• HOME
  • 恋愛
  • 結婚
  • 結婚相談所の選び方とは|自分にぴったりのサポートを探そう
結婚

結婚相談所の選び方とは|自分にぴったりのサポートを探そう

婚活において結婚相談所に登録する人も多いです。さまざまな結婚相談所がある中、どのように選んだらよいのか分からない人も少なくありません。それぞれの特徴を知り、自分の婚活ニーズを明確にした上で、ぴったりの結婚相談所を見つけましょう。

まずはどんなサポートがほしいのか考えよう

婚活を始めるにあたって、結婚相談所に登録する人も多いことでしょう。複数の結婚相談所の中から1つを選ぶにはどのようなポイントをチェックすればよいのでしょうか。まずは自分がどんな婚活をしたいのか、どんなサポートをしてもらいたいのかをしっかりと考えた上で、自分の婚活にぴったりの結婚相談所を見つけるようにしましょう。

結婚相談所には2つのタイプがある

結婚相談所には、出会い方のサービス方法によって大きく2つのタイプに分類することができます。まずはそれぞれのタイプの特徴や料金などを知り、自分に合致するタイプの結婚相談所に登録するようにしましょう。

カウンセラーが探してくれる仲人紹介型

仲人紹介型は、担当のカウンセラーが最適な相手を紹介してくれる仕組みになっています。サポートは手厚いですが、その分料金が高めに設定されているところが多いのが特徴です。

担当のカウンセラーとしっかりと打ち合わせができるので、自分の好みを理解した上で柔軟に対応してくれるだけでなく、相手に魅力をアピールしてくれます。仮に失敗しても、第三者の目から何が悪かったか一緒に振り返り、アドバイスをしてもらえます。

ただし、結婚相談所によっては紹介できる人数が少ないところがあったり、担当者によってサービスの質が異なったりするので注意しましょう。

コンピューターによって相手を探してくれるデータマッチング型

コンピューターが最適な射当てを紹介してくれるサービスで、仲介紹介型よりも多くの人数を紹介してくれることが多いです。料金は仲介型よりも安い傾向がありますが、サポート力が劣るところが多いのが特徴です。

仲介人が存在しないので、自分のペースで進めることができる点も特徴の1つです。しかし、コンピューターに好みを伝えるので、細かなニュアンスや、言葉で伝えられない部分を汲み取ってもらうようなことは難しいでしょう。担当者によってサポートの質が異なることもなく、安定したサービスを受けられます。

自分に合う結婚相談所の選び方

複数の結婚相談所がある中から、自分に合っているところを探し出すのはどのようにしたらよいのでしょうか。結婚相談所のチェックすべきポイントを押さえておきましょう。

婚活の活動方法とマッチしているか

自分のペースで自由に婚活をしたい人には、データマッチング型の結婚相談所がおすすめです。データマッチング型の特徴である、多くの人を紹介してくれることを実現させるため、会員登録数が多いところを選ぶようにしましょう。また、出会いのチャンスを広げるため、趣味や年齢などで検索できるシステムのあるところがおすすめです。

対談相手や相手が断ってくれる理由を知り、次につなげる婚活をしたい人には、仲介紹介型がよいでしょう。婚活へのモチベーションを維持させるためにも、定期的なカウンセリングや、基本サービスとしてお見合いの同席などの仕組みがあるかといった点をチェックしてみましょう。データマッチング型よりも高額な料金を支払うからこそ、充実した婚活になるよう結婚相談所選びは慎重に行うことが大切です。

サービス内容が自分のニーズと合っているか

結婚相談所を活用して婚活を進めるには、サービス内容が大きく影響します。アドバイスや相談に乗ってくれるか、お見合い時の日程調整をしてくれるか、紹介後のアフターフォローがあるのか、といった点をチェックするようにしましょう。

相手を紹介するだけで、それからのことは自分で行うという結婚相談所が多いのが現状です。奥手な人やデートの仕方がわからない人にとっては、ストレスとなってしまい、相手とのお見合いやデートに集中できない状況に陥ってしまいます。時間を有効活用するためにも、プロのアドバイザーからのサービスを受けられる結婚相談所を見つけることが重要です。

相手の探し方の方法がマッチしているのか

結婚相談所では、自分でも登録データが検索でき、好みの相手を探すことができるかどうかも大切なポイントです。相手のプロフィールがチェックできるのか、カウンセラーからの紹介方法しかないのかなど、ステップを進むことができる相手の探し方ができることが重要です。

仲介人からの紹介だけだと、自分の提示した条件に見合う相手をピックアップしてくれますが、似たような人とばかりのお見合いになってしまう可能性もあります。自宅などで自由に相手を検索することができ、写真やプロフィールが無料でチェックできる結婚相談所を選ぶようにしましょう。

料金に納得できるかどうか

結婚相談所では、入会金のほかにも、成婚料や月会費などが必要なところがあります。それ以外にも、有料オプションがある場合はしっかりと確認し、総額費用のイメージを持つことが大切です。

料金が高い=サポートが手厚いなど、料金とサービス内容が見合っているかもチェックポイントです。相手の学歴や収入を重視して婚活する場合は、それなりに費用が必要になってくることが多いので注意しましょう。

結婚相談所入会後の費用相場も知っておこう

結婚相談所に入会すると、さまざまな名目で費用が必要になります。どのような費用が、いくらくらい必要になるのか、しっかりとイメージしておくことが大切です。

初期費用と成約料でそれぞれ平均10万

仲介紹介型の結婚相談所え必要な費用として、初期費用が挙げられます。入会金や初期活動費が含まれます。入会金の相場は約3万円、初期活動費は情報登録やプロフィール登録の際に必要なもので約10万円必要となるため、初期費用としては約13万円必要になると考えましょう。

結婚が決まると成婚料として結婚相談所に費用を支払います。成婚の基準は、結婚が決まったときだけでなく、両親への挨拶へ行ったとき、二人で旅行に出かけたとき、交際がスタートしたときなど、相談所によって異なるので事前にきちんと確認しておくことが大切です。

成約料(成功報酬)には約5万円~約10万円とさまざまです。成婚料が高いほど成婚率が高いともいわれていますが、一概には判断できない部分でもあるので、平均的な価格として認識しておくとよいでしょう。

活動期間中の月会費として約1万から2万

婚活中は、結婚相談所の検索システムや紹介サービスなどを利用するため月会費が必要です。他にもパーティやセミナーなどの利用のために必要な費用になります。相談所により、利用の有無に関わらず必要なケースや、利用した月だけ支払いが必要になるケースなどさまざまです。

月会費の相場は約1万円~約2万円で、退会するまで継続的に必要です。料金に見合ったサービス、無理のない支払い額などをしっかりと検討するようにしましょう。年契約の結婚相談所においては、途中で解約した場合の返金についてもチェックしておくと安心です。

結婚相談所は自分のニーズに合うかがポイント

結婚相談所はとてもたくさんあり、それぞれに特徴が異なります。自分のニーズに合致している結婚相談所に登録しなければ、高額な費用を支払ったのに、なかなか成婚できないという結果になってしまうことも。サービス内容や料金など、しっかりとチェックして、自分に合った結婚相談所を見つけることが大切です。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール