ライフスタイル

意外に大変な実家の片付け|無理なく作業するためのポイントとは

親の片方が亡くなったりすると、意外に大変なのが実家の片付けです。引っ越す場合もそのまま住み続ける場合も、生前使っていたものなどを片付ける必要があります。その大変な片付けを、無理なく効率的に進めていくために、抑えておきたいポイントがあります。

片付けのコツを知りたい

親の片方もしくは両方とも亡くなった場合に、必要になってくることが、実家の片付けです。その片付けでは、生前に使っていたものなどを整理していく必要がありますが、意外に大変な作業になってきます。

この大変な作業を、無理なく進めていくためには、どのようコツがあるのでしょうか。実家を片付けるときのコツや、業者に片付けを依頼するときのポイントについて注目していきます。

実家を片付けたがらない理由

親のどちらかが亡くなり、実家を片付けようとしても、親が片付けたがらないこともあります。しかし、実家の片付けを効率的に行うためには、親の協力が必要になってきます。

実家の片付けをスムーズに進められるように、親がなぜ片付けたがらないのか、その理由をしっかりと理解しておきましょう。実家を片付けたがらない理由は、主に二つあります。

もったいないから片付けない

親が実家を片付けたがらない理由の一つ目は、もったいないから片付けないというものです。親世代には、ものを大切にする人が多く、捨てるという行為に対して背徳感を抱く人も多いです。そのため、いずれ使う場面があるからと、いろいろなものをため込んでしまいます。

片付けを行うときには、その気持ちを尊重しつつ進めていくようにしますが、片付けの必要性をしっかりと説明してから、片付けるようにしましょう。

散らかっていると思っていない

親が片付けたがらない理由の二つ目として挙げられることは、散らかっていると思っていないことです。その状態が散らかっているとは思っておらず、不自由なく暮らせている場合は、とくに片付けたがりません。

そのようなときは、無理に片付けようとするのではなく、少しずつ生活しやすい環境に変えていくと、親も片付けたほうがよいのではと思い、協力的になりやすいでしょう。

実家の片付けをするコツ

とても大変な実家の片付けですが、効率的に行っていくためには、いくつかのコツがあります。計画的に進めていくことはもちろんですが、親をはじめとした家族に、しっかりと協力してもらうことが大切です。どのような点に注意して、実家を片付けていくとよいのか見ていきましょう。

まずは自分のものから

実家を片付けていくにあたり、まずは自分のものから片付けていくようにしましょう。自分のものであれば、いるものといらないものの判断がすぐにできるため、すぐに片付けを始めやすい場所でもあります。

また、子どものほうから片付けを始めることによって、「自分も整理しなければいけない」と、親に思わせられるというメリットもあります。

要らないものを置くスペースを作る

無理なく効率的に実家を片付けるためには、いらないものを置いておくスペースを作ることもポイントです。片付けを行っていくうえで、必ずこれから使わないものなどが出てきます。

そのようなものを、さまざまな場所に置いておくのではなく、一カ所に集めておくことによって、処分をすることが楽になります。片付けを始める前に、いらないものを一時的に集めて置いておくスペースを、確保するようにしていきましょう。

親がどうしてもいるものには触らない

実家の片付けを行っていくにあたって、親が生活していくうえで必要になってくるものには、触らないようにすることもポイントになってきます。子供にとって必要のないものでも、親にとっては必要なものもあります。勝手に判断して処分してしまうと、親とけんかになることがあるため、親の使っているものは触らないことが先決です。

また、普段使っているもののある場所が変わってしまうと、生活している親が困るといったこともあります。そのため、親が普段の生活で使っているものは、できる限り親が片付けるようにしたほうが無難でしょう。

片付けの必要性を説明する

実家をスムーズかつ、効率的に片付けていくにあたり、親の立場に立って、しっかりと片付けや整理を行っていく必要性を、説明することも大切です。なぜ片付ける必要があるのかをしっかりと説明し、親に納得してもらってから進めることによって、スムーズに片付けが進みます。

また、説明するときには必ず親の立場に立ち、「汚い」といった傷つけてしまうような言葉は、できる限り避けるようにします。片付けを効率的に進めていくために、コミュニケーションをしっかりと取っていくことは、非常に重要といえます。

一気にやろうとしない

一気に実家を片付けようとすることは、おすすめできません。なかなか時間をとれず、一気に片付けたい気持ちはわかりますが、しっかりと片付けるためには意外に時間がかかります。

また、一気に片付けようと、いろいろな場所に手を付けてしまうと、効率的に片付けることは難しくなります。片付けを行うときは、無理のない範囲内で計画を立てて、一カ所ずつ片づけていくことが大切です。片付けを始める前に、まずはどこをどのような順番で片付けていくのか、計画を立てるようにしましょう。

家族に片づけに対して同意してもらう

実家の片付けを行うにあたって、実家に住んでいない家族を含めて、片付けをすることに同意を得ておくことも重要です。実家を片付けたことが原因で、家族間のトラブルに発展することがあります。

気持ちよく片付けを終わらせるためにも、実家に住んでいる家族はもちろん、住んでない家族にも、必ず片付けることの同意を得てから行うようにしましょう。

片付け業者に頼もう

家の片付けは自分たちで行うことがベストですが、なかなか片付ける時間を確保できないといった事情がある場合は、業者に依頼することも一つの方法です。業者は片付けのプロ集団のため、短い時間でもきれいに片付けてくれます。

しかし、片付け業者を利用するにあたって、気を付けるべきポイントがいくつかあります。どのようなことに注意して片付け業者を利用すればよいのか、解説していきます。

捨てるものと捨てないものをきちんと伝える

専門の業者に片付けを依頼する場合、まずは必要なものと処分するものを、しっかりと伝えておくことが重要になってきます。事前に打ち合わせを行い、処分してはいけないものを伝えておかなければ、必要なものまで持って行かれてしまいます。

そのようなトラブルを防ぐために、専門の業者に片付けを依頼する前に、何を処分して何を残すのかを明確にしておくことが大切です。そして、業者に依頼するときには、処分するものと残すものをきちんと伝えるようにしましょう。

見積もりは複数の業者に依頼

専門の業者に依頼して片付けを行う際に、必ず複数の業者から見積もりを取ることも、重要なポイントです。業者の中には悪徳なところもあり、相場より高い料金で行っているところもあります。

そのような業者に依頼してしまわないように、利用できる業者の中から、少なくとも3社から見積もりを取るようにします。複数社から見積もりを取ることによって、比較しながら判断することができ、悪徳業者に依頼してしまうリスクが下がります。

免許を持っている業者を選ぶ

トラブルに巻き込まれないために、依頼する業者が必要な免許を持っているか、確認することも重要です。いらないゴミなどを回収する場合、一般廃棄物運搬収集の許可を受けてなければなりません。

そのため、許可を受けていない業者が、ごみの運搬を行うことは違法行為であり、そのような業者は不法投棄を行っている可能性が高いです。業者を選ぶときには、必ず一般廃棄物運搬収集の許可を得ているかどうかも、しっかり確認しましょう。

実家の片づけは計画的に親の立場になって遂行しよう

親のどちらかが亡くなり、実家を片付けることは非常に大変です。片付けを自分たちで行う場合は、しっかりと無理のない範囲で計画を立てて、行っていくことがポイントになってきます。そのほかにも、家族間でトラブルが起きないように、同意を得てから行っていくことも大切です。

また、片付けを行う時間が取れない人は、片付け専門の業者に片付けを依頼することも、一つの手段です。業者に依頼する場合は、しっかりと優良な業者を見極めて事前に打ち合わせを行い、トラブルが起きないようにしていくことが必要になってきます。

片付けを最後まで行うことはなかなか難しいことですが、親の立場に立って片付けを進めていきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール