スキンケア

【日焼け止めのおすすめ7選】正しく選び賢く使い分けて美肌をキープ

チークやアイシャドウにたくさんの種類があるように、日焼け止めにもたくさんの種類があります。しかし、種類が多すぎて、何を選べばよいのかわからない人も多いのでは?日焼け止めの基礎知識を知って、自分に合う日焼け止めを見つけましょう。

肌の老化の原因となる紫外線、正しく防げていますか

紫外線が肌の老化の原因になるということは、女性なら誰しも耳にしたことがあるのではないでしょうか?ご存じのとおり、紫外線は肌荒れやシミ、シワ、たるみなど、肌にさまざまなマイナスの影響を与えます。

肌にさまざまなマイナスの影響を与える紫外線ですが、残念なことに、毎日外を歩いているだけでも浴びてしまうのです。もしかしたら、自分は毎日日焼け止めを塗っているから、大丈夫だと思っていませんか?

しかし、本当にその日焼け止めで、紫外線を防げているのでしょうか?紫外線の影響による肌の老化を防ぐためには、毎日の正しい予防がとても重要になります。

日焼け止めの基礎知識

SPFとPAとは

日焼け止めを選ぶときによく見かける「SPF」と「PA」ですが、どんな意味があるかご存じでしょうか。実は、このSPFとPAというのが、日焼け止めを選ぶときの大きなポイントのひとつなのです。

SPFとは、サンプロテクションファクターのことで、主に波長の短いUVB(紫外線B波)を、ブロックする効果を表す目安の値です。この数字が大きいほど、効果は高くなります。UVB(紫外線B波)は、肌表面が赤くなる炎症を引き起こし、肌の深い層で過剰なメラニン色素を作ります。それがやがて色素沈着となり、皮膚がんやシミの原因になってしまうのです。

PAとは、プロテクションオブUVAのことで、主に波長の長いUVA(紫外線A波)を、ブロックする効果を表す値です。こちらは、+、++、+++など、+が多いほど効果は高くなります。UVA(紫外線A波)は、肌の奥深くまで届き、肌内部に活性酸素を作り出します。するとDNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンを破壊してしまい、シワやタルミなどの原因になってしまいます。

日焼け止めの種類

一概に日焼け止めといっても、種類はたくさんあります。リキッドタイプ、パウダータイプ、スプレータイプ、シートタイプなど、思いつくだけでもいろいろな種類がありますね。

一番メジャーなリキッドタイプは保湿力が高く、しっかり塗れて落ちにくいことが特徴で、化粧下地として使えるものも多くあります。パウダータイプは、メイクの仕上げに乗せるだけなので、塗るタイプが苦手な人におすすめです。また、肌に優しく落としやすいため、敏感肌の人でも使えるものが多くあります。

また、スプレータイプは、塗りにくい場所にもシュッと吹きかけるだけなので、手を汚さずに使えて、広範囲に塗りたい場合に効果的です。シートタイプは、外出先での塗り直しが手軽にできて便利ですし、白浮きやべたつきがないことが特徴です。

それぞれのタイプにメリットがあるので、メリットを知ったうえで、自分に合うものを選びましょう。目的に合わせて、最適なタイプを使用するなどして、シーン別に使い分けることも、とても効果的です。

日焼け止めの選び方

使用部位を確認する

日焼け止めを塗るといっても、使用する部位はさまざまなのではないでしょうか?通勤時に、顔を日焼けしたくないので顔に塗りたい、海に行って腕や足など広範囲に塗りたいなど、行く場所やシーンによって、日焼け止めを使いたい部位は違ってくるはずです。

したがって、やみくもに日焼け止めを買うのではなく、どの部位に使いたいのかを一度確認してみましょう。顔、手足、背中など、どの部位に使いたいかで、日焼け止めの選び方が変わってくるはずです。

どの部分に日焼け止めを使いたいのか、使用する部位がしっかりと確認できたら、その部位に合う日焼け止めを選び、効率よく紫外線を予防しましょう。

目的に合わせたSPFとPAの値のものを選ぶ

使いたい部位だけでなく、目的も考えてみましょう。目的に合わせた日焼け止めを使わなければ、紫外線は正しく予防できません。せっかくの日焼け止めも、まったく意味のないものになってしまいます。

たとえば、ベランダで洗濯物を干す、ちょっとコンビニに買い物に行く程度であれば、SPF値もPA値も低いもので十分です。ベランダで洗濯物を干すときは、長時間にわたって紫外線を浴びるわけではないので、あまり強いものでなくても十分なのです。

しかし、海へ遊びに行くときに、同じようなSPFもPAも低いものを使ったらどうなるでしょうか。たちまち肌は、大ダメージを受けてしまいます。海に遊びに行くということは、長時間にわたって紫外線を浴びるわけですから、効果の高い日焼け止めを使う必要があります。

このように、日焼け止めを目的やシーンによって使い分けることも大切です。せっかくの日焼け止めを意味のないものにしてしまわないように、本当に自分の目的に合った日焼け止めなのか、この日焼け止めで大丈夫なのか、しっかりと確認したうえで日焼け止めを選びましょう。

敏感肌の人は肌への刺激が少ないものを選ぶ

日焼け止めは、紫外線対策をするうえでとても役立つものですが、一方で敏感肌の人にとっては、肌荒れを引き起こす原因にもなってしまいます。しかし、紫外線は肌の老化の原因になってしまうので、日焼け止めをしないわけにはいきません。

敏感肌の人は、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤が原因で、肌荒れを起こしてしまいます。それを防ぐためには、紫外線吸収剤不使用を意味する、ケミカルフリーの日焼け止めを選ぶようにしましょう。ケミカルフリーの日焼け止めを使うことで、肌荒れを防ぎながら紫外線対策ができます。

また、パウダータイプの日焼け止めは、肌に直接クリームを塗らないので、肌への刺激が少なくて済みます。そして、つけていることを忘れてしまうような、軽い仕上がりになります。さらに、塗ったあとのべたつきや、肌が重くなるなどの不快感を感じにくいところもおすすめです。

市販で購入できる人気のあるおすすめの日焼け止め3つ

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

過酷な紫外線にも負けないSPF50+ PA++++の高い効果があるので、絶対に日焼けしたくない人におすすめです。炎天下に長時間いる場合や、海やプールに行くときなどに、とても効果のある日焼け止めです。

80分に渡る水浴テストで、耐水性を確認済みのウォータープループタイプで、汗や水に強いだけではなく、汗・水に触れるとパワーアップする、革新的なアクアブースター技術を搭載しています。

また、バラ果実エキスやヒアルロン酸など、こだわり抜いた美肌エッセンスを配合しているので、紫外線対策をしながらスキンケアもでき、今はもちろんのこと、未来の美肌まで守ってくれます。

ニベア ニベアサン クリームケアUVクリーム

ニベアサン クリームケア UVクリーム

ニベアサン クリームケア UVクリーム

711円(09/15 19:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

SPF50+/PA++++の高い効果で、強力な紫外線をカットしてくれます。しっとりと肌にフィットして長続きし、べたつかない高保湿の日焼け止めクリームです。

強い効果がありながらも、ニベアクリームにも配合されている保湿成分のホホバオイル、スクワランに加えて、高保水型ヒアルロン酸が配合されているので、肌にも優しい日焼け止めです。

また、光拡散パウダー配合で、毛穴や肌の凹凸をなめらかに整えてくれます。白浮きせず、ムラなく均等に塗れるので、化粧下地としても使用できます。

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+

ビオレUVアクアリッチウォータリー エッセンスタイプ

ビオレUVアクアリッチウォータリー エッセンスタイプ

698円(09/15 03:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

強力な紫外線から、SPF50+/PA++++という強い効果で肌を守り、シミやそばかすを防ぎます。スーパーウォータープループタイプで、汗や水に強く落ちにくい日焼け止めです。

UVカット成分を含んだベールが、しっかり肌にとどまります。スーパーウォータープループタイプですが、いつもの洗顔料、ボディソープで簡単に落とせることも魅力のひとつです。

光ベール効果で明るい美肌に見せてくれ、肌にもなめらかに密着します。また、プルプルのウォーターカプセルが配合されているので、するすると伸びのよい使い心地です。

特徴やシーン別でおすすめの日焼け止め4つ

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

レジャーや旅行におすすめのアネッサのパーフェクトUVアクアブースター。レジャーや旅行の際は、屋外にいることが多くなってしまうので、効果が高いものを選びましょう。

SPF50+・PA++++という高い紫外線対策効果があるので、屋外に長い時間いる場合や、アウトドア、海、プールなどでも、日焼けを気にすることなく楽しめます。

また、高い紫外線対策効果がありながらも、さらさらとした使用感で、塗っていることを忘れてしまうほど。ごしごし洗わなくてもするりと落とせる、肌に優しい使い心地になっています。

dプログラムアレルバリア エッセンス

dプログラムアレルバリア エッセンスは、アレルバリアテクノロジー搭載で、花粉やちり、ほこりなど、気になる微粒子から肌を守ってくれます。また厚塗り感がなく、着け心地も良く軽い仕上がりになります。

紫外線吸収剤不使用、パラベンフリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、鉱物油フリー、無香料、無着色で、日焼け止めで肌が荒れてしまうデリケートな肌の人におすすめです。

BB効果で、赤みやくすみも自然にカバーし、ファンデーションのつきを良くする、化粧下地効果もある日焼け止めです。

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

トゥヴェール ミネラルサンスクリーンは、高品質の天然ミネラルと、美容液成分でできた日焼け止めパウダーです。つけていることを忘れてしまうような軽い着け心地で、普段使いにおすすめです。

SPF50 PA++++と強い効果がありながらも、肌へ優しさを優先した、スキンケア発想でできています。紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方なので、安心して使用できます。

また、パウダータイプによくある乾燥感を軽減するため、セラミドやヒアルロン酸など、保湿成分を贅沢に配合し、メイク中でも肌をスキンケアしてくれます。

キャンメイク マーメイド スキンジェルUV

キャンメイク マーメイドスキンジェルUV 01 40g

キャンメイク マーメイドスキンジェルUV 01 40g

756円(09/15 19:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

SPF50+・PA++++の高い効果で、強力な紫外線から肌を守ってくれます。肌に伸ばすとパシャッとはじける水感ジェルで、着け心地は爽快。みずみずしく軽く仕上がります。

洗顔後はこれ1本で、スキンケア・保湿下地・紫外線対策として使用できます。また、美容液成分が85%以上配合されていて、スキンケア効果で肌にうるおいを与えてくれます。価格も、ほかのものに比べて安価なので、使う頻度が高い人や、リーズナブルな価格にこだわりたい人におすすめです。

日焼け止めの正しい使い方

いくら自分の目的に合った日焼け止めを選んでも、正しい使い方をしなければ、せっかくの日焼け止めも意味のないものになってしまいます。

目安として、液状タイプの日焼け止めの場合は、500円玉1個分の量を塗るようにします。量が少ないと日焼け止めの十分な効果が得られなくなってしまいます。塗るときには、指全体を使って広げて塗るようにしましょう。

また、汗をかいたりすると、せっかくの日焼け止めが落ちてしまい、効果がなくなってしまいます。よって、2~3時間置きに塗り直すように心がけ、しっかりと紫外線を予防しましょう。

日焼け止めを賢く使って魅力的な肌を維持しましょう

紫外線は、美肌の大敵ともいえますが、日焼け止めは、そんな紫外線から女性の肌を守ってくれる心強いアイテムです。知らず識らずのうちに、紫外線は浴びてしまっているものです。日焼け止めを、目的やシーンに合わせて賢く使い分けて、魅力的な肌を維持していきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール