スキンケア

顔パックは種類によって使い方が違う|正しく使って効果を高めよう

効果の高いセルフケアが手軽にできる顔パック。正しく使えず、知らないうちに効果が半減している人もいるそうです。顔パックは種類によって、使い方や頻度、そして使用時間が異なります。最適な使用方法で、顔パックの美容効果を、目一杯実感しましょう。

顔パックの使い方事情

自宅でできる顔パックには、シートマスクタイプと洗い流すタイプがあります。どちらも簡単に使えて、高い効果を得ることができます。ただ、どんなに手軽でも、最低限守ってほしい約束事がいくつかあります。

正しく使えば、もっとキレイな肌に。顔パックの使い方において、間違いやすいポイントを知りましょう。

顔パックの頻度

毎日でも使いたい顔パック。正しい使用頻度は、どのくらいでしょうか。

週1~2回使用が適度

顔パックは、使い方が簡単で手軽なため、使用前に説明書をきちんと読まない人が多いようです。その結果、正しい使い方ができてない、という悲しい事態に。説明書には、使用時間やパック前後のケア方法など、顔パックの正しい使い方が載っているので、必ず目を通しましょう。

適度な使用頻度は、週に1~2回とされています。とくに、肌が炎症を起こしているなど、異常のあるときは、顔パックの連日使用は控えましょう。

原則、顔パックは美容成分を“補給”するものであって、傷や炎症を“治療”するものでありません。アルコールやパラベンなど、弱った肌にとって刺激になる成分が、含まれている場合もあります。異常のある肌に使用する際は、成分表示をよく確認するようにしてください。

パック前の洗顔方法や顔パックの種類によって異なる

パック使用前は念入りな洗顔が原則ですが、洗顔のタイプやパックの種類によって、顔パックの使用頻度が変わります。洗顔もできるパックなら、毎日の使用が想定されています。美容液タイプやピーリングタイプなら、週に1度が理想的ですが、商品によって違うこともあります。

とにかく肌の潤いがほしくて、洗顔後に毎日使いたい人は、化粧水タイプの顔パックがベター。美容成分が少なく、栄養の与えすぎになりにくいので、肌への負担が軽減されます。

シートタイプの顔パックの頻度は週1回

シートタイプのパックは、保湿性に大変優れています。そのため、使用後は肌がふやけたような状態になっていて、外的刺激にとても弱くなっています。これを週に何度も行うと、かえって肌が傷つきやすくなり、荒れてしまうのです。
また、美容成分を与えすぎると、肌そのものが持つ美しくなろうとする力、「肌体力」が損なわれてしまいます。シートマスクは、週に1度のスペシャルケアと考えるのが適当です。

顔パックが人気の理由

顔パックがここまで支持されるのは、なぜなのか。納得の理由がありました。

安くてもエステに行った様な効果が得られる

できるなら、エステに定期的に通ってスキンケアしたい、と願う女性にとって、顔パックはまさに救世主。上手に使うことができれば、エステに行かなくても、十分な効果を発揮してくれます。

経済的・時間的な余裕がなくてエステを断念、というパターンが大多数のようですが、自分でできる安価な顔パックは、まるでエステのようなスペシャルケアが、自宅にいながら叶います。

セルフケアだから、急な予定にも対応可能。エステのようなケアが、手軽に気軽にできるのが、顔パックの魅力です。

目指している肌質別に選ぶことができる種類の豊富さ

顔パックの効果は種類が豊富なので、自分の目的に合わせて使い分けることができるのも、多くの女性に支持される理由。顔パックを選ぶ基準は、大きく分けて2つあります。

美容効果で選ぶとよい

顔パックの主な効果には、保湿・栄養補給・シミ予防・ダメージ補修・ピーリングなどがあります。乾燥ケアなら保湿タイプ、ゴワつき改善ならピーリングタイプなど、目的によって商品を選びましょう。

美白効果を知っておく

パックに、シミやそばかすにアプローチできる成分が含まれていることも。メラニンの生成を阻害するタイプと、メラニンの排出をサポートするタイプの2種類があります。成分表示をよくみて、気になる成分の名称をネットや書籍で調べてみて、ほしい効果を選んでください。

顔パックは時短スキンケア

種類によって違いがありますが、ほとんどの顔パックの使用時間は5~15分です。短時間でエステみたいなスキンケアができるので、とても効率的です。シートマスクタイプなら、顔につけたまま他のことができる“ながら美容”が可能です。

顔パックは、値段が安く使いやすい商品が豊富です。パッケージがかわいいキャラクター物もあり、選ぶのも楽しみの1つとなっています。

しっとり保湿するシートマスクの実情

数ある顔パックの中でも代表的な、シートタイプのマスク。実際の評価は。

シートマスクも種類が多すぎて迷っている人が多い

どこでも手軽に手に入れることができるシートマスク。その種類の豊富さは、うれしい反面、どれか1つを選ぶのに苦労することにもなります。

ネットの様子をみてみると、口コミや人気ランキングをながめつつ、どれがよさそうか、悩んでいる人が多いようです。こんなときは、闇雲に探すのではなく、選ぶポイントを押さえて効率的に探します。すると、理想の商品に出会える確率が上がります。

幅広い値段で買える

シートマスクの強みは、価格帯の幅がかなり広いこと。1枚30円のものから、1,000円を超えるものまで、予算によって選べます。

また、ドラッグストアをはじめ、バラエティショップなどでも取り扱いのある商品が多く、手軽に買えるのもうれしい所。そして何といっても、プチプラでも高品質なところが大人気です。安くても効果がしっかり実感できる商品は、口コミで評判が広がっています。

一袋ずつのバラ売りから、数十枚のセット売りまで、ニーズに合わせて購入量を調節できるのも、シートマスクのメリット。ちょっと試してみたい、定期的に使い続けたい、どちらの要望にも答えてくれます。まとめ買いすると、割引価格になることもあってお得です。

顔パックが必要とされる理由

顔パックの需要の高さは、どこから来るのでしょうか。

効果を雑誌やSNSで取り上げられ注目されている

顔パックについて、ネットで少し検索すれば、実際に使用した人の口コミや、雑誌で紹介されたという文字がたくさん出てきます。効果の高さが世間から注目され、かなりの需要があることが分かります。

ただ、顔パックは毎日すればするほどいい、というわけでは必ずしもないようで、使いすぎによる弊害もあるようです。情報に惑わされすぎないように、使用前には商品の説明書きを、自分の目できちんと読むようにしましょう。

肌の美容効果があると言われているから

顔パックが支持されている最大の理由は、やはり肌への美容効果の高さです。パック剤に含まれる美容成分には、さまざまなものがあり、期待できる効果も異なります。

シートマスクタイプの顔パックは、美容液を豊富に含んでいるので、保湿を重点的に行えます。保湿成分を詳しくみてみると、セラミドやプラセンタは、乾燥対策に。コラーゲンやヒアルロン酸は、ハリがほしいときに。アルブチンやビタミンC誘導体は、シミ予防に効果的です。

こうした美容成分を、肌へダイレクトに届けることができるのが、顔パックの利点です。

顔パックのメリットとデメリット

セルフケアならではの利点と難点、そして注意点を知っておきましょう。

使用し過ぎは老化につながるので注意が必要

顔パックを毎日使うのは、肌老化の原因になります。どんなに効果の高い美容成分でも、与えすぎると肌が疲労して、老化を早めてしまうのです。

また、顔パックをする前には、きちんと洗顔などをしてケアしておくことが大切です。清潔でない状態で肌を密閉してしまうと、雑菌などで肌荒れを起こしてしまう恐れがあります。さらに、肌を整えておかないと、せっかくの美容成分が浸透しにくいという弊害も出てしまいます。

手作り保湿パックが手軽

肌が栄養過多になって、ニキビができたりしてしまった場合でも、保湿だけをパックでやりたい、と思うことがあります。

そんなときは、肌の調子と相談しながら、美容成分があまり入っていない、化粧水タイプの顔パックを使うとよいでしょう。もっと手軽に、コットンやシートを使ったローションパックも、簡単かつ効果的でおすすめです。

顔パックの正しい使い方

顔パックの美容効果を最大限引き出すために、正しく使用しましょう。

パッケージの裏に書いている注意事項をしっかり読むこと

シートタイプと洗い流すタイプ、どちらも使用前には、商品の説明書きを必ず読んでください。標準的な使用方法はありますが、商品によって細かい注意点が書かれていることも、意外に多いのです。

使用するタイミングが、洗顔の直後だったり化粧水の後だったり、下準備に必要なケアが異なる場合もあります。顔パックの効果を上げるためにも、記載された使用方法を厳守しましょう。

使用時間はしっかりと守って使うべき

パックを顔につけたあと、剥がす・洗い流すまでの時間が、ほとんどの商品で指定されています。使用時間はたいてい、5~15分の間が多いです。それ以上の使用は、逆効果になる恐れがあるため厳禁です。

また、意外と知られていないのが、入浴中の顔パックはNGなこと。肌は汗をかいているため、美容成分の浸透どころではありません。入浴中の使用がおすすめされている商品を除き、顔パックは浴室で使用しないようにしてください。

シートタイプの顔パックの使い方を正しく知る

まず、使用のタイミングは肌が清潔なとき。入浴後や、ぬるま湯での洗顔後が効果的です。血行がよくなっていて、毛穴も開いているので、美容成分が浸透しやすい状態になっているためです。

そして美容液タイプのパックなら、化粧水で肌を整えてから使用します。決められた時間通りに剥がしたら、手のひらでパッティングを行って、美容成分を肌になじませます。

手のひらに肌が吸い付くような感触になったら、乳液やクリームでフタをします。普段のスキンケアの、化粧水または美容液の代わりにシートパックを使う、と覚えておくとよいでしょう。

シートタイプは貼って剥がすだけでOK、とは考えず、一連のスキンケアの手を抜かないことが重要です。

顔パックのNGな使用方法

顔パックをするときに、守ってほしい、やってはいけないこと。正しく使って、キレイな肌を手に入れましょう。

毎日の顔パックの使用は肌には良くない

顔パックの使用後は、肌がしっとりとして調子が上がり、毎日でも使用したいと感じることが多々。ただし連日の使用は、顔パックの効果が半減してしまう恐れがあるため、要注意です。

肌に栄養を補充するタイプや、ピーリング効果のあるタイプなどは、使い過ぎによって、肌の調子が悪くなることがあります。前者は、栄養過多による肌荒れや、疲労による肌の老化。後者は、必要な皮脂や角質まで除去されて、肌の保水力が低下するといった、弊害が起こる可能性があるのです。

どうしても毎日パックをしたいなら、化粧水タイプのシートパックがよいでしょう。シートやコットンに自前の化粧水を染みこませる、ローションパックもおすすめです。これなら、栄養過多になる危険性が少なく済みます。

間違った使い方で毛穴が更に広がってしまう

顔の毛穴が開いていない状態で、角栓除去の鼻パックなどを使うと、毛穴が傷み、余計に開いてしまうことも。前準備なしでは、保湿成分や美容成分も浸透しづらいです。

パックを使う際の前準備として、基本は洗顔をして、毛穴を開いてから使いましょう。美容成分の浸透性が格段によくなります。美容液パックの場合、さらに化粧水で肌を整えておくと、パックの効果がアップします。

そして使用後も、乳液などできちんとケアすることが重要です。顔パックは、しっかり手順を踏んで使用しましょう。

ニキビにいい顔パックの選ぶ条件

ニキビのあるときに顔パックを使用するとしたら、どんなことに着目すればよいでしょうか。

保湿成分で決める

ニキビが治ったあと、凹凸になったり、色素沈着を起こしているニキビ跡におすすめなのは、保湿成分が豊富なパックです。数ある保湿成分の中でも、ターンオーバーを促す作用がとくに優れた成分を選びましょう。

水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、セラミドなどが、抗炎症作用や保湿効果の高い成分として知られています。ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸などは、保湿作用のほか、色素沈着の改善に効果があります。
上記はどれも、肌の新陳代謝を助けてくれて、肌の生まれ変わりを促進させる成分です。凸凹も色素沈着も、ターンオーバーが進むことで目立たなくなっていきます。

刺激の少ないシートマスクタイプが向いている

基本的に、ニキビのある肌にシートマスクは、NGなことが多いです。ニキビ肌には、毛穴の詰まりや、余分な皮脂を取り除くことを目的とした、洗い流すタイプの顔パックが適しているとよくいわれます。

ただし、ニキビ肌のために作られた低刺激のシートマスクなら、ニキビのある肌にもおすすめできます。ニキビ用のシートパックは、保湿作用と殺菌効果があり、とくに乾燥が原因の大人ニキビに有効です。

シミ予防の成分が配合されているものも多く、ニキビ跡対策にもなります。肌に合うものが見つかれば、ニキビがあっても顔パックは可能です。

顔パックの時間について

しっとり、じんわり、心地のいい顔パックの時間。だけど長時間放置はNGです。

シートタイプは5~10分程度

顔パックの種類によって、使用する目安の時間も異なります。メーカーや商品によっても差がありますが、基本的には、パックを長時間つけっぱなしにするのは避けましょう。

代表的なシートタイプの標準的な使用時間は、5~10分ほどといわれています。それ以上続けていると、シートの端のほうから乾燥してきて、シートにシワが寄り、最終的には剥がれてきてしまいます。

シートが乾くまでつけっぱなしにしていると、せっかくのパックが台無しになります。乾いたシートが逆に肌の水分を奪い、空気中に蒸発させ、肌がかえって乾燥してしまうのです。目安時間を守ることは、パックの効果を最大限実感するために重要です。

顔パックそれぞれの種類別の正しい使用時間

顔パックを、「顔に貼り付けてから剥がすタイプ」と、「肌に乗せたあと洗い流すタイプ」に大別しています。そこからさらに種類が分かれます。それぞれの最適な使用時間を、知っておきましょう。

貼り付けて剥がすタイプ

シートマスクは、5~10分ほどで顔から剥がすようにします。自作のコットンパックの場合はさらに短く、2~3分が目安です。角栓除去の鼻パックでも、10~15分が限度です。

洗い流すタイプ

泡パック・クレイパックともに、5分程度が目安。クリームパック・ジェルパックは、10~15分で洗い流しましょう。ピーリングや、汚れを落とすことを目的にしたパックは、肌への負担が大きいので、時間超過にはとくに注意が必要です。

上記は、あくまで標準的な使用時間です。使用前に、商品の説明書を熟読する必要があるのは、例外があるからです。顔パックは、推奨される使用時間をきちんと守りましょう。長すぎる使用は逆効果になります。

おすすめ顔パックの人気ランキング

ぜひ試してほしい、実力派の顔パックが勢ぞろい。

我的美麗日記(私のきれい日記) 黒真珠マスク

洗顔後、化粧水のあとに、美容液代わりに使用するのがおすすめのシートマスク。ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富な、高品質のブラックパールエキスを配合した、厚さ0.39ミリの極薄シートです。薄くても、プラシート付きで顔に広げやすいのが特徴です。

オリジナルの持続型保水成分の働きで、20~30分間、顔にぴったり密着し続け、肌に水分と栄養をじっくり補給してくれます。シートを剥がしたあとに肌に残った美容液は、洗い流さず馴染ませてOK。パラベンフリー、ノンアルコールで肌に優しく、毎日使えます。

我的美麗日記(私のきれい日記) 黒真珠マスクの口コミ

  • 美容液が垂れるほどヒタヒタ。30分後は肌がしっとり、もっちりです。(24歳・混合肌)
  • 袋に残った美容液も使って、たっぷり保湿できます。翌朝の化粧ノリも違います。(41歳・乾燥肌)
  • 液垂れで目が染みるため、シリコンマスクが必須。デメリットを上回る、ハリへの即効性に大満足。(30歳・混合肌)

毛穴撫子 お米のマスク

毛穴撫子 お米のマスク 10枚入

毛穴撫子 お米のマスク 10枚入

598円(01/21 18:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

乾燥による毛穴の開きにとくに効果的な、厚手のシートマスクです。100%国産米由来の「ライスセラム」が、肌に潤いを与えてキメを整え、弾力のあるふっくらとした素肌に導きます。

米発酵液や米ぬか油、米セラミドなど、肌を整える美容成分が豊富に含まれていて、使用後はさっぱり、もちもち。洗顔後すぐ、5分間の使用がおすすめです。化粧水後にも使えます。安心の日本製、プチプラなのもうれしい。

毛穴撫子 お米のマスクの口コミ

  • 使用感はさっぱりしているのに、仕上がりはしっとり。ヌルヌルしないので朝にも使えます。(23歳・乾燥肌)
  • 保湿力が高くて、毛穴がキュッと引き締まった感じ。(19歳・混合肌)
  • 肌がもちもちになる。夏よりも、乾燥する季節にぴったりだと思う。(30歳・普通肌)

MEDUHEAL(メディアヒール) N・M・F アクアリング アンプルマスク

シリーズ累計販売10億枚を突破した、話題の韓国コスメ。シート自体がぷるぷるで分厚く、肌に吸い付く感じのマスクです。保湿力が高く、美容液成分がたっぷりでも、液垂れはなく快適な使い心地が評判です。

使用後は一晩中しっとり感が続き、翌朝の肌はふっくら。化粧ノリもよくなります。乾燥肌に悩んでいるなら、ぜひ試してみてください。

MEDUHEAL(メディアヒール) N・M・F アクアリング アンプルマスクの口コミ

  • 着け心地がよく、シートが密着します。濃厚な美容液で、肌に透明感が出た気がします。(39歳・混合肌)
  • 潤いが肌に浸透しているのが実感できます。モチモチになります。(37歳・乾燥肌)
  • 少し香りが強いけれど、保湿力はすごいです。(27歳・敏感肌)

特別な日に利用したい顔パック

美容液成分が含まれている顔パックは、週に1~2度のスペシャルケアとして利用したいもの。顔パックの正しい選び方としては、まずは目的を明確にすることが大事です。

潤いがほしいのか、シミ対策なのか、シワが気になるのか。自分がパックに求める効果をはっきりさせて、有効成分が入っている商品を選びましょう。肌に長時間密着させるものだから、アルコールや防腐剤など、刺激のある成分が含まれていないかどうかも、しっかりチェックするようにします。

洗い流すタイプ顔パックオススメランキング

顔に塗布したあと、パックを洗い流すタイプです。

ドモホルンリンクル 泡の集中パック

ハリ不足やシワなど、年齢を重ねた肌の悩みに答える、ドモホルンリンクルの基礎化粧品8点のうちの1つ。天然由来の美容成分を豊富に含んだ、生クリームのような泡で包んで肌を蒸らし、日中に受けた外的刺激による肌ダメージをケアします。さらに、肌にエネルギーを補充してふっくらさせ、ワントーン明るくみせてくれます。

夜の洗顔後、化粧水のあとに、泡を肌の色が見えないくらいの厚さに塗布します。泡はまぶたの上まで乗せてOK。約5分経ったら洗い流します。特別な日に使いたい、もっちり濃厚な泡のパックです。

ドモホルンリンクル 泡の集中パックの口コミ

  • 泡を洗い流したら、肌がワントーン明るくなった気がしました。(53歳・脂性肌)
  • 泡の伸びがよくて、いい香り。肌が柔らかくなります。(33歳・混合肌)
  • 肌ストレスがリセットされて、ふっくら生き生きする感じ。毎日というよりは、肌が疲れた日に使いたい。(47歳・乾燥肌)

D.U.O. ザ フォーム

DUO ザ フォーム 150g

DUO ザ フォーム 150g

3,220円(01/21 18:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

弾力のある濃密な泡がワンプッシュで出てくる、洗顔・パック・マッサージケアの3役をこなす炭酸泡洗顔料。

乾いたままの肌にフォームを乗せて洗顔するだけで、高い炭酸濃度で作られた泡が、しっかりと汚れをオフ。ほんのり温感なので、マッサージ効果で汚れがさらに浮きやすくなります。毛穴汚れの蓄積でくすんだ肌を明るくし、美容成分を浸透しやすくします。

そして、セラミドやコラーゲンを含む泡の、パック効果で肌に潤いを与えて、キメを整えます。ハリが出て化粧ノリも好調。忙しい朝に手軽に時短ケアできる、毎日使えるマッサージパックです。

D.U.O. ザ フォームの口コミ

  • きめ細かい炭酸の泡が、洗顔していて気持ちいい。皮脂汚れがしっかり落ちる。(40歳・乾燥肌)
  • フォームを洗い流した後は、くすみが薄くなって、肌が明るくなります。(45歳・敏感肌)
  • 朝の時短ケアに最適。洗い上がりはしっとりしています。(30歳・混合肌)

豆腐の盛田屋 豆乳よーぐるとぱっく 玉の輿

豆腐の盛田屋 豆乳よーぐるとぱっく 玉の輿 150g

豆腐の盛田屋 豆乳よーぐるとぱっく 玉の輿 150g

1,440円(01/21 18:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

固めのテクスチャーで、浴槽で“ながら美容”ができるパック。洗顔後、お風呂に浸かりながら、顔に塗布して5分待ったあと、洗い流します。豆乳やはちみつといった天然の保湿成分が、密閉した肌へしっかり届きます。

パックの効果で、ゴワゴワした古い角質を取り除くことで、スキンケアの浸透がアップ。さらにターンオーバーを促進するので、肌がもっちりとしてくると、ユーザーからは高評価。値段も手ごろで買いやすく、毎日、続けて使えるのも人気のポイントです。

豆腐の盛田屋 豆乳よーぐるとぱっく 玉の輿の口コミ

  • ピーリング効果があって、肌がつるつるになります。(25歳・混合肌)
  • 粘度が高いテクスチャーで、垂れてこず使いやすい。(41歳・乾燥肌)
  • 低刺激でシンプルなパック。毛穴汚れをオフできて、肌に透明感が出ます。(30歳・混合肌)

人気は泡タイプがランクイン

洗い流すタイプの中で、とくに人気があるのは泡タイプ。時間がないときでも手軽に、しっかりスペシャルケアができる商品が多くなっています。ふんわりとした使用感のよさや、使い勝手のよさ、洗い流しやすさなど、泡ならではの機能も、選ばれている理由のようです。

顔パック効果を知って正しく使おう

きちんと使えば、高い美容効果を得られる顔パック。使用前に説明書をしっかり読んで、間違った方法で使わないようにしてください。また、顔パックのそれぞれの特徴を理解して、目的に合わせて選ぶようにしましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール