生活雑貨

フードプロセッサーでヘルシーな美味しいスムージーを手軽に作ろう

ヘルシーな朝食の定番の一つであるスムージー。自宅で作ったら、専門店やコンビニのスムージーに負けないくらい美味しいく、よりヘルシーでオリジナルなスムージーになりためおすすめです。フードプロセッサーの特徴を知り、自分の一台を見つけましょう。

フードプロセッサーをおすすめする理由

自炊はあまりしないけど、美と健康のために野菜をとりたいという際に活躍するのが、フードプロセッサーです。ヘルシーなスムージーを簡単に作ることができ、面倒な下ごしらえは一回で済みます。また、栄養素を無駄なく摂取することができ、美容効果も高いためチャレンジしてみましょう。

据置きタイプの特徴

たくさんの下ごしらえに向いている

据え置きタイプは、台座の上に容器を乗せて使うタイプです。容器の中にカッターを取り付けて使用します。カッターが高速回転し、野菜などを細かく刻んでくれたり、お肉をミンチにしてくれたりします。モーターパワーが大きいため、一度にたくさんの量を下ごしらえできるためとても便利です。

混ぜたりつぶしたりきざむが得意

フードプロセッサーは手作業では手間がかかる作業に重宝します。例えば、お肉をハンバーグ用にする、野菜をつぶしてスープにする、野菜をみじん切りにする、豆腐とほうれん草を混ぜる、茹でたジャガイモをつぶしながら玉ねぎと混ぜるなどの作業の際、手を汚さずに細かく刻むことができるアイテムです。

下ごしらえから生地作りまで出来る

お肉や野菜をつぶしたり刻んだりする作業はもちろんのこと、ケーキやピザなどの生地作りも簡単です。必要な材料を調味料と一緒にカップの中に一度に入れスイッチ一つ押すだけで、手早く美味しくできあがります。ただし、包丁で切れないもの、乾燥したものには不向きです。

ハンディタイプの特徴

少量の調理向き

据え置き型とは違い、コンパクトなハンディタイプは、少しの調理を手軽にしてくれます。ソースやタレ、ドレッシングなどを手作りする際や、卵を泡立てる際、カフェラテなどの泡立ての際に重宝します。

コンパクトで片付けが楽

ハンディタイプはコンパクトにできているため、ちょっと使いたい際に手軽に取り出すことができ、使用後はすぐに洗って片づけられる優れものです。軽量で使いやすく、見た目もスリムのためキッチンに置いても場所を取りません。この手軽さが魅力です。

スムージーやジュースに向いている

液体調理ができるフードプロセッサーを使うことでスムージーやジュースを作ることができます。しかし、ジュース作り、スムージー作りはミキサーの方が便利になります。フードプロセッサーは、道具を最小限にし、多くのことができるようになるアイテムとしてジュースにも使用する方が多くなっています。

ミキサーと似ている用途に適している

カップや小鍋に入れた野菜や果物を潰しながら、牛乳やハチミツ、調味料などを一度に混ぜることができます。ミキサーの使用範囲が似ていますが違いは使いやすさ、場所をとらない、お手頃価格という3点です。ミキサーか、フードプロセッサーか迷っている際は、手軽に使用できるフードプロセッサーをおすすめします。

フードプロセッサーを選ぶコツ

インナーサポートで美肌

作りたい料理に合わせたもの

フードプロセッサーは据え置き型とハンディ型があります。据え置き型は、パワフルで、野菜を刻んだり、肉や魚をミンチにすることが得意で、例えばハンバーグや魚のすり身作り、パン生地をこねる料理に向いています。ハンディ型の特徴的は鍋や容器に直接入れて混ぜたり潰したりできるので、スープやジュース、ドレッシングを作る際に重宝します。

下ごしらえの種類

フードプロセッサーにできる下ごしらえは、刻む、する、おろす、などがあります。ミンチ、スライス、練りものなどの手でおこなうには面倒な作業を効率にしてくれます。魚をすり身にしたり、大根をおろし、とろろ芋や、カボチャのペーストなど手作りソースも作ることができます。

使用後の片付けやすさ

頻繁に料理をしない方の場合、出し入れや片付けがついつい面倒と感じることがあります。ハンディタイプは場所をとることなく、コンパクトのため、小さなスペースがあれば収納できるメリットがあります。スペースが少ないキッチンでも片付けを簡単にすることができるためおすすめです。

おすすめのフードプロセッサー

ブラウン ハンドブレンダー MQ745

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック 7 MQ745

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック 7 MQ745

9,323円(12/03 14:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

ブラウンの最新のハンディブレンダーは、混ぜる、つぶす、刻む、砕く、泡立てるの5つの豊富な機能搭載で、2017年のおすすめ商品です。パワフルなモーターと特徴的な先端で、素早く均等に混ぜることができます。そして付属品のアイスカッターでクラッシュアイスもできる優れものです。ジュースやスムージー作りにも最適な造りになっています。

テスコム フードプロセッサーTK441

お手頃価格が魅力のテスコムのフードプロセッサーは、据え置き型で、みじん切りや、粗いおろし、細かいおろし、おまけにバター&ホイップの泡立てができます。ケーキやお菓子作りにも便利です。付け替えカッターなど付属品は全てコンパクトに収納できるようになっています。

パナソニックフードプロセッサー ホワイトMK-K48P-W

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W

5,682円(12/03 14:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

野菜を刻む、スライスするなどの動画を見たことがある人も多くいるとされるフードプロセッサー。あらゆる下ごしらえができるうえに、おろしやとろろカッターが付いてます。パナソニックでは最もお手頃価格になっているおすすめ商品です。

パナソニックフードプロセッサー MK-K81-W

パナソニック フードプロッセッサー ホワイト MK-K81-W

パナソニック フードプロッセッサー ホワイト MK-K81-W

13,809円(12/03 14:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

同じパナソニックのフードプロセッサーですが、MK-K81-Wというタイプがあります。すべての下ごしらえに「高速」「あらびき」「低速」と食材に合わせた調理ができる3段階切り替えが付いています。さらに幅広い下ごしらえができます。そして、硬度がチタンの約1.2倍というブラックハードチタンカッターが付いており、少し硬めの食材でも綺麗に処理してくれます。

クイジナート スリム&ライトマルチハンドブレンダーHB-500WJ

クイジナートから2017年に発売されたスリム&マルチハンドブレンダーは軽くてスリムなタイプです。重さは540gで持ちやすく疲れにくく、女性にも使いやすくなっています。ブレンダーやチョッパー、ビーターという付属品を付け替えることによって、8種類もの切り方があり、泡立てたり、混ぜる、こねるといういろいろな作業ができます。

K&Aみじん切り器 ふたも洗えるぶんぶんチョッパー

商品名にインパクトがあるみじん切り器です。値段がお手頃で、購入意欲がわきやすい商品になります。K&Aのみじん切り器、その名も「ぶんぶんチョッパー」です。手動式ですが、野菜のみじん切りが数秒でできてしまいます。

自分に合った使い易いものを選ぶ事が大切

種類が多いフードプロセッサーですが、購入する際のポイントは、どんな時に使うかを考えて購入することです。毎日の料理を本格的にすることや、お菓子やパン作りもする方におすすめできる高機能なものまで販売されています。

長く使い続けるためには自分に合った使いやすいものを選ぶことです。是非ヘルシーなスムージー作りなども楽しんでみましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール