スキンケア

自分の悩みにあったエイジングケアとは|お肌や髪にも若々しさを

女性はいつまでたっても若々しくいたいという思いがあると思います。そのためにエイジングケアはなにをすればいいでしょう。エイジングケアとはなにかを知り、個人にあったエイジングケアを心がけていつまでも健やかで若々しい肌を保ちましょう。

エイジングケアって何?

エイジングケアとは、エイジング(加齢)により起こるシワやたるみなど肌トラブルを予防する為のケア、「年齢に合わせた肌のお手入れ」を意味します。

私達の肌は、様々な原因によって年齢とともに変化し、衰えていくものです。しみやたるみ、しわ、乾燥などが挙げられます。エイジングケアとはこのような加齢による変化をふまえてお手入れする「年齢に応じた肌トラブル予防」を意味します。

はじめよう!エイジングケア

肌の悩みが急加速する30代後半から40代半ばでは多くの人がエイジングケアを始めています。実際にはもっとはやいうちから年齢にあわせたエイジングケアをすることが、将来自分の肌を若々しく健やかに保つ為に重要になります。

エイジングケアが必要なワケ

歳をとることは誰も避けては通れませんが、同じ年齢でも若々しく健やかな肌をキープできている人とそうでない人がいます。それは肌の老化を加速させる6つの原因に対してどれだけ効果的な対策ができているかによって違いがでます。

お肌の敵を知ろう!

お肌の敵は主に6つの原因に分けられます。酸化、乾燥、紫外線、糖化、睡眠不足、生活習慣の乱れが主な原因になります。

肌のハリを損ないシワの原因にもなる乾燥

肌トラブルで多くの方は乾燥でお悩みの方も多いと思います。シワやほうれい線が目立ち始めたり、肌の水分量が減りたるみやすくなってしまったりします。角質層の中には保湿成分がありますが、これらは年齢により減少していきます。40代では20代の約半分まで保湿成分が減少してしまい乾燥の原因になります。

肌の乾燥やシミの原因にもなる紫外線

紫外線は肌に大きなダメージを与える原因の一つです。紫外線から肌を守る反応として、皮膚が濃く厚くなることを「光老化」といいます。この光老化でしみやシワの目立ち、くすみや肌のざらつきが現れます。主に光老化を促進させているのが、紫外線に含まれるUV-A。肌のハリを保つため必要なコラーゲンやエスラチンを破壊してしまいます。

肌のハリや弾力を損なう原因にもなる酸化

酸化とは簡単にいうと「サビ」のようなもので、酸化の原因は活性酸素。本来活性酸素は体内に侵入した細菌などの駆除や、酸素の働きを促進するなど身体にとっては本来必要不可欠なものです。ですが、活性酸素が増えすぎてしまうとその強い刺激により、細胞がダメージを受けてしまい老化に繋がります。活性酸素が増えてしまう原因としては、ストレス、紫外線、喫煙などが挙げられます。

肌のハリを保つコラーゲンを破壊するAGEs

AGEsとは食事等で過剰に摂取した糖と、身体の主成分であるたんぱく質が結びつくことで、体内に生成される物質で最終糖化産物と呼ばれています。AGEsが多くなるとタンパク質が本来の働きができなくなり、身体にさまざまな変化をもたらします。身体にAGEsが蓄積されると身体の外に出すことが難しく、肌のハリを保つコラーゲンが固まってしまったり壊されたりしてしまいます。

免疫機能・代謝機能の低下をまねく生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れで代表的なものが、睡眠時間不足。睡眠不足は肌のターンオーバーの悪化や自律神経の乱れからくる成長ホルモンの減少を招きます。そうすると、肌の再生が追いつかず老化が進んでしまいます。肌の弾力性を失ってしまい、しみや肌のたるみなどを引き起こす原因にもなります。

肌荒れの原因にもなる暴飲暴食や偏った食事

食事は睡眠と並んで、健康な肌への大切な一部です。食生活の乱れはすぐに肌に現れます。極端な偏食や暴飲暴食は肌の乾燥や大人ニキビの原因にもなります。炭水化物や甘いものを良く食べると、肌の糖化が進んでしまいます。食べ物から取り込まれた糖分と皮膚のタンパク質が結びつくことで劣化したたんぱく質(AGEs)が生成されて、分解されることなく体に蓄積されます。その結果、コラーゲンが固まってしまい肌のハリを失ってしまったり、くすみが現れたりターンオーバーの低下を招きます。

エイジングケアに欠かせない成分は?

エイジングケア化粧品を選ぶ際には、肌の悩みで考えるのが基本ですが、目立ったエイジングサインがないなどという場合は、配合されている成分で選ぶことも大切です。

バリアと水分保持で肌に潤いを与えるセラミド

セラミドは角質の中にもともとあり、細胞と細胞の隙間を埋める細胞間脂質のことです。肌のバリア機能を助ける働きと高い保水維持力があります。セラミドには4種類ありますが、その中でもヒト型セラミドというものは、人間の肌に近い構造をしているため刺激が少なく保水力が高いです。セラミドが不足していると、肌のバリア機能が低下し肌荒れが起きやすい状態です。乾燥肌敏感肌の方はセラミドが不足しがちになっているため、セラミドが配合されているものがおすすめです。

肌を乾燥から守るヒアルロン酸

肌のベースであるコラーゲン繊維に水分を与えるヒアルロン酸は、肌の表面を乾燥から守ってくれる大切な存在です。ヒアルロン酸は体外から取り入れても、体内に長時間は滞在せずにすぐ体外に排出されてしまいます。そのためにヒアルロン酸は一度に多く摂取するよりも、長期間に分けて持続的に摂取していくことが重要になります。角質層の水分を保ち、水分の蒸発を防いでくれるのがヒアルロン酸です。

肌に弾力とハリを与えるコラーゲン

肌に弾力を与えてみずみずしさを保ってくれるのがコラーゲンです。肌のしなやかさやハリ、弾力性に大切なのがたんぱく質の一種であるコラーゲン。真皮の約70%はコラーゲンが占めています。肌表面を保湿し水分の蒸発後にも膜を張って乾燥から肌を守ってくれる効果もあります。

肌の細胞を活性化させるプラセンタ

プラセンタとは日本語で胎盤のことです。しかし化粧品でプラセンタと呼ばれるものは胎盤ではなく、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子や栄養素を抽出したものです。プラセンタには、肌の細胞を活性化させターンオーバーを促進させるアミノ酸や成長因子だけでなく、抗酸化作用で肌の酸化を防ぐ、生理活性成分などを多く含んでおり、紫外線ダメージによるしみやしわを改善する効果が期待できます。また新陳代謝がアップすることにより、コラーゲン生成を促進し肌のハリをよみがえらせてくれるとも言われています。

代謝をアップし酸化を防ぐCoQ10

コエンザイムQ10の特徴的な効果というと、があります。過剰に分泌された活性酸素により細胞そのものが酸化し、疲労しやすい、肌の老化など体内の様々な部分に悪影響があります。コエンザイムQ10にはその酸化を抑える強力な抗酸化作用があるため、肌だけでなく様々な部分を正常に戻してくれます。

ターンオーバーを促進し肌を強くするレチノール

ビタミンAの別名で多くの化粧品に使われています。活性酸素を減らしターンオーバーを促進する効果が期待できるほか、コラーゲンを生成したり皮脂の過剰分泌を抑制する効果もあります。くすみやシミ、肌の老化全般に効果的。

酸化を抑えコラーゲンの生成を促進するビタミンC誘導体

抗酸化作用、メラニン生成の抑制効果、コラーゲンを増やす作用などエイジングケアに重要な働きがあるビタミンC誘導体。しわやくすみの予防のほかにも、毛穴の黒ずみを予防にも効果があります。

「顔」以外もエイジングケア

毎日スキンケアで肌のお手入れするエイジングケア。エイジングケアとは肌の老化を予防するために行いますが、エイジングケアは顔だけではなく意外とよくみられている首や手など身体のエイジングケアも大切です。

首の横ジワ

年齢を重ねていくと首の横シワも増えていきます。顔のエイジングケアはばっちりなのに首のシワはそのままなのは勿体ないです。「手と首は年齢を隠せない」というように首のエイジングケアも大切です。顔よりも皮膚が薄く、乾燥しやすい首元。首の乾燥を防ぐにはやはり保湿。日中も保湿し、就寝前には乳液やクリームをたっぷり塗るのが効果的です。ほかにもマッサージも効果があり、首に乳液やクリームをつけているタイミングで軽くマッサージするだけでも充分に効果があるでしょう。

手の甲のキメ

手の甲は人にみられるところの多い部分の一つです。手が老けて見られてしまうポイントとして、しわやシミ、血管の浮き方です。手が老化する原因は老化だけでなく生活習慣の影響が大きいとされています。

  • 紫外線対策をしていない
  • 血管が老化している

紫外線対策はもちろんのこと、血管の老化も大きな原因です。血管の老化は生活習慣に大きな影響があり、偏った食事、運動不足、飲酒、喫煙、睡眠不足などを繰り返すことにより血管の老化が進み手が老けてみられてしまいます。予防としては、手の保湿をしっかりしましょう。

手は水に触れる機会がおおく乾燥しやすいのでしっかりと化粧水で保湿しハンドクリームでコーティングするのがよいでしょう。紫外線対策は、日傘やUV手袋などを利用し、日焼け止めクリームを塗る場合は、手を洗った後などは流れてしまっているため、塗りなおすのがよいでしょう。

ひじ・ひざの黒ずみ

自分で確かめにくいひじやひざの黒ずみも老けて見られてしまうポイントです。ひじ、ひざの黒ずみは主に3つの原因があります。

  • 摩擦

摩擦は普段着る洋服や机などとの摩擦。洋服を着る前にボディクリームを塗るなど、化学繊維のもは避け肌に優しい素材の洋服を選ぶなどで軽減できます。

  • 圧力

ひじ、ひざを机や床についていると圧力がおき黒ずみの原因になります。ひじ、ひざは圧力がかかりやすい部分なので皮膚が厚くなっています。そのため、乾燥しやすく、くすみが目立ちやすいのです。机にひじをつくときなどは、タオルを机との間に挟むと軽減できます。

  • 乾燥

ひじ、ひざは汗線が少なくほかの部位よりも乾燥しやすくなっています。また皮膚表面を保護する役割のある皮脂も少なく皮膚を保護する力も弱いです。

ひじ、ひざの黒ずみが気になるときは皮膚が硬くなっています。皮膚が硬いと保湿してもなかなか浸透しないので表面の角質を取り除くことが効果的です。スクラブやピーリングで古い角質を取り除き、その後に保湿するのがよいでしょう。

かかとのゴワゴワ

かかとのゴワゴワは、かかとが乾燥することでターンオーバーの期間が長くなり、垢となって落ちるはずの古い角質がたくさん詰まっている状態です。かかとのエイジングでもっとも効果的なのは毎日の保湿です。保湿化粧水やエイジング化粧水でたっぷりと潤いを与え、保湿クリームでコーティングしたあと靴下を履いて乾燥を防ぐのがおすすめです。

普段遣いでたっぷり使う!おすすめプチプラエイジングケア化粧品

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

715円(09/30 15:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

エイジングでとても重要なのが保湿。毎日たっぷり使うものなので、ドラックストアでも気軽に購入でき、コスパもよいものがいいですよね。おすすめなのがセザンヌ スキンコンディショナーです。保湿力にすぐれ、ヒト型セラミドやコラーゲン・ヒアルロン酸もたっぷり配合されており、毎日たっぷり使う保湿におすすめです。

頑張る自分へのご褒美に!ラグジュアリーなエイジングケア化粧品

POLA/B.A ザ マスク/60g

POLA/B.A ザ マスク/60g

Amazonの情報を掲載しています

POLAのザマスクは普段のエイジングの仕上げに使うスペシャルアイテムです。ホイップを連想させる濃密な泡で顔を包み込み、肌の角質層までしっかりと成分が浸透し、潤いを与えてぷるぷるな肌に変えてくれるでしょう。自分へのご褒美としてのスペシャルアイテムにぴったりです。

エイジングケア化粧品ランキング「アイテム別」

エイジングケア化粧水は多くの種類があります。その中で、自分にぴったりな化粧水を見つけるにはどうすればいいのでしょうか。エイジングケア化粧品をアイテム別にご紹介します。

抗酸化重視で選びたい化粧水

敏感肌、乾燥肌向けのスキンケアブランドのディセンシアの背憔悴アヤナス。ヒト型ナノセラミドを配合しており、奥の角質までしっかり浸透、保湿してくれます。オリジナルのUVアルギネートが配合されており、お肌のハリを保つコラーゲンを170%も産生をあっぷしてくれます。ベストコスメ5冠受賞しており話題になっています。

▼まずはトライアルで試したい方はこちら▼

保湿成分重視で選びたいクリーム

保湿成分重視で選びたい方におすすめなのがブライトエイジ。国内の製薬会社である第一三共ヘルスケアが作製しており、製薬会社の技術が集結してできたのがブライトエイジです。コラーゲンやセラミドなどのこだわった9つの保湿成分が配合されており、肌に潤いを与えてしっとりぷるぷるな肌にしてくれるでしょう。

成分をしっかり知って選びたい美容液

スキンケアの最初に使う美容液。洗顔後に顔になじませると直径0.1ミクロンのリン脂質のカプセルが角質深くまで浸透しかさつく肌はいつまでもしっとり。キメをふっくた整えてくれるので、なめらかな肌にしてくれます。主な成分は、ヒアルロン酸、ビタミンE誘導体など

エイジングケア化粧品ランキング「効果別」

効果別にもエイジングケア化粧品は気になるところ。自分の気になる部分をリストアップし、自分にあった化粧品を選ぶのも大切です。

リフトアップ

b.glen ビーグレン QuSomeリフト

b.glen ビーグレン QuSomeリフト

7,700円(09/30 15:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

たるみ・ほうれい線に対する臨床実験をしているビーグレンのキューソームリフト。たるみを引き上げることに着目し開発されたのマッサージ美容液です。5つのリフトアップ成分が、たるみを引き上げ、ふっくらさせむくみの原因に効きリフトアップ効果が期待できます。形状キープ成分も配合されておりリフトアップの後もたるみを改善しキープしてくれます。

キメを整える

ノブIII バリアコンセントレイト  30g

ノブIII バリアコンセントレイト  30g

5,500円(09/30 15:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

低刺激と高い保湿力のあるノブⅢ。セラミドを配合しており、肌のバリア機能をサポートしてくれる化粧品です。バリア機能をサポートしてくれる3つの成分「スクワラン」「セラミド」「アミノ酸」を配合し、乾燥や肌荒れに負けないキメ細かな肌に整えてくれます。浸透力を高める技術も採用されており、セラミドを肌の内部まで浸透させることにより高い保湿力があります。

毛穴の引き締め

お米を長時間発酵してできる「ライスパワーN011」を配合しており、うるおいの源であるセラミドに働きかけることで、自らセラミドを作り出し水分保持能力を改善し乾燥に負けない肌にしてくれるでしょう。また肌潤石鹸もあり、古い角質や毛穴の汚れまでしっかり落としてくれます。

肌の弾力やハリ

コラーゲン・酵母エキスなどの肌にハリを与えてくれる成分がしっかりと角質層にまで浸透し、乾燥によるシワやたるみ・ほうれい線に作用し肌に弾力を取り戻してくれます。形状キープもしてくれるため、マッサージで使いながらフェイスラインとリフトアップしてくれる効果も期待できるでしょう。

敏感肌のエイジングケア

敏感肌はセラミド不足が大きな原因かもしれません。セラミドケアでセラミドの働きを補い洗浄と保湿で肌荒れしにくい潤い肌を目指しましょう。

乾燥性敏感肌人向け「キュレル」のエイジングケアシリーズの紹介。

キュレル エイジングケア 化粧水140ml

キュレル エイジングケア 化粧水140ml

1,807円(09/30 15:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

乾燥敏感肌の方は、セラミド不足で肌のバリア機能が低下し、乾燥などの刺激に弱くなっている状態です。キュレルのエイジングケアシリーズは、このセラミドの働きを助け肌に潤いを与える「セラミドケア」に重点をおいています。セラミドケアとは、顔や身体を洗うと汚れと一緒に本来あるセラミドも洗い流してしまうのですが、キュレルはこのセラミドを守って洗うことに着目し、肌のセラミドを守りながら汚れだけを落とすことがセラミドケアになります。

髪もエイジングケア

肌だけではなく髪もエイジングが必要です。髪は年齢による変化によるものはもちろん、カラーやパーマなどを繰り返すことにより髪にダメージが蓄積されダメージ毛になってしまいます。髪を触ると根元がざらついたり、つやがなくなってきたりすることがこのダメージ毛に当てはまります。女性にとって肌同様に髪も大切な一部です。髪も手入れをして美しい髪を目指しましょう。

おすすめのエイジングケア市販シャンプー

エイジングシャンプーはどれも頭皮を考えてつくられていますが、髪の悩みは個人で違うとおもいます。髪のハリ・ツヤを改善したい、白髪の増加を抑制したいなど自分の悩みにあったエイジングシャンプーを選ぶのが一番です。

弱酸性シャンプーなので刺激が少なく、敏感肌の方もお使いいただけます。ざくろなどの天然成分が美しいハリ・ツヤを改善してくれたり、ヒアルロン酸やコラーゲンも配合されている為さらに美しい髪へと導いてくれるでしょう。香りもさっぱりしたハーブ系の香りなので強い香りや甘い香りが苦手な方にもおすすめです。

おすすめのエイジンググッズ

いままでご紹介したほかにもおすすめのエイジンググッズがあります。ほうれい線の改善でのエイジングケアはご紹介しましたが目元のケアもあります。

目元は皮膚が頬の1/3しかなく、まばたきをするため動きが多くたるみ・ゆるみが頬よりも起きてしまいます。ビーグレンのアイセラムは目元用の美容液でそれらの目元の悩みにアプローチをし若々しい目元へ導いてくれます。

トリアスキンエイジングケアレーザー

クリニックでエイジング目的で使われる「フラクショナルレーザー」を応用した家庭でもできるエイジングケアレーザーです。レーザー光線が肌の角質層に届き顔全体のキメを整えてくれます。肌触りがなめらかになったりキメの乱れや肌荒れを改善ししっとりなめらかな肌に改善してくれるでしょう。

エイジングケアはトータルケア

エイジングケアはいつはじめたらいいかとお思いの方も多いとおもいます。エイジングケアはいま始めたら早すぎるということはありません。早ければ早いほど肌の老化を抑制することができ、いつまでも若々しい肌を保つことができます。自分の肌の特徴を知り、悩みにあったエイジングケアをすることにより、健やかな肌に近づくでしょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール