生き方

気分転換するには|自分に合う方法を見つけてリフレッシュしよう

イライラしたり疲れたり、日々の生活の中でストレスを感じ、気分が落ち込んでしまうことは誰でもあります。そこで上手く気分転換できるかどうかが重要なポイントです。気分転換の方法はたくさんあります。自分に合う方法を見つけてリフレッシュしましょう。

気分がスッキリしない時は

多くの人がさまざまな場面でストレスを感じ、気分がすっきりしないと悩んでいます。忙しくて頭が回らない、イライラする、疲れたなど、そんなときの状態は人それぞれです。

気分がすっきりしないときには、気分転換を図りましょう。しかし、毎日忙しい人もいれば、時間はあるけれどなにをしたらよいのかわからない人もいます。

気分転換の方法は1つではありません。さまざまな方法があるので、その中から自分に合う方法を見つけることが大切です。自分に合う方法を試して、上手く気分転換しましょう。

すぐに始められる方法

忙しいときほどイライラしたり疲れたりして気分がすっきりしないものです。忙しくてもすぐに気分転換できる方法があるので、仕事や家事などの間に実践してみましょう。

深呼吸する

深呼吸は、どこにいても行うことができる気分転換の方法です。1回ではなく、何回かゆっくりと深呼吸することで、リラックス効果が得られます。

ポイントは、正しい深呼吸の方法を行うことです。呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸がありますが、リラックス効果を得るための深呼吸をするなら、お腹いっぱい吸い込む腹式呼吸を行いましょう。

まず初めに口からゆっくりと息を吐き出します。そして5秒ほど時間をかけて鼻から息を深く吸い込み、再び口から息を10秒くらいかけてゆっくりと吐き出しましょう。吸い込んだときにお腹が膨らみ、息を吐いたときにお腹がへこんでいたら、正しい腹式呼吸が出来ている証拠です。

別の場所に移動する

もやもやとして嫌な気持ちになったら、その場所から離れて別の空間に行くことで、心が落ち着くことがあります。嫌な気持ちになる出来事があったとき、もしくは嫌なことがなくても仕事に集中できなくなったときなどは、その場で同じことを続けていても嫌な気持ちはなかなか消えません。

物理的に「別の空間」に行き、リフレッシュを図ることが大切です。仕事中で移動することが難しければ、トイレに行くだけでも気分が変わります。場所を離れることが可能な職場であれば、別の場所で作業するのもおすすめです。

リフレッシュできれば、頭も冴えてきます。気分が冴えないままずっとその場所にいるよりも、場所を変えてリフレッシュしたほうが、その後仕事などもはかどるでしょう。

窓を開ける

窓を開けて空気を入れ替えると、気分が変わって頭がすっきりします。例えばデスクワークや家事などで1日中同じ部屋の中にいると、空気がこもってしまうので要注意です。新鮮な酸素が少なくなり、脳に新鮮な酸素が循環されずに脳の動きが鈍くなります。

空気がこもっていると、気分もよどんでしまうものです。そうなってしまった場合は、窓を開けて換気をするだけで改善されます。頭の中もすっきりするので、窓を開けて新鮮な空気をたっぷり吸いこみましょう。雨の日は湿気もあり、窓を開けることは難しいのですが、少しの時間でも外の空気を吸うことで、気分が変わります。

空気清浄機を使っている人は、空気がきれいだから関係ないと思うかもしれませんが、気分転換には外の空気を感じることが大切です。部屋にいて気持ちがもやもやしたら、窓を開けて外の空気を入れてみましょう。

ボーっとする

仕事や家事や勉強などが忙しく、考えることがたくさんあって頭の中が容量オーバーになっている人もいます。忙しくしていると、気持ちが休まりません。そのままの状態を続けていると、イライラすることが増えていってしまうしょう。

一度手を止め、なにも考えないで頭の中を空っぽにすることも大切です。ソファーに座ってボーっとしたり、外の景色をボーっと眺めたりして、頭の中をすっきりさせてリフレッシュしましょう。

忙しいときほど、リフレッシュする時間は必要です。なにも考えない時間をつくることで、気持ちが真っ白になり、次の作業を気持ちよく始められるようになります。ただし、仕事中にボーっとしてしまうと、さぼっていると勘違いされるので、お昼休みの時間を利用するなど、工夫しながらボーっとましょう。

飲み物を飲む

お気に入りの飲み物を飲むとリラックスできます。その中でも特に、コーヒーやハーブティーなどの香りがよい飲み物は、香りを楽しむこともできるので、よりリラックス効果大です。

ココアなどの甘い飲み物も、一息つきたいときに効果があります。ココアにはリラックス効果があるテオブロミンという成分も含まれているので、よりおすすめです。炭酸水であれば、リラックス効果に加えて脳の覚醒効果も期待できます。

好きな飲み物もよいのですが、新しい初めての飲み物だとわくわくするので、気分転換によいです。最近では、コンビニでも珍しいものが販売されているので、チェックしてみてください。

美味しいものを食べる

甘いものや美味しいものを食べて気持ちを切り替える方法もあります。

疲れているときは糖分が不足しているので、甘いものを食べると効果的です。脳の糖分が不足するとイライラすることがあるので、イライラや疲れを感じ始めたら、チョコレートやキャンディなど気軽に食べられるもので糖分を補給しましょう。

美味しい物を食べることも、気分転換をする方法としておすすめです。たまには、豪華なレストランで贅沢な気分を味わい、心を満たすのもよいでしょう。それが難しければ、ちょっと豪華なコンビニスイーツなどの手軽な贅沢を味わうだけでも、気分転換になります。

美味しいものを食べているときは、幸せな気持ちになるものです。疲れや気持ちの落ち込みを感じた日は、甘い物や好きな食べ物、贅沢な食事などいつもと違うものを食べて、気分転換しましょう。

デスクを片付ける

物が散乱していると、イライラしがちです。デスクなど、少なくとも視界に入る部分はすっきりときれいに整頓しましょう。

できれば、作業が終わるたびに毎回片づけをする習慣をつければ、ずっときれいな状態を保つことができます。毎日きれいな状態を保てれば、イライラすることも少なくなり、作業の効率も上がるので、よいことばかりです。

普段使用しているデスクが散らかっていると、脳がストレスを受け続けている状態になります。整理整頓のために手を動かすことも気分転換につながるので、気分が上がらないと思ったらデスクを片付けてみましょう。

仮眠をとる

少しの時間だけでも昼寝や仮眠をとると、気分がすっきりします。仮眠は脳を休ませるのにとても効果的です。仮眠は、10分~15分程度で構いません。逆に寝すぎると眠くなり、その後集中力を欠いてしまう可能性があります。

仮眠のつもりが思わず寝すぎてしまった、ということにならないように、机に伏せて休む程度にするとよいでしょう。短時間の仮眠が難しければ、目を閉じて何も考えない状態にするだけでも脳を休める効果があります。

仕事が忙しく頭が回らないことがあれば、昼休みや休憩時間を利用して仮眠をとってみましょう。それだけで脳をリセットでき、その後の仕事がはかどります。

時間があるときには

時間が取れるのであれば、時間をかけてしっかりと気分転換をする方法を試してみましょう。例えば、普段仕事をしている日は難しくても、休日を利用してできることもあります。

寝る

しっかり睡眠をとると、朝すっきり目覚められます。嫌なことがあったときや疲れてしまったときには、早寝を心がけましょう。

睡眠中に分泌される成長ホルモンには疲労回復の効果があるので、疲れた脳や体を休め、気持ちもリセットできます。そのため、十分に睡眠時間を確保することが大切です。

例えば夜22時に寝て朝6時に起きた場合、8時間は睡眠時間を確保できます。疲れを感じる日や気持ちがすっきりしない日は、なるべく早く寝るようにしましょう。

散歩する

散歩は気分転換をするのに最適な方法です。歩くという行動だけでなく、景色を見たり、外の風を感じたり、日光に当たったりする全ての行動が、ポジティブに気持ちを切り替えられる効果があります。

いつもと同じ道でも、ゆっくり歩いて周りを見てみましょう。そうすることで、今まで気づかなかった景色やその場所の雰囲気を感じられます。また、知らない道を通ってみるのも新鮮で、景色を楽しむために有効的な方法です。

休日に散歩をするのもよいですが、仕事の日でも少し早く家を出て、散歩しながら通勤するのもよいでしょう。もしくは、昼休みに少し外に出て歩くだけでも、気分転換になります。

瞑想する

瞑想とは、なにか一つのことに集中したり、一つのことを考えることに集中したりすることです。気持ちが落ち着かなくなったら、3分間程度でよいので瞑想してみましょう。

例えば、流れる雲を何も考えずに眺める、花畑などきれいな場所にいることをただ想像するなど、やり方はいろいろあります。目を閉じて腹式呼吸をし、その呼吸をすることだけに集中するだけでも、雑念を取り払うことができるので試してみましょう。

ちなみに腹式呼吸とは、鼻から吸って口から吐き出す呼吸法です。思い切り息を吸い込んで吐き出すことができるので、心も体もすっきりします。

新しい服や下着を身に着ける

服や下着を新しくするだけでも、気分がシャキッとして気分転換になります。欲しいものを買うことも気分転換になりますが、新しくきれいな服や下着を身につけることで、その日はぴんとした気持ちで過ごせることでしょう。

かといって、新しい服や下着をどんどんかっていると、収納がいっぱいになってしまいます。収納がぐちゃぐちゃしていたら、その状態を見るだけでストレスを感じてしまうので、新しい服や下着が増えたら断捨離も一緒に行いましょう。

アクティブ派の人には

動くことが好きなら、アクティブに気分転換する方法を試しましょう。自分が好きなことで気分転換できれば、より効率的です。

運動する

軽い運動でも本格的な運動でも、汗を流すと心がさっぱりします。デスクワークなどで、普段あまり体を動かさない人は、気分転換のために運動をすることは特におすすめです。

軽い運動なら、ウォーキングやヨガなどがあります。運動好きで本格的に動きたい人は、ランニングや水泳、自転車などもあるので、継続できそうな運動を選びましょう。

車や電車通勤だったものを徒歩通勤にするなどして、日常的に運動を取り入れるのもおすすめです。しかし、週に1回でも休日を利用して思い切り運動をしてしっかり汗を流すことで、より気分転換の効果が高くなります。

旅行に出かける

毎日忙しく過ごしている人は、数日間休みをとり、思い切って旅行に出かけるのもよいでしょう。知らない土地でゆっくり羽をのばせるので、忙しい日常を忘れてリフレッシュできます。

郷土料理など美味しいものを食べてみるのもおすすめです。おいしいものを食べれば、幸せな気持ちになります。どうしても休みがとれなければ、日帰りの小旅行でも、気分転換には十分です。

旅行先は、郷土料理が有名な場所、温泉街、有名なパワースポットなど、興味がある場所に行ったほうが楽しめます。日常生活で疲れた心を癒し、エネルギーを蓄えたら、また次から頑張れることでしょう。

テーマパークに行く

テーマパークに行き、非日常な場所で思いっきり楽しむのも1つの手段としておすすめです。温泉などでゆっくりと過ごす旅行もよいのですが、テーマパークでアクティブに動いて遊ぶのもよいでしょう。

非日常な場所であるほど、日常生活のことを忘れて解放的になれます。遊園地であれば、ジェットコースターに乗って思い切り叫んで声を出すと、ストレスを発散することも可能です。日帰りでも楽しめるので、テーマパークに行くという選択肢も考えてみましょう。

動物と触れ合う

動物には人を癒す力があります。動物に触れたり、仕草を見ているだけで癒されてストレスを緩和できるのです。実際に、動物と触れ合うことで心身を元気にする「アニマルセラピー」という方法もあります。

動物と触れ合える場所は、動物園や水族館が有名です。動物園や水族館が遠いのであれば、ペットショップでも動物と触れ合うことができます。もっとじっくりと動物と触れ合いたいなら、猫カフェのような○○カフェに行くのもおすすめです。

インドア派の人には

外に出かけることが苦手で、休日はなるべく自宅で過ごしたいという人もいることでしょう。インドア派の人におすすめの気分転換の方法も色々ありますので、出来ることがないかチェックしてみましょう。

読書

読書をして物語の中に入り込んでみるのも、気分転換になる方法です。自分と違う考え方の本を読むことで、今まで気づかなかった考え方や感じ方、知識に触れることができ、視野が広がります。

フィクションでもノンフィクションでも構いません。書店や図書館で気になる本を探し、休日や仕事帰りなどにじっくり読んでみましょう。そこで出会った一冊の本に書いてある言葉が、これからの人生や考え方を変えるきっかけになることもあります。

書き出す

イライラしたことやモヤモヤしたことがあれば、そのことを書き出してみましょう。殴り書きでも箇条書きでもよいので、すべての負の感情を吐き出すことが大切です。

嫌なことを書き出して、全ての負の感情を吐き出し終えたら、気持ちがすっきりします。書いた後は、その紙をビリビリ破って捨てれば、さらにすっきりです。破って捨てたのであれば、後で目にして不快な気持ちになることもありません。

映画を観る

映画は映画館で観るのが迫力を直に体感できるのでベストです。しかしインドアで過ごしたいなら、DVDや動画サイトなどで、家でゆっくりと映画を観るのもよいでしょう。

いろいろなジャンルを選んだり、好きな映画を観たり、基本的にジャンルは問いません。思い切り笑える映画、動物が登場して癒される映画、泣ける映画など、どのジャンルでも気分転換に最適です。

悲しくて泣ける映画は、悲しい気持ちを引きずりそうな気もしますが、泣くことで気持ちはすっきりできます。普段泣くことがない人ほど、映画の力を利用して泣くことが、リフレッシュにつながるのです。

一日なにもしない

休日は一日なにもせずに過ごし、オンオフにメリハリをつけるのもおすすめです。気分が落ち込んでいるときは、なにもやる気が起こらないことがあります。そんなときには感情のまま、なにもせずに過ごすのもよいでしょう。

朝起きたくなければ、無理に起きる必要はないのです。食事の用意や掃除など、家事をしなくても構いません。お腹が空いたら、食べたいときに好きなものを食べましょう。毎日忙しく過ごしている人ほど、本能のままに一日を過ごすことで、毎日の忙しさで緊張しっぱなしだった心が解放されます。

何もせずに一日を過ごしたまま夜眠ったら、朝起きたときにはオフの満足感ですっきりとした気持ちで目覚めることができます。気持ちが充電出来た分、また頑張る気持ちが沸いてくることでしょう。

お風呂に入る

きちんとお風呂に入る時間を取ることも大切です。入浴や半身浴などで汗をかけば、気分をすっきりさせることができます。

お風呂で汗を流すことで、嫌な気持ちも流れていくような感覚になるものです。入浴することで、副交感神経を働かせてリラックス効果を上げるともいわれています。

入浴剤を利用するのもおすすめです。美肌効果、体が温まる効果などもあり、美容や健康のためにもなります。よい香りがするものもたくさんあるので、自分の好きな香りで心を癒しながらゆっくりお湯につかりましょう。

防水ができるなら、お風呂の中で本を読んだり音楽を聴いたりして楽しむのもよいでしょう。好きなことをしながら長くお風呂に入ることができたら、リラックス効果が上がります。

掃除する

仕事のデスク、家の中など、いらないものなどを思い切って捨てて掃除をしましょう。周辺だけでなく、普段やらないところまで掃除してみることをおすすめします。ピカピカになると気分がすっきりして、気分転換の効果抜群です。

デスクであれば、机の上だけでなく、引き出しの中も整理整頓や掃除をします。家の中であれば、普段の部屋の掃除に加えて、クローゼットやタンスにある古い洋服をチェックして断捨離しましょう。

隅々まで掃除できたら、見た目も気持ちもスッキリするので一石二鳥です。きれいになったデスクや部屋なら過ごしやすくなるので、ストレスを感じることも減ります。

音楽を聴く

好きな音楽を聴けばリラックスできます。簡単で手軽な方法なので、試しやすいです。家にいるときなら、家事をしながらでもよいので、音楽を聴いてリフレッシュしましょう。

元気になりたければアップテンポの楽しい音楽がおすすめです。疲れているときや落ち込んでいるときには、寄り添ってくれるようなゆったりとした音楽を選ぶと癒されます。

また、聴いたことがない音楽も新鮮です。自分好みの音楽を見つけたときの喜びを感じられたら、気分が上がります。どの音楽のジャンルがよいという決まりはないので、気分に合わせて好みの音楽を選びましょう。

香りを楽しむ

アロマやハーブで香りを楽しむことには、疲労回復やリフレッシュの効果があります。いろいろな香りがあり、種類によって得られる効果が違うこともポイントです。

リラックス効果を得たいなら、イランイランや百檀の香りがよいとされています。気分をすっきりさせたいときには、ティーツリーやユーカリなどの樹木の香りがおすすめです。

ハーブティーにペパーミントを入れると、リラックス効果とミントの爽快感で思考がすっきりする効果が期待できます。目的によって香りをかえてみたり、ただ好きな香りを楽しんだりして、気分転換しましょう。

他の人と一緒に

一人で嫌な気持ちを抱えながら過ごすよりも、誰かと一緒に過ごしたほうが思い切り気分転換できることもあります。友達、恋人、家族、仕事の同僚などを誘って、誰かと一緒に過ごしましょう。

カラオケ

気持ちのイライラやもやもやを解消したいときには、おもいっきり歌って踊ってはしゃぐのが効果的です。気心知れた仲間と一緒にはしゃぐことができれば、気分転換になること間違いなしです。

大声を出せる場所は限られています。家では近所迷惑になりますし、テーマパークなどの絶叫マシンに乗ろうと思っても、手間も時間もかかってしまうので、簡単にはできません。その点、カラオケボックスであれば、身近な場所にあるので、気分転換したいときに気軽に利用できます。

人前で歌ったり踊ったりすることが恥ずかしい人は、一人カラオケもありです。最近では一人カラオケをする女性も増えています。

買い物に行く

お気に入りのものを買ったり、好きなお店で好きなものを買ったりして、少し贅沢な気分を感じるのもよいでしょう。無駄使いばかりではよくありませんが、たまにはまとめ買いや大人買いをしてみるのも、気分転換の方法です。

物欲を満足させることで、ストレス発散ができて気分転換になります。普段節約を頑張っているなら、ストレスが溜まったときこそ、ふだん我慢している贅沢な買い物をすると、気持ちが満たされることでしょう。

ただし、冷静になった後に生活費が足りなくなって自己嫌悪にならないように、事前に予算を決めて買い物をすることをおすすめします。

おしゃべりする

親しい友人や家族など、気心知れた相手とおしゃべりするとリラックスできます。本音をたくさん話して相手に聞いてもらうことで、日々のストレスを発散することも可能です。

気心知れた相手であれば、本当の自分をさらけ出すことができます。笑ったり悲しんだり起こったり、感情を動かすこともできるので、気分転換の方法にぴったりです。

話を聞いてもらって溜まったストレスを吐き出すのもよいのですが、ただ他愛のない昔話などをするのも、脳や心の緊張が解けて気分が軽くなります。ポジティブな気持ちに転換出来たら、次からいろいろなことを頑張るためのパワーにつながることでしょう。

もやもやしたらまずはやってみる

気分転換する方法はいくらでもあります。深呼吸をしたり、窓を開けたり、ただボーっとするだけでも気分転換になるのです。

仕事中に気分がもやもやしたら、「その場から離れる」というのが最も簡単な方法です。別の場所に移動してみたり、昼休みの時間を利用して外に散歩に出たりしてみましょう。デスクを整理整頓や掃除をしてきれいにすることで、目から入る情報を「変える」ことも、イライラ解消につながります。

家での気分転換は、基本的に好きなことをすること。時間が取れるなら、早寝をして睡眠時間をたっぷり確保するのも、気分転換の方法として効果的です。他には、読書をしたり、音楽を聴いたり、DVDや動画サイトなどで映画を観たり、誰でもできるような簡単な方法でも気分転換できるのです。

運動をしたり、旅行に出かけたりと、アクティブな方法で気分転換する方法もあるため、自分に合う方法を見つけましょう。大切なことは、もやもやしているならまずはやってみることです。ずっと嫌な気持ちを抱えて考えていても解決しません。気分転換をしてすっきりさせましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール