メイク・コスメ

【リップトリートメント】上手く活用しふっくらツヤツヤの唇へ

リップクリームとリップトリートメントの違いを理解し、上手く活用しましょう。リップトリートメントの選び方やリップパックのやり方まで詳しく解説します。悩みを改善し、素から綺麗で潤う唇を手に入れて自分の唇に自信を持ちましょう。

カサカサなリップをツヤツヤに変える

リップクリームというのは誰しもが耳にしたことのあるワードだと思いますが、最近ではリップトリートメントというものが増えてきています。リップトリートメントはリップクリームとは違い、保湿成分だけでなく、美容成分が含まれていることが基本です。リップトリートメントは朝晩に使うことで、唇の表面だけでなく内面から整え、リップクリームを何度も塗らないとすぐカサカサになってしまっていた唇を一日中ツヤツヤの唇へと導きます。

リップトリートメントの効果

リップトリートメントはリップクリームと違い保湿効果以外にもたくさんの効果があります。リップクリームと上手く併用することで日中のリップクリームを塗る回数を減らし、なおかつ唇への負担が減り、綺麗な唇へと導きます。

保湿以外の美容効果

リップトリートメントはリップクリームと違い、保湿成分の他に美容成分が含まれているものが多くあります。リップクリームは唇の表面の保護が一番の目的なので、唇のツヤやシワなどを改善してくれる成分は入っていないことが多いです。ですが、リップトリートメントには保護だけでなくツヤやシワを改善してくれる美容成分が入っているものがあるので、唇を内面から整えツヤのある綺麗な唇へと導いてくれます。

選べる効果で唇の悩みを解決できる

リップトリートメントにはたくさんの効果があります。また、唇にも同じだけ悩みがあると思います。例えば、リップクリームを塗っていてもすぐ乾燥してしまう、縦ジワが気になる、血色が悪い、など人によって様々な悩みがあると思います。リップトリートメントにはそれぞれの改善の目的に合わせたものを選ぶことが出来るので自分の唇の悩みに合ったリップトリートメントを選ぶことが出来ます。

夜に使ってリップパック効果

リップトリートメントは夜にリップパックをすることでその日のダメージ抑えることも出来るほかに、高い密封効果で血色がよくなりプルプルの唇を手に入れることが出来ます。唇が温まっている状態でリップパックを行うことが最適ですので、お風呂上りなどに行うようにしましょう。リップトリートメントを少し塗りすぎなぐらい唇にのせ、上からラップで保護しましょう。ラップで上から密封することで乾燥せず、効果を高くすることが出来ます。その状態で3分~10分置くとプルプル唇が出来ます。これを週に1回程度行うようにしましょう。

リップトリートメントの使い方

リップトリートメントというと少し硬い印象になってしまいますが、使い方は簡単です。上手く使って理想の唇を手に入れましょう。

リップクリームの代わりに使う

リップトリートメントは美容液が基本と記載しましたが、唇の保護作用ももちろんありますので、リップクリームの代わりに使うことも出来ます。リップクリームを日中、何度も塗り直していると唇が常に水分が足りていると判断し、保湿力が低下してしまいます。

また、何度も塗り直す動作の反動で唇に摩擦がおき、逆に痛めてしまいます。リップクリームの使用頻度は1日5回が目安です。そのためにも、自宅でのケアをきちんと行うことが重要です。

リップメイクをしながら日中ケア

最近では、色つきリップやUVカットの効果のあるものが増えてきています。職場などで口紅などが使えない人には色つきリップを使うと派手すぎず血色のいい唇になります。また、唇も日焼けしますのでUVケアの効果のあるものを使えば、ダメージを抑えることが出来ます。

口紅などは保湿力の低いものやUV効果のないものもありますので、お休みの日などは口紅を塗る前に保湿兼下地としてリップトリートメントを塗ることも効果的です。

リップの香りでリラックス

色つきリップやUV効果のあるものの他に、香りがついているものもあります。香りつきリップを塗布することで、鼻に近いので香りやすくリラックス効果があります。

忙しいお仕事の休憩の合間や寝る前などのリラックスしたいときなどに、自分の好きな香りのリップを塗ってみましょう。そうすることで、唇のケアと共に心も癒されます。

リップトリートメントの選び方

ドラッグストアなどでたくさんの種類があるリップトリートメントですが、大事な部分を押さえることで自分に合ったリップトリートメントを選ぶことが出来ます。

配合成分に注目

まずは、配合されている成分に注目してみましょう。裏面に記載されているところを見ると詳しく分かるのですが、ややこしいですよね。そこで、表面にもはっきりと言葉でかいてない場合もありますが、バラの絵が書いてあったり、ハチミツの絵が書いてあることがあります。

これらは、バラの成分やハチミツ成分が含まれていることが多く、保湿力が高かったりヒアルロン酸などが含まれていてぷっくりとツヤのある唇へと導いてくれます。

使い心地の好みに合わせて選ぶ

リップトリートメントにはスティックタイプだけでなく、指などで塗るクリームタイプやジェルタイプなどがあります。これらはスティックのものよりも滑らかで唇へのフィット感もあるので乾燥などの酷い人にはおすすめです。

他にもコラーゲンなどの成分が多く含まれ保湿に特化したものや薬用などのものもあります。スティックタイプやクリームタイプなどの使い心地は人それぞれなので、自分に合ったものを探しましょう。

使いたいシーンを考える

リップトリートメントを選ぶときに、自分にとって一番重要なことを決めておきましょう。寝る前にリップパックや保湿のために使うのか。仕事などのあまり派手なものが使えないが血色を良くしたいときなどに使うのか、など使うシーンを良く考えてそのときに一番合う効能のものを選びましょう。

最近では、ブランドのリップなどにも保湿成分の含まれているものなども増えています。デートのときなど、特別なときに使うものなどは少し高価なものを一つ持っておくのもいいと思います。

おすすめのリップトリートメント

これから紹介するリップトリートメントはドラッグストアなどで簡単に買うことができ、日中や夜間でも使えるものやプチプラで使いやすいもの、保湿効果が高く長時間潤うものなどを基準に紹介させて頂きます。

Borica リッププランパー

Boricaは潤い・ハリ・カラーをコントロールすることで血色感のある女性らしい魅力的な唇を叶えます。乳酸菌を使い、高い保湿力から唇のバリア機能を整え、高い保水力やヒアルロン酸と共に美容成分を唇の奥深くまで届けることで集中的にうるおいケアが出来ます。

保湿力や保水力が高いBoricaのリップですが、ベタつかず唇にフィットすることでハリにアプローチし、気になる縦ジワなどにも効果があります。UV効果も充分にあるので日中はもちろん夜間の使用も可能です。

マキアージュ ドラマティックリップトリートメント

美容オイルがたっぷり配合されたこのリップトリートメントはつけるたびに美容オイルに包まれ、荒れる唇をふっくらとした柔らかな唇に整えます。

24時間使うことの出来るこのリップは乾燥をケアしながら潤いを与え、美容オイルで長時間の間、唇をラッピングします。また、マッサージするようにリップを塗ることでほんのり艶やかな唇へと導きます。

フローフシ リップトリートメント

38℃という温度にこだわっているフローフシのリップは内側からほんのり上気したかのような血色感を出すことでふっくら明るく仕上がります。人間本来のもつ潤う力を引き出すことで食事などでリップが取れたあとも潤い続ける唇へと育みます。

表皮の薄い唇はターンオーバーも早く、約1週間で表皮は生まれ変わります。フローフシのリップを日中だけでなく夜間も塗ることで7日後にはかさつきやくすみ、縦ジワのないふっくら明るい唇に仕上がります。

リップトリートメントでリップに自信

リップクリームは塗りすぎてしまうと、逆に唇を傷つけてしまい本来の唇の機能を失ってしまいます。また、かさつきや縦ジワなどはリップクリームを塗るだけではなかなか改善されません。なので、リップトリートメントを上手く活用するようにしましょう。

そうすることで、日中に塗るリップクリームの回数も減ることで唇への負担もなくなります。また人間本来のもつ潤う力が改善されることで素から血色のいい潤った唇へ育むことが出来ます。

綺麗な唇は魅力的であり、自身に繋がります。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール