メイク・コスメ

シミや傷を隠せるファンデーションテープを選ぶコツやおすすめ商品

夏になると海やプールにレジャーで行く機会が増えます。傷やシミ、やけど跡を隠せるファンデーションテープがあれば、安心して海やプール、温泉旅行を楽しめます。あなたの肌や目的に合ったファンデーションテープでレジャーを楽しみましょう。

コンシーラーで消えない傷などを隠したい

大きなしみやほくろ、やけど跡、傷など、消したいと思ってもうまく消せません。コンシーラーやファンデーションを塗ってもその部分だけが厚塗りになって目立ったり、どうしても浮き出てきたり、汗で流れたりとうまく消せません。

そんな悩みを持っている方に、貼るだけでシミや傷が消せるファンデーションテープがおすすめです。ファンデーションテープについてご存じない方にも便利なファンデーションテープの活用方法や選び方、おすすめのファンデーションテープをチェックしてみましょう。

ファンデーションテープとは?

ファンデーションと名がついていると、化粧品かと勘違いしますが、ファンデーションテープは肌を隠す薄い貼るシートです。体に人に知られたくない傷ややけど跡、ほくろなどがあると、温泉やプールに入りたくても入れなくてつらい思いをしますね。

ファンデーションテープには、顔用やボディ用など色々な種類があります。ウオータープルーフタイプのテープや1週間張り続けることができるテープもあります。ほとんどがウオータープルーフルーフで皮脂や汗だけでなく、海やプールに入ってもはがれる心配がありません。

ファンデーションテープは非常に薄いので遠目では貼っている所が分からないほどです。素材も肌に近い素材で作られていて、数種類の色があるので自分の肌にあった色を選ぶことができます。大判サイズだと、大きな傷やあざにはそのまま貼り、小さい傷にはカットして使えます。絆創膏タイプなどサイズも色々あります。傷用、しみ・あざ用などと書かれている商品もあります。

ファンデーションテープはどう使う?

ファンデーションテープは、小さなシミやあざ、ほくろ、そして体に残っている大きな傷を隠したい場合などに貼って隠すことができるシートです。次のようなときにファンデーションテープを使います。

顔のしみやあざを隠す

年齢を重ねると次第に濃くなるしみやあざは、コンシーラーで隠しますが、長期の旅行だと夜には化粧を落としてシミやあざが見えてしまいます。でも、ファンデーションなら1週間ほど貼ったままでも大丈夫な商品もあります。肌になじみがよく、医療にも使うテープで作られている商品もあるので、肌に刺激を少なくしています。

薄いしみや大きいあざがあると、水着を着て海に入ったりプールで泳ぐときにその部分に皆の視線が集まらないか気になります。ファンデ―ションテープでよく見ないと気がつかない程度に隠したいですね。

手足の傷を隠す

開腹手術をした手術跡、それ以外の場所の傷などは、できるならあまり見せたくないと感じ、温泉や海に行くことをためらってしてしまうことがあります。傷を隠せるなら自分の着たい水着を着ることができるのにと感じている人も多いようです。

ファンデーションテープを気になる部分にシップのように貼るだけで、気になる部分にコンシーラーを塗ったようにうっすらと隠れます。

身体のやけど跡を隠す

大きなやけど跡や重症のやけどの場合は色が濃く、目立つ場合があります。やけど跡もファンデーションテープを手軽に貼るだけで目立たなくなります。色が濃い跡にはうっすらとうつることもありますが、そのままのときと比べてかなり跡を隠すことができます。

ファンデーションテープの貼り方(ボディ)

  • ファンデーションテープを貼る方は簡単ですが、次のような順に貼りましょう。隠したい部分の皮脂や汚れをきれいに落とす(水で貼るタイプは、ファンデーションテープを水でぬらす)
  • ファンデーションテープの粘着部分にあるフイルムをはがす
  • 隠したい部分にファンデ―ションテープを貼る
  • 貼ったら、上から軽くこするように押さえて肌になじませてから表面のシートをはがす

ファンデーションテープの貼り方(顔用)

顔用のファンデーションテープを貼る場合は、メイクの前に貼ってその上からファンデーションをのせます。

  • 顔の気になる部分をきれいにする
  • ファンデーションテープの粘着面についているフイルムをはがす
  • ファンデーションテープを気になる部分にはって、肌になじむように押さえる
  • 表面の部分をよれないようにゆっくりはがす
  • 水を含んだスポンジで、たたくようにおさえる
  • その上からファンデーションを軽くのせる

顔に貼ったファンデーションテープをはがすときは、こすると肌トラブルの原因になるので注意が必要です。ファンデーションテープによっては、かぶれを起こす人もいるので注意が必要です。

ファンデーションテープのはがし方

ファンデーションテープは、ウオータープルーフのものが多く、しっかりと密着している分、はがしにくいという面を持っています。そのままはがせる商品とはがすためのシートが必要な商品があるので、購入する際にはどちらのタイプなのかも確認してから購入しましょう。

密着度が高い商品なので、力まかせにはがすと痛みを伴います。端から丁寧に少しずつはがしましょう。

買える場所はここ

ファンデーションテープを買うことができる場所は、オンラインショップ、薬局、100円ショップなどで購入できます。購入しやすい方法で買って、温泉やプールに行けない悩みを解消しましょう。

ECなどオンラインショップで買う

オンラインショップでは、EC、amazonや楽天ショップ、ファンデーションテープの公式サイト、ヤフーショッピングなどで購入することができます。オンラインショップの場合は口コミがみられるので、使ってみて良かったかどうかを知ることができます。

調べるときは、ファンデーションテープと入力すると、ショップやブログなどが出てきます。おすすめのファンデ―ションテープがでてきて、オンラインショップが一番確実に購入できます。

薬局などで買う

薬局では、ファンデーションテープはおいていない所も多いかもしれません。まだあまり知られていないので店員の方も知らない人が多いようです。そのため、店によってはファンデーションテープを入れていない店もあります。

ファンデーションテープでなくて「傷やあざをカバーするテープ」とか「傷隠しテープ」などという名前だとわかるかもしれません。薬局で取り寄せてもらうこともできるかもしれません。

その他の場所で買う

100均ショップでもファンデーションテープが置いている店があります。ただ、薬局と同様、入れていない店も多いので、店舗に行ってファンデーションの場所に置いていないかと店員に尋ねてもない場合は、取り寄せてもらうかオンラインショップで購入した方がいいでしょう。

オンラインショップだと、色々な種類のファンデーションテープが売られているので、一番おすすめの買える場所です。

【ファンデーションテープ】選び方のコツ

フェンデーションテープの選び方は、色やサイズ、耐水性、用途、部位などによって変わってきます。選ぶコツを抑えておきましょう。

肌色によく似た色を選ぶ

ファンデーションテープは、ファンデーションを選ぶときと一緒で肌色に一番近い色を選びましょう。店舗で選ぶなら、試供品や色が見えるものだと分かりやすいですね。肌の色に合わないテープを選んでしまうと逆に傷ややけど跡などが目立ってしまいます。

ファンデーションテープは色の種類が豊富で、オークル系とナチュラル系、ピンク系など種類が豊富です。オンラインショップでは、直接見れないですが、色をのせていますので、その色を肌と合わせてみて近い色を選ぶといいでしょう。傷やしみなどを目立たなくするためにも、選ぶポイントとして色選びは重要です。

傷ややけど跡などの大きさの合ったサイズを選ぶ

小さい傷やしみ、あざ、ほくろなどは、小さいファンデーションテープで良いですが、手術跡ややけど跡など大きい傷を隠す場合は大判のテープが必要です。

サイズは、隠したい部分より大き目を選部と完全にカバーできます。カットできるタイプだったら小さい部分はカットして使うことができます。傷を保護するファンデーションテープはカットできないものもあります。

水に強いファンデーションテープを選ぶ

ファンデーションテープを貼って温泉に入ったり、プールに入ったりするためには、途中ではがれないファンデーションテープでないと困ります。

ウオータープルーフ仕様のファンデーションテープがほとんどですが、中にはウオータープルーフ仕様になっていないファンデーションテープもあるのでよく見て選ぶことが必要です。オンラインショップで購入するときは、口コミや製品の表示を見て耐水性が高いかどうかを見極めましょう。

隠したいものの用途別に選ぶ

隠したいものがしみやあざなのか、手術跡のような傷なのか、それともやけど跡なのかによって、選ぶポイントが変わります。色がうすい傷だと極薄のサイズのファンデーションテープでいいですが、ほくろや色が濃いやけど跡などは薄いファンデーションテープでは色がうつるので少し厚みがあるファンデーションテープを選びます。

用途別にシミ、あざ用、傷用などと記載されている場合があります。ファンデーションの中には重ねて貼ることができるテープと1枚しか貼れないテープがあります。色が濃いテープには重ね貼りできるファンデーションテープで2,3枚重ね貼りすると、カバー力が高いです。

貼る部位によって選ぶ

張る場所が、顔のシミにはる場合や、体にあるほくろに貼るのかによって貼るテープが違います。顔には顔用のテープを選び、体にはボディ用のテープを選びます。ファンデーションテープは吸着力が強いので、肌が弱い顔に貼るときは必ず顔用のファンデーションテープを貼りましょう。

ファンデーションテープによっては、通気性が悪い商品があります。肌が弱い人が何日も貼ると、被れてかゆくなることがあります。1日貼って肌がかぶれるようなら、ファンデーションテープが合わないという可能性があります。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

ファンデーションテープの人気メーカー

人気のファンデーションテープを扱っているブランドメーカーは、ロングマイライフ、CAXEL株式会社、株式会社グランブルーなどです。そのブランドメーカーについて紹介します。

1.世界初の傷跡隠しのファンデーションテープを開発したログインマイライフ

水なしで切傷ややけど跡あざや手術跡を隠すためのファンデ―ションテープを開発した会社で、商品の薄さは0.02mmという薄さのファンデーションテープで本物の皮膚のような肌色シートです。隠したい傷跡や手術痕などを肌と変わらないように隠します。

傷跡を隠すような製品がなく、ファンデーションやコンシーラーは服について取れてしまうというデメリットがありました。そのため、シール状のファンデーションテープを貼ればいいと発案して完成したものです。

2.幅広く事業展開している株式会社グランブルー

千葉県にあるグランブルー株式会社は、「肌かくしーと」という商品を扱っています。「肌かくしーと」は、あざやしみ、傷などの悩みを持つ人の悩みを解消するために生まれた商品です。0.02mmという薄さを実現し、自然な肌と同じように隠すことができます。

シートを貼って隠すのでコンシーラータイプやファンデーションメイクと違い、短時間で隠すことができます。ダンデ―ションテープの「肌かくしーと」は、直接肌に貼るものなので、大手の化粧品も扱っている高い品質を持っている国内指定工場で生産されています。

3.株式会社シー・シー・メディコ

シーシーメデイコは、あざやシミ、手術痕などの悩みを持つ人の多くが、絆創膏やテープでカバーしているという声を知って、皮膚に直接ファンデーションを転写するという貼るファンデーション方式を採用しています。

そして、数ミクロンの薄いテープでありながら、水に強く、耐摩擦性がある優れた性能を持っているフイルムを商品化した会社です。

【ファンデーションテープ】おすすめランキングTOP12

おすすめしたいファンデーションテープを次の基準で選びましたので、ぜひチェックしてくださいね。

  • カバー力がすぐれている
  • ウオータープルーフ仕様である
  • 口コミで評判が高い

ファンデーションテープ 絆創膏サイズ 18枚入

小さな傷ややけど跡、できものを隠せるファンデーションテープです。顔にも使えるので、ニキビやしみ、できものなどの小さな部分をカバーします。指や耳の傷にはれる絆創膏のサイズ。厚さが0.02mmという極薄の防水テープなので肌とほぼ変わりません。

防水がなされているので、海のレジャーや温泉旅行も楽しめます。成分はポリエステルフイルムで薄いので、人工皮膚のように肌になじみます。濃度の濃いコンクインキを使用しているので、極薄フイルムでも傷跡などきれいに隠します。

日常使いであれば、1週間は貼り続けることができます。

<お試しセット>肌かくしーと『傷あと・あざ隠し用』

傷跡、あざ、やけど跡などを隠せる「肌かくしーと」は、汗や水に強い防水仕様で通常使用であれば、1週間ほど貼ったままにしておくことができます。従来の水を使用した転写シートと違い、水を使わない特殊な転写シートなので気軽にどこでも貼ることができます。

色はピンクナチュラル、イエローナチュラル、ナチュラル、ダークオークルの4色で、傷あと・あざ隠し用や濃い傷あと隠し用があります。肌の色や隠したい傷やによってファンデーションテープを使い分けができます。

初めて使う人はお試し用で自分の肌色や隠し方などを練習してから、肌色に合ったファンデーションテープを選ぶと確かです。

肌かくしーと【10枚入り】

白人のような肌に合うピンクナチュラル、色白の肌に合うイエローナチュラル、小麦肌に合うダークオークル、普通肌に合うナチュラルの4色です。濃い傷隠し用は、傷あと・あざ隠し用よりカバー力が高いです。サイズは85mm×105mmが10枚入っています。
ウオータープルーフ仕様なので、温泉、プール、海でもはがれる心配がなく安心です。1枚貼ると1週間そのままでいいので、長期の旅行に助かります。

マジラボ シミ隠しシート15mmサイズ

ナチュリアが販売している商品で、ポリウレタン製の0.007mmの超極薄シートです。シミやニキビ跡を薄くして、その上からファンデーションを塗ればむらなくきれいに隠れます。ニキビの突起や凹んだニキビ跡もきれいに隠せます。
剥離紙がついているのではがしやすく、肌に密着するので貼っていることを忘れてしまうほどで、貼っていても違和感がありません。

(丸型) エアースキン / Cタイプ

ウオータープルーフ仕様のエアースキンは耐水性が高く、水仕事や海、温泉でもはがれずしっかりと密着します。数ミクロンの薄さのシートで、重ねて貼ることができるので1枚では隠しきれない場合は2枚重ねて貼るといいでしょう。

エアースキンは転写印刷式なので、貼るときは水が必要ですが、貼ると擦れたりしても取れにくい耐摩性が強いシートです。その分、はがすときは密着性が強いので、リム―バーなどが必要です。TV東京「トレンドたまご」や日経ヘルスなどで紹介されたファンデーションテープです。

はるびはだ ベージュオークル

はるびはだは、11cm×13cmの大判サイズで、大きな傷跡や手術跡、あざ、やけど跡などを1枚でしっかりと隠します。重ね貼りもできるのでピッタリと密着します。小さい傷もカットして利用でき、水なしで貼るだけでOKです。超極薄のシートは10日間も継続して貼れるので、泊りの旅行でも安心です。

手術跡ややけど跡があるために、入りたいと思っても入れない温泉でも大判シートを貼れば、悩みを解消して温泉を楽しむことができます。ピンクオークル・ベージュオークル・オークル・タンオークルの4色セットになっていて、夏肌、冬肌と肌色に合わせて使いわけできます。

トップシークレットフィルムハダミ ナチュラルベージュ

0.015mmの超極薄のシートで名前の通りトップシークレットのフイルムが、古い傷跡ややけど跡、見せたくないあざなどを隠します。超薄型なので、なでてもさらさらした質感でほとんど分かりません。口コミでは色が白めなので、色黒の肌質の人には合わないという声が見られています。

国内の原料を使用しており、温泉や海でもはがれにくい耐水性があるアイテムです。6×7.5cmの大きさのファンデーションテープですが10枚入っています。

かづき・デザインテープ

かづきれいこ公式ストアが販売しているファンデーションテープで、0.005mmという超極薄のシートがシミや傷がある部分を隠します。本来の目的はほうれい線やたるみを引き締めて、リフトアップした若々しいフェイスラインを保つ目的で使用するものです。

肌の自然な凹凸を実現していて、テープの上からメイクをしてものりがいい構造です。通気性がいいので、むれにくく貼っても目立ちません。テープは、耳の後ろ、耳の前、こめかみからおでこの3か所に貼ってリフトアップします。リフトアップする貼り方にはコツがあり、初心者は最初の練習が必要です。

はるコスメ ビューティーテープA(細)

美容外科の先生とのコラボで開発されたはるコスメは、化粧ができる0.025mmを実現した超薄型ウレタンフイルムです。ニキビやニキビ跡、傷、しみなど、直接コンシーラーで隠すより、フイルムを貼ってからメイクをするので、きれいに隠れます。

このフイルムには、表面にビタミンCやコラーゲンを配合することで凹凸を作っているので、メイクのりがいいだけでなく、紫外線も100%カットしてるので、太陽が当たる季節には傷の部分を保護します。医療用のジェル素材の粘着剤を使用し、敏感肌や肌が弱い顔に刺激も少なく安心です。

傷跡を保護の目的でも使用することができるので、鍼灸治療の傷跡にもテープを貼っておくと目立ちません。

はるコスメ 傷用 15mm

「はるコスメ」の傷用15mmは、メイクができる15mm円の絆創膏なので、ニキビ跡や虫刺されの跡におすすめの商品です。化粧ができる世界初の0.025mmの極薄ウレタンフイルムを使用しており、国際特許も取得しているテープです。

傷あとやニキビに直接メイクをしないので、肌を保護する上に、ファンデーションの粒子がテープに配合されているので肌になじみやすく、メイクのりもいいです。2016年12月3日の楽天リアルタイムコンシーラーランキング1位、ドランクドラゴンのバカ売れ研究所にも取り上げられています。

医療用のジェル素材を使用しているので、低刺激で肌が弱い部分や肌の弱い人も使用できます。

はるコスメ傷用(長40×15mm)

医療用のジェルが肌に低刺激で0.025mmの超極薄フイルムです。絆創膏タイプなので、顔の切り傷、ひっかき傷や大き目の傷、あざ、ニキビ跡などに使うことができます。フイルム表面に凹凸があるので、メイクがのりやすい構造です。

ニキビパッチ

ニキビがあってファンデーションテープを貼れない人におすすめです。ニキビ専用のパッチが肌を守り、ニキビケアにもなります。天然ビタミンE、ヨクイニンエキス、ユキノシタエキスといった植物由来成分が肌に優しく浸透します。ニキビケアにサリチル酸で殺菌し、ハイドロコロイドの水分を吸収するので、肌が潤い保護します。

洗顔後、水分を拭きとり、パッチのシートをはがします。それをニキビの気になる部分に貼ります。シートが白くなると外して新しいパッチを貼ります。

?傷あとなどを綺麗に消して外出を楽しもう

目立たせたくない傷跡、手術跡、やけど跡など、半袖半ズボンの服装を着れない、プールや海、温泉に入れないなどが悩みの種でしたが、ファンデーションテープが開発されてからは貼るだけで隠すことができるので、悩みから解放されています。

商品によっては、顔用やボディ用、大判や小さくカットしたものなど、用途によって分けてあるので選びやすいです。おすすめの商品を参考にして、あなたに合ったファンデーションテープで温泉旅行や海、プールでレジャーを楽しみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧