健康・運動

股関節ストレッチにはどんな効果がある?正しく把握して取り組もう

股関節が硬くなってしまうと、体にとって負の効果が現れます。免疫力が低下してしまったり、怪我をしやすくなったりします。股関節の硬化の原因は周囲の筋肉の硬化によるものなので、ストレッチによって筋肉の硬化を緩和してあげるとよいでしょう。

股関節まわりの筋肉をほぐそう

股関節まわりの筋肉は、正しい方法でストレッチをしなければ、だんだんと硬くなってしまいます。関節周囲の筋肉が硬くなってしまうと、体に対してマイナスの効果が出てしまう可能性があります。

そのため、積極的に普段から体をストレッチして、股関節周りの筋肉が硬くならないように、注意するようにしましょう。継続したストレッチを続けていくことによって、硬くならないようにもできますし、固くなった筋肉をほぐすことも可能です。

股関節ストレッチとは

股関節まわりには、腸腰筋、大臀筋などの大型の筋肉が密集しています。身体を動かさないでいると、筋肉が硬くなってしまいます。結果として、股関節も硬くなってしまうので、積極的に体を動かすことが必要です。股関節ストレッチのポイントは、股関節の周りの筋肉を積極的に動かすことにあります。

ストレッチで股関節をほぐすことで、単に体の動きがスムーズになるだけでなく、ケアを予防することもできますし、体のむくみを解消することもできるので、おすすめです。また、腰痛などの改善効果も大いに期待でき、免疫力もアップするので、風邪などもひきにくくなります。ぜひ、楽しみながらストレッチしてみるとよいでしょう。

股関節ストレッチの効果

股関節ストレッチの効果は、非常に多岐に渡っています。そのため、多くの方が股間接ストレッチを実践して、健康的な毎日を送っています。それほど難しいことをすることなく、大きな効果が得られるということで人気を集めています。

姿勢がよくなる

股関節ストレッチをすると、骨盤周りの筋肉がほぐれることになるので、それによって骨盤のゆがみを矯正でき、姿勢がよくなることにつながります。姿勢をよくすることによって、体全体のゆがみが解消されることになるので、プロポーションのよい体型を手にすることができます。

さらに姿勢がよくなると、内臓への負担を減らせるので免疫力が改善し、内臓系の病気になりにくくなります。風邪などに悩まされることなく、いつも快適な毎日を送れるようになるのでおすすめです。

リンパが流れてむくみ解消

股関節周りの筋肉が硬くなってしまうと、リンパ液の流れが悪くなってしまい、老廃物が体に蓄積されやすくなってしまいます。こまめにストレッチをすることによって、リンパの流れをよくすれば、老廃物の蓄積による体のむくみを解消することも期待できます。

足の部分のダイエット効果も、大いに期待できますし、さらには代謝レベルもアップするので、便秘を解消させることも可能になります。結果、肌の調子を整えることも可能になり、吹き出物やニキビなどのない、すべすべな肌を実現できるでしょう。

血流が増す

股関節が硬くなると、リンパと同様に血液の流れも悪くなってしまいます。血流が悪くなると、体の冷えの原因につながるので、免疫力が大幅に低下してしまうおそれも。また、必要以上の熱を、体から逃がせなくなるため、体が火照った状態になってしまい、十分な睡眠を確保できなくなってしまいます。

不眠症で悩んでいる方は、股関節のストレッチをすることによって、症状を緩和できるようになるはずです。寒い季節の体の痛みを解消することも、大いに期待できます。

自律神経のバランスが整う

股関節をストレッチによって股関節が柔らかくなると、副交感神経の働きが大幅にアップし、十分な食欲が得られます。食欲不振などで悩んでいる方には、とくにおすすめです。また、自律神経系の働きが活発になると、本来体が持っている免疫力をアップさせられるので、風邪などの病気に悩まされることが少なくなります。

また、精神的なアンバランスさを、大きく改善できるようになるのでおすすめです。忙しい毎日の中でも、ストレスを克服して、常にリラックスした気分を感じられるようになるでしょう。

腰痛改善になる

ストレッチによって股関節を柔らかくすると、股関節周りの筋肉の動きが非常にスムーズになり、腰への負担を大幅に減少できます。腰痛の原因の一つに、腰への過度の負担が挙げられるので、腰痛の回復効果を期待できるようになります。

また骨盤の傾きが、腰痛の原因になる場合も考えられます。ストレッチをすることで、骨盤のゆがみが矯正されると、やはり腰痛の改善効果が期待できます。そのため、腰痛に悩まされている方も、積極的にストレッチを実践してみることをおすすめします。腰痛は悪化させてしまうと、治すまでに時間がかかってしまうので、できるだけ初期のうちに、ケアするようにすることが肝要です。

ケガの予防になる

ストレッチによって股関節が柔らかくなると、動作を俊敏にできるようになります。いろいろなことに対して、機敏に体を動かせるようになるので、ケガなどのトラブルに巻き込まれにくくなります。

ストレッチをしないでいると、股関節がだんだんと硬くなってしまい、段々と自分のイメージ通りに体を動かせなくなるので、それによってケガをしてしまうことも考えられます。

家の中で、足を踏み外してしまうようなことも考えられるので、自分の体が劣化してしまわないように、普段からメンテナンスをすることを心がけてみるとよいでしょう。

股関節ストレッチをする際の注意点

股関節を柔らかくするストレッチは、段々と効果が出てくるものであると、考えておくことが大切です。ストレッチの効果を期待しすぎて、あまりにも長時間激しいストレッチをしてしまうと、長続きしなくなってしまいます。

したがって毎日決まった時間、欠かさずに行うようにするとよいでしょう。翌日に疲れを残さない程度のストレッチを、常に考えておくべきです。焦ってしまうと長続きしなくなってしまいます。

また、ストレッチの効果は千差万別です。同じ内容のストレッチメニューをこなしても、その効果が出てくるまでの時間は、人によって大きく変わってきます。だんだんと効果が出てくるということを信じて、あきらめることなくストレッチを続けていくことが肝心です。ストレッチをするときに、自分の好きな音楽をかけるなど、工夫をしてみてもよいでしょう。

股関節の痛みに効く意外な方法

股関節が硬くなってしまい、それによって痛みが出てきてしまったときには、ストレッチによって解消させられます。

しかし、ストレッチ以外にも、貧乏ゆすりが大きな効果を発揮してくれます。貧乏ゆすりは、あまりよい習慣ではないと考えられていますが、股関節の痛みに関しては、プラス効果が期待できます。

人前では、貧乏ゆすりはしないほうがよいかもしれませんが、自宅などでは積極的に貧乏ゆすりをしてみてもよいでしょう。貧乏ゆすりが癖になっている人は、それを上手に活用すれば、股関節の痛みを効率よく改善できるようになるはずです。貧乏ゆすりとストレッチを併用することは、まったく問題ありません。

股関節ストレッチの効果を理解して取り組もう

股関節が硬くなってしまった場合に、大きな改善効果が期待されるストレッチですが、やみくもにストレッチをするのではなくて、その原理をしっかりと理解して実践することが大切です。

原理を理解しておけば、ストレッチがどんな効果をもたらすのかがわかるので、ストレッチをすることが苦にならなくなります。また、毎日欠かさずに無理なく実践することの重要性を理解し、継続していきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール