ファッション

「仕事用リュック」の選び方。選ぶときのポイントと注意点とは何か

仕事で使うバッグの中身が増えて重たくなっている方もいるでしょう。今、仕事用にリュックを使う人が増えています。リュックを選ぶ際の注意点や、使うメリットは何でしょうか。ビジネスに使える人気のリュックをランキングと一緒にみていきましょう。

仕事用のリュックについて

仕事ができる人は、?いまの仕事に必要な物と将来の仕事に必要な物を常に持ち歩くそうです。いつでもアイディアや気が付いたことを記録する、調べる、確認するために、パソコンにスマホ、iPad、手帳など必要なものはたくさんあります。移動の空き時間も無駄にしないためにも、荷物はどうしても増えてしまいます。重くなってしまう荷物をストレスなく持ち歩くのに、リュックを活用する人が増えています。

仕事用リュックのメリット

通勤にリュックを使っている人をよくみかけます。通勤用、仕事用にリュックを使うメリットは何でしょうか。手提げバッグやショルダーバッグにはない、リュックのよさをみていきましょう。

移動時の負担が軽い

仕事用リュックの最大のメリットは、移動時の負担が軽いことが一番でしょう。パソコンや書類、資料などでどうしても重たくなってしまう通勤用のバッグは、肩や腰、首や腰にも負担をかけてしまいます。荷物を減らせばよいといっても、業務上どうしても持ち歩く必要のあるものもあるでしょうし、移動時間を有効に使うためにも、資料やパソコンが必要という人もいるでしょう。

同じ重さでも、手提げバッグやショルダーバッグとリュックでは、体にかかる負担が大きく違います。背中全体で重さを受け止めるリュックは、重さを感じず、負担の軽減を実感して手放せない人も多いのではないでしょうか。体調の管理は仕事の基本です。朝の通勤で疲れてしまって、朝一番から「肩が痛い」などということの無いようにしましょう。

両手が空くのでパソコンや手帳が使える

スマートフォンが当たり前の現代では、スマホで連絡を取りながらの移動もよくみる光景です。両手のあくリュックは、電車の中でのスマートフォン操作も、手帳の確認もストレスを感じることなくできます。特に雨の日は、傘で片方の手がふさがっても、もう一方の手が使える便利さは大きなメリットといえるでしょう。

仕事用リュック選びのコツ

さまざまなデザインのリュックが販売されていますが、仕事で使うバッグですから、選ぶ際に注意すべきことがあります。仕事用に使うリュック選びのポイントを購入前に確認しましょう。

A4サイズのノートパソコンが入る

仕事で使うリュックとなれば、A4サイズの書類やノートパソコンが入ることは必須といえるでしょう。すっぽりと楽々入るサイズがおすすめです。パソコンを入れるスペースにクッション材が使われているタイプが、ベストといえるでしょう。パソコンの周辺機器を持ち歩く人は、リュックの中の小物の収納部の確認も忘れずにしましょう。

背負っても疲れない

パソコンや書類の入ったリュックは、それなりの重さになります。ショルダーストラップの太さや、クッションのあるなしだけでも疲れ方は大きく変わってきます。荷物が重くても疲れないものを選ぶようにしましょう。

電車通勤や歩く時間の長い人は、肩や腰に負担のかからないようにデザインされたものを選びましょう。アウトドアブランドから販売されている通勤用のリュックは、荷物の重さに対しても強い構造になっていますし、疲れにくいように設計されています。自転車通勤の人は「チェストベルト」、「チェストストラップ」が付いたもの、またはあと付けすることをおすすめします。

背面がスーツを痛めない素材でできている

背中に背負うリュックは、上着との摩擦が多く、スーツの肩や背中が傷んでしまうことがあります。暑い季節には蒸れやすくなることにも注意が必要です。背面にどんな素材が使われているか、通気性を考えられているかも、リュックを選ぶ際には確認をしましょう。背面やショルダー部分にメッシュやウレタン素材が使われているリュックがおすすめです。

防水性があり軽くて収納しやすい

パソコンや大事な書類が雨でぬれてしまうことの無いように、防水性やはっ水性のあるリュックを選びましょう。ファスナー部分や外側のポケットなどから、水が入りにくくなっている工夫がなされているかも確認してください。

パソコンや書類以外にも、財布や名刺、携帯電話やバッテリーにポケットwi-fi、筆記具にペットボトルなど、必要な荷物は大小さまざまです。リュックの構造が、機能的にデザインされているかも重要なポイントです。ただし、ポケットの数が多ければリュックの重量もそれだけ重くなってしまいます。自分にとって必要な外ポケットの数、内部の仕切りやポケットの状態を入れるものに合わせて、購入の際は確認するようにしましょう。

リュック自体の重量も素材によってずいぶん違うものです。中に入る荷物のことを考え、リュックの重さにも気を付けてください。

シンプルなデザインのダークカラーがよい

アウトドア用のリュックは、多機能を備えていて軽くて丈夫、すぐれたバッグといえるでしょうが、ビジネスシーンにはそぐわない場合があります。スーツにもあうタイプは、シンプルなデザインのリュックがよいといえるでしょう。
女性の場合も、おしゃれなリュックはたくさんありますが、派手な装飾の付いたものや、華美なデザインはビジネスシーンにはふさわしいとはいえません。カラーもベーシックな黒やグレーなどの、上品さや知的な印象のある色を選びましょう。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

仕事用リュック選びの注意点

カジュアルな印象を持たれてしまうリュックは、シチュエーションによっておすすめできない場合があります。注意すべきポイントを理解しておきましょう。

業界や着用シーンを考えよう

職種や当日のスケジュールによって、リュックの使用が適さない場合があります。社内や同業の人がリュックを使用しているかどうかを購入前に確認することをおすすめします。

最近は、自転車で通勤する人も増えています。自転車通勤にはリュックが1番といえますが、リュックで通勤しても、商談や営業、顧客訪問時には、リュックの使用はおすすめできません。訪問用のバッグをオフィスに用意しておいたほうがよいでしょう。

リュックはフォーマルではない事を忘れない

リュックは基本的にアウトドア用、カジュアルなバッグです。最近はファッションの一つとして認められていますが、フォーマルではないことを忘れてはいけません。山登りをするような大きなリュックは仕事ではNGです。商談には適さない可能性が高いですから、ベーシックで落ち着いたカラーを選ぶようにしましょう。

お薦め仕事用リュックランキング

どのようなリュックに人気があるのでしょうか。メンズ、レディースそれぞれの売れ筋ランキングをまとめてみました。ぜひ、参考にしてください。

男性用リュック売れ筋ランキング

メンズビジネスリュックのランキングは、以下のようになっていました。

  • 第一位:40L 大容量 ビジネス リュックサック PC バッグ パソコン 対応 A4サイズ 教科書 書類 防水 機能 通勤 通学 出張 バックパック
  • 第二位:ビジネスリュック 通勤 自転車通勤 スーツ 3way おしゃれ ビジネスバッグ 軽量 メンズ 手提げ ショルダーバッグ 大容量 出張 自立 カバンA4 B4 PC 耐水素材
  • 第三位:ビジネスリュック メンズ リュックサック ビジネスバッグ リュック 3way 防水 ナイロン 大容量 軽量 バックパック 通学 通勤 出張 旅行 デイパック ショルダー

どれも一泊程度の出張にも対応できる大容量タイプで、パソコンが入ること、A4サイズのノートや書類が入るサイズが人気です。価格は2,990円~5,980円(税込)となっています。

女性用リュック売れ筋ランキング

働く女性に人気のある通勤に使えるリュックのブランドランキングを調べてみました。

  • 第一位:ポーター(PORTER)
  • 第二位:グレゴリー(GREGORY)
  • 第三位:ロンシャン(Longchamp)

ポーターはデザイン性だけでなく、作りのよさと機能性の高さが人気のブランドです。オン・オフ両方に使えるデザインに人気があります。リュックもいろいろなデザインが販売されていますので、リュックを探している人は必見といえるでしょう。

グレゴリーといえば、バックパックが有名なアウトドアブランドです。軽さと堅実な作りに人気があり、通勤用にも愛用されているブランドです。ポケットが多く、収納力の高さも魅力です。

通勤リュックといえばロンシャンと名前が上がるほど、人気のあるフランスのブランドです。レザーやさまざまな素材を使い、リュックでありながらエレガントなデザインが支持を受けています。

ビジネスリュックで仕事のフットワークも軽くなる

リュックスタイルでの通勤をみることも最近では増えてきましたが、まだ手を出せずにいる方も多いのではないでしょうか。最近では、ビジネスにも使えるシンプルなデザインのリュックもいろいろと販売されています。リュックだとパソコンの持ち運びも楽になりますし、体への負担も少なくフットワークも軽くなることでしょう。新しいバッグが欲しいと思っている人は、ぜひ一度、リュックを検討してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧