生活雑貨

冷蔵庫を購入する方必見。賢い選び方&おすすめアイテムについて

昨今では、「真空チルド」や「どちらからでも扉が開く機能」など、さまざまな機能備わった冷蔵庫が多くみられるようになりました。今回は、冷蔵庫を購入したいけど、種類がありすぎて選べない...。という方のために、ご自身の生活スタイルに合った冷蔵庫の選び方や、おすすめの冷蔵庫をご紹介します。あなたに合った冷蔵庫を手に入れて、快適な生活を送りましょう。

冷蔵庫は、あなたのライフスタイルに合わせて選びましょう

最近の冷蔵庫には、さまざまな特徴や個性的な機能があるのをご存知でしょうか?いろいろな種類がありますが、その中でも冷蔵庫の特徴や機能を知ることによって賢い選択ができます。購入した後に後悔しないよう、あなたのライフスタイルに合った冷蔵庫を手に入れましょう。

冷蔵庫の選び方

家族構成と使用目的から容量を決める

冷蔵庫は、お住まいの状況や家族構成などを考慮して選びましょう。例えば、同居人数が多い方はもちろん、ひとり暮らしの方でも毎日自炊されている方、料理に携わるお仕事をしている方などは大きな冷蔵庫を購入した方がよいでしょう。逆に、同居人数が多くてもほとんど家に帰らない生活や、外食をメインにされている方々は小さな冷蔵庫でも困ることはないはずです。このように、家族構成や使用目的、あなたのライフスタイルを考慮して決めると失敗することなく、最適な冷蔵庫を選ぶことができます。

使い勝手と機能をチェック

人気の冷蔵庫は、さまざまな特徴や機能を持っています。例えば、冷蔵庫の一番重要な機能である保冷技術。冷蔵庫は気化熱を利用して冷やしています。「冷凍やけ」といわれる冷凍保存中の鮮度低下を防ぐ、冷凍やけガード機能があります。また、イオン脱臭でイオンの力が雑菌を抑え清潔に保つプラズマクラスター機能やナノイー機能、氷検知レバーで氷の作りすぎを防ぐ自動製氷機能、冷蔵庫の天板100℃まで耐熱出来るトップ耐熱テーブルなど、メーカーごとにさまざまな特徴と機能を持ち合わせています。

加えて、清潔に使用するためのお手入れのしやすい設計であることも重要です。拭き掃除がしやすく、整理整頓のできる冷蔵室を選びましょう。できることなら、電気代もなるべく安く抑えたいですね。省エネは運転方式を変えて電気代も節約できるモデルもあるので色々な機能や性能を広く視野に入れて購入しましょう。

設置場所に合うかを必ず確認

まずは、冷蔵庫を置くスペースを確保することからはじめましょう。冷蔵庫の搬入経路である玄関、冷蔵庫のドアの開く向きなど、いろいろと採寸・確認をして設置場所を決める必要があります。また、背面の隙間は必要ありませんが、冷蔵庫の大きさプラス、上部は5cm、側面は1cm以上の隙間をとっておくのがベスト。冷蔵庫の熱が逃げずに冷却機能が低下してしまうので、放熱スペースが必要です。

一人暮らしにおすすめの冷蔵庫

冷蔵庫のサイズは、自炊をどれくらいするかによって変わってきます。自炊を考えている方に必要最低限のサイズは、140L。毎日自炊する方に余裕を持って使っていただけるのは、200Lサイズです。300Lサイズであれば、十分。2人暮らしにも可能なサイズです。

食材やおかずの冷凍保存、作り置きや冷凍食品の保存のため、冷凍室は大きめがよいでしょう。冷蔵庫は広さや高さをしっかり測ってから購入するのがベストです。

三菱電機 mr-p17c


まず、いちばんの特徴が中身が見やすい4段ガラスシェルフの冷蔵室。お手入れもしやすいガラスシェルフ(汚れが簡単に拭き取れ、いつでも清潔に使える)で、中身も見やすくて中も広い冷蔵室が特徴です。なんと168Lの容量。さらに家計に優しい省エネ達成率100%の製品です。

パナソニック nr-b17aw

自炊派のあなたにおすすめです。 冷蔵室124L冷凍室44L。大容量の168L収納タイプです。見やすくて取り出しやすい、少し大きめの2ドア。たっぷり冷蔵室で買いだめもしやすいです。

シャープ sj-d17d


どちらにも開閉可能な「つけかえどっちもドア」で置き場所に困らない設計。それに面倒な霜取りも不要です。容量は167Lで幅は48センチ。電子レンジも乗せられるトップ耐熱テーブル機能も付いています。

ハイアールjr-nf173a

中が見やすく、取り出しやすい特徴の3段引き出し冷凍室。冷凍室も大容量で冷凍食品もたくさん入ります。扉を開けても冷気が逃げにくい構造もポイントです。

日立r-23ha


幅は54cmとスリムな設計。チルドケース取り外してお手入れできること、高さかわるん棚4段階に高さを調節可能、インバータ制御モーターの制御で節電も可能という、優れた3つの特徴を持っています。

家族で使うのにおすすめの冷蔵庫

作り置きやあまったおかずの冷凍で、大家族の方もたくさん食材を保存でき日持ちがする冷蔵庫が理想的。やはり冷凍庫は容量を大きいものがおすすめです。便利な冷凍庫の容量の目安は110L~150L。氷を作る機会が多かったり、アイスを常備されるご家族なら2ドアにした方が使いやすいでしょう。

夫婦二人だと、冷蔵室と冷凍室の容量が300Lあれば十分。 家族が増える可能性のある夫婦にも余裕のある大きさです。子供ができたり家族が増えるとお弁当などの保存用として、冷凍庫は大活躍します。お弁当やお料理のワンポイントで使える冷凍食品を買いだめすることも可能。理想の冷凍庫の容量は100L。これだけあれば食べ盛りのお子様にも対応できます。

また、冷凍庫は氷専用と冷凍庫が分かれているほう使い勝手がよいです。冷凍庫は大きなものがよいのですが、自動製氷が独立しているものがいいです。自動製氷機は必須機能。お子様のカキ氷やパパのビールに氷を入れたり氷は何かと必要です。

さらに、冷凍庫の引き出しは2つに分かれているものが使いやすいです。2段だとひとつひとつの引き出しの高さがないので、奥の冷凍食品が取り出しやすい引き出しを開けたとき冷凍品全体を冷やさなくていいというメリットがあります。

三菱電機 mr-jx52c

517Lの大家族でも安心の大容量設計。幅は65cmです。省エネ達成率106%で電気代の節約にも貢献してくれます。

パナソニックnr-f553hpx

550Lの大容量冷蔵庫。ナノイー機能で、菌やニオイなど目に見えない不快の原因を抑制する微粒子イオンが、除菌と清潔な空間を実現。脱臭、ニオイがやわらいで、ニオイ移りもしにくいです。エコナビ生活に合わせて自動で節電、生活リズムや収納量にあわせて節電してくれます。

シャープsj-gx55d

冷凍室で選ぶならシャープ。プラズマクラスターで付着菌除菌効果を発揮チルドルームで雑菌を抑え清潔に保つプラズマクラスターでイオンレベルでの保存可能です。無線lan対応の画期的な冷蔵庫になっています。無線lan経由でクラウドサービスcocoro kitchenに接続、献立の検索提案などの情報を音声や画面で案内してくれます。

東芝 gr-m550fwx

タッチオープンでスイッチ部をタッチして冷蔵室の扉が自動で開きます。東芝の省エネ技術センサーで24時間管理自動で効率運転オプション設定のecoモードでさらに節電します。

日立 r-xg5600

鮮度や栄養素を守る真空チルド、温度センサーで食品の温度の検知して自動で運転を切り替えですばやく冷凍、アルミトレイ採用で冷凍も早い。1肉の旨み成分の流出を防ぐ2野菜のビタミンCの減少も抑えるごはんのおいしさも守る冷凍前の質の破壊を抑えて解凍できます。

機能や特徴を知ってお気に入りの冷蔵庫を見つけよう

さまざまな特徴と機能を持つ冷蔵庫。さまざまな使い方を想定して、あなたのライフスタイルに合った冷蔵庫を探すのは、楽しいものです。必要なスペースを確保すること、使用頻度や家族構成を考慮して最適な冷蔵庫を見つけてくださいね。そして、買いだめや冷凍食品で節約する賢い使い方で理想のライフスタイルを手に入れましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール