メイク・コスメ

ファンデーションの口コミで知る利点と難点|高評価の商品をチェック

ファンデーションはかなりの種類が売られているため、選ぶのに苦労している人は多いもの。自分の肌にぴったりのファンデを見つけたいときには、商品を実際に使った人の口コミが役立ちます。評判の傾向から候補を絞って、使えるファンデを手に入れましょう。

ファンデーションにも種類がありすぎてわからない

ひと口にファンデーションといっても、パウダー、リキッド、クリーム、スティックなど、種類が豊富すぎて、どれか1つを選ぶのは簡単ではありません。それぞれにメリットとデメリットがあり、肌質や使用シーンによっても、最適なファンデは変わってきます。

気になる商品を自分ですべて試すのは大変なので、ユーザーの口コミを参考に、高評価のファンデーションをチェックしてみましょう。お気に入りの1つが見つかるかもしれません。

いま話題のクッションファンデーションの口コミ

パウダーファンデのようなコンパクトで、リキッド状のファンデを持ち歩けるという、クッションファンデーション。特徴を詳しくみていきましょう。

下地がいらない

クッションファンデが時短メイクの強い味方といわれる理由のひとつが、下地や日焼け止めが不要な点。ファンデ自体が保湿に優れていたり、UV効果があったりするので、基本的に下地いらずです。

実際に使用した人の多くは、“スキンケア後はすぐファンデーション”という手軽さを一度体験したら、もう手放せない、と感じるようです。忙しい朝に、リキッドのように手が汚れないのも、大人気のポイント。

さらに商品によっては、仕上げのパウダーも要らない場合があり、クッションファンデ1つでベースメイクが完成します。素肌感を大事にしたいナチュラルメイク派にとっても、魅力的なコスメです。

カバー力も抜群

素肌のようなツヤ肌を作ろうとすると、どうしても犠牲になってしまうのがカバー力。薄付きでも気になる所はしっかり隠せる、というのが、多くの人がファンデに求める理想です。

クッションファンデは、リキッドと同程度のカバー力なのに、リキッドよりみずみずしく、重くなりにくいというメリットがあります。そして伸びのよいテクスチャーで、リキッドと比べてムラなく塗りやすいという特徴も。メイク初心者でも、ワザいらずで均一に仕上げられる点が、多くのユーザーに支持されています。

さらに、重ねてつけても厚塗り感が出ないところも好評。一度で隠れなかった肌の悩みには、ファンデを少量ずつつけ足していけば、きちんとカバーしつつ、自然なツヤ肌を作ることができます。

簡単にツヤ肌が手に入る

最近の流行は、一時期はやっていた陶器のようなマットメイクよりも、しっとりと透き通る素肌のような“ツヤ肌”。パウダーファンデではツヤ感が足りず、リキッドでは素肌感が出しにくい。そんな悩みを解決するのがクッションファンデです。

ほとんどの商品で専用のパフがあり、適量をつけて、肌にポンポンと乗せていきます。リキッドのように伸ばす必要はなく、タッピングしているうちに、今はやりのツヤ肌が簡単に手に入ります。

ムラがあったら、その部分をタッピング。メイク直しも容易です。この扱いやすさが、大人気の理由の1つです。

慣れるまでは適量が難しい

クッションファンデは、メイク方法は簡単でも、自分の肌に合う適量を見極めるのが難しいです。1回に使う量は少しでOK、と説明されている商品が多くなっていますが、最初はよく分からないのが実際のところです。

クッションファンデは、スポンジに染み込んだリキッド状のファンデを、パウダーファンデのように専用のパフにとります。その際、とりすぎてしまってもパウダーのようにファンデを戻すことはできません。パフに染みたファンデの量も分かりにくいため、肌につけすぎてしまうことも多々あります。

また、パフを滑らせてファンデを伸ばすのではなく、ポンポンと押し当ててメイクしていくので、やはり肌につける量が重要になってきます。厚塗りしてしまうと、ツヤ肌ではなく厚ぼったい肌になってしまう可能性が。肌質や頬の広さなどを考慮しながら、自分にとっての適量を見つけるのが、キレイな仕上がりのコツです。

メイクの持ちはいまいち

仕上がりは簡単にキレイにできるけれど、ツヤ感が長持ちしない、という声が聞かれるクッションファンデ。時間が経つと、ファンデと皮脂が混ざってテカリが出てしまったり、毛穴落ちしてしまったりして、メイクが崩れやすいというデメリットがあるようです。

さらに、薄づきな分落ちやすいのも難点のひとつです。メイク直しがしやすいのはクッションファンデの利点ですが、できればキレイなツヤ肌が長持ちしてほしいもの。自分の肌に合わせた、崩れにくくするための工夫が必要です。

基本的には不要とされる下地やパウダーですが、肌質やシーンに合わせてうまく取り入れているユーザーが多いです。崩れやすい箇所にだけ下地を塗ったり、仕上げにパウダーをはたいておいたり、一手間を加えることで、クッションファンデで作ったツヤ肌を長時間持続させることができます。

艶肌が作れると口コミの高いファンデーション

流行りの“ツヤ肌”を叶えてくれるファンデーション。高評価なものを5つ、厳選しました。

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション

ナチュラルコスメでおなじみのヴァントルテから、石けんで落とせるパウダーファンデーションです。下地なしで毛穴やくすみをカバーし、自然なツヤ感も出ると人気で、数多くの雑誌で紹介されています。保湿性のあるピュアシルク配合で、潤いが続き、崩れにくいというメリットも。

石油系界面活性剤や防腐剤など10個の無添加処方で、敏感肌にもおすすめ。とにかく肌が弱くても肌荒れしない、と評判です。ハイライトとして使用しているユーザーも。

シュウウエムラ ザ・ライトバルブUVコンパクトファンデーション

高いカバー力と自然なツヤが、専用の「ダブルサイドスポンジ」で手に入るパウダーファンデーション。ややツヤ感を抑えた、マット寄りの仕上がりが特徴です。

ダブルサイドスポンジには、ファンデを塗布する面と、仕上げに“磨き”を入れる面があり、パウダーなのに陶器のようなつるんとした肌を作れます。粉っぽくならず、ムラもできにくく、肌をキレイにみせてくれると評判です。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

「美容液ファンデーション」と銘打たれたリキッドファンデ。美容成分としてコラーゲンやヒアルロン酸を配合し、肌をケアしながらツヤ肌メイクができます。さらに日焼け止めやシミ予防の効果もあり、1つ5役の時短コスメです。

伸びがよくしっとりとしたテクスチャーなので、乾燥肌のユーザーにはかなりの高評価。肌にやさしく、長時間キレイな仕上がりが持続するとの声が多数です。

RMK ジェルクリーミィファンデーション

潤いのジェルファンデと、カバー力のクリームファンデをハイブリッドしたファンデーション。アットコスメのベストコスメアワード2014・2017で、ベストクリームファンデの第1位に選ばれています。

保湿性が高く透明感があるのに、気になる所をしっかりカバーし、色気のある大人のツヤ肌を作れます。口コミには、しっかりとしたテクスチャーで肌に密着し、赤みやニキビ跡もキレイに隠せると喜びの声が。きちんと肌を作れるのに厚塗り感はない、オールシーズン使える万能ファンデです。

ランコム タンミラクリキッド

内側から輝くような、透明感の高い“オーラ艶肌”を実現するリキッドファンデ。まるで発光しているかのように肌がワントーン明るくなる効果と、程よいツヤ感が人気の秘訣です。乾燥しにくく、潤いが長時間続きます。

オイルフリーでさらっとベタつかないテクスチャーが素肌感を演出し、でもカバー力はしっかり。さらにパラベンフリーで、肌にやさしい処方になっています。

口コミ評価の高いファンデーション

ネット上で口コミの評価が高いファンデーションを、6つピックアップ。

渡辺直美さんが愛用で注目のセフィーヌ

メイク動画で一躍注目を集め、一時期メーカー欠品になったほどの人気ぶりを誇るのが、セフィーヌの「シルクウェットパウダー」。高純度のシルクパウダーを配合しているため、肌なじみがよく、ふんわりと軽い着け心地です。そしてシルクならではの通気性・吸着性で長時間テカらず、メイク持ちに自信があります。

形と大きさがひとつひとつ違う“お花型粒子”が肌の凹凸に密着し、光を乱反射させて小じわをカバー。色ムラや毛穴も目立たなくします。口コミでは、パウダーファンデとは思えないフィット性とカバー力に、多くの高評価がみられます。

崩れにくいと高評価のエスティローダー

エスティローダーでは、ロングセラーの「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」が大好評。密着性の高いリキッドなので、スキンケアでは保湿をしっかりめにするのが、キレイに仕上げるコツです。薄付きなのにカバー力が高く、至近距離でも毛穴レスの美しい肌を作ることができます。

夏でも一日中落ちない崩れにくさを実感するには、「少量を、素早く、スポンジ使い」の3つがポイント。公式サイトに詳しいメイク方法が載っているので要チェックです。一度の使用量が少なく、メイク直しの頻度が低いため、コストパフォーマンスがよいのも高評価の理由です。

ドラッグストアなどでも手軽に手に入るマキアージュ

アットコスメの「2018年上半期ベストパウダーファンデ」にも選ばれるほど口コミ評価が高い、マキアージュの「ドラマティックパウダリー UV」。美容液水とパウダーのムースから生まれたパウダリーだから、ふわりと軽やかにフィットします。

細かい粒子がサラッと肌に乗るところがとくに人気で、ムラになりにくく、重ねてつけても素肌感が持続します。それでも毛穴やシミはしっかりカバーして、さらに崩れにくいのが高評価のポイント。光を取り込んで、自然なツヤ感と血色感を演出し、カバー力と透明感が同時に叶うファンデです。

プチプラなのにカバー力抜群のレブロン

レブロンの「カラーステイ メイクアップ」は、肌にソフトなマット感を出してくれるリキッドファンデーションです。皮脂をコントロールし、長時間テカりを抑えて潤いをキープ。皮脂崩れのしにくさから、とくにオイリー肌のユーザーに高い評価を得ています。

少し付けすぎたら厚塗り感が出てしまったという声が聞かれるほど、伸びのよさは秀逸。コストパフォーマンスも抜群です。同ラインの下地「カラーステイ UV プライマー」とセットで使うと毛穴レスになる、といった口コミから、カバー力の高さがうかがえます。

クレンジングいらずで肌に優しいオンリーミネラル

“洗顔料で落とせるコスメ”をコンセプトにする、オンリーミネラルの「ファンデーション」。ルースパウダーのような、軽くて繊細なパウダーファンデです。日焼け止めや下地いらずで、スキンケアのあとにブラシでくるくると乗せるだけで、ナチュラルな艶肌が完成すると好評です。

微粒子が皮脂を吸着し、光を拡散させて肌の凹凸をカバーするので、素肌がキレイにみえるのが人気のポイント。カラーが豊富で、それぞれツヤとマットの2タイプから選べます。SPF17・PA++ですが、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方なので、敏感肌にもおすすめです。

ランコム ブランエクスペールクッションコンパクト

口コミランキングにも何度も登場するほどの実力を持つクッションファンデ。ツヤツヤになりすぎず、ツヤ感とマット感のバランスが絶妙で、素肌が元からキレイにみえると好評です。

下地やフェイスパウダーが不要の時短メイクでも、カバー力はしっかり。トントンと叩き込むだけで美しい肌を作れるという、抜群の使いやすさが高評価を得ています。一年を通して崩れにくいという声が多く、季節を問わず使える優秀なファンデーションです。

口コミも参考に自分に合った一つを見つけて

口コミの評判がよいからといって、自分の肌にも最適な商品であるとは限りません。ただ、多くの高評価を得ているファンデーションは、大多数のユーザーの悩みや理想に応えてくれる商品であることは確かです。

口コミで話題になった商品をチェックすれば、最近の流行や企業のコンセプトを知ることができ、自分の肌の悩みに特化したファンデーションを見つける近道になります。気になる商品があったら、公式の情報と一緒に、口コミも詳しく調べてみるのがおすすめです。


関連記事