ヘア・ネイル

ヘアケアオイルで大事な髪を守ろう。その役割と人気オイル商品5選

近年の紫外線は、肌だけでなく、髪にもダメージを与えてしまいます。そのためヘアオイルを上手に使い、その蓄積ダメージをしっかりケアしなければなりません。そこで市販品のなかでも、補修と保湿に優れた、おすすめのヘアオイルをまとめてみました。

髪の傷みが気になっていませんか?

髪のハリ・ツヤが失われたと感じていたり、抜け毛やパサつきにお悩みではありませんか?髪が傷んでしまっていると、キューティクルが壊れてしまい、髪本来の柔軟性がなくなってしまいます。目に見えない紫外線ですが、その日焼けダメージは侮れません。

アウトドアが趣味の人にはとくに、今すぐにでも髪のケアを始めたいところです。しかし、ケアといっても、どのようにすればよいの?と悩んでしまいますよね。そこでヘアオイルの役割や、身近に購入ができる、おすすめのヘアオイルをまとめてみました。

ヘアオイルの役割と種類

ヘアケアにとってのオイルは、化粧における乳液の役割をしており、傷んだ髪のダメージを補修してくれます。それぞれの効果を知り、ただ普通に使うのではなく、効果的な使いかたをすることが大切です。

髪を守る効果がある

ヘアオイルは、髪の毛から水分が蒸発してしまうのを防ぎ、保湿をすることでツヤをとじこめます。そのため洗髪後、ドライヤーで髪を乾かす前に、髪へ浸透させることで、ドライヤーの熱量から髪を守りながら、ブラッシングによる摩擦をも防ぎ、保湿により滑らかな毛質に整えてくれるのです。オイルは数滴を両手のひらでこすり合わせ、伸ばしてから傷みやすい毛先を中心に揉み込みましょう。

アンチエイジング効果のあるアルガンオイル

アルガンオイルには、アンチエイジング効果が期待される、オレイン酸とビタミンEが多く含まれています。そのほかに、フラボノイドといった美容成分を含んでおり、人体ではつくりだすことのできない「必須脂肪酸」のひとつであるリノール酸が、体の新陳代謝をあげる効果を期待できます。保湿効果はもちろん、美肌や健康に対して強みがあるオイルのひとつです。

白髪や抜け毛に有効なオリーブオイル

料理のときにも使うことがある、ヘアオイルのなかでも身近な存在のオリーブオイル。他の植物オイルに比べ、とくにビタミンEを3倍以上含んでおり、白髪に悪影響をあたえるとされる、活性酸素を除去する効果に優れています。頭皮マッサージのときにも、オリーブオイルを使用すると、地肌を柔らかくし、血行を良くしてくれるため、おすすめのオイルです。

薄毛予防にも効果的なココナッツオイル

ココナッツオイルは、性別を問わずおすすめしたいヘアオイルのひとつです。ラウリン酸とビタミンEによるヘアケア効果のほか、薄毛の予防にくわえ、突然のフケや乾燥といった症状に対し、心強い味方となってくれます。食事として摂れば代謝の改善や、悪玉コレステロールを減らす働きもあり、近年強い関心を集めています。ただし、アレルギーをおこす可能性もあるため、肌に使う場合はパッチテストをおすすめします。

傷んだ髪を修復するバオバブ種子油

バオバブ種子油は、アフリカで生育されるバオバブの木の種を圧縮し、抽出されたピュアオイルで、添加物などは一切使用せず、頭皮環境を整えるためのオレイン酸、リノレン酸、ビタミンA・E・D・Fなどの成分を多く含んでいます。保湿力と抗酸化力に優れており、洗い流さないトリートメントの代わりにも使用することができます。

人工的なシリコーン

上記にあげた100%天然ピュアオイルに対し、人工的に作られたオイルには、シリコーン(水溶性・環状など)が挙げられます。作りかたの違いで、髪に与える質感やツヤ、重量に変化を与えることができるオイルです。

シリコーンは毛穴などに悪影響なのでは、と不安に感じる人もいるかもしれませんが、シリコーンはキューティクルを守り、ヘアダメージを防ぐことに優れています。しっとりとしたツヤ髪ではなく、さらさらとした仕上がりに仕上げたいときは、ノンシリコーンがおすすめです。

おすすめのヘアオイル

入手が簡単な市販品で、商品人気が高く、髪の保湿効果にすぐれた、そんなおすすめのヘアオイルを5つピックアップしてみました。購入に迷った際にはぜひ、参考にしてみてくださいね。

EVANZ ラスティーク プレミアムヘアケアセット

内側から髪を補修する成分のNANOプラチナや、外側からキューティクルを補修する成分のブラックパールなどを含んだ、髪専用美容液です。アルガンオイルやシアバター、コラーゲンやディープヒアルロン酸などを配合した保湿クリームと2本セットになっています。

ドライヤーで乾かす前に美容液を、乾かしたあとで保湿クリームをなじませることで、補修と保湿を同時にしっかりとおこなうことができます。

大島椿

椿の種子から抽出した、100%天然ピュアオイルです。紫外線や乾燥ダメージから髪をまもり、艶とハリ・コシを与えてくれ、しっとりとした髪への手助けをしてくれます。クレンジングや、頭皮マッサージのときに使うと、毛穴の汚れをとりやすくし、健やかな頭皮をまもります。1滴でも効果を実感できる人が多く、コストパフォーマンスもよいため、人気のヘアオイルです。

ナプラ N. ポリッシュオイル

ヘアサロンでも発売されている、美容師おすすめのオイルです。天然由来の原料のみでできており、シアバターの保湿効果もあり、アウトバストリートメントや、スタイリングの仕上げとしても使うことができます。マンダリンオレンジと、ベルガモットのみずみずしい香りがよいと評判で、ウェットになりづらく、毛先のパサつきや乾燥毛に効果が期待できます。

モロッカンオイル オイルトリートメント

保湿成分アルガンオイル、オメガ3オイルをはじめ、補修成分であるプロテイン、美容成分にはビタミン類を配合した、幅広い髪質に対応したヘアオイルです。バニラの甘い香りが人気で、オイルなのにベタつきにくく、スタイリングの仕上げにも使うことができます。濡れた髪に少量をつけるだけで、高い保湿効果により、髪のうるおいを守ってくれます。

ロレアルパリ エルセーヴ エクストラオーディナリーオイル

保湿成分カニナバラ花エキスによる、フレンチローズの香りが印象的なオイルです。タオルドライの後、または仕上げ、スタイリングのときに使うことで、クセのある髪をまとまりやすく、毛先まで重くならないシルエットに仕上げてくれます。

ロレアルパリでは、保湿効果の高いヘアオイルや、洗い流さないトリートメントの商品を多く取り扱っているため、商品ラインナップはどれもおすすめといえます。

髪の質やその日の気分に合わせて選んでみよう

おすすめのヘアオイルをみてきましたが、いかがでしたでしょうか。どれも保湿成分や美容成分を含んでおり、仕上げ、スタイリングに使えるものが多いので、その日の気分や服装に合わせて、オイルを選んでみるのも楽しいかもしれません。

もともとの髪質やヘアダメージによって、ヘアオイルを選ぶ基準、効果のあらわれかたも異なります。日々ヘアオイルを上手に活用し、ダメージをケアして、本来の艶めく髪を取り戻しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧