• HOME
  • 恋愛
  • もしかして重たい女になっていない?男性に依存する女の特徴をチェックして重たい女にならないようにしよう!
恋愛

もしかして重たい女になっていない?男性に依存する女の特徴をチェックして重たい女にならないようにしよう!

恋愛って本当なら楽しいはずなのに、少しでも連絡がこないとイライラしたり、不安になったり…もしかしたら、それって彼氏に依存していませんか?ここでは、彼氏に依存する女の特徴と克服方法を紹介しているので、気になる人はチェックしてみましょう。

彼氏に依存しすぎる女の特徴をチェック!

① なんでも彼氏が最優先である

彼氏ができるとすごく嬉しいですよね。とくに初めて彼氏ができた時や彼氏ができて間もない頃は毎日彼氏に会いたくて会いたくて…という気持ちになるでしょう。しかし、これがいつまでも続いてしまい、友達との約束をドタキャンしてまで彼氏を優先させるのはどうでしょうか。

例えば、だいぶ前から友達と××に行く約束をしていたのに、後から彼氏が急に暇になってその日が空いてないか聞いてきた時、友達との約束をキャンセルして彼氏との約束を優先させたとします。

これが何度も続いたり、彼氏の言動でいちいち一喜一憂している姿を見るとこっちまで気分が悪くなります。

② 自分のことなのに自分で決めることができない

例えば、二人の今後のことや仕事のこと、友達とのことなど大事なことを彼氏に相談するなら分かりますが、どうでも良い内容までいちいち彼氏に聞く人っていますよね。欲しい洋服や何色が良いか、今日のバッグがこれで良いか、などなど「そこまで聞くの?」っていった内容まで彼氏に相談する人は彼氏への依存度が高すぎます。

何でも彼氏がいないと自分で決められない人と思われて、彼氏からすると重たい女です。

③ とにかく連絡が多い

彼氏のことが心配なのは分かりますが、逐一連絡する女性っていますよね。「今、帰ってきたよ」「今から行ってくるね」「今、休憩中だよ」「今、お昼ごはんを食べているよ」などなど、正直返信のしようが内容のLINEを送られてきても困ることも多いです。

また、ちょっと連絡が遅くなっただけで新しいメッセージをどんどん送ってしまうと、彼氏からしたら「仕事で返せなかっただけなのに…」とウンザリされてしまいます。間隔を開けることなく電話したり、メールをする人は恋愛依存の傾向にあると言えるでしょう。

④ いつでも一緒に居たがる

付き合い始めはいつでも一緒に居たいのは当然です。しかし、彼氏とずっと一緒に居たいあまりに彼氏が友達と遊びに行くのに毎回付いていくのはどうでしょう。彼とひと時も離れたくないのかもしれませんが、彼氏の方はたまには友達とゆっくり遊びたいと思っているかもしれません。

ちょっとした空き時間にでも会おうとしたり、彼氏のスケジュールを聞いてそれに合わせて自分の行動を決めている人は正直、重たい女ですよ。会えない間が空いを育てるというように自分の時間を作るようにしましょう。

⑤ 彼氏の好みにすぐ合わせる

彼氏が変わる度に服装やバッグが変わるっていう人はいませんか。彼氏がカジュアル系が好きと言えばカジュアルな服装にしたり、コンサバ系のできる女風が好きと言えばそれに合わせてきたり…彼氏に嫌われたくないという気持ちは分かりますが、それでは個性を殺してしまっていますよね。

自分というものが全くなく、彼氏に合わせてばかりでお金もなくなるし、後々きつくなってくるかもしれないし、別れた後に無理をしていた自分に気付くかもしれません。

⑥ 頭の中は常に彼氏のことでいっぱい

起きている間、彼氏のことばかり考えている人はかなり男性に依存気味です。1日中頭から彼氏のことが離れなくて、常にスマホをチェックし、LINEをしたり、電話したり…友達との約束もすっぽかしてしまうくらい周りが見えず、彼氏とばかりデートしている人は友達を無くしてしまうかもしれません。

彼氏といつでもデートができるように、いつでも暇なことをアピールしたり、スケジュールを組み立てる時まず、彼氏が優先になっていませんか。彼氏のことが最優先の人は彼氏に依存気味かもしれません。

⑦ 彼に嫌われたらどうしようと常に不安

ちょっとでもLINEの返信が遅いと「どうしたのかな?」「嫌われてしまったのかな?」と不安になる人は彼氏への依存度が高いです。返信が来ないのが気になって、気になって仕事が手に付かなくなってしまったり、元カノの話を聞くとその相手を傷つけたくなってしまったり、彼氏に嫌われたくないあまりに言われるがまま言う事を聞いてしまったり…

自分が自分でいられなくなってしまったら、それは楽しい恋愛でないですよね。嫌われたらどうしようと思っている人は自分に自信がない人が多いです。ですので、まずは自分に自信を付けて下さい。そして、彼に嫌われたらどうしよう…ではなく、今の自分を好きになってもらう努力をしましょう。

⑧ 尽くすのが好きである

世話好きな女性は彼氏に依存してしまう人が多いです。なぜなら、あれもしてあげたい、これもしてあげたいという欲がどうしても出てきてしまうので彼氏のことばっかり考えてしまいますよね。そして、彼氏が居心地よく過ごせるように何でも彼氏の言う通りに「はい、はい」と聞いてしまいがちです。

尽くす女性はとっても魅力的なのですが、それが度を超えてしまうと彼氏に依存してしまう傾向にあります。適度という言葉を忘れず、お付き合いするようにしましょう。

⑨ できれば連絡は毎日欲しい

彼氏と毎日話したい、メールしたい、会いたい!と思っている人は彼氏に依存気味です。男性はマメじゃない人が多いし、連絡がとれないくらい仕事が忙しい人も多いです。中には、出張で海外に行って1か月間、連絡が取れないという人もいたりします。

それなのに、相手の気持ちや状況を組まず、自分発信でどんどん電話をしたり、LINEしたりするとどうでしょう。ちょっと引かれてしまうかもしれません。もちろん、お互いが連絡を毎日取り合っていたいと思うのであれば成立するかもしれませんが、そうではない場合、本当に重要な用件だけを伝えるようにしましょう。

⑩ 束縛が激しい

束縛されるのが好きな人は良いかもしれませんが、いちいちスケジュールを聞いてきたり、メールを送るように言われたり、飲み会に行ったらダメ!など今までやってきた行動に制限をかけられたりすると、彼氏としてはウンザリしてしまうかもしれません。

束縛する人は基本的に自分に自信がない人が多いです。そして、相手のことを心の底から信用できていません。少し束縛気味だなと思う人は相手の事をもう少し思いやれるようになって下さい。

どうすれば彼氏への依存を止められるのか

それでは、どうすれば彼氏への依存を止めることができるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

① 友達と遊ぶ

まず、彼氏ができても今まで通り友達と遊ぶようにして下さい。彼氏以外との交友関係はとても大事です。いろんな話をすることができるし、視野も広がります。そうすれば、「今、彼氏って何をしているのかな?」と不安になることも少ないです。

また、たまには彼氏の愚痴を聞いてもらったりしてスッキリするのも良いでしょう。女性って人と話をするだけでスッキリすることって多いですからね。

② 趣味を見つける

趣味がない人は、趣味を見つけたり、新しい習い事をするようにしましょう。とにかく、彼氏に会えなくても楽しい時間が過ごせるようにすることが大事です。習いごとをしている間や趣味をしている時って集中するので彼氏からの連絡も気にならなくなりますよね。

また、普段運動する習慣のない人はジムに通ったり、ヨガ教室に行くことで自分磨きをするのも良いでしょう。ダイエット効果はもちろんですが、運動することで幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが増え、ポジティブになると言われています。是非、会えない間に趣味を見つけて充実した時間を過ごしましょう。

彼氏に依存するのを止めて楽しく恋愛をしよう!

さて、彼氏に依存する女の特徴や依存を止める方法について見てきましたが、いかがだったでしょうか。一つでも当てはまるなと思った人はそれがエスカレートしないように注意する必要があります。

恋人ができても友達と遊んだり、趣味を楽しんだり、彼氏がいなくても楽しめる時間を確保するようにして下さいね。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール