スキンケア

「日焼け止めスプレーの選び方と使い方のポイント」おすすめ商品5選

アウトドアのスポーツや遊びが好きだけれど、日には焼けたくはない。そんなアウトドア派の人に使ってほしい、おすすめの日焼け止めスプレーに関して取り上げます。ムラなく全身UVケアをしたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

スプレータイプの日焼け止めを使ってみたい

日焼け止めの定番といえば、塗るタイプの日焼け止め。しかし、「この夏はスプレーで簡単に日焼け止めをしてみたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

日焼け止めスプレーは、顔や髪にも使えるものや、低刺激のオーガーニックタイプ、ウォータープルーフで長時間効果が続くものなど、実にさまざまなタイプのものが販売されています。自分の目的に合った日焼け止めスプレーを探して、正しく使いこなしましょう。

日焼け止めスプレー選びのポイント

日焼け止めスプレーは、豊富な種類が販売されているので、どれを購入したらよいか迷ってしまうこともあるはずです。まずは、日焼け止めスプレーの種類や特徴、選び方のポイントをおさえておきましょう。

肌への負担が少ないものがよい

日焼け止めスプレーは、塗るタイプのよりも肌への刺激が強いため、肌への負担の少ないものを選ぶようにしましょう。日焼け止めには、大きく分けて2種類の特徴があります。一つは紫外線吸収剤、そしてもう一つは紫外線散乱剤が使用されているものです。

紫外線吸収剤は、日焼け止め効果がとても高く、絶対に焼けたくない人には向いていると同時に、皮膚への刺激が強いため、敏感肌や肌の弱い人は避けたほうが無難だともいえます。一方、紫外線散乱は、日焼け止め効果が若干弱くなるものの、肌への負担が少ないうえに長い持続効果が得られ、肌への刺激が気になる人にもおすすめです。

使用シーンにあったSPF値とPA値を選ぶ

日焼け止めに記載されている「SPF」と「PA」の数値は、肌への刺激と負担を判断する目安になります。SPFは、紫外線(UV-B)を防ぐ数値、そしてPAは紫外線(UV-A)を防ぐ数値となっており、それぞれ1cm2あたり2mg塗ったときの、日焼け止めの機能を表したものとなっています。

現時点で一番高い数値の表記は「SPF50、PA++++」。数値の高いものほど、紫外線を強力にカットしてくれますが、レジャーやキャンプなどで長時間紫外線を浴びるならまだしも、普段使いでは刺激が強すぎることがほとんどです。したがって日常生活で使用するには、「SPF30、PA++」くらいがちょうどよいでしょう。SPFとPA値が高いものと低いものを、シーンごとに使い分けることがおすすめです。

汗で落ちないものを選ぶ

日焼け止めスプレーはもともと液状であるため、汗をかくとその水分と一緒に、落ちやすいという性質を持っています。そのため、日焼け止めスプレーを購入するときは、できるだけウォータープルーフタイプのものを選ぶようにしましょう。

ウォータープルーフだと、多少汗をかいても簡単に落ちないというメリットがあるほか、効果を持続させることも期待できます。

ホットクレンジング

スプレータイプの正しい使い方とキープさせる方法

日焼け止めスプレーは、正しい使い方ができていないとキープする時間も短く、効果も薄れてしまう可能性があります。正しい使い方を理解し、しっかりと紫外線を防止しましょう。

使用前は保湿をしっかりする

日焼け止めスプレーを使う前は、肌を清潔にして、日焼け止めを接着しやすくしておきましょう。まずは、肌表面の汗や汚れを、ウェットティッシュや化粧水でふき取ってから、その後にしっかりと保湿をします。

肌が乾燥していたり、汗や汚れが付いている状態だと、日焼け止めがきちんと付着しにくくなり、肌への負担もかかってしまうため注意が必要です。

顔へは手につけてから馴染ませる

スプレータイプは、噴射した中心部から薬剤の密度が、どんどん薄くなってムラができてしまいます。まんべんなくスプレーできる頭や背中とは違い、顔は凹凸もあるため、とくにムラになりやすい場所です。

そのため顔に使うときには、きちんと手を使って、塗りムラをなくしながら馴染ませていきましょう。

肌へは15cm離してスプレーする

日焼け止めスプレーの中には、顔に噴射ができるタイプもあります。顔に噴射する場合は、薬剤を吸ってしまわないように、目と口を閉じてから行いましょう。

15cmくらい離して、丸を描きながらスプレーしたあと、手でのばしてムラなく仕上げていきます。しかし、「顔への直接噴射は駄目」と記載されている日焼け止めスプレーもあるので、注意事項には目を通しておくようにしましょう。

2~3時間おきにつけ直す

スプレータイプに限らず、日焼け止めは塗り直しがとても大切です。汗をかいたりした場合は、タオルで拭いてからつけ直し、長時間泳いだりした場合にも、同様に拭いてから塗りなおします。

目安としては、2~3時間おきにつけなおすことを心がけ、日焼け止めの効果を上手にキープできるようにしましょう。

おすすめの日焼け止めスプレーをご紹介

全身にも使える、ウォーターブルーフタイプの日焼け止めスプレーを5つご紹介します。参考にしていただき、お気に入りを見つけてください。

ビオレUV 速乾さらさらスプレー

ビオレUV速乾さらさら スプレー

ビオレUV速乾さらさら スプレー

658円(09/17 16:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

素早く乾いて、使いやすい日焼け止めスプレーです。塗り直しなどで重ねてもべたつかないので、快適な使い心地です。強力な紫外線から肌をしっかりと守り、日焼けによるシミやソバカスを防止。

さらに、ウォーターブルーフタイプなので、汗や水に強く紫外線カット効果が長時間持続します。保湿成分のカモミールエキス配合で、化粧下地にも使用でき、肌に潤いを与えてくれます。SPF50+・PA++++

アジャステ エアリータッチUVスプレー

大容量(200g)の化粧水原料で作られた、日焼け止めスプレーです。すぐに乾いて白くならず、ベタつかないのでサラッとした肌感をキープすることが可能。さらに、波長の短い近紫外線をカットするパウダーが配合されているので、肌の老化やシミを防ぎやすくなります。

また、お風呂上りのような清潔感の漂うクリーンシャボンの香りで、夏場の汗の悪臭を抑制することができます。SPF+・PA++++

資生堂 パーフェクトUVスプレー アクアブースター

アクアブースター技術が搭載されていて、汗や水にふれると膜が強くなる日焼け止めスプレーです。ヒアルロン酸やグリセリン、バラ果実エキスといった美肌エッセンス配合で、スキンケアをしながら強力な紫外線ダメージを、しっかりとケアしてくれます。

また、石けんだけでもスルリと落せるので、肌に負担があまりかかりません。SPF50+・PA++++

スキンアクア トーンアップUVスプレー


透明感を引き出してくれるラベンダーカラーの、体にも使える日焼け止めスプレーです。紫外線をカットしながら、光と色をコントロールして、肌色の血色を良く見せることができます。

クレンジングがなくても、石けんで簡単に落とせるので、肌への負担を軽減することが可能。また、防腐剤フリー・鉱物油フリーなので、安心して使用できます。SPF50+・PA++++

サンカット 日やけ止め透明スプレー

UVカット指数最高値で、全身を徹底ガードする日焼け止めスプレーです。紫外線A・B波を長時間ブロックし、日焼けによるシミやソバカスをが防ぎやすくなります。さらに、サラサラパウダーが増量されたことにより、スプレー後のベタつきを軽減。

重ねて塗ってもベタつくことがなく、汗をかいてもさらさらで快適な素肌の状態がキープできます。また、塗りムラブロック技術で、ムラなくしっかりと密着します。

日焼け止めスプレーを使うときの注意点

日焼け止めスプレーには、クリームで塗るタイプとは違った注意点もあります。いざというときのために、あらかじめ知っておきましょう。

長時間のお出かけだと効果が途切れる

日焼け止めスプレーの使い方を知らずに、一度スプレーしただけで、1日中その効果が保たれると勘違いしている人もいるようです。しかし、日焼け止めスプレーはもともと液状を噴射していることになるので、水分には弱いという特徴があります。そのため、海やプールといった水場とは相性が悪く、水をよく使うレジャーのときにも、あまり向いていないことも事実です。

とくにスプレータイプは、塗るタイプよりも持続時間が短いので、長時間のお出かけでは塗り直しをこまめにする必要があります。途中で効果が途切れてしまうと、効果も弱まってしまうので、こまめに塗り直したり、重ね塗りをしたりすることで、紫外線予防の効果を高めていきましょう。

肌に直接スプレーできるタイプか確認する

一般的に、日焼け止めスプレーは、焼きたくない場所にダイレクトにスプレーできることが、メリットとされています。しかし、中にはスプレータイプであっても、直接ではなく手にスプレーして、伸ばしていくタイプもあるようです。

顔にも使えると書いてあるけれど、実際は手にスプレーしてから、ハンドプレスする種類だったということもあります。また、使用できると思っていた部分に、使用できなかったなどということがないように、どの部位に使用できるのかも確認しておくようにしましょう。

スプレータイプも活用しながら日焼け対策をしよう

手で塗る日焼け止めタイプが多い中、自分で塗りにくい背中や、髪の毛までカバーできるスプレータイプは、重宝する機会も増えるはずです。場所によって使い分けて、クリームタイプと併用していくことも、よいかもしれません。

日焼け止めは、少なからず肌への負担があることを考慮して、ときには帽子や日傘も利用しながら、紫外線対策を行っていきましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール