おでかけ

深大寺は見所がいっぱいって本当?!深大寺周辺の散策スポットをまとめてみました!

深大寺は都心から車で1時間くらいで行ける観光スポットです。ゲゲゲの女房のロケ地としても勇名になった深大寺には江戸時代の歴史を感じられるレトロな場所がたくさんあります。そんな深大寺の魅力についてここでは紹介していきたいと思います。

散策の穴場スポット【深大寺】

深大寺は調布にあるお寺で観光スポットとしても有名です。とくにNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」が放送されてからは訪れる観光客も増え、ロケ地巡りをする人も多いそうですよ。深大寺周辺は湧き水が多く、深大寺そばも有名でお寺の周辺には20件以上のそば屋さんもあります。

都心から車で1時間ほどで行けるのも小旅行として最適ですよね。そこで、ここでは深大寺の魅力はもちろん、周辺の散策スポット、おすすめのおそば屋さんなどを紹介していきたいと思います。都会の喧騒から少し離れたいと思っている人にとってもおすすめですよ。

出典:LITORA編集部

深大寺の魅力とは

深大寺は縁結びのお寺としても有名で、パワースポットです。深大寺というのは水神の「深沙大王(じんじゃだいおう)」に由来しており、733年に開山されたお寺です。このお寺の境内ではNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」のロケが数回にわたって行われたことでも有名です。

出典:LITORA編集部

本堂に行く前に山門があるのですが、1695年に建てられたもので深大寺の中で一番古い建物となっています。茅葺屋根になっていて市指定有形文化財となっています。山門周辺はレトロな雰囲気が満載で、まるで江戸時代にいるかのような気分にさせられますよ。

出典:LITORA編集部

山門をくぐるとすぐ目の前に本堂があるのですが、幕末に火災が起こり消失してしまったため、今の本堂は1919年に再建築されたものです。大屋根に関しては2003年に大改修されたています。本堂はとても大きく風格があり、左手前にはなんじゃもんじゃの木があります。5月の頭には真っ白な花が咲いて見頃です。

出典:LITORA編集部

参拝が終わったら本堂の横にある五大尊池でゆっくりと鯉などを眺めながら風景を楽しむと良いでしょう。とっても風情があって写真スポットにもなっています。それから慈恵大師(元三大師)像が安置されている元三大師堂へ行きましょう。

出典:LITORA編集部

新築された部分もありますが、正面は江戸時代に再建されたまま残っているので歴史を感じることができますよ。そして、弥勒菩薩千手観音を安置されている「開山堂」へ行くと良いです。1983年に新築されましたが、中は奈良時代の様式となっています。

出典:LITORA編集部

そして、本堂に戻ると東門の近くに鐘楼があります。1954年に建造されたものです。それから東門を出て左手に歩いていくと不動王があります。とても静かな場所で風情があり、東京都の名湧水57選にも選ばれた不動の滝があります。明治時代から使われていた湧水となっています。

出典:LITORA編集部

   

深大寺
住所:東京都調布市深大寺元町5-15-1
営業時間:秋分~春分前日 5:30ごろ~ 18:00ごろ
電話番号:042-486-5511
詳細はこちら/

深大寺に来たなら必ず立ち寄りたい「鬼太郎茶屋」とは

出典:LITORA編集部

ゲゲゲの女房を見ていた人なら必ず立ち寄って欲しいのが鬼太郎茶屋。深大寺は水木しげるにゆかりのある土地で、この鬼太郎茶屋には妖怪にちなんだ甘味や妖怪グッズなどが販売されており、2階にはみずきしげるギャラリーもあります。ちょっと散策に疲れた時なんかに休憩スポットとしておすすめです。

出典:LITORA編集部

そんな鬼太郎茶屋のおすすめメニューですが、夏場はやはりかき氷ではないでしょうか。妖怪抹茶かき氷は、目玉のおやじが乗っていて遊び心満載ですよ。口どけの良いふわっとした食感の氷なのでペロっと完食することができます。

出典:食べログ

また、目玉おやじの栗ぜんざいにも目玉餅が付いていますよ。サラッと食べられるさっぱりしたぜんざいです。妖怪グッズもバラマキ用に便利な妖怪キャンディや目玉餅などオリジナルグッズがたくさんあります。

出典:食べログ

2階のギャラリーには妖怪のフィギュアなどが展示されており、押し入れや障子にも妖怪が隠れているので見所たっぷりですよ。お店の中はもちろん、正面や庭にもフォトスポットがたくさんあるので店員さんに写真をお願いしてみてはいかがでしょうか。

出典:LITORA編集部

鬼太郎茶屋
住所:東京都調布市深大寺元町5-12-8
電話番号:042-482-4059
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日
詳細はこちら

深大寺はおそばが有名!おすすめのそば屋さんを紹介!

雀のお宿

出典:LITORA編集部

深大寺周辺にはおそば屋さんが20件以上立ち並んでいます。深大寺そばが名物で、おそば激戦区と言っても過言ではありません。そんなおそば屋さんの中でまず、紹介したいお店が雀のお宿。山門から歩いて1分くらいの場所にあるおそば屋さんですが、とっても広くて風情のあるおそば屋さんですよ。

出典:LITORA編集部

縁側の席では竹林を見ながら食事を楽しむことができ、自然がいっぱいです。もちろん、店内にも席はありますが、おすすめはダントツ縁側の席でしょう。スタンダードなおそばはもちろん、天ざるそばやカレーそばなどもランチにおすすめです。

出典:LITORA編集部

雀のお宿
住所: 東京都調布市深大寺元町 5-15-2
電話番号:042-486-1188
営業時間: 【平日】11:00~17:00 【土日祝】11:00~18:00
定休日:年中無休
詳細はこちら

湧水(ゆうすい)

出典:食べログ

深大寺から歩いて5分ぐらいの場所にある湧水は、広い駐車場が完備されていてとても人気のあるおそば屋さんの一つです。1階はテーブル席とお座敷で、2階は広いお座敷になっています。

出典:食べログ

出典:食べログ

オススメのメニューは湧水もりそば750円で、材料にこだわった完全無農薬の9割そばとなっています。深大寺の湧水で締めたおそばは、コシがあって喉越しもスッキリしています。また、湧水オリジナルのデザートでそば羊羹があるのですが、そば湯をベースにしており、弾力があって上品な味です。甘さも控えめで湧水に行ったら是非食べて欲しいデザートです。

出典:食べログ

出典:食べログ

湧水
住所:東京都調布市深大寺元町5-9-1
電話番号:042-498-1323
営業時間:10:30-17:00(延長もあり)
定休日:毎週木曜日
詳細はこちら

都立神代植物公園でマイナスイオンをチャージしよう!

出典:LITORA編集部

神代植物公園は、昭和36年に都内唯一の植物公園としてオープンしました。園内には4800種類の植物が約10万本も植えられており、四季折々の花々を楽しむことができます。

春から初夏の時期である5月は1年の中でもとくに華やかな時期でたくさんのキレイな植物を楽しむことができますよ。

出典:LITORA編集部

都立神代植物公園
住所:東京都調布市深大寺元町二・五丁目、深大寺北町一・二丁目、深大寺南町四・五丁目
電話番号:042-483-2300
営業時間:9:30~17:00
休園日:毎週月曜日 / 年末年始
入園料:一般・大人500円
65歳以上250円
中学生200円(都内在住・在学の中学生は無料)
小学生以下無料
詳細はこちら

深大寺散策で疲れたら天然温泉「湯守の里」に行ってみよう

出典:食べログ

深大寺散策を楽しんだ後は天然温泉で1日の疲れを癒してはいかがでしょうか。そこで、おすすめなのが湯守の里。ここの温泉は温泉の塩分濃度が高く、温泉に入っている時の体の負担が少ないことで有名です。

源泉かけ流しの温泉で漆黒の黒湯に入った後はお肌がツルツルになりますよ。昼は緑を楽しみながら露天風呂に浸かるのも良し、夜は星空を見ながらゆっくり温泉を楽しむと良いでしょう。また、女性が大好きな岩盤浴もありますよ。

レストランもあるので、温泉に浸かった後は美味しいご飯を楽しむのも良いですね。

出典:食べログ

深大寺天然温泉 湯守の里
住所:東京都調布市深大寺元町2-12-2
電話番号:042-499-7777
営業時間:10:00~22:00
休館日:年中無休
料金:一般大人1200円 / 幼児・小学生700円 / その他料金プランあり
詳細はこちら

【まとめ】深大寺周辺を1日散策してみよう!

さて、深大寺の散策スポットや周辺のおすすめのおそば屋さんなど紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ちょっとリラックスしたい時なんかにとってもおすすめのスポットです。深大寺がパワースポットとして有名なので、マイナスイオンのパワーをしっかり浴びることもできますよ。

日々の疲れを癒したい時、都会の喧騒を忘れたい時など深大寺でゆっくり、まったり過ごしてみてはいかがでしょうか。


関連記事