まれているので、脂肪の吸収を抑えられるのです。さらに、脂肪の分解を促進させる効果もあるので、ダイエット食に最適とされています。

【参考:http://diet-times.jp/apple-diet/

3日間リンゴだけを食べる方法

3日間リンゴだけを食べるプチ断食のダイエット法があります。水分は水か白湯を摂り、あとはリンゴのみを食べるようにします。

リンゴにはバランスよく栄養が含まれているため、3日間程度であればプチ断食効果を得られ、腸内環境や肌の調子を整えながら効率よく痩せることができます。しかし、3日間経過した後の食事には十分注意して、食べ過ぎないようにすることがポイントになります。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

1食をリンゴに置き換える方法

1日の食事のうち1食だけリンゴに置き換える方法が、人気のダイエット法になります。1食を置き換えることで、満腹感を得られながら摂取カロリーを抑えられます。1食でも、食物繊維が豊富に含まれているので、便通も改善されダイエット効果も高められます。

脂肪燃焼や分解作用もあるため、ダイエットの効率を高められるのですが、栄養素が偏ることになるので、他の2食でバランスを取らなければなりません。主に、タンパク質と脂質が不足してしまうので、他の2食で補えるようにしましょう。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

リンゴがダイエットに効果的な7つの理由

リンゴがダイエット食に最適な理由があります。得られる効果を把握しておくことで、継続した取り組みができるようになり、楽しくダイエットを進められます。

普通の食事より低カロリー

リンゴのカロリーは1個あたり150kcalほどと、一般的な食事を摂るよりもカロリーを抑えることができるので、置き換えには最適です。一番カロリーを余分に摂取しがちな夜に置き換えすると、効果的にダイエット効果が得られます。1日の摂取カロリーを下回りすぎないようにするためにも、他の2食の栄養バランスやカロリーを計算して計画的に取り組むことが大切です。

【参考:http://diet-times.jp/apple-diet/

食物繊維が食欲を抑える

リンゴに含まれる不溶性食物繊維がお腹の中で膨らみ、食欲を抑えるためダイエット食に最適です。少量のリンゴでも満腹感が出て、食べ過ぎを抑制させます。お通じもよくなり、体のサイクルも安定してくるため、ダイエットはもちろんのこと健康にも美容にもよい効果を得られます。

便通がよくなると肌の調子も整い、体のデトックスも排出しやすくなります。体の内側からもきれいに改善できるので、リンゴはダイエット食におすすめとされているのです。

【参考:https://yasekore-diet.jp/apple-diet

リンゴポリフェノールが脂肪を燃焼する

リンゴに含まれるポリフェノールには、脂肪の燃焼を活発にする働きがあるため、ダイエットを効率よく進められます。脂肪の分解を促進させ、体の巡りを整えて廃物をしっかり流し、体を冷やさず温める作用もあります。

むくみも解消でき、スッキリとした美しい体へと導きます。脂肪は運動しなければ落とせないイメージがありますが、リンゴでも分解し燃焼させられるので、楽しくダイエットができます。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

脂肪や糖の吸収が抑制される

リンゴポリフェノールには脂肪や糖の吸収を抑制する働きもあるので、ダイエット食に最適であることが分かります。万が一食べ過ぎたとしても、リンゴに含まれている成分のおかげで、脂肪や糖の吸収を抑えられるので安心してダイエットに取り組めることも魅力です。

食べないダイエットではなく、食べることで痩せやすい体に改善できる食べものとして認識すると、楽しくダイエットができます。

【参考:http://diet-times.jp/apple-diet/

食物繊維が便秘を解消する

リンゴに含まれる水溶性の食物繊維が腸内環境を整え、お通じをよくしてくれるため、体のサイクルを整え便通を安定させる作用があります。便秘に悩みを抱えている人は、リンゴを食べることで改善させられる場合が多いです。

便通がよくなることは、体の老廃物をきちんと排泄できることで、腸内環境はもちろんのこと血行促進作用もアップできます。ダイエット食にも最適ですが、健康食としも活用できます。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

コレステロールの増加を防いで血流を良くする

リンゴポリフェノールは、血液中の脂質の酸化を防ぐ働きがあるため、血液中のコレステロールの増加を防ぐことができます。水溶性食物繊維であるペクチンがコレステロールを吸着し、しっかり排出するため、太りにくく老廃物をため込まないきれいな体に導くことができます。

若返り作用もあるため、ダイエット食として取り入れることで、痩せやすくスラリとした美しいボディへと改善でき、効率よく痩せられます。

【参考:https://yasekore-diet.jp/apple-diet

カリウムがむくみを解消

リンゴに含まれるカリウムが体内の余分な塩分を体の外に排出するため、むくみが解消され、すっきりとした体に改善できます。女性特有の悩みのひとつとされるむくみですが、リンゴを食べることにより解消できるので、日々の食事に摂り入れることをおすすめします。

老廃物と水分はくっつきやすく脂肪に変わりやすいため、脂肪を分解し排出作用の高いリンゴは、ダイエット食におすすめです。健康的に美しく痩せたい人にとって最適な方法になります。

【参考:https://yasekore-diet.jp/apple-diet

リンゴがもたらすダイエット以外の効果

ダイエット以外にも得られる効果があります。一石二鳥以上の効果を得るためにも、得られる効果を把握しておきましょう。

リンゴポリフェノールの美肌効果

リンゴポリフェノールが活性酸素を除去することによって、美肌効果が得られるため美容としてもおすすめできる食材です。肌トラブルの改善やアンチエイジング効果もあるので、リンゴを食べることで化粧のりがよくなります。

体の余分な水分を排出し、むくみも改善できるため、肌の血行も改善でき輪郭もスッキリとしてきます。美肌効果を得たいという人にもおすすめできるので、ダイエット以外の効果としても魅力があります。

【参考:http://diet-times.jp/apple-diet/

アレルギーを緩和させる効果

リンゴポリフェノールには、強い抗酸化作用とアレルギー症状を抑制する作用があります。花粉症やアレルギーの人にはおすすめの食材として取り入れるとよいでしょう。自分の免疫力を高める作用もあり、抵抗力も高まります。風邪を引きにくくする作用もあるので健康維持にもよいです。

リンゴの食物アレルギーではないことが前提となるので、リンゴアレルギーである場合は避けましょう。

【参考:https://www.xn--l8jya2od67c.com/allergy/apple/

デトックス機能が高まる

リンゴに含まれるアントシアニンには肝臓の働きを高める効果があり、肝臓が活性化されることでデトックス機能を高めてくれます。デトックス機能を高められると代謝が上がり、血行促進作用も働くためきれいな酸素を体内に巡らせられ、きれいな体を維持できることになります。

汗もしっかり出せる体になるので、冷え性の人も症状を改善させられます。老廃物をため込まないきれいな体をキープでき、健康維持に効果的です。

【参考:https://kireca.com/apple-diet/

歯の歯垢をつきにくい環境にする

虫歯菌の酵素を阻害する働きがリンゴポリフェノールにあります。口臭予防にもなり、歯の歯垢をつきにくい口内環境に導くため、虫歯予防にもつながります。口臭の原因とされるメタンチオールという物質の増加を抑えられるので、口臭予防として最適な食材になります。

食後に食べることでも虫歯予防や口臭予防によい効果があるので、食べるタイミングも考えて摂り入れましょう。

【参考:https://smile-sika.jp/article_detail/562.html

プチ断食と置き換え自分に合っているのはどっち

リンゴダイエットには2つの種類があります。自分に合っているほうを選んで取り組みましょう。

短期間でダイエットを終えたいならプチ断食

とにかく、短期間で効果を出したい人には3日間のプチ断食がおすすめです。ストレスが溜まりやすく、リバウンドもしやすいため注意しなければならないポイントがあります。

短期間で痩せたいという絶対的な目的と、短期間だからこそ計画的に取り組める環境を継続しないと上手くできません。また、ダイエット後の食事にも注意しないとリバウンドするリスクが高いため、ダイエット後の食事メニューも考えることが大切です。

【参考:https://feely.jp/88781/#i

少ないストレスで痩せたいなら置き換え

置き換えなら、1食以外は好きなものを食べられるためストレスが少ないです。プチ断食よりは効果の現れかたが低いですが、楽しく取り組みたい人や体に負担なく取り組みたい人におすすめです。

置き換えでも、取り組みかたによっては確実に効果を実感できるので、最初にダイエット計画を立てることが大切です。置き換えない残りの2食についても、何を食べるのか、カロリーなどを計算してメニューを考えることで、計画的にダイエットを進められます。

【参考:https://dietplaner.biz/2017/09/29/リンゴダイエット/#11

違和感を感じたらすぐにやめる

まれにリンゴアレルギーを持つ人がいます。判断が難しいので、少しでも違和感を感じたらリンゴダイエットはやめましょう。食物アレルギーの症状は早く表れるため、違和感があればすぐにわかります。

口の中がピリピリする、嘔吐やお腹を壊し下痢になったという症状もアレルギーである可能性が高いのでリンゴダイエットは途中でやめて、アレルギー検査することをおすすめします。

【参考:https://feely.jp/88781/#i

3日間リンゴだけ食べるプチ断食の正しいやり方

短期間で効果を得たい人は、プチ断食の正しいやりかたを覚えて無理なく取り組みましょう。

始める前日は低脂肪の食事をとる

プチ断食を始める前の日は、できるだけ低脂肪の食事をとりましょう。リンゴだけ食べる期間は3日間としていますが、厳密にいうとダイエットの期間は前後も含めて5日間としておくとよいです。これから断食に入るのでたくさん食べておこうと考える人も多いのですが、これではリバウンドの原因となります。

前日は、低脂肪である納豆や豆腐など、胃に負担をかけない食事にしましょう。食事の量も少なめのほうがリバウンドしにくく、急激にお腹がすいたという感覚になりにくいです。

【参考:http://lar-japan.com/archives/30647

3日間リンゴを食べ続ける

3日間の食事はリンゴと飲みもの(水かコーヒー)です。もしくは2食はりんごのみで、1食だけ普通の食事が望ましいです。自分の体調をみながら調節するとよいのですが、1食だけ暴飲暴食にしてしまっては意味がありません。

残りの1食も重要になるので、効果を実感したいのであれば低脂肪の食材を選んで摂り入れましょう。3日間リンゴだけでもよいのですが、人それぞれ負担が異なるので、無理だと思ったら無理しないで断念してもよいです。普通食にする前に低脂肪食材を取り入れるようにしましょう。

【参考:https://kireca.com/apple-diet/

リンゴはいくつ食べてもOK

リンゴダイエット中は、リンゴ以外の食事を摂らなければ、何個リンゴを食べても構いません。断食なのに食べれるのが魅力なので、思ったよりも楽しく取り組めるという人も多いです。いくつ食べてもよいのですが、生のリンゴがおすすめです。

熱したリンゴでもよいのですが、生のリンゴだとよく噛むことにより満腹感が生まれ、脳にもよい刺激になります。できるだけ自分の歯で噛んで食べることで、リンゴの効果やダイエット効果を高められます。

【参考:https://kireca.com/apple-diet/

4日目に消化のよい食事をとる

断食を終えた4日目には消化のよい食事をとることが成功のポイントです。4日目に暴飲暴食をしてしまうと、せっかくの痩せやすい体を台無しにしてしまうことになりリバウンドします。

4日目は消化よい食事と低脂肪食材を摂り入れ、食べ過ぎないように量を決めて食べるようにしましょう。ダイエットを始める前に、断食前後の食事メニューを決めておくと楽に取り組めます。

【参考:https://kireca.com/apple-diet/

プチ断食を行う際の注意点

プチ断食を行う際には注意するポイントがあります。失敗させないためにも、ポイントを把握して取り組みましょう。

体調が悪い時には行わない

プチ断食を成功させるポイントは、体調が万全なときにだけ行うことです。生理中や風邪のときなどには行わないことが大切です。体調が悪いときにチャレンジしても、健康を損なうので病院に行くことになるなど、時間もお金も費やすことになりかねません。

体調が悪いときは行わず、万が一断食中であったとしても無理に続けないことです。生理日はあらかじめ予測できるので、その期間を省いて計画を立ててみましょう。

【参考:https://kireca.com/apple-diet/

必ず3日間でやめる

断食をするとタンパク質などの栄養が不足するため、長期間続けてはいけません。タンパク質が不足すると、細胞の形成や髪の毛などへの栄養が行き届かず、身体機能にも悪影響を及ぼしてしまいます。3日以上の取り組みは危険と判断しましょう。

体機能を高め、体をリセットさせるための3日間だと思い、それ以上の取り組みはしないように意識しておくことが大切です。成果がでると楽しくなって継続したい気持ちが出ます。そのような場合は、別の機会にするなどして計画をし直して取り組んでみましょう。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

リバウンドしやすいので注意

プチ断食は、終わった後にすぐリバウンドしてしまうことが多いので注意が必要です。終了後は数日掛けて食べる量を戻すことがポイントになります。短期間で痩せられるとして魅力的な方法ですが、リバウンドしやすいというリスクもあるのでダイエット後の食事には十分注意しましょう。

すぐに戻さずに、少しずつ食べる量を戻し、消化のよいものを少しずつ食べることもポイントになります。断食が終わったからといって油断せず、その後の生活を注意すること成功へと導けます。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

1食置き換えダイエットを成功させる方法

置き換えダイエットで成功させたい人は、食べるタイミングを変えることで効果を高めることができます。ポイントを押さえておきましょう。

朝食を置き換えて消化負担を減らす

朝食をリンゴに置き換えた場合、胃や腸に負担をかけず、疲れた内蔵を休めることができます。体に負担をかけず、ゆっくりとダイエット効果を実感していきたい人におすすめの方法です。

朝食は忙しくて食べる時間がないという人でも、リンゴなら切って食べるだけなので簡単に取り組めます。朝は食欲がないという人も、すりおろしリンゴにするとおいしくさっぱりと食べることができ、楽しく継続できるでしょう。

【参考:https://feely.jp/88781/#1

夕食を置き換えて摂取カロリーを抑える

夜は活動が少なく消費カロリーも少ないです。夕食をリンゴに置き換えることで摂取カロリーを抑え、効率よくダイエットできますが、夕食はたくさん食べたいという人にはおすすめできません。ダイエット効果を実感するためには、夜の置き換えが一番理想とされています。

ダイエット目標を明確に立てて、夜の置き換えにチャレンジしてみましょう。残りの2食をしっかり食べてもダイエット効果は得られます。置き換えで効果を実感したい人は、夕食の置き換えをしてみましょう。

【参考:https://www.cosme.net/diet/article/I0007628

食べる個数は自由

1回の食事で食べるリンゴの量は自由です。個数は決められておらず、2~3個食べる人が多いです。2個でも十分なほどの満腹感を得られるため、置き換えしている感覚になりにくいのが魅力です。

食べるときはよく噛んで食べることで、さらに満腹感を得られやすくなります。毎日2~3個のリンゴが必要になるので、自宅にストックしておくことも重要になります。

【参考:https://www.cosme.net/diet/article/I0007628

食前にリンゴを食べるのもOK

食前にリンゴを食べることで、その後の食事量を減らすことができ食べ過ぎを抑制できます。置き換えとはいかなくても、食前に食べることでリンゴの成分を取り入れられ、痩せやすく健康的な体に改善できます。

プチ断食や置き換えダイエットのように、成果としてはわかりにくいですが、時間をかけて痩せたい人、ダイエットではなく健康や美容に関心がある人におすすめの食べかたです。

【参考:https://www.cosme.net/diet/article/I0007628

1食置き換えダイエットの注意点

置き換えダイエットにも注意点があります。成功へ導くためにも、失敗しやすいポイントを確認していきましょう。

通常の食事でしっかり栄養をとる

置き換え以外の食事では、タンパク質など必要な栄養をしっかり摂ることが大切です。必要な栄養が不足してしまうと、体が要求するためリバウンドの原因となります。

「他の2食は好きなものを食べられる」、結果はそうなのですが、必要な栄養を摂ることを意識すると、ダイエットの効率を高め、リバウンドしにくいダイエットができます。通常食は適当にするのではなく、通常食もメニューを考えて、楽しく取り組むことがポイントになります。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

リバウンドを防ぐために運動を取り入れる

ダイエット終了後も少しずつ運動を取り入れて基礎代謝を上げることで、リバウンドを防ぐことができます。リンゴは脂肪燃焼や分解作用がありますが、運動も取り入れることで効率よくダイエット効果を実感でき、リバウンドしにくい体に導くことができます。

無理な運動ではなく、体に負担がかからない軽めの運動がよいです。ストレッチやちょっとした筋トレでもよいので、無理なく続けられる運動を取り入れてみましょう。

【参考:https://www.cosme.net/diet/article/I0007628

リンゴダイエットを成功させるコツ

リンゴダイエットを成功させるためにはコツがあります。失敗することなく効果をしっかり実感するためには、どのようなコツがあるのでしょうか。

リンゴは皮付きのまま食べる

リンゴポリフェノールは実より皮に多く含まれるため、皮は剥かずに食べると効果的です。皮が苦手な人は、食べやすくカットして食べることをおすすめします。

皮は歯ぐきに挟まりやすいので、食べかたを工夫してみましょう。いつも皮は捨てていたという人は、今日から皮付きリンゴを食べましょう。皮も熱さずに生で食べることで、ダイエットに効果的な成分を取り入れられます。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

すりおろして吸収を高める

すりおろすことで栄養の吸収が高まり、消化もよくなります。そのまま食べるのが飽きてしまったら、すりおろして食べてみましょう。色が変わるので、すりおろしたらなるべく早く食べるようにして、作り置きのないように食べきりましょう。

皮もすりおろして食べることがおすすめですが、食感が苦手な場合は無理をしないことです。皮の使い道もあるので、他のレシピに活用してみてもよいです。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

プロシアニジンが豊富な青リンゴもおすすめ

青リンゴには、プロシアニジンという脂肪の燃焼を促す成分があり、赤いリンゴの約4倍も含まれているため、青リンゴもリンゴダイエットに取り入れることをおすすめします。

赤いリンゴはリンゴポリフェノールが豊富に含まれているので、赤と青をバランスよく組み合わせて食べることもよい方法です。ダイエット効率を高めたい人は、青リンゴも取り入れて楽しく取り組みましょう。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

飽きたら新しいレシピを取り入れる

生のリンゴに飽きてきたら、焼きリンゴなど新しいレシピを取り入れることもよい方法です。加熱すると甘くなるので、新たに味付けをしなくても大丈夫です。焼きリンゴやスムージーにしても、おいしく食べることができます。

そのまま食べることも手軽でよいですが、飽きてきたら違ったレシピに挑戦すると楽しく継続できます。子供のおやつにも最適なので、リンゴを使ったレシピのレパートリーも増やせます。

【参考:http://i-ist.net/diet/apple-diet#how_to_diet

リンゴ風呂に入ってみる

残った皮をお風呂に入れるだけでOKです。リンゴの香りでリラックスでき、リフレッシュできます。ストレスを溜めないようにすることもポイントなので、気分転換として活用してみることもおすすめです。

残った皮で紅茶を作ってもよいでしょう。いろいろな方法でリンゴを楽しめるので、ストレスなくダイエットに取り組めます。リンゴをそのまま入れるのではなく、むいた皮をネットに入れるなどして活用しましょう。

【参考:https://dietbook.biz/ringodiet-1499.html

正しい方法で無理なくダイエットしよう

リンゴダイエットは、間違った方法で取り組むとリバウンドしてしまいますが、正しい方法で取り組むと確実に痩せることができます。自分に合ったダイエット方法で取り組み、計画的に行うことが大切です。楽しく取り組むためにも、目標を定めてリンゴのおいしさを満喫しながら行いましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール