スキンケア

日焼け止めファンデーションで焼かない肌へ。メリットや選び方など

「日中外へ出ることがよくあるけど焼きたくない」という人は多いはず。紫外線対策としては日焼け止めを使用するのが一般的ですが、日焼け止めファンデーションでも対策が行えます。日焼け止めファンデーションのことを知り、焼かない肌作りをしましょう。

ファンデーションでの日焼け対策ができる

紫外線対策の基本のアイテムは日焼け止めが主流です。しかし、その効果を期待するため、ついつい塗りすぎてしまいがちになってしまいます。最近では紫外線を防ぐ成分が配合さているファンデーションがあり、日焼け止めを使用しなくても紫外線対策が行えます。
しかも、肌への負担が少なくて、塗り直しが簡単などといったさまざまなメリットも。日焼け止めファンデーションを普段のメイクに取りいれて、肌に優しい紫外線対策を行ないましょう。
肌をきれいに見せるメイクテクニック

ファンデーションで日焼け対策をするメリット

ファンデーションで日焼け対策を行なうメリットは、さまざまあります。上手く活用して肌を守りつつ、美肌に仕上げましょう。

肌への負担が少ない

日焼け止めはSPFやPAなどの数値が高いほど、紫外線から受けるダメージを軽減できますが、成分により肌への負担が大きいです。UVカット効果のあるファンデーションは、酸化チタンやタルクという成分が含まれていいます。
これらの成分は、日焼け止めに含まれている紫外線錯乱剤と同様の働きを持っており、紫外線をブロックしてくれるのです。また、UVがカットできるファンデーションを重ねるため、日焼け止めの塗る量が減り、肌へ与える負担が軽減されやすくなります。

塗り直しが簡単

日焼け止めは汗や皮脂などで落ちやすいため、化粧崩れが起きやすく、こまめに塗り直さなければいけません。日焼け止めを塗った上から、さらにファンデーションを塗り直すため手間がかかります。一方パウダータイプの日焼け止めファンデーションは、汗や皮脂を軽くティッシュで拭き取った後、そのまま重ね塗りをするだけなので簡単に塗り直しができます。
外出先で手軽に化粧直しができるので、化粧ポーチに入れておくと大変重宝します。

乾燥への対策にもなる

会社内で仕事をしているときは、エアコンによる肌の乾燥が気になります。そんなときにおすすめなのが、リキッドタイプの日焼け止めファンデーション。リキッドタイプは保湿効果に優れているため、乾燥から肌を守ってくれます。特にクリームタイプの、しっとりとしたテクスチャーのものを使うと、肌の乾燥をより防ぎやすくなります。

厚塗りをしなくて済む

日焼け止めは均一に塗りにくいため、ムラができてしまいます。それを隠すためにファンデーションを塗り重ねるため、仕上がりが厚塗りになってしまうのです。日焼け止めファンデーションは、日焼け止めを使わなくても紫外線をブロックできるので、ムラができることなく厚塗りをしなくてもよいというメリットがあります。

時短になる

パフでポンポンと肌にのせるだけの、便利なクッションタイプのファンデーション。日焼け止めファンデーションにもこのタイプがあり、忙しい朝で使うと時短になるので心に余裕がでて、出勤時間に追われなくなります。しかし、このタイプは手軽すぎて、ついついぬり塗りすぎてしまう場合も。厚塗りっぽくなるため、薄く塗るように心がけてください。

ファンデーション選びのポイント

日焼け止めファンデーションは、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切。また、SPFやPAなどの数値をしっかり確認することで、肌への負担を軽減でき、肌トラブルが起こりにくくなります。

肌質に合わせる

肌質の種類は大きく分けて「脂性肌」「乾燥肌」「敏感肌」「混合肌」の4種類です。日焼け止めファンデーションを選ぶときは、自分はどの肌質にあてはまるのかを確認して、その特徴に合わせて購入するようにしましょう。

脂性肌におすすめのファンデーション

油分の少ないパウダリーファンデーション、粉末タイプのファンデーション、ミネラルファンデーション、などがおすすめです。

乾燥肌におすすめのファンデーション

液状タイプのリキッドファンデーション、クリームファンデーション、パウダーファンデーション、ルースパウダーリーファンデーション、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分が配合されているファンデーション
上記が乾燥肌におすすめのファンデーションです。

敏感肌におすすめのファンデーション

「パウダーファンデーション」「紫外線吸収剤が入っていないファンデーション」などの肌に極力刺激が少ないタイプがおすすめです。

混合肌におすすめのファンデーション

パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、クリームファンデーション
上記が混合肌におすすめしたいファンデーションです。部分によって量を調節することも、ポイントです。

日焼け止めの効果をしっかり確認する

日焼け止め用の化粧品には、SPFとPAという数値が記載されています。SPFは数字が大きいほど紫外線B派(UV-B)をブロックする効果が高く、日焼けを遅らせてくれるのです。一方、PAは紫外線A波(UV-A)を防ぐ効果を表す数値で、+の数で効果の高さが示されています。
どちらも高い方が紫外線が防ぎやすくなるのですが、数値が多いほど肌への負担も大きいです。外に長くいるときは高めのものを、普段使いでは低めのを選ぶようにしましょう。

焼けたくない人におすすめのファンデーション

焼けたくない人におすすめの、日焼け止めファンデーションを5つ集めてみました。参考にして自分に合ったもの見つけてください。

モイストラボ BBミネラルファンデーション


天然ミネラル由来成分100%セントの肌に優しいミネラルファンデーションです。これ一つでスキンケアやUVカット、コンシーラー、ファンデーション、フィニッシュパウダーといった、6つの効果が得られます。つけ心地が軽いためサラサラになり、毛穴をカバーして透明感のある肌へ。SPF50・PA++++で、紫外線からのダメージをしっかりと防ぎます。

SKII フェイシャルトリートメントアドバンストプロテクトルースパウダーUV


ワンランク上の透明感を演出してくれる、ルースパウダーファンデーションです。キメの細かいμパウダーがふんわりと肌を包み込み、余分な皮脂を吸収して脂浮きを抑えて、自然な質感をキープします。SPF18・PA++と低めですが、しっかりと肌に密着して紫外線から受けるダメージを軽減してくれます。

アクアレーベル ホワイトパウダリー


紫外線をカットしてシミやソバカスを防いでくれる、美白パウダリーファンデーションです。ホワイト美肌パウダーが配合されているため、透明感あふれる明るい肌がキープできます。また、乾いた肌にビッタリと密着し、肌のキメや毛穴を整えてくれる効果も。SPF25・PA++で肌への負担が少なく、長時間外にでないというときに重宝します。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー


ふわふわのマシュマロ肌に仕上がる、サラッとした軽めのフェイスパウダーファンデーションです。天然ミネラルパウダーが配合されており、テカリやさせによるメイク崩れを防ぎ、肌が軽くて自然な仕上がりになります。また、香料や界面活性剤、タール系色素、アルコール不使用。SPF26・PA++なので、肌への負担が少ないです。

マキアージュ ドラマティックパウダリー UV


色ムラや毛穴をカバ―してくれるパウダーファンデーションです。肌の色合いを均一にして、自然で透明感のある肌に仕上げてくれます。使い心地のよい柔らかい感触のスポンジは、水を含まなくても水なしのどちらでも使用可能。SPF25・PA+++で肌への負担があまりありません。

自分に合ったファンデーションで日焼け対策

日焼け止めファンデーションは、通常の日焼け止めよりも肌への負担が少なく、簡単に塗り直しができるというメリットがあります。さらに、ムラなく均一に塗れるため、厚塗りっぽくなく自然な肌に仕上がります。ただし、肌への負担を軽減するためにも、自分の肌質をきちんと把握して、SPAやPAなどの数値を確認するようにしてください。自分に合った日焼け止めファンデーションで、快適な日焼け対策を行ないましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール