メイク・コスメ

20代〜30代に人気のファンデーション特集!年代別おすすめ30選

多くの女性が毎日肌につけるファンデーション。この先も長年使用していく欠かせないものですね。今回は年代別のファンデーション選び方、そしておすすめのファンデーションを選定してみました。自分好みのファンデでメイクして、なりたい肌を演出しましょう。

人気のファンデーション、たくさん種類があって難しい

女性の肌は、年代によって微妙に移ろっていきます。

10代は、皮脂分泌が過剰でニキビができやすく、そのかわり肌のターンオーバー(新陳代謝)のサイクルも早く、20日ほどで肌が生まれ変わっていました。

20代になると、まだまだ皮脂分泌が活発なものの、肌のバリア機能がすこしずつ低下してきます。20代のターンオーバーのサイクルは28日、30代になると肌が生まれ変わるのに40日かかると言われています。

女性はほぼ毎日のように、ファンデーションを肌につける人が多いのではないでしょうか。20代で初めてファンデーションをつけたとしても、これからも何年、何十年にわたって、毎日肌につけるかもしれないファンデーション。

そう考えると、ぱっと目についたものを適当につけているわけにはいかない気がしてきませんか。いまの肌のコンディションや肌質を知り、自分に合ったファンデーションをその時々できちんと選んで使うことは、いまの美しさだけではなく、数年先、数十年先の美しさにも直結しているかもしれませんよ。

年代別に選ぶべきファンデーションとは?

美容外科・美容皮膚科「東京イセアクリニックの調査によれば、各年代ごとの悩みは以下のようになっています。

  • 【20代女性の肌の悩み】1位「ニキビ・ニキビ跡」、2位「毛穴」
  • 【30代女性の肌の悩み】1位「シミ」、2位「たるみ」
  • 【40代女性の肌の悩み】1位「たるみ」、2位「シミ」
  • 【50代女性の肌の悩み】1位「たるみ」、2位「シワ」

20代はまだ皮脂分泌が活発で、ニキビができやすく、ニキビ跡に悩む人も多いようですね。過剰に皮脂が分泌されると、余分な皮脂や汚れがたまりやすく、毛穴が開く原因にもなります。20代のニキビの原因は皮脂分泌だけではありません。

不規則な生活習慣や、飲み過ぎ・食べ過ぎ、睡眠不足、便秘なども、20代のニキビの原因となっていることがあります。生活習慣や食事で、内側から改善していくと同時に、毎日肌に密着させるファンデーション選びも手をぬかないようにしたいですね。

30代になるとシミに悩む女性が多くなってきます。シミの主な原因は紫外線。これまで浴びてきた紫外線の影響が出はじめるのが20代後半から30代頃。この頃からすこしずつターンオーバー(新陳代謝)のサイクルもゆっくりになってきます。また、肌のハリや弾力が落ちてくると、たるみが気になる人も増えてきます。肌の弾力が落ちる原因は、紫外線による酸化、乾燥、加齢によるヒアルロン酸の減少、水分量の減少などが挙げられます。

どの年代においても重要なのが紫外線対策。肌老化の主な原因が紫外線であることはいまや周知の事実。紫外線の影響はこの先の自分の肌に影響してきます。20代のうちから紫外線対策は怠らないようにしたいものです。日焼け止め効果のあるファンデーションもたくさんあります。日焼け止め効果の選び方として、日常生活ではSPF10〜20で十分です。

屋外での軽いスポーツやレジャーではSPF15〜30、炎天下でのスポーツや海水浴でSPF30〜50が適当であるといわれています。その時々に応じたSPFを使い分けるようにしましょう。一方で、紫外線吸収剤(オキシベンゾン類やロングUVA対応の吸収剤など)を配合している日焼け止めは、刺激や乾燥などで肌に負担をかけることがあります。肌にやさしいのは、紫外線散乱剤(酸化亜鉛、酸化チタン)配合の日焼け止め。毎日使うものだから、できれば原材料もチェックして安心して肌に使えるものを選びたいですね。

【参考:https://ameblo.jp/rik01194/entry-12028116973.html

年代別の肌の悩みや、ファンデーションを選ぶポイントがわかったら、いよいよおすすめファンデーションを選びましょう。

ここでは、20代と30代におすすめのファンデーションに絞ってご紹介しています。今のあなたの肌に合ったファンデーションを見つけてくださいね。

20代に合うファンデーション

皮脂分泌が活発でニキビができやすい20代は、油分の少ないファンデーションを選ぶとよいでしょう。パウダータイプのファンデーションは、パウダーが余分な皮脂を吸着して皮脂をコントロールしてくれます。くずれにくく、サラサラした使用感が特徴です。

リキッドファンデやクッションファンデは油分が多く、オイリーな肌に使用した場合はくずれやすく、テカりが気になります。リキッドファンデやクッションファンデを使用する場合はマットタイプを選ぶとよいでしょう。

30代に合うファンデーション

紫外線予防や、脂性肌についての対処は20代のときの知識をそのままに、年齢に応じてひとつ大人なファンデーションを選びたいものです。脂性肌の場合は、20代のときと同じく、油分の少ないパウダーファンデーションや、リキッドファンデ・クッションファンデの場合はマットタイプを。

また乾燥が気になり始めたら、美容成分や植物成分配合されたもので、肌を日中の乾燥から守ってくれるファンデーションを選びます。また、シミやニキビ跡を隠してくれる、カバー力のあるものを選ぶとよいでしょう。

40代に合うファンデーション

乾燥が気になり始めたら、美容成分や植物成分配合で肌を日中の乾燥から守ってくれるファンデーションを選ぶとよいでしょう。シミやニキビ跡を隠してくれる、カバー力のあるファンデーションもおすすめです。また、紫外線対策に年齢は関係ありません。

この先の美肌のためにいつも細心の注意を払いましょう。肌に負担をかけずに、若々しく見せるファンデーションを選びましょう。

50代に合うファンデーション

肌の油分や水分を補い、きめを細かく見せてくれるクリームファンデや、リキッドファンデを選びましょう。シワが気になる人も増えてくる年代です。

パウダータイプは乾燥しやすく、時間が経つとシワに入り込み、重ねると厚塗り感が出てしまいます。クリーミーなタイプのファンデーションはカバー力があり、均一に塗り広げられることで、肌を若々しく見せてくれます。

おすすめファンデーション|20代ならこれ

皮脂分泌が活発で、テカりやニキビが気になる人にはパウダーファンデーション。リキッドファンデ、クッションファンデならマットタイプがおすすめです。

リキッドやクッションファンデの前に、皮脂くずれ防止用の化粧下地を塗ることで、テカりやくずれを防ぐこともできます。乾燥肌の方には、肌のうるおいを守るリキッドやクッションがおすすめです。

リキッドファンデーション

KATE/パウダリースキンメイカー

リキッドなのに肌にのせた瞬間、パウダーに変化します。厚塗り感のないサラサラのしあがり。テカりやニキビが気になる方にもおすすめのリキッドファンデです。

ジルスチュアート/ルースインリキッド

リキッドからルースパウダーのようなさらふわな仕上がりに変化します。ローズマリーエキス・ラベンダーオイル・アボカドオイル配合。

レブロン/カラーステイメイクアップ

レブロン カラーステイメイクアップ

レブロン カラーステイメイクアップ

2,980円(12/08 18:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

皮脂をコントロールしながらうるおいは逃がさない処方で、テカらず、うるおう肌が続きます。厚塗り感のないナチュラルなカバー力。

プリマヴィスタ 化粧のり実感リキッドファンデーション UV

汗・皮脂に強く、つけたての色や質感を約10時間持続。フェイスランプパウダーEX配合で、色ムラやニキビ跡を目立たなくします。

エスティローダー/ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

なめらかに伸びて肌にピタッと密着し、時間が経ってもくずれにくいリキッドです。素肌感を失わないのに頼もしいカバー力があります。カラーバリエーションは全10色。

パウダーファンデーション

マキアージュ/ドラマティックパウダリーUV

パウダーひとつひとつを撥水コートすることで、テカり、皮脂くずれを13時間防ぎます。金平糖型のパウダーが、カバー力と透明感を同時に引き出します。

コーセー/カバーするのに素肌感持続パクトUV

化粧膜の「浮き」「動き」をブロックし、毛穴や色むらをしっかりカバーしながら、透明感のある美肌が10時間持続します。

M・A・C/ライトフルC SPF30 ファンデーション

m・a・cの新成分「コーラルグラスエキス」が光を捉え、ミネラル豊富な海藻エキス、環境ストレスから肌を守るスサビノリエキス配合で、つけたての美しさがキープする「ツヤマット」な仕上がり。

雪肌精/スノー CC パウダー

パウダーなのにリキッドみたいななめらかさ。肌にすっと溶け込む肌どけファンデ。透明感のある明るい肌に仕上げます。

プリマヴィスタ/きれいな素肌質感 パウダーファンデーション

皮脂・汗に強い処方で、肌に均一に広がるスキンフィット設計。肌に密着してトラブルをカバーしながら、素肌が美しいような仕上がり。イメージは「-5歳肌」。

リキッド・パウダー以外のファンデーション

パルガントン/エアリークッションファンデーション

体温に近い融点のオイルを使用することで、くずれにくく、肌に密着して肌なやみをカバーします。うるおい成分58%以上配合し、うるおいをとじこめたツヤ肌が持続。

メイべリン/ピュアミネラル BB フレッシュクッション マット

余分な皮脂を吸着するマットパウダー配合。60%が化粧水成分で、肌はみずみずしいのに表面はサラッとマットに仕上がります。

シャンティ/スウィーツ スウィーツ マシュマロカバークッション

水・汗・皮脂に強いウォータープルーフ処方で皮脂によるテカりを抑えます。うるおい成分80%配合で、肌のうるおいを守ってツヤ肌に。紫外線吸収剤不使用。

インテグレート/水ジェリークラッシュ

インテグレート 水ジェリークラッシュ 1 18g

インテグレート 水ジェリークラッシュ 1 18g

1,660円(12/08 20:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

肌になじませた瞬間に、サラッとしているのにうるツヤな仕上がり。皮脂、汗に強く、明るい透明感のある肌が続きます。

ミシャ/M クッション ファンデーション(マット)

シリカビードパウダーが汗と皮脂を吸収します。竹の水、バオバブ果実エキスなど植物性保湿成分配合で、ふんわりとしたなめらかなツヤ肌に仕上がります。

おすすめファンデーション|30代ならこれ

乾燥が気になり始めたら、うるおいを補いながら肌トラブルをカバーしてくれる、一石二鳥ファンデを選びましょう。紫外線対策も忘れてはいけません。肌に負担をかけず、紫外線や環境ストレスから肌を守って、キレイに見せてくれるファンデーションがおすすめです。

リキッドファンデーション

ディオール ディオールスキンスター フルイド

ひと塗りでなめらかに伸び、極上の密着感。新世代の中空のシリカ粒子が光をあらゆる方向に反射して、上質でツヤのある肌に仕上げます。専用のスターフイルドスポンジを使うと立体感のある仕上がりに。

エレガンス スティーミング スキン

エレガンス スティーミング スキン NA202

エレガンス スティーミング スキン NA202

6,985円(12/08 20:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

高保湿で、スチームを浴びたようなツヤのあるうるおい肌になれるリキッドファンデ。薄付きでも気になるところをしっかりカバーしてくれます。

マキアレイベル/薬用クリアエステヴェール

MacchiaLabel 薬用クリアエステヴェール 25ml (ナチュラル)

MacchiaLabel 薬用クリアエステヴェール 25ml (ナチュラル)

4,480円(12/08 00:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

ヒアルロン酸、コラーゲン、植物美容成分(アロエ液汁、オリーブ葉液、ユズエキス、カッコンエキス、アルニカエキスほか)など美容成分62%配合。メイクしながらスキンケア。カバー力は10時間持続。

エクスボーテ/ビジョンファンデーション アクアリキッド

エクスボーテ史上極小の「1/50微粒子パウダー」が、肌に密着して肌トラブルをなめらかにカバー。しっかりカバーなのに、ローズ保湿水ベースで肌にやさしいリキッドファンデ。

オルビス(ORBIS) エッセンスリキッドファンデーション

ヒアルロン酸の約2倍の水分をため込む濃密なうるおい処方で、ツヤのある肌を12時間キープ。四角い形状の粉体を使用し、光の作用で肌のくすみを消してくれます。

パウダーファンデーション

クリニーク/ビヨンド パーフェクティング パウダーファンデーション

軽いつけ心地でありながら、ファンデーションとコンシーラーの2 in 1で毛穴、色ムラをしっかりカバーしてくれます。

資生堂/薬用クリアエステフェイスパウダー(セミマット)

メイクの仕上げにサッと重ねると、しっとりなのにサラサラの肌になる固形おしろい。光を反射するパウダーで、シミ・色ムラをカバーし、セミマットな肌に仕上げます。

江原道/マイファンスィー グロス フィルム ファンデーション

TVや映画など高画質の映像に耐えうる女優肌をプロデュースするブランド。3種のエイジングケア成分で乾燥を防ぎ、増量されたグロスフィルムパウダーが毛穴・シミ・シワをカバーして上質な肌に仕上げます。

CHANEL(シャネル)/LE BLANC ル ブラン コンパクト? ラディアンス

シリカ、酸化チタンなど整肌成分が温や湿度の変化によるストレスから肌を守ります。パウダーなのにしっとり。ブラシでつけると上質な肌に仕上がります。敏感肌の方はタッチアップで試してからがおすすめ。

ポーラ/B.A ザ パウダリィファンデーション

表情の動きによる影響をやわらげ、くずれにくく均一な肌が続くよう開発されたファンデ。オイル感触のバームが肌にフィットし、さらっとパウダーに変化します。

リキッド・パウダー以外のファンデーション

ルナソル/シアーライトルースファンデーション

パウダーファンデーションのカバー力と、ルースパウダーの透明感をあわせ持ったファンデ。凹凸や毛穴をカバーしながら、明るく透明感のある肌に仕上げます。カバー力を強化したいときはコンシーラーの併用で。

SK-2COLOR/クリア ビューティ エナメル ラディアント クリーム コンパクト

自然な輝きをもたらすラベンダーゴールドパウダーと高純度オイルを配合。スキンケア成分とうるおい成分が、ふっくらとハリのある健康的なツヤ肌に仕上げます。

シンクロスキン/グロークッションコンパクト

ヒアルロン酸や天然植物成分配合で、乾燥から肌を守り、透明感のあるツヤ肌に仕上げます。

ディオール ディオールスキン/フォーエヴァー クッション

独自の特許技術「エア クッション」テクノロジーを採用したケースは、何度開閉してもピグメントの品質とスキンケア成分が新鮮なまま。配合されたスキンケアエッセンスが使うたびにキメを整え上質な肌に仕上げます。

資生堂/クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン

コクのある贅沢なテクスチャーの、ラグジュアリーなクリームエマルジョンファンデーション。光学技術を搭載したうるおいのヴェールが、上質なツヤ肌に仕上げます。

ファンデーションをきれいに仕上げるコツ

化粧水・乳液・下地で土台を作る

化粧水で肌に水分を補給します。水分を与えることでキメが整い、化粧のりが良くなります。コットンを使ってたっぷり肌に与えたら、ハンドプレスで肌になじませます。

次に、乳液で水分を逃がさないようふたをするイメージで。メイクの前の乳液は、つけすぎると化粧崩れしやすくなるので少なめに。さらに上からティッシュでそっと押さえて余計な油分をオフします。

化粧下地は、キメを整えて、ファンデーションを肌に密着させる役割があり、使用することで化粧くずれしにくくなります。

皮脂をコントロールしてテカりを防いでくれるものや、保湿成分配合で肌の乾燥を防いでくれるもの、肌の赤味やくすみなど、肌の色を補正してくれるコントロールカラーなどがあります。油分が多めのクッションファンデの場合は、乳液や下地を省いてもOK。

色ムラはあらかじめコントロールカラーを使って補正

コントロールカラーを使うと、肌の赤味やくすみを補正してくれるだけでなく、ファンデーションの発色もよくなります。赤味が気になる人はブルーや緑系、くすみが気になる人はパープル、コーラル系、肌にツヤを出したい人はシルバーのコントロールカラーを使います。目の下のくまにはイエロー、ニキビ跡にはグリーンがおすすめ。軽く指にとり、気になる部分に、ぽんぽんと軽くたたきこむようにしてなじませます。

気になる箇所にコンシーラーも忘れずに

パレットタイプ、スティックタイプ、リキッドタイプ、パウダータイプ、ペンシルタイプなど、多様な形態のコンシーラーがあります。シミ、そばかす、ニキビ跡など、気になる肌トラブルを隠してきれいに見せてくれます。

仕上げにはフェイスパウダーを

仕上げにフェイスパウダーをはたくことで、化粧持ちをよくしたり、くすみをカバーしてくれるなどの効果があり、パウダーが皮脂を吸着してくれるのでテカりにくくなります。ふんわりとした仕上がりにしたいときは、ルースパウダー。カバー力にすぐれたシャープな仕上がりなら、パウダーを固形にしたプレストパウダーを選びます。

各ブランドによってさまざまな効果を付帯したフェイスパウダーが発売されていて、ピンクやラベンダー、グリーンなどのミネラルカラーをブレンドしたフェイスパウダー、美容水成分を配合したフェイスパウダーなど、バラエティ豊かです。自分に合ったフェイスパウダーを選ぶのも楽しいですね。

さらにツヤ感をプラスするならハイライトも

ファンデーションだけだとのっぺりしてしまう、という人は、ハイライトを使ってみてください。ハイライトは、部分的に明るい色をのせることで凹凸が作り、立体感のあるメイクに仕上げるアイテムです。Tゾーンや、頬の出っ張ったところ、目の下、あご、リップの山の部分などに、つけすぎないように注意しながらメイクブラシでのせていきます。ピンク、パープル、イエロー、白、ゴールドなどカラーバリエーションもあります。初めて使うときは、デパコスでタッチアップしてもらいながら選ぶと、イメージがつかみやすくなります。

まとめ:ファンデは肌のパートナー

年代別のファンデーションの選び方、いかがでしたか?女性のメイク人生は、この先何十年も続いていきます。毎日肌に密着させるファンデーションは、いわば肌のパートナー。

いまの肌の状態を知り、その時々に合ったファンデーションを選ぶことは、健康な肌と将来の美しさのために欠かせません。たいせつなパートナーのことだから、愛を持って選びたいですね。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール