• HOME
  • 働く
  • 転職
  • 30代女性が転職するポイントをチェック|成功の秘訣とは
転職

30代女性が転職するポイントをチェック|成功の秘訣とは

30代は、キャリアを積みながらも、結婚や出産を機に転職を考える女性が多い年代です。年収アップや好条件で転職を目指すのであれば、まずは転職先の情報をしっかりリサーチし、資格を取得しておくなど、慎重に検討することが転職成功の鍵となります。

30代の女性が転職で年収アップを目指すのは無謀?

30代女性が転職を考えた場合、20代ほど求人があるわけでもなく、不安に感じることも多いと思います。実際、転職を考えたことはあっても、実行に移すことは容易ではないため、結局そのまま現状維持できている人も少なくありません。

30代で転職を目指すのには、今よりいい条件の仕事を探したいという希望は同じでも、キャリアアップをはじめ、職場環境、人間関係、パートナーの都合など、それぞれに理由があります。女性が転職を考えるポイントはなにか?さらに転職して年収アップは可能なのか?ここでは、30代女性の転職について紹介したいと思います。

30代女性でも転職を目指したい

30代女性が転職を目指す理由には、キャリアアップや収入を増やしたいという希望はもちろん、他にも女性特有の理由もあるようです。結婚や出産、家事との両立、夫や彼氏の転勤、または、女性同士の派閥争いやいじめ、男性社員からのセクハラなど、職場での人間関係による不満により転職を考えるケースもあります。

30代女性の転職でも、正社員として雇用されている人は数多くおられます。これから目指す方もおおいに希望をもって挑んでほしいと思います。ただし、30代の転職は、20代とどう違うのか、メリットやデメリットについてきちんと理解しておくことが大切です。

30代の女性が転職するメリット・デメリット

30代の転職には不安がつきものですが、20代や40代と比べるとデメリットもあればメリットもあります。どちらもしっかり把握しておけば、転職を考える際に活かすこともできますし、思い通りに行かない時も、迅速に対応することが可能です。

30代の女性が転職するメリット

30代は20代の頃とは違い、社会経験も積んで落ち着いて働く時期です。30代には20代にないスキルもありますし、今よりもっとステップアップできる可能性を秘めています。では、30代で転職するメリットについて紹介します。

即戦力になれる

30代の女性は、すでに長く働いていますので、1から教える必要がなく、雇用してすぐ即戦力として働くことができます。企業側としても、30代を雇う理由に即戦力を求めている場合が多く、OJT、いわゆる職場での指導や育成に費やす時短ができることは大きなメリットとなります。

人間関係をリセットできる

30代女性の転職には、職場での人間関係の悩みがからんでいるケースが多い傾向にあります。派閥問題やいじめ、セクハラやパワハラなど、1人の力では解決できないこともあります。転職をすることで、新しい職場ですべての関係をリセットでき、新たな人間関係を築いていくことができます。

年収アップの可能性あり

現状の年収に不満がある場合、転職をすることで年収がアップする可能性があります。給与をはじめ、待遇や仕事内容に満足できないために転職を考えるのであれば、資格の取得やスキルアップを現在の会社で培っておくことがポイントです。

30代の女性が転職するデメリット3選

30代で転職をするデメリットについて考えてみたいと思います。できれば転職をしてステップアップに繋げたいところですが、現実にはデメリットがあるのも事実となりますので、しっかりと現実を把握しておく必要があります。

正社員では転職しにくい

やはり30代女性の場合、正社員募集の求人が減少しますので、正社員を希望している人は転職が難しくなります。男性に比べると、30代ということで、女性は結婚・妊娠などを機に退職してしまう可能性が高いため、企業が積極的に正社員として採用したがらないためです。

会社ごとにルールが異なる

同じ業種の会社に転職しても、会社にはそれぞれ独自のルールや習慣が存在します。30代になると、今までの環境に慣れてしまっているため、新しい会社との違いに戸惑う可能性があります。若い頃の順応性や柔軟性が失われていると、慣れるのに苦労することも考えられます。

条件が悪くなる場合もある

大手企業ならまだしも、中小企業になると、会社によっては条件や待遇が悪くなる可能性が考えられます。例えば、事務職の場合、産休や育休の制度がなく、新しい人を雇ってしまうケースが多いためです。さらに、退職金制度がないケースもありますので、現状との条件の違いをきちんと確認する必要があります。

30代女性で転職した人の体験談

30代で転職を果たした女性の体験談を紹介します。転職に成功した人もいれば、失敗してしまう人もおられます。これから転職を考える方は、経験者の貴重な体験談から学ぶべき点をおおいに学び、転職に活かすようにしてください。

転職はその後の人生と深く関わってくる重要な岐路となる可能性がありますので、後悔しないように慎重に進めることが大切です。

30代女性で転職に成功した人

ずっと看護師として働いているAさんは、夫の転職を機に必然的に転職をすることになり、同職種である看護師として新天地で働くことになります。同じ職種でも、未経験の科で、さらに電子カルテを導入している病院だったため、仕事に慣れるために時間を要します。しかし、次第に仕事にも慣れ、違う分野のスキルアップにも繋がり、患者がリハビリをして元気になって退院する姿を見てやりがいを感じるようになります。

続いて、接客を転職と考えるBさんの体験談です。土日も出勤、朝8時から夜8時まで働かされる販売の仕事に心身がもたず転職を決意します。留学経験があるBさんは、語学力を活かせる正社員の仕事を探すも見つからず、結果的に正社員を諦めて派遣入社、営業事務という異業種にも関わらず力を発揮して正社員のオファーをもらうまでになりますが、勤務形態が自分にあっているという理由で派遣として勤務を続けています。

2人が成功した理由

Aさんのケースでは、看護師という同業種に転職し、1から仕事を覚えるストレスが少なく済んだため、新しい分野であっても、やりがいを失わずに仕事に励めたことが理由と考えられます。Bさんのケースも、自分のスキルを活かし、正社員がなければ派遣と雇用形態にこだわらず、自分にあった働き方で勤務をしていることが成功した理由です。

どちらのケースも、やりがいと自分の持つ資格やスキルを活かせたこと、また、働きやすさを優先させたことが大きな理由と言えます。

30代女性で転職に失敗した人

専業主婦から離婚を経てシングルマザーとなり、残業がなく休みやすい公務員(嘱託職員)として働いていたCさんの体験談です。Cさんは事務職で、子育てをしながら働きやすい環境でしたが、給与面の不満から転職を決意。不合格続きで焦りもあり、希望の職種ではなかったものの、ハローワークの求人に飛びつき、営業事務に採用されます。入社してみると、職場の人間関係が劣悪で、心身ともに限界を感じて退職してしまいます。

続いて、医療事務に正社員として就いていたDさんの体験談です。やりがいがある医療事務に勤めていましたが、てんかんを発症し転職を決意。就職活動はせず、知り合いの美容室オーナーからの誘いを受けて、未経験ながら美容室アシスタントとしてパートで働き始めます。現在は、収入は減り、ボーナスも有給もなく、待遇に不満を抱えるDさんは、医療の現場でやりがいのある仕事を探せばよかったと後悔しています。

2人が失敗した理由

2人の転職を失敗した理由は、転職を焦りすぎて、転職先についての情報収集もほとんどしないまま転職してしまった点にあります。転職をする際には、職場についてしっかりと情報収集をすることが重要になります。

公式ホームページや口コミ、職種についての情報など、ちゃんと理解して納得してから選択することが大切です。やりがいを優先するのか、給料を優先するのか、自分のやりたいことと給与面の折り合いをつけれるかどうか、しっかり考えた上で選ぶことで、転職の失敗を避けることができます。

30代女性が未経験で転職するポイント

30代の女性が、未経験の職種へ転職する場合に気をつけるポイントについて紹介します。先に紹介した失敗談にもあるように、未経験の職種への転職は、1から仕事を覚えなければいけないため、時間を要することがあります。

それでも転職を希望する際には、仕事選びのコツを押さえて就活を行うと成功しやすくなります。

未経験歓迎の募集を探す

未経験の業種を探すポイントは、「未経験歓迎」と求人に記載されている求人を探すことです。未経験者でも採用してくれる会社は、OJTの体制が整っている場合が多く、知識やスキルがなくても勤務できる可能性が高くなります。

有資格者歓迎の募集を探す

資格が必要な職種の場合、求人によっては資格さえ持っていれば、未経験でも採用可の企業があります。有資格者歓迎の募集を探し、なりたい職種がある場合には、必要とされる資格を先に取得しておくと転職に有利になります。

経験が活かせる業種を探す

元が営業職だった場合、その対人スキルを活かして接客業を探すなど、今まで培った経験が活かせる業種を探すことで、未経験でも採用される可能性があります。留学経験があるなら、未経験であっても語学力を活かせる職場を探せば採用されることもあります。

30代女性の転職におすすめの資格

未経験で、かつ資格を必要とする業種への転職を考えている方に、転職に役立つ資格を紹介します。30代女性でも、有資格者歓迎の企業であれば、未経験でも採用可の可能性が高くなりますので、転職前にどんな資格かをリサーチし、先に取得しておくと転職がスムーズです。主な資格として、簿記、宅建、介護職員などがあります。

日商簿記2級・3級

日商簿記の2級と3級は、経理関連の資格の中でも取得しやすく、さらに求人も豊富な資格となりますのでたいへんおすすめです。資格を取得しておくことで、タイミングさえあえば、転職に非常に有利に働きます。

日商簿記は商工会議所検定試験の1つで、3級が初級者レベルとされています。経理事務の業種に役立つ資格で、経理関連や財務の基本知識も理解できるようになります。中小企業の経理業務への転職にも有利で、営業や管理部門にも通じる知識として評価を得ています。

宅地建物取引士

宅地建物取引士とは、宅建業者の事務所内に5人中1人は置くことを義務付けられている有資格者となります。不動産、リフォーム会社など、宅地建物取引士を増やして事務所を大きくしたいと考える企業であれば、転職が費用にスムーズになります。

難関資格となりますが、資格取得に制限はありませんので、いつからでも挑戦できます。さらに、宅地建物取引士には資格手当がつくことも多いため、年収アップを狙うことも夢ではありません。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは、通信講座や短期講座でも取得でき、3ヶ月程度で取得できる比較的とりやすい介護資格の1つです。患者の身体介護をするのに必要となる資格で、初任給は安くなってしまいますが、介護現場で実務経験を積めば、介護福祉士やケアマネージャーにも挑戦できますので、キャリアアップや年収アップを目指すことも可能です。

30代女性の転職先探しにおすすめのサイト

30代女性向けの求人が多い、転職に役立つおすすめサイトを紹介します。女性の求人に特化したものや、年代別に絞り込めるサイトとなっていますので、希望の職種を抽出しやすく、未経験の分野でもいろいろな条件で検索が可能です。1つのサイトより、複数のサイトでより多くの情報を集めることをおすすめします。

女の転職@type

「女の転職@type」は、女性向けの求人のみを扱うサイトで、30代という条件で検索も可能、正社員、契約社員、派遣社員などの雇用形態で選ぶこともできます。新着求人も探しやすく、求人ランキングも充実していますので、思いがけない業種から自分にあったが見つかる可能性があります。

転職に関するノウハウや、Webマガジンなど読み物としても読み応えがあり、登録をしておけば、オファーが届いたり、求人情報や企業とのマッチング度を知ることもできます。気になる求人や応募した求人を保存できますので、比較検討や管理が簡単にできます。

参考:https://woman-type.jp/

マイナビ転職

「マイナビ転職」には、女性の転職向け専用ページがあり、30代女性が活躍できる求人情報を探しやすいサイトです。常に新着情報がアップされており、育休や産休がとれる職場など、特集が組まれることがありますので、有益な転職情報を入手しやすくなっています。履歴書の添削、自己PRのサンプル集、厳しい面接の攻略法、適性診断などの転職ノウハウも充実しており、転職イベントも日本各地で開催されています。

参考:https://tenshoku.mynavi.jp/woman/sp/wwty29/

▼30代からの転職におすすめの転職サイトはコチラ
●ここにタイトル●

30代女性の転職は慎重に

30代女性の転職は想像以上に難しく、転職できたとしても、後悔してしまうケースも多々あります。やりがいを優先するのか、給与面を重視するのか、正社員にこだわるのか、派遣でも構わないのか、自分の希望する条件と、転職先の待遇などを照らし合わせて判断することが大事です。

30代で転職を検討しているのであれば、転職前に資格を取得するなどして、求人情報をしっかり吟味し、慎重に行うことが成功のポイントとなります。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール