• HOME
  • 働く
  • 働き方
  • 営業職とは個人を活かせる企業の顔、スキルアップが高収入に直結
働き方

営業職とは個人を活かせる企業の顔、スキルアップが高収入に直結

営業職は対外的おいて会社の顔ともいえる言わば花形の存在です。多くは売り上げ数字と直結しているので評価も分かりやすいのが利点ですが、フットワークの軽さと高いコミュニケーション能力を必要とし、メンタルの強さも求められます。

営業職は個人の魅力を最大限に活かせる専門職

営業職と一口に言っても、その扱うものによって全く違う知識を持つことになります。それぞれ扱う商品の知識から、顧客の事業の内容を分析したり、その業界の勢力図の知識が必要となります。

さらに高いレベルになると、今後の世の中のトレンドや自分の扱うものが今後の世の中でどのように役立てることができるのか、また、未来の顧客の求めるものはどういうものになるのか、そのことで自分がどのように接点を持つことができるのかを積極的にアプローチ。

それが顧客の満足感、喜びを生み出すお手伝いとして、同時に自分が自社企業の顔となり、さまざまな顧客に接して自社の扱うものを売ることで、他社に貢献していく、ある種の専門職と言えるのです。

そして、マーケティングの最前戦を舞台に自分の会社に、何が求められているのかを敏感に感じ取り、そのあと社内にフィードバックして新たな提案や新サービスを世の中に送り出すことのきっかけを作るなど、社内の重要な役割を担う職種でもあるのです。

営業職というと、単に自社の商品を売ることは当然の事ながら、さらにそれよりも顧客の求めているものを提供できるように人に対する誠実さ、信頼性や高いコミュニケーション能力が必須となってきます。結果的に人に喜ばれる人になることに繋がるので自分の社会人力のスキルアップに繋がるのです。

営業職の仕事内容とは?

大方の営業の仕事内容は、顧客に各種のプレゼンテーションを行って、結果的に商品を購入してもらう事がメインです。その結果を得るには、自社のブランドの正しい理解と商品用途の提案でメリットやデメリット、他社商品との比較も顧客に正確に理解してもらう必要があります。

もちろん事前から個人的信頼関係も作り上げておく事も必須となり、この事前の顧客との会話の中でさまざまな角度からの売り込みができるよう幅広い知識が必要となってくるのです。高いコミュニケーション能力だけでなく、自分の売リたい商品の内容・特徴を熟知している事と他社の商品に対する知識は必要最低限の必要な知識となります。

また内容によっては契約終結後のアフターケアも重要となります、会社によっては、アフターケア専門の担当者が在中するなどと、チームで顧客のニーズに応えていく事も重要な仕事です。

営業職の中でも商社に勤務するとオリジナルブランド商品以外に複数社の商品を顧客に売る、いわゆる代理店営業という営業職もあります。代理店営業では複数社の商品を扱うため、商品ごとにメリット、デメリットをより正確に把握しておく必要があります。

営業職は、社外に出ている事が多いという性質上、ほとんどの場合はみなし労働時間制度が適用されています。この場合、実際に超過労働時間があっても残業と明確に線引きできないのが実情ですから、残業代の代わりに営業手当などの名目で定額の手当が支給される事が多いのです。

また、各自の営業成績に合わせて大きな金銭的インセンティブ(報奨金など)が支給されるなど営業のモチベーションを重要視している企業もあります。それは一般労働者の給与水準よりずっと多く、会社に実際に売り上げをもたらす営業職は、いわば会社の必要不可欠な人材なのです。

営業成果を出すことに繋がる活動には、社内でも心強いバックアップする人材とチームプレーが重要であるので、社内でのコミュニケーション能力も高いスキルが必要不可欠です。

営業職の仕事の大変さとやりがい

一般的には営業職はきつい、売り上げ達成のノルマがあり厳しいという認識があるのも事実ですが、自分の仕事の結果を売上額や契約件数などの客観的に誰がみてもわかりやすいため、年俸制などの成果主義が適用されやすい職種といえます。

営業成績によっては、高額のインセンティブ(手当)が期待できることもある一方で、常に、数字という目に見える結果を意識し、それを仕事のプレッシャーと受けていくことも事実です。それを乗り越えていくことで社会人スキルが確実にアップしていくことでしょう。

仕事に大変さはつきもの。モチベーションで変わる

営業職は自分の売る商品の詳細な知識を持つために、他社商品との違いや自社商品のメリットデメリットも踏まえて、幅広い知識を得る地道な勉強は欠かせません。同時に外勤しながら商品を買ってもらうために、顧客に合わせた企画案をコミュニケーション力を駆使しながら、売り上げ達成も意識しなければなりませんし、時間に追われることもあります。

そんな忙しさの中でも営業職は常に笑顔で顧客のニーズに応えていく地道な仕事の繰り返しが大きい時間を占めています。売り上げ達成のノルマがあり厳しいという認識があるのも事実ですが、自分の仕事の結果を売上額や契約件数などの客観的に誰がみてもわかりやすいため、目標を達成したときは、成功体験から売れるまでの苦労もその達成感にはかえがたいものです。

その達成感はモチベーションを維持し、成果を上げていくために重要なことなのです。ひとつひとつの成功経験は、自分の仕事を通して顧客や誰かのために役立つことを考えると、自分のモチベーションを維持していくためには必要不可欠な経験です。

自分の仕事に楽しさを感じたら、それがやりがい

仕事のモチベーションを維持するための喜びとは、やりがいと言われるものです。そのやりがいは、ある程度経験を積むと自然と湧いてくるときもあれば、時には周囲の人から与えてもらうときもあります。

しかし、実際に多くの人は自分で行動して、やりがいを作っています。「やりがい」は、本来、与えられるものでなく、自分で作っていくもので、仕事への「やりがい」を作るには、何をすればよいのでしょうか。

まずは与えられた仕事を精一杯やること。地道に精一杯やっていくと、その仕事がどういう人達や物事とつながっているのか、何のために必要なのかを、自分が担当している範囲を超え、実際に使われているところまで含めて考え、実際にその仕事が世の中に貢献しているときが見えてくることもあります。

何のために必要かが見えたり、理解することで、自分がやっている仕事の意味を感じ、自ずとやりがいや、楽しいという気持ちが湧いてくることでしょう。

精一杯与えられた仕事を行う努力をしていく事で、その内容を高い水準でできることを意識し、仕事の達成度合をアピールできるのも営業職は客観的にできるところは、魅力的な職種です。

その後、さらにワンランク上げた仕事をもらう、または新しい仕事を提案していくとよいでしょう。そうすることで、意味を感じる仕事を得て、どんどんやりがいを作っていけるのです。

できる営業職になるために必要な技術や資格

コミュニケーション能力だけでは営業職のエキスパートとは言えません。顧客のさまざまなニーズにこたえ、それを分かりやすく相手に伝えることができなくては、長くよい関係を続けていくことはできません。必要なスキルや知識は自ら勉強することで取引を潤滑に正確に進めることに役立ちます。その積み重ねが顧客の信頼を得ることにつながるのです。

営業職に役立つ資格は色々ある

営業職に資格が必要なのかというと、必要不可欠なものではないですが、持つていると自分の仕事に余裕ができるもの。扱う商品によっては銀行に勤めていれば金融関係の資格を取得する必要でしょう。一般的に営業職全般に持つと便利な資格として、MicrosoftOfficeスペシャリスト(MOS)や簿記、ファイナンシャルプランナー(FP)、TOEICなどがあげられます。

営業職になるために必要な技術や資格の勉強法

営業職には特に必要な資格や技術はありません。だれでも経験することができる業種のひとつといえます。ただ、ある意味成果がわかりやすので長くキャリアを重ねるには実践と知識が必要となってきます。

実務を行いながらその都度参考書などで学ぶ方法もありますが、専門のスクールや通信教育などを利用して学ぶという方法もあります。

資格を活かしてステップアップにつながることも

専門の営業職において、課題と分析、提案は必要不可欠なスキルになります。MicrosoftOfficeスペシャリストはWord、Excel、PowerPointのスキルを証明する資格です。これは営業職として就職する際の大きなアピールポイントとなります。

TOEICは英語力。さらに簿記の知識やファイナンシャルプランナーを持っていることで、取引先の財務状況などをはかる上で役立つスキルとなります。これらの知識が営業職としてのステップアップを望むのであれば必要な資格となってきます。

営業職の気になる給料(年収)

営業職には様々な種類がありますがスタートラインの年収は一般職よりは高めと言えますが、その営業内容によりかなり違ってきます。大手や外資系企業の場合だと1000万円以上ということもありますが、一般的には約380万円~470万円程度とも言われています。

ただ成績がそのまま評価につながるケースが多くあるため、成果が出せないと増額は見込めず、逆に成果を上げることでさらなる収入アップにつながることもあります。

営業職で女性はどのくらい活躍している?

営業職で女性が活躍する場は増えてきています。女性の協調性や共感性が顧客との信頼関係を育てるうえで役に立つからです。要望や困っていること等の情報を自然に聞き出すことで課題を見つけ出し、提案する。共感しながら提案することで、顧客のニーズに合ったものを見つけることができるのです。

このことから、多くの企業で女性営業職の推進を行われており、戦略的に女性の営業職を育成するという動きを取っている企業もあるようです。活躍の場はこれからどんどん増える傾向にあります。

営業職は能力次第では広い視野で女性が活躍できる職業

営業職には業種によりさまざまなパターンがあり、女性も多く活躍しています。ある意味自分のビジネススキルがそのまま成績に影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

より高収入を目指すのであれば、自分磨きが必須となりますのでまずは自己アピールを会話で、能力を資格で証明すること、あとは着実に成果を上げていくことで活躍の場が広がる夢のある職業といえます。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール