ダイエット

短期ダイエットを成功させよう。健康的に続ける方法と食事制限

短期間ダイエットに必要なのは、ダイエットのときに起こっている体の仕組みと、それを利用した運動や食事制限です。途中で挫折しないためにも正しいダイエットの知識を得て、効果を実感することで達成感を得ながら短期集中ダイエットに取り組みましょう。

短期ダイエットの基本と応用方法を紹介します

ダイエットは、女性なら一度はチャレンジしたことがある人がほとんどでしよう。成功してもリバウンドしたり、なかなか成果が出なくて途中で断念してしまうことも多いダイエット。

ここでは、失敗しない短期ダイエットの基本的知識と、短期ダイエットを効果的に成功させる応用について学んでいきます。さらには短期的ダイエットを成功したあとの「リバウンドしないために必要なことは何か」を解説します。ファッションやアウトドア、海水浴など楽しく過ごせる身体を手に入れましょう。

短期間ダイエットに食事制限は必須

まず、ダイエットを短期間で成功させるためには、不健康にならないようにしながら食べる量や質を変えることが第一歩となります。人にはそれぞれ、「1日の摂取カロリー(基礎代謝量)」が必要で、それは人によって、また年齢により違っていることを知っておかねばなりません。

維持するために必要なカロリーを摂取しないと、身体に蓄えていたエネルギー源を使い生命維持を優先させるという具合です。私たちの身体は、本能的にエネルギーを消費しつつ、万が一の為にエネルギー源が無くなっても生命維持のため、多めに摂取したカロリーを脂肪に変えて蓄えているのです。つまり、痩せるためには摂取カロリーを減らすことが、最も近道になるともいえます。

まずは1食の量を減らすことから始めよう

健康的にボディラインを崩さないように、「必要な栄養素は摂取して脂肪を燃焼していく食生活と筋トレや有酸素運動との組み合わせが必要」という考えが主流です。まず摂取カロリーを減らす方法は、一食減らすことが手っ取り早いでしょう。

しかし、お腹が空きすぎると次の食事の際に、反動で普段より多く食べてしまいがちになることがほとんどです。また、食べることがそもそも好きな方には、精神的にストレスを感じることもありますのでその反動でカロリーオーバーした食事になってしまうこともあり得ます。

こんな方にも勧められるのが【一食置き換えダイエット】です。ローカロリーで食物繊維やプロテインを含むものなどが満腹感というよりは空腹感は抑えられるので食べられないストレスが軽減できます。食事を摂る際には栄養のバランスに気を配り、野菜から食べることで糖質の吸収を抑えられる効果がある、といわれています。

よく噛んで食べるのがおすすめ

仕事をしていると、ランチを同僚や上司と一緒に摂ることもありますが、自分がもともとゆっくり食べる習慣があっても、相手のペースで食べ終えなければならないと思っているうちに、同席している方よりも早く食べ終えるような早食い状態になってしまいがちです。

早食いに良いことは何もありません。その理由は、野菜から先によく噛んで食べることでより満腹感を得られるからです。もし時間がかかり、同席している人を待たせたくないと考えるならば、料理が余ってもやむを得ないと考えるようにしても良いでしょう。

食事は1食200~500kcal

一般的な成人女性の一日に必要な基礎代謝量、つまり摂取カロリーは、12歳から14歳の1,340kcalをピークに、歳を取るごとに減少していきます。30代から50代にかけておおよそ1,200kcalとなっています。この基礎代謝量のいわれる摂取カロリーは何もしなくても生命維持に必要なものです。

単純に考えると1日の摂取カロリーを1,200kcal以下に抑えれば、自然と痩せていくことになります。つまり、一食あたりの摂取カロリーを200kcalから最大でも500kcalに抑えて、一食を置き換えダイエット商品で済ませてしまうと何もしなくてもずっと続けていれば、痩せていくと考えられます。

摂取カロリーは少なすぎてもよくありません。バランスよく栄養素を摂取する必要がありますので、その管理が重要です。自分は朝起きてから何カロリーを摂取しているのか、夜には何カロリーまで摂取できるのか一目で分かるダイエットアプリを活用すると便利です。

体に必要な栄養素はしっかり摂取する

短期ダイエットで頑張って食事を制限する際も、体に必要な栄養素を摂取しないとバストだけ痩せてきたり。自分の思うように痩せられない場合もあります。また、骨折しやすくなったり、体調が悪く元気が出ない状態では、ダイエットが成功したとしても全く楽しめない状態になってしまいます。

人によってダイエットの効果はすぐ出てくる場合もあれば、体重は変化が少なくても数日後にはしっかり体重が落ちることもあります。いずれの場合でも、体重を減らしていくためにも必要な栄養素が足りないと効率的に痩せられません。

体に蓄えられている脂肪を燃焼させるために、また必要な栄養素や肌荒れにならないように、美容成分となる栄養素は必ず摂取しないと、美しく痩せることができないのです。また、ダイエットサプリメントなども数多く販売されていますが、そのサプリメントを摂っていたとしても、自然と痩せることなどないと思っていた方がいいでしょう。ダイエットサプリメントを飲むことで満足してしまい、根本的な生活習慣や食習慣が変わらなければ、ダイエットは無理なのです。

脂質はダイエットに欠かせない

ダイエットには、脂質の摂取などとんでもないと考えがちです。しかしながら、良質な脂質は代謝機能に必須な栄養素です。油(脂)抜きダイエットは、体に蓄えられている脂肪を燃焼させられないのです。

ただ、その日の基礎代謝量(摂取カロリー)を減らすことだけはできるので、痩せた後から、体型維持に取りすぎないということもあります。今の体型を変えたいとき体重を落としたいときには良質な脂質の摂取が欠かせないのです。

タンパク質をしっかり食べよう

基礎代謝量を増やすとどうなるのか、というと1日の生命維持に必要なカロリーが増えることになります。最もカロリーを消費してくれるのが、筋肉の動きです。間違えたダイエットでタンパク質を摂取しないと、筋肉のもととなる栄養素が足りなくなり、筋肉が衰え、筋肉の動きは減り、結果的に基礎代謝量も減っていくことになるのです。

また同時に1日の必要な最低摂取カロリーも減っていることになりますので、食事制限を今まで通りしていても痩せなくなってしまいます。このように、タンパク質はダイエットには必須な栄養素なのです。鶏肉のササミや胸肉、白身魚や青魚のような低脂肪で高タンパク質な食材がおすすめです。

生活習慣を正しく整えよう

短期ダイエットを成功させるためには、自分の生活習慣を見直しすることが大切です。いくら摂取カロリーを抑えていても、夜寝る時間が遅くなってしまい、直前まで食事しているなどの習慣は、ダイエットの妨げにしかなりません。規則正しい生活習慣を心がけて確実に実行することが必要になります。

短期間でダイエットを成功させるためには、いかに体に蓄えられているカロリーを消費するか、という点を第一に考えて実行できるかということにかかっているのです。

お風呂はぬるいお湯に20分以上浸かろう

体の新陳代謝を促進させて体調を整えることが、ダイエットには重要となります。もし便秘症だったり、肌の調子が悪くなっていては、ダイエットは苦しいものになってしまいます。毎日鏡を見て、体重を測定していくとき、自分の顔がやつれていたり、肌荒れしているとダイエットがただ辛いだけのものになります。

まずは、シャワーだけで済ませてしまいがちな夏でも、ゆったりとリラックスできる自分の好きな入浴剤を入れてみたり、リラックスできる香りを楽しみながら、ぬるめのお風呂に最低でも20分浸かってみましょう。この習慣を取り入れることで、体の自律神経と副交感神経が正常に働き、健康的にダイエットを続けていける体作りに役立つはずです。自分の日々の体調や精神状態を確認していくことが大切なのです。

通勤は歩こう

基礎代謝量を減らさないように、タンパク質を入れ摂取しつつ運動をすることで、筋肉の衰えを抑制して筋肉が維持できると言われています。運動というと、ランニングやジムに行って筋トレやエアロビクスのレッスン、ヨガのレッスンなどいろいろと考えられます。

短期でダイエットを成功させるためには、食事制限だけでなく定期的に運動することは、ダイエットに効果的です。特別な有酸素運動をしなくても、毎日の習慣でできる有酸素運動が通勤時に歩く距離を作ることです。朝は、仕事で疲れすぎない程度の距離をなるべく早歩きで歩く習慣をつけると良いでしょう。帰り道は同様にあまり夕食の時間が遅くならないように、合わせた距離を歩く習慣をつけて、毎日の運動量を上げる工夫をしてみましょう。

体にぴたっと沿う服を着よう

ダイエットを成功させるためには、体型を隠す服を着るよりも、体型にピタっと合うようなものをなるべく選びましょう。常に、自分の体型を意識して日中の活動を続けていることで、ダイエットをし続けていくやる気を常に持てるはずです。ピタっとしている服が少しでもゆとりが出てきたら、ダイエットが成功している充実感を感じ、やる気を奮い立たせられます。

毎日鏡を見て体重を測ろう

前述した通り、ダイエットしているときだけでなく、毎日自分の体の状態をチェックすることが重要です。鏡を見ると顔が元気かどうか、体のラインで気になっている部分がどうなっているかを確認して、達成するとどうなるか想像してみましょう。

運動を取り入れて更に効果を上げよう

短期ダイエットに最も有効なのは、食事制限ですが、運動を取り入れることで更に高いダイエット効果を発揮するのです。短期ダイエットの成功のために、ぜひ取り入れていただきたいのが、運動の中でも効率的にカロリーを消費できる種類のものを取り入れて行うことです。

個人差はありますが、時間がかかるハードな運動を行うことで、つい消費カロリー以上につい食べ過ぎてしまうことがあります。回避するには急激な運動ではなく長く効率よく続けられる運動を取り入れる必要があります。太ももなどの大きな筋肉を動かすことでカロリー消費を効率的に行えます。また、呼吸の方法も消費カロリーを増やす重要な要素です。

一食を食物繊維を多く含むカロリーの低い野菜ドリンクやスムージーなどに置き換え、毎日自分ができる運動を行う習慣を心がけ実行することが大切です。つまり、なかなか継続できないような運動は、途中で挫折してしまいがちですから、なるべく自分のライフスタイルに合う運動を取り入れましょう。

脂肪を燃焼する有酸素運動

運動の中でも、最も脂肪を燃焼しやすいのは、有酸素運動を一定時間続けて行うことです。自分の身体の仕組みを理解することも大切です。どうして運動しても痩せられないのか、自分の基礎代謝量(1日の必要なカロリー)は何kcalなのか、脂肪を燃焼させるにはどの程度の運動量が必要なのか。運動の種類によって消費カロリーは違いますから、どの運動が何kcal消費するのか、知っておくことも大切です。

毎日30分~1時間は頑張る

前述した通り、毎日有酸素運動を実行することが、効率的にダイエットするには必須といってもよいでしょう。水泳やランニング、エアロバイク、エアロビなど多々種類があります。自分の身体の調子を考えていずれかの有酸素運動を毎日30分以上、最低でも1時間実行しましょう。

おおよそ20分間継続して有酸素運動を行うことで、はじめて体に蓄積されている脂肪が燃焼し始めるといわれています。腰や膝に負担をかけたくない場合は水泳も効果的です。音楽に合わせて体を動かすことが好きな方は、楽しみながらできるエアロビも良いでしょう。

代謝を上げる筋力トレーニング

年齢があがると基礎代謝量が減っていくのはなぜでしょうか。それは、齢とともに筋肉が衰えることが原因でもありますが達成感のようなものを感じ、ストレス発散の効果があります。

基本の腕立て伏せプッシュアップ

基礎代謝量を増やすと、1日の必要な消費カロリーを増やすということになるので、より効率的にダイエットできるということになります。筋トレは、齢とともに衰えていく筋肉を鍛えるために、ダイエットしているとき以外でも常に行うことが若さを維持していくのに大切です。

若返り効果

ダイエットを始めて目標を持って生活習慣から見直していくと、体の調子が良くなってきたという人が多いようです。人間の脳にあるアルファ波は、リラックスしているときに出てくると言われています。このリラックス効果は、肌や体の若返りに影響している場合が多いといわれています。

普段の食生活を変えただけで、便秘症が改善されたりする場合もあります。筋トレを行うことで若い頃と同じくらいに筋力が維持されると背筋、腹筋をはじめ、脚の筋肉も衰えなければ、自然な動きや歩き方などにも若返って来るのです。

メリハリのある体型になる

有酸素運動と筋トレを毎日行うことで、もともとついていなかった箇所についてしまった脂肪が燃焼していきますので、若かった頃のようなメリハリのある体型になっていきます。ただし、摂取すべき栄養素をバランスよく摂っていることが大前提となります。食事制限でバランスの良い食事が難しいときには、ダイエットサプリを活用することも良いでしょう。

精神が安定する

人は、体を動かすことでストレスを発散できるといわれています。それは仕事や人間関係などで脳が疲労しているにもかかわらず、体の筋肉などは疲労していない状態であり、疲労のアンバランスが起こっていることが解消されるからです。

運動すると、その運動に集中していると不安や嫌だと思っている気持ちが忘れられる時間ができ、これが精神的に良い効果をもたらすといわれています。また、運動すると体が温まり、筋肉の緊張がほぐれて副交感神経が働いてくれることも影響があるといわれています。そして、精神的に自信回復の効果もあり、運動をやり遂げる度に精神的な満足感が得られるのです。

ジムに通う時間がない、忙しくて時間を取れない、などと思うことはやめましょう。自宅で手軽にテレビを見ながらでも、ちょっとした隙間時間に手軽に筋トレすることができます。腕立て伏せブッシュアップもしっかり筋トレ効果が得られます。また隙間時間には立ち仕事をしていても、背筋を伸ばしてかかとを上下運動運動するなども合わせて行うと、より効果的に運動量を増やすことができます。

全身を鍛えるスクワット

家で手軽にできる筋トレがスクワットです。太ももの大きな筋肉を使うことにより、費やした時間の割には消費カロリーが高い運動になります。特別な器具を使わずにできる点と、テレビを見ているときや隙間時間を有効に活用して行える点から、ぜひ日頃の習慣にしたい筋トレです。

腹筋よりも負荷が高いV字腹筋

負荷の高い運動は、それだけ高い効果が得られるということになります。消費カロリーも高めるためにも筋トレで筋肉を鍛えておくことも重要です。同じ時間をかけるならばより効率的に脂肪を燃焼できる「V字腹筋」がおすすめです。
お腹に溜まった脂肪を燃焼し、腹筋を鍛える事が想像できると思いながら行うことが良いでしょう。最初はキツイと思うでしょうが、「V字腹筋」が慣れた頃にはお腹の脂肪がなくなっていくことが実感できるかもしれません。短い時間で済むので短期間ダイエットの場合にはこの方法がよいでしょう。

ただしこのV時腹筋には、筋力と柔軟性も必要です。カラダの柔軟性も一緒に向上させることがV字腹筋の効果をあげるコツになります。V字腹筋は、3秒程度キープするだけで十分効果があります。最初は1秒でもキープできればキープする時間にこだわらなくても、何度か1秒キープを行っていくことで、V字腹筋の効果に繋がるので、目標3秒で続けてみましょう。

スタイルアップに効果的アームロッククロスレイズ

体幹を鍛えて、腕・お腹・背中・おしり・もも裏・足と、上半身から下半身まで筋力をすべて使う万能トレーニングが「アームロッククロスレイズ」です。この筋トレも自宅で隙間時間にできる効果的なトレーニングです。普段あまり使わない背中や腕、足やおしりなど全身の筋肉を使いますから、ダイエットではぜひやってみることをおすすめします。

四つん這いになって、右手か左手どちらかを顔の横から前に出すイメージで、前に肩の高さまで挙げて右手のときは左足を後ろに伸ばした状態で挙げて左手をあげたときは右足を後ろに、その体勢をそのまま維持するように交互に行います。

バランスが取れずになかなかアームロッククロスレイズの体制を維持できないのは、体幹が悪い証拠です。今の自分の身体能力を全身で感じられるので、徐々にキープできるようになってくると体幹が整い、あらゆるトレーニングに良い効果を出せるようになります。

体幹トレーニングの中でも高い効果が期待できるメニューと言われていますので、毎日続けることでぽっこりお腹の改善や、腰痛や姿勢の改善、バランス感覚の養成にも効果が期待できる万能な筋トレメニューなのです。

ハード系エクササイズ

ハード系エクササイズは、動作が激しく、とにかく足をあげる動作が大きな筋肉がある足を動かすことで、カロリー消費量もあがり、かつお腹まわりにも効果的です。体を激しく動かすことでストレス解消にもなります。

ただし、膝や腰の痛みがある場合には、ハードな動きを長時間行うハード系エクササイズは症状が悪化する場合もあるので、自分の体の調子を見ながら行うことが良いでしょう。このハード系エクササイズで、半年で10キロ近くは落ちる方もいます。腹筋にも効果が大きく筋トレにもなり、基礎代謝量が増えて太りにくくなり体質改善にも良い効果があるといわれており、意外と女性もハード系エクササイズにはまっている方も多いようです。

ダンスやエクササイズのDVDを使うのがおすすめ

ダイエットをなるべく楽しくエクササイズをして、カロリー消費をしたいと思うこともあるでしょう。今では、なるべく楽しく運動したい、ストレス発散もしたい、というダイエットプログラムを紹介しているダンスやエクササイズのDVDが販売されています。

手頃な広さのある部屋で、楽しみながら効率よく筋肉を動かし、カロリー消費を多くするプログラムが考案されています。もともとダンス好きとか、リズムに合わせて動くことが好きな人は、是非習慣にして行うと良いでしょう。

ウエストを引き締めるコアリズム

コアリズムは、外国でラテンダンスをベースにして考案されたエクササイズプログラムです。特に気になるお腹周りや、ウエストに効果的なエクササイズとなっており、ダンスを楽しみながらその部分を徹底的に引き締めて有酸素運動で脂肪を効率良く燃焼してくれます。

ウエスト痩せに意識したコア・ラテラル(左右の動き)、コア・フレクション(前後の動き)、コア・ローテーション(回転)の3つの腰の動きがダンスに組み込まれており、この動きによってウエスト周りの効果的な脂肪燃焼効果と深く関係しています。

コアリズムは、どちらかというと一般的な音楽に合わせて行うエアロビクスと比較しても、ダンス初心者の方でもできるやさしいプログラム内容のようです。

女性らしい体を目指す ザ・トレーシー・メソッド

『ザ・トレーシー・メソッド DVD BOOK』1,2,3セット

『ザ・トレーシー・メソッド DVD BOOK』1,2,3セット

トレーシー・アンダーソン
発売日: 2011/05/16
Amazonの情報を掲載しています

最近のダイエットに求められることは、単に体重を落とすだけではなく、引き締め効果を求めるダイエット法が注目されています。その中でも「ザ・トレーシー・メソッド」は、女性らしい細く引き締まった体型になるというと口コミで広がりました。

このザ・トレーシー・メソッドの良い点は、短期間で目でも実感できる即効性のあるダイエット効果が期待できる点で、内容はかなりハードなエクササイズプログラムとなっています。それでも、DVDを観ながらやり遂げるたびにできたという達成感もありますので、精神的には楽しんで続けていけるはずです。

短期間ダイエットを叶えるコツ

ダイエットに速効性を求める場合には、前述のとおりダイエットの基本を押さえたうえで、体質を改善することも重要になってきます。健康的なダイエットを目指し、むくみを溜めづらい体質にしてあげることが大切でです。

食事制限と併せて筋トレや有酸素運動をすることが、ダイエットを短期間で行う際には必要です。その際に、健康を損なわないためにも、必要な栄養素は摂りながら行いましょう。そのときにむくみやすい体質であれば、ダイエットの効果を実感できずに達成感を得られません。むくみ体質の方は同時かまたはダイエットを始める前ににその体質を改善してしまうことが重要です。

菓子パンやお菓子はやめよう

ダイエットしようと決意する方の多くは間食しており、しかもその間食で摂取するカロリーが多いものを好むケースがほとんどです。お菓子や菓子パンは、糖質が非常に多く余分な脂質も多く含まれており、味も濃いものが多いので、ジュースや炭酸飲料などと一緒に食べてしまいがちです。これらはダイエットには厳禁でしょう。

水分摂取はお茶かお水のみ

水分を摂る場合には、ジュース、炭酸ジュースなど甘味のあるものは、それだけで満腹感を得る前に糖分を多量に摂取することになります。果汁100%ストレートジュースは天然の果実糖が含まれています。そして、一般的に売られているジュースは冷たいので、甘みを感じるように大量の糖分を含むのです。

暖かいものより冷たい物の方が、糖分の甘みが感じにくいため、自覚がないまま大量のカロリーを摂取してしまいます。ダイエットを成功させるためには、カロリー摂取を控えることが必須ですので糖分を大量に含む飲み物は厳禁です。

短期ダイエットに暴飲暴食はNG

短期間でダイエットを成功させるには、ストレスを発散するのに食べたり、飲んだりして発散するのをやめましょう。特にイライラして食べて忘れる場合やお酒を飲んで嫌なことを忘れる習慣を持っている方は、イライラした時のストレス解消を運動や入浴などの暴飲暴食以外の方法を考えましょう。

寝る前の食事はやめよう

人間の体には、睡眠の質によって大きく体調が変わるのです。寝る前に食べてしまうと、その摂取したカロリーは体に蓄積されてしまいます。ダイエット中に限らず、体調を整えるには、睡眠の質を高める必要があります。就寝前に食べることで胃腸が働かなければならなくなり、眠りの妨げになります。夕食を食べるタイミングがなくて、どうしても空腹で寝付けないときには消化の良いものを少し食べるようにしましょう。

寝起きに白湯を飲もう

朝起きたら、まず水を飲むと体にいいという話を聞いたことがある人も多いと思いますが、その理由はなぜなのでしょうか。その理由は、睡眠中に失われた水分補充する役割があるからなのです。また、腸のぜん動運動にも効果的で、便秘解消にも良い効果が期待できます。

水以外の飲み物では、お茶やコーヒーがありますが、カフェイン入りの飲み物なので、利尿作用もありますから、逆に体から水分を出そうとしてしまいます。また、糖分の多い清涼飲料水は、体に吸収されるまでに時間がかかります。ダイエット中のカロリー制限中は、糖分のカロリーは摂取しないためにも清涼飲料水はやめましょう。

また、夏には、冷たい水を飲みたいと思う方もいるでしょうが、体温を上げ、ダイエット中の代謝を上げるためには冷たい水はその妨げになるため、朝起きて飲む水は、白湯か常温のものを飲むようにしましょう。この習慣は、ダイエットのための体作りに欠かせませんので、ぜひ朝の習慣にしましょう。

水分は積極的に摂取しよう

ダイエットしているときには、水分はしっかり摂りましょう。人の体は60%から70%は水分でできています。そして新陳代謝が活発に行われるには、常に新鮮な水分を補給していくことで、古い細胞を排出できる環境になります。もし十分に水分を摂らないと、体は水分を蓄えようとしてむくみの原因になります。

むくみを取ることで結構、体のラインが整ってきたり、体調が良くなったりするようです。おおよそ人は1日に2リットルの水分摂取が理想的といわれています。このうち、なるべく水(常温や白湯)を一度に多量に飲むのではなく、こまめにコップ1杯から2杯程度を1時間に一回は飲むと良いでしょう。お茶やコーヒーは、1日1杯から2杯くらいにするように、なるべく水に切り替えてみましょう。

短期ダイエットに効くサプリメント

短期ダイエットを食事制限と有酸素運動、筋トレの効果を高めるサポートのしてサプリメントが数多く販売されています。サプリメントにもさまざまな特徴があるので、短期ダイエットに向く種類のサプリメントを選ぶことが大切です。

ハーブ健康本舗 シボヘール

「シボヘール」は、短期間で体脂肪を減らしたいというダイエット中の方にお勧めしたいのダイエットサプリメントです。効果が科学的根拠に基づいている機能性表示食品という点も、安心して飲めるのポイントとなります。シボヘールの主成分である「葛の花由来イソフラボン」は脂肪を分解し、脂肪燃焼を促進させる働きがあるといわれています。

BMIが30程度の人を対象に臨床試験を行い、お腹の脂肪がに関しては平均20cm2も減少したという結果が出ています。通常の短期ダイエットでは、なかなか痩せない理由の一つに、脂肪が冷たくなって凝り固まっているからなので、脂肪を柔らかくして燃焼しやすくなると、ダイエット中の運動でとても効果的に脂肪を燃焼してくれる効果があると言えるでしょう。

オデコマート カロリナ酵素プラス

カロリナ酵素プラス CALOLINA

カロリナ酵素プラス CALOLINA

3,300円(11/18 22:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

このカロリナ酵素プラスは、BMIの高い方でも普段とおりの規則正しい食生活と運動を取り入れて、カロリナ酵素プラスを摂ることで、女性らしい美しい体型づくりに効果が期待できるといわれています。

その成分もアメリカで製造特許を取得しているリポサンウルトラ15,000mg、食生活のサポート成分として特許成分のガーシトリン15,000mgで満腹感や細胞の活性化をサポート、また、特許成分レプコチア4,500mgは貴重あ原料から抽出された女性らしさをキープして自分の理想のボディになれる要素がある成分といわれています。

その品質は2017年モンドセレクションアワードと2017年アジアゴールデンアワードを受賞しているところからも安心感があります。それは、臨床実験評価も行っており、その効果が医学雑誌に掲載されています。品質に自信のあるダイエットサプリメントといえそうです。

エバーライフ デュアスラリア

エバーライフ デュアスラリア 約30日分 サプリメント

エバーライフ デュアスラリア 約30日分 サプリメント

5,580円(11/18 22:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

このエバーライフのデュアスラリアは、食事制限をしているときに効率的に脂肪を燃焼させて、就寝しているときにダイエットに効果的な栄養素補給して脂肪を体に溜めない働きをしてくれるサプリメントということで人気です。

お腹周りなどの体溜まっている脂肪を分解して燃焼しやすくすることで、有酸素運動や筋トレの効果を高めてくれる効果が期待できます。また、就寝時には食事制限によるビタミンやミネラル、タンパク質などの脂肪を燃焼させるために必要な栄養素を補充できるという優れものです。

短期間でダイエットを成功させるためには食事制限と有酸素運動、筋トレにこのようなサプリメントを摂ることで、より効果を早く実感することができる可能性がありますので、積極的に取り入れてみましょう。

アンビシャス プレミアムスリムビオ

このアンビシャスのプレミアムスリムビオは、女性に多いお通じやお腹の調子を整えるという悩みからダイエットをサポートしてくれる非常に多くの種類の乳酸菌やポリフェノール、難消化性デンプンといわれる腸まで届く水溶性食物繊維など美容成分もプラスされたサプリメントです。

お通じが変わり、腸の調子が整うと、健康的に食事制限をしながら、筋トレ、有酸素運動をすることができます。お腹の調子を崩しているために体重の変化がなかなか実感できないときもあります。そのようなときは、この乳酸菌豊富なサプリメントもお勧めです。

1日で痩せる 超短期ダイエット

大切な日が近い、それまでにどうにか痩せたいという場合の、超短期間で実感できるダイエット法はあるのでしょうか。お腹周りのぽっこりした出たお腹であれば、便秘症を便秘薬で解消してしまう方法もありますが、そのとき溜まっていたものが出るだけ分だけお腹が引っ込む場合もあります。それ以外ではどのような方法があるのか調べてみましょう。

むくみを解消する

体の60%から70%を占めている水分を溜め込んでしまう体質の場合、むくみを取ることで、1日で痩せた感じが実感できます。むくみの解消には、半身浴するなど体の内側の温度をあげて新陳代謝を促すように入浴することやリンパの流れを良くして老廃物も排出できるようにリンパマッサージをするとむくみを取るエクササイズを行うと効果的です。

1日痩せは3キロが限界

人が1日で痩せられる体重の限界は、3kgが限界といわれています。人の体重ので余った脂肪は当然不要な体重ですが、1日で脂肪を燃焼させてしまうことは無理でしょう。どうすれば1日で3kg落とすかというと、溜まっている不要な老廃物を出すことが重要です。そして、昨日まで溜め込んだ老廃物を出して、その日に摂取するものを極力少なくしてみると1日痩せも可能ではあります。

脱水症状に気を付けよう

1日痩せのダイエットを実施する際には、極力食事もせずにむくみ体質の方は、その体質改善ができていない場合、むくみやすいものを極力少なく摂取することで、何とか1日ダイエットは可能でしょうが、脱水症状を起こさないように、水分はこまめに少しずつ摂取するようにしましょう。また、体調を自分で確認しながら行いましょう。

お風呂ダイエット

1日ダイエットで体重を落とす方法に、お風呂で汗を出し、新陳代謝を活発にする方法があります。お風呂に入って汗を出し、脱水症状にならないよう適度に水分を補給しながら、何度も入って出てを繰り返し、溜まっている老廃物を出すことを目的に行います。ただし、体調を自分で確認しながら無理の無いように実施しましょう。

サウナで汗をたっぷり長そう

最も汗をかいて新陳代謝を活発にするのに、サウナでたくさん汗を出し、新鮮なミネラルが豊富な水を飲んで何度も繰り返し行うことで、多量の老廃物を出すことも可能です。ただし、自分の体調を感じながら無理をしないように行うことが大切です。

持続することで足腰に不安がある場合には、ダイエット効果を実感する良い方法かもしれません。日々の習慣にしたい場合には、サウナで汗を出し、休憩した後にプールでウォーキングや水泳などの有酸素運動を行うと、より効果的な脂肪燃焼が可能になり、これを習慣にすることで足腰に優しい有酸素運動がダイエット効果を発揮することでしょう。

半身浴も効果的

ダイエットの際に、半身浴もお勧めしたい方法の一つです。半身浴により、長時間の入浴が可能になります。そして体の内側が温まり、蓄積した脂肪も燃焼しやすい状態になります。また、温まった体の内側では食事制限されて入れば、確実に消費カロリーは多くなり、汗をたっぷりかいて新陳代謝が活発になり汗とともに不要な老廃物も排出できます。この際には、自分の体調を感じながら、必要であれば水分を補給して半身浴を続けてみましょう。

お風呂ダイエットはデトックス効果が高い

お風呂に入って汗をかくことで、新陳代謝が良くなることは、前述の通りですが、このジワジワと汗を出すことで体内内側からの温度も上がり、毛穴から老廃物を排出できるのです。お風呂にじっくり入ることで、デトックス効果が期待できるので体調が良くなる人もいます。

冷え性やむくみ体質の方には、お風呂ダイエットを試してみる価値はあるようです。汗をかくことで老廃物が流れやすくることでお肌の調子も良くなる場合が多く、このお風呂ダイエットは習慣として行うことがダイエットには大切な要素を多く含むダイエット方法です。

プチ断食で1日ダイエット

水分を補給するのみで固形物を食べないというプチ断食で、1日限りなので取り組みやすい方法です。胃も小さくなっているので、少量ずつ消化の良いものを食べて、決して暴飲暴食しないことが成功の秘訣です。

このプチ断食を定期的に行うことで、胃の大きさも小さくなり食べすぎも予防できます。プチ断食後の食事制限を正しくすることで脂肪を燃焼しやすい体質に変わるなど、ダイエット効果もありますが、何より効果を早く実感できることは老廃物を出す効果が優れているといわれています。

準備期間と回復期間をしっかり設けよう

プチ断食は、実行する前日から徐々に固形物の摂取を控えていきましょう。胃腸に負担がかからないように、この準備期間は大切です。また、プチ断食後の回復期間を設けて、徐々に固形物を食べるようにしましょう。

最初は胃腸にやさしい消化の良いものを少しずつ摂取していき、2日間程度かけて本来の食生活に戻していくペースが望ましいでしょう。このプチ断食を週末だけ行うことで、自然と暴飲暴食もなくなり、胃腸の調子が良くなってくるようです。

1日ダイエット目的なら水がおすすめ

1日ダイエットをしたいときは、水分を補給するのに、ミネラルウオーターのみ飲むと、カロリーを摂取することなく、蓄積された脂肪を燃焼させて活動しますので、ダイエットの達成感を感じられるでしょう。ただし、水もがぶ飲みしないように、1時間に最低コップ1杯を飲んでいくようにして1日に必要な2リットル程度飲むことを考えて分けて飲むようにしましょう。

前述の通り、冷たくした水は体内の温度を下げ、脂肪燃焼の妨げになることから、常温か白湯にして飲むようにしましょう。

1日で見た目を変える簡単ダイエット

大事なパーティなど、とりあえずその日だけでも見た目を繕いたい人におすすめしたいのが、補整下着で締め付けることです。女性らしい体のラインを作ることができるものがありますので、事前に下着売り場をチェックしてサイズ選びをしておくと、いざという時に役立ちます。

スッキリお腹を手に入れる方法

ダイエットが大切な日に間に合わない、とりあえず、1日だけ見た目を変えたいときには、お腹周りのぽっこりを目立たなくするために効果的にリンパの流れを高めてお腹の中からスッキリさせましょう。

便秘している際には、しっかり前日に入浴してからリンパマッサージを行い、中からスッキリさせて、その日には、補整機能のある下着を着用して体型をカバーすることで、スッキリしたスタイルに見せることが期待できます。

足を細く見せる方法

とりあえずその日だけでも足を細く見せたいときには、前日には足のむくみを取るよう入浴後にむくみをとるリンパマッサージを行い、足を上に上げて運動するようにしましょう。そして、締め付け効果が高いサポート力の高いブラックのパンストやタイツを履いて、足を綺麗に見せる効果が期待できます。

下剤を使って便秘解消

もともとお通じが悪い人など、お腹に老廃物が溜まっている場合には、便秘薬を服用することも考えてみましょう。さまざまな種類の便秘薬がありますので、普段使用していない人は、薬局の薬剤師に相談してから購入して服用するようにしましょう。

リスクを伴うので最後の手段に

その日だけの見た目ダイエットで断食したり、便秘薬などを使用するときには、体にかなりの負担をかけることになるので、あまりおすすめできませんので、本当にその日だけ、特別な日だけという最終手段として考えましょう。

1日ダイエットのデメリット

1日ダイエットを行うと、体に負荷をかけることになります。ダイエットを行う準備をしておくことが必要です。突然1日ダイエットをすると、体は次に食事した際に栄養やエネルギー不足に備えて、エネルギーを蓄えておこうと働いてしまいます。

より太りやすい体質に変わってしまう危険性があります。1日ダイエットは決して健康的に痩せられる方法ではないので、自分の体調をみながら慎重に進めることも大切です。

健康的に短期間で痩せるためには努力が必要

短期間ダイエットは、実現できる近い目標を立てながら、健康的にダイエット計画を立てて実行することが重要です。本来ダイエットは、太りにくい体質作りと無理なく自分が楽しみながらできる方がいいのですが、短期間ダイエットは、サプリメントなども重用しながら筋トレと有酸素運動や食事制限、ダイエットに必要な栄養素の摂取を確実に実行する努力が必要になります。

毎日ダイエット日記をつけたり、途中で挫折しないように、極端に高い目標を立てずに少しずつ目標を達成して少しずつ目標を高くしていき、モチベーションを維持することが最も重要なことです。なりたい自分に近づく努力を続けられるように、目標とする女性のスタイルのポスターを貼ってみたり、体重計測定器に毎日乗って体重や体脂肪率をグラフに張り出し記入していくなど、自分に合った方法を考えて取り組んでいきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール