• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • 家でできるおすすめの仕事(副業)とは|時間をうまく活用して副収入を得よう
働き方

家でできるおすすめの仕事(副業)とは|時間をうまく活用して副収入を得よう

出勤前や帰宅後の自分の時間を有効に活用したいけれど、その第一歩を踏み出すことができないと悩んでいる人は必見です。家でできる仕事について、メリットや注意点をも含めて徹底調査しました。この記事を参考にして、勇気をもって始めてみましょう。

プチ収入・副業から本業まで

「どうやって仕事を探したらよいかが分からない。」、「そもそも自分に何ができるかが分からない。」、やりたい気持ちを抱えているけれどなかなか行動に移せない人は、このように悩んでいます。

悩みの悪循環に陥ってしまうとなかなか抜け出せません。しかし、この記事が悩みから抜け出す突破口になるはずです。

ここでは、簡単にできるアンケートから今までしてきた仕事を活かすことができる仕事まで、仕事の種類や手段を提示していきます。年齢が関係なくできる仕事ばかりです。

沸き起こったやる気を強く持ち続け、その思いで突き進んでください。きっと、趣味や好きなことを仕事にしてそれを本業にしていくことも夢ではありません。

本業がある人も家でスキマ時間を上手く使って副業として取り組み副業としてお小遣いを稼ぐのもありですよね。

家で仕事をするメリット

まずは、家で仕事をするメリットを改めて確認していきましょう。

スキマ時間にできる

好きな時間に仕事ができる点は非常に大きなメリットです。家事の途中や寝る前など自分で時間を決めることが可能、また体調にも合わせながら仕事ができます。

時間の配分を自由に決められるので自分のペースが保たれるという面においては、精神的な安定を保てます。副業としてスタートするには好都合な条件です。

趣味やスキルを活かした仕事

趣味が仕事に変わり、楽しみながら仕事ができるのも魅力です。興味があることや好きなことを仕事に出来るなら、自分の得意な分野を活かせるのでやる気がアップし、より拡がりをみせた仕事ができそうです。

また在宅ワークは当然通勤時間が存在しないので、その時間を有効に活用することができます。時間の調整をつけやすいことは見逃せません。

家計の足しになる

決められた時間に働きに行くパートやアルバイトは、そのほとんどが時間給です。どれだけ一生懸命がんばって仕事をしても、すぐに時給が高くなることはないでしょう。

しかし在宅ワークなら、やった分だけお金がもらえるのでやりがいやモチベーションアップにつながります。自由な時間で仕事ができ、取り組んだ分だけ収入になる。それが家計の足しになるなんて、これほどよいことはありません。

家で仕事をする注意点

次に、家でする仕事における注意点をまとめました。これらは必ず確認するべき事項です。

税金面での注意点

副業でも従業員として働くならば、その場合の所得は「給与所得」、フリーランスの場合は「雑所得」となります。雑所得で給与所得以外の収入が20万円を超えた場合は、確定申告の義務が生じます

但し、在宅ワーク所得が雑所得ではなく給与所得になる場合は、所得が1円の場合でも確定申告が必要になります。

▼家で仕事する場合(フリーランス)の税金について、こんな本もおすすめです

初期費用の確認

大半の場合は仕事を始める時に初期費用はかかりません。しかし中には悪質なものもあり、初期費用や商材代金を請求される場合があります。仕事を選ぶときはしっかり確認し、不安な場合契約はしないと心に決めましょう。

もしも高額のお金を支払ってしまった場合は、購入から8日以内であれば、クーリングオフの手続きをとることができます。

時間配分の確認

会社のように始業・終業時間がないので、自分で時間配分をしなくてはなりません。報酬に対する時間計算をして無理のない範囲で仕事ができるかを確認し、日々の作業時間の見積もりを常に管理しておきましょう。

仕事に対するモチベーションの維持が、在宅ワークにおける永遠のテーマだといえます。

スマホを使ってアンケートに答えたりポイント貰う仕事

パソコンを開ける必要がなく、スマホだけでの作業は非常にお手軽です。また、スキマ時間を積み重ねて小遣い稼ぎができる利点もあります。未経験でも全く問題なく取り組めるので、在宅ワークが初めての人にもおすすめです。

マクロミル

マクロミルは日本最大のアンケートモニターサイトです。仕事内容はネットアンケートが主となりますが、日記式アンケートやオンラインインタビュー調査、ウェブ以外にも会場モニターや商品モニター・座談会などがあります。ウェブ以外の仕事の方が、通常よりポイントが高くつく傾向です。

1ポイント1円の還元率で、また交換は初回のみ300ポイント、2回目以降は500ポイントから可能です。交換手数料が無料であるのは嬉しい条件です。

またサイトの中に、非常に充実した内容の「もっと楽しむ」というコーナーがあります。他のモニターの投稿や、気になる話題への他モニターの意識調査の結果などで、雑誌感覚で楽しめます。

そして、自身のアンケート結果はたくさんの商品やサービスの開発や改善に生かされているその方法もが記載されています。サイト側とモニターとの間の信頼関係が成り立っている証拠でしょう。安心してモニターの仕事に取り組めそうです。

 マクロミル詳細はこちら

ファンくる

美容・通販・ショッピングなどの商品のモニターもあるのですが、中には家でできる仕事とはちょっとずれちゃいますが、ミステリーショッパーと呼ばれる飲食店などの覆面調査などもあります。資格などもいらない一般の人の覆面調査ですので素人でも安心です。

 ファンくるの詳細はこちら

moppy〔モッピー〕

こちらはポイントサイトです。ポイントサイトとは、そのサイト経由で商品を購入するとポイントが貰えるというサービスです。ネットショップで直接購入しても割引やポイントは付きません。しかし、ポイントサイト経由で商品を購入するとポイントサイトからお金やギフトカードに交換できるポイントを貰うことができます。

特徴としてまず、1p=1円とポイント還元率が高いことが上げられます。また、300ポイントから交換が可能という低い交換レートも魅力の1つです。毎日届くメールのURLクリックでポイントが貰えたり、アンケートや無料ゲームでポイントを貯めたり。その他、無料のアプリをダウンロードする、無料会員登録する、カード発行で、またショッピングでポイントを貯めていくシステムです。

毎日していくにあたり、幅広くそして深みのあるコンテンツは必須です。こちらのモッピーはそのコンテンツが3,000以上もあり、飽きずに続けられそうです。利用者数が600万人を突破しているのも納得できます。ヤフーショッピングやZOZOTOWN、じゃらんやH.I.S.といった大手企業との提携も魅力的です。

 moppy〔モッピー〕詳細はこちら

Gendama〔げん玉〕

こちらはポイントサイトの代名詞として実績を積み重ねた老舗サイトです。会員者数は約450万人で、無料登録で250ポイント貰えたり、サイト経由で買い物やクレジットカード、銀行口座を作るとポイント率が高いという特徴を持っています。

その他のポイントサイトでできることはほぼ揃っている中、「他のどのサイトよりも大還元を」と設けられたコーナーが見ものです。また、このサイトを紹介した人とされた人の双方が、条件達成でポイントをゲットできる友達紹介制度があるのも魅力です。ゆえにコンテンツ的には申し分ありません。

10ポイント=1円の還元率についてはモッピーには劣りますが、登録情報がニックネーム・パスワード・生年月日のみです。ポイントサイトを試しに利用される人にとって、登録情報が少ないことはよい条件でしょう。

モッピー・げん玉、いずれにせよポイントサイトでより多く稼ぐ秘訣は、複数かけもちすることです。定期的に数件のサイトをチェックしてください。日々ポイントアップの案件が変動していくので、その中で還元率の高いものを良いとこどりしていくやり方です。

 Gendama〔げん玉〕詳細はこちら

片付けと一緒にリサイクル・フリマアプリで自分のものを売る仕事

街のリサイクルショップや古本などに持って行ってもそんなにお金になりませんが、フリマアプリを使って自分の持っているものを欲しい人に売ることでもお金を稼ぐことができます。特に非売品やブランドものファンが欲しいと思っているものなど高額で売買できるものも多いです。

mercari〔メルカリ〕

メルカリは、フリマアプリの1つです。スマホで家にあるいらないものの写真を撮って簡単に出品でき、購入もボタンひとつだけという気軽なやりとりが魅力です。なお登録・出品料は無料ですが、販売手数料として10%が売り上げから差し引かれるシステムです。

写真と合わせて、説明を入れる欄が有ります。その際、ブランド名や商品名、色やサイズと共に商品の状態と買った時期と場所を記入するのがおすすめです。

メルカリでは、衣類やバッグはもちろん、使いかけのコスメやコミックなど何でも出品できます。ただ、ブランドのコピー品や医薬品、下着やその他危険物など禁止されている出品物もあります。出品の際にはガイドを確認してください。なお季節商品ならば、その対象の季節少し前に出品することが早く売り切るコツです。

 メルカリ詳細はこちら

ラクマ

楽天が運営しているラクマは、メルカリとならびフリマアプリでは代表的な存在です。お金のやり取りは楽天が仲介に入っているので安心なところが特徴です。

メルカリとラクマを比較したときに一番大きな差になるのが、販売手数料です。メルカリは10%でラクマは3.5%、実に6.5%もの差があります。例えば10,000円売った場合は、それぞれ手数料が1,000円と350円になり、650円もの差が生じます。

しかし、利用者数はメルカリの方が圧倒的に多いと思われるので、売れやすさはメルカリの方が上になるでしょう。ゆえに手数料のことを考えるとラクマで出品する商品は、メルカリでも確実に売れるであろう、知名度が高く一般的に人気のある商品です。ラクマとメルカリ、双方を上手く使い分けてフリマアプリで稼ぎましょう。

 ラクマ詳細はこちら

自分の趣味でできる仕事

趣味を仕事にし、それだけで生活できる人は非常に少ないのが現状ですが、本業ではなく副業であれば話は違ってきます。今までお金にしようとも思わなかった、自分の趣味であるモノ作りが収入につながります。誰かにとって価値があるものを生み出せば、お金を稼げる時代になってきました。

minne〔ミンネ〕

こちらは、自分にしか作れないオンリーワンの作品を販売できるサービスです。ハンドメイド・手作り・クラフト専用の大手販売サイト、ミンネはアクセサリーから食品まで出品できます。デジカメやスマホで撮影して出品するシステムで、登録や月額利用料は無料です。販売手数料が10%かかりますが、自分のペースで無理なく出品していけるのは魅力の1つだといえます。

また昨今、Instagramの利用者の増加しています。ミンネの作家の間では約8割が、ファンづくりや購買にInstagramが貢献していると回答しているとのこと。

それを背景に近日、ミンネは新たに日本に導入された「Instagramショッピング機能」を、簡単に導入できるという作家向けのサポートツールを公開したそうです。

そのサポートツールを利用することで、ミンネ作家はInstagramショッピング機能の利用の際に必要な、作品情報の登録を簡単に行うことができるようになりました。

また、作家自身のInstagramの投稿からミンネのお買い物ページに、ユーザーをシームレスに誘導させることが可能になりました。作家にとって、需要の市場が広がったというわけです。

 minne(ミンネ)詳細はこちら

BASE〔ベイス〕

ベイスは、もの作りをする個人やビジネスを展開する法人などが求めるネットショップを作成するサービスを展開しています。ファッション・雑貨・ハンドメイド・食品など、どんなカテゴリーのショップでも簡単にはじめられます。

「無料・簡単・すぐできる」がキャッチコピーです。2018年2月に実施された調査で、直近1年以内のネットショップ開設実績がナンバーワンだとの結果が出ました。

ショップ開設にあたり、月額費用・初期費用はかかりません。ショップで商品が売れた場合にはじめて費用が発生する仕組みです。初期費用や運営費用を気にすることなくネットショップ運営にチャレンジできる画期的なサービスです。ネットショップを作るのに、もう勉強とそれに費やす時間、そしてお金は必要がなくなりました。

また、ベイスの新しいかたちとして、Instagramでベイスの商品を販売できるようになったようです。Instagramのショッピングサービスを利用すれば、ベイスショップがInstagramの投稿から直接商品を販売することが可能になりました。1日5憶人以上の感度の高いユーザーとつながりファンを増やし、売り上げを伸ばすチャンスです。

 BASE詳細はこちら

coconala〔ココナラ〕

モノを売らないフリーマーケットという実に新しい分野を開拓しているココナラ。占い、愚痴や相談受付など自分で考えたサービスを何でも出品できます。

人々の経験・知識・スキルといった得意なことを売り買いできるフリーマーケットです。

誰かの役に立ちたい。喜ばれると嬉しい。夢をかなえたい人たちが、自分のできることを思いを込めたサービスとして1回500円から出品しています。

人の役に立ちたいという思いは、仕事をするうえでやる気の原動力となる大切な気持ち。柔軟な発想力から生まれたこのサービスは、誰でも購入することが可能です。

ココナラは、サービスが売れるとサイトのトップページにその情報がリアルタイムに掲載されます。利用者のコメントによると、それをみれば売れているサービスの傾向が大体つかめるそうです。

売れ筋としては、1番は占い、その次が画像・デザイン、似顔絵・イラスト、文章・キャッチコピーと続きます。成果物があるものがよいようです。

 ココナラ詳細はこちら

PIXTA〔ピクスタ〕

Webサイトの記事や広告などで使用される人物や風景の写真や、イラストといったイメージビジュアルを低価格で提供することで人気の画像素材サイトです。

2016年8月データですが、その時点でPIXTAが提供するイメージビジュアルは1,800万点以上。その大半がクリエイターと呼ばれる登録ユーザーが作成したものです。登録料は無料です。

クリエイターに登録をすると撮影した画像や動画を販売できます。しかし、ピントが合っていない・画像が鮮明ではないなど審査の基準が高レベルなので売れる云々以前に登録すらしてもらえない可能性もあります。

基本的なクオリティはもちろんのこと、構図や被写体の選び方といったポイントが重要視されるようです。

なお、月収50万のトップクリエイターは売れるための主な工夫として、まずは検索される可能性を高めるために写真につける検索タグを制限いっぱいまで登録すること。

そして、広告で使う場合など利用者の使い勝手を考慮して、複数の構図を用意すること。最後に、コンスタントに作品の登録を続けることを指摘しています。 

 ピクスタ詳細はこちら
   

スキルを活かしてできる仕事

やはり、経験やスキルを活かした仕事の方が求人数も多いため、その道で仕事を探すのが賢明であることは否めません。その仕事に対する知識が全くない未経験者に比べて、やりがいと手応えに富んだ仕事に巡り合える確率は高いでしょう。

Crowd Works〔クラウドワークス〕

クラウドワークスは、ユーザー数・仕事以来数ともに日本最大級のクラウドソーシングサービスです。仕事を依頼したいクライアントと、働き手クラウドワーカーがオンラインを通じてマッチングします。仕事のやりとりは終始インターネットで完結するため、時間と場所にとらわれず、かつスピーディに働くことができます。登録は無料です。

プロ向けの仕事から経験不問の仕事まで幅広いカテゴリーで、初心者でもこなせる案件が多いのが特徴です。さらに、アンケートから入力業務やアプリ開発など、カテゴリー1つ1つの案件も多いことが日本最大といわれる所以です。

また、クラウドワークスのスマホ用アプリが非常に便利です。同一IDとパスワードでパソコンと連動させてご使用ください。スマホ用アプリは、自由自在な仕事検索を可能にし、やりたい仕事をタッチの差で逃してしまう失敗を防げます。先方とのメッセージのやり取りも手軽に、そして迅速な対応ができることによりスムーズに次の展開につなげます。

 CrowdWorks(クラウドワークス)詳細はこちら

Lancers〔ランサーズ〕

こちらもクラウドワークスと同様、仕事の依頼主と仕事を受注したいフリーランスの人たちとのマッチングサイトです。日本最大級だと同じく謳われており、発注側と受注側の双方が一度も会うことなく、インターネット上で仕事の依頼・交渉・契約・受発注・決済までが完結できてしまう点も同じです。

それでは、これらの2大クラウドソーシングサービスですが、何が違うのでしょう。口コミによるとランサーズの方は、ライティングスキルがあれば報酬単価が高い案件が沢山あり収入を得やすいとのこと。また、敷居が低く誰にでもできる案件が多数あり、ライティングスキルに自信がなく、未経験者でもできるタスク式の単純作業もあるようです。

クラウドワークスについては、上場したこともあり、クラウドソーシング案件以外にも正社員求人やフリーラス常駐案件など幅広い提案を受けられます。結論としては、両方に登録していておいて損はないということになりそうです。

 ランサーズ詳細はこちら

shufti〔シュフティ〕

シュフティは名前のとおり、主婦が副業・在宅ワークをするのに特化したサービスです。スキル不要なアンケートから簡単なデータ入力などの案件です。興味があればとりあえず試してみるのも手でしょう。

報酬はシュフティが代行しており支払いが完全保障されていますので、仕事完了時にクライアントに逃げられたなどの事故も防げます。

クラウドソーシングサービスの多くは、登録料や月額使用料は無料ですが、報酬から手数料として10万円以下は20%、10万円超20万円以下は10%、20万円超は5%が引かれます。

シュフティはその手数料が一律10%となっています。シュフティの案件は簡単なものが多いので、報酬と手数料の関係を考えると、気軽な気持ちで在宅ワークをするには1番適しているのかもしれません。

 シュフティ詳細はこちら 

パソコンを使わずに家でできる仕事

昔からある内職の仕事で、袋詰めやタグ付け・シール貼りなどが上げられます。未経験者からできるのが特長です。手先が器用でコツコツした作業が好きな人に向いているでしょう。荷物を取りに行き自宅で作業したあと納品の一連になるので、車を所有していたほうがよい場合もあります。

自宅で好きなことを仕事にする

世の中に沢山ある教える仕事は、教えるという行為を通じて自分自身が成長できる充実感を感じることができます。さまざまな面においてやっていてよかったと心から感じる瞬間は、自身の人生を豊かにしていくでしょう。

英会話

自宅での英会話教室は、税務署に開業届けを提出すればできます。留学経験や英語を活かして仕事をしたい人向け、自分のペースでレッスンを調整できるのも魅力です。伝わるツールとしての英語ではなく、人生と共にある生きた英語に自信がある人には特におすすめです。

また、英会話には自信があるけれど、特別な資格がない人におすすめなのが、「ECCジュニア」のホームティーチャーです。教員免許は必要ありません。しかも、自宅を教室にできるので思う通りの勤務時間を、そして自身がリラックスできる学びの空間を作れます。自宅にスペースがなかったりプライベートと分けたい場合は、「教室運営補助金推薦制度」を利用してみてください。

ピアノ教室

資格は特に必要なくピアノに関する知識と経験があれば開業できます。また、生徒の月謝が100%収入になり、自分のペースでレッスンや休憩を入れることができるのは、自宅での仕事ならではの特権です。

ただ教室を開く場合には、開業するための事務的な手続きや、生徒を集めるための宣伝活動などといった、ピアノとは関係のない部分での作業が必要になってきます。また資格は不要なのですが、実際に生徒を集める場合には音大卒という肩書があると有利です。中学校・高校の音楽教諭免許があると、さらに信用が高まるでしょう。

サイタ

株式会社クラウドワークスが運営する個人指導スクールです。大人の為のマンツーマンレッスンで習い事も多種多様、実に豊富に取り揃っています。Webで面接をし、内定後の登録を経て講師になれます。自分の得意分野において、特に資格がなくても講師ができます。内容によっては自宅外での仕事もあります。

また講師募集の案内に記載されている、週1日からOK・安心のサポート・未経験者歓迎の謳い文句には安定感が漂っています。ただ、以前サイタでピアノ指導の講師をしていた人の弁によると、ピアノ指導の場合はレッスン会場を講師がおさえなければならないそうです。当時のサイタ側は自宅会場を推奨していなかったとのこと。はじめるのなら、はじめにその辺りも確認しておいたほうがよいでしょう。

まずは興味ある事から始めて家でできる仕事しよう

副業にも、さまざまなものがあげられます。今回紹介したものの中には、すぐに始められるものもいくつかありました。家でお金を稼ぐには、コツコツ地道に作業を進めることが必要になります。それが上手く行きはじめて慣れてきたら、いくつかの仕事を掛け持ちしてもよいかもしれません。

ありとあらゆることを仕事にできる時代です。今まで有効に使えていなかったスキルと時間を、活用してみてください。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール