生活雑貨

ブランケットは可愛いさだけで選ばない。機能性を重視しよう

ブランケットは可愛いだけで選んでいませんか。もっと機能にも優れたものを選ぶと、毎日の生活がぐんと便利になります。手入れがらく、雨や火にも強いものなど、自分のライフスタイルに合わせた素材選びをしましょう。

おしゃれで機能的なおすすめのブランケット

ブランケットでおすすめのものは、可愛いだけじゃなく機能にも優れたものです。可愛さやおしゃれさにもこだわり、かつ機能的なものを選びましょう。ブランケット一つでも素材やサイズ感、それぞれ性質があります。

ブランケットの性質を知って、かしこく選んでみましょう。おしゃれでかつ、機能的なもので一生の自分のお気に入りにしませんか。

ブランケットとは何か

ブランケットと一言でいっても素材や大きさがさまざま。足元やひざを暖めてくれるものですが、活用できるのは冬だけではありません。素材にこだわれば年中使えるものもあるのです。ブランケットはどんなシーンで活用するのかを考えながら自分に必要なものを選んでいきましょう。

英語で毛布のことを意味する

そもそもブランケットとは、英語で毛布の意味です。blanketを和訳すると毛布になります。とはいえ、毛布とブランケットでは認識が異なります。日本では、寝具に使うものが毛布、日中手軽に羽織るものはブランケットのイメージではないでしょうか。この日本でいう意味の毛布とは、ブランケットの「ケット」の部分にあたります。

もともと、「ケット」の音から「毛布」が生まれ、今ではタオル生地のケット=「タオルケット」やキルト生地のものなら「キルトケット」といった言葉も生まれました。一方のブランケットは、手軽な羽織ものとして使われます。これは技術の進歩によって、昔は太い糸から作られていたケットが細い糸でも作ることができるようになったことが由来です。

この細い糸で作った薄手のケット、これがブランケットと呼ばれています。

さまざまな素材があり年中使える

ブランケットは冬の寒いときに使うだけではありません。素材によっては、年中使うことも。冬だけでなく、夏も十分に使えるものです。夏のオフィスは冷房がきいているので、人によっては冷えを感じることも。そんなときにも、使えるものを選んでいればオールシーズン1枚のブランケットで使い続けられます。

夏のキャンプにも、ブランケットが1枚あると、気温の変化にも対応できます。ウールのものを選ぶと火元でも燃えにくいです。さまざまな素材のブランケット、自分の活用する場面を考えると検討もしやすくなるでしょう。

大判や厚手のものが人気

ブランケットにはサイズもいろいろとあり、大判のものも人気があります。それは、足元を温めることもでき、肩に掛けることもできるからです。夏の冷房は風のせいで冷える場合があります。そういう場合にも、大判のサイズのブランケットなら肩に掛けて冷えを防ぐこともできます。

厚手のものなら、より体を温めてくれます。アウトドアにもいいですし、部屋のなかで使ってもより体をあたためてくれます。お腹やひざを冷やすこともありません。冷えが気になるのなら、厚手のものも便利です。

ブランケットの手入れについて

肌をきれいに保つポイント

ブランケットにも手入れは必要です。毎日使っていれば温かいブランケットには湿気がたまります。湿気がたまればカビの原因にも。もちろん、汚れやにおいも気になるところです。

ただし、素材によっては手入れの方法も異なるため、ただしい手入れの方法を知って、長持ちさせましょう。

ウールのものは日陰に干す

基本的にウールはあまり汚れません。ウールは撥水性が高くシミもつきにくい素材です。洗濯するおっくうさがない手軽なもの。とはいえ、においが気になることもあるでしょう。

洗濯しないウールの手入れ方法は陰干しです。それも週に1回。1、2時間程ウールのブランケットを陰干ししましょう。直射日光にあてると色あせたり、変色してしまうこともあります。陰干しをして、湿気を逃がします。

ウールは手入れがらくといえるでしょう。神経質になることなく、1週間に一度の手入れで長く愛用することができる素材です。

洗える素材であれば洗濯機で洗ってOK

洗濯表示をよくみると、ドライクリーニングのマークがついている場合もあります。そういった場合は、洗濯ができます。手洗いはなるべく避けたほうが安全です。手洗い表示されていても、洗うと縮んでしまったり、肌ざわりが変わってしまうこともあります。洗う場合には、ドライクリーニングをしましょう。

毛の逆立ちやにおいが気になるときにも、ドライクリーニングでおさまる場合があります。洗える表示があるのなら、洗濯機にまかせてしまってもOKです。

おすすめのブランケットのブランド

羊柄がかわいいKLIPPAN

スウェーデンのブランケット、KLIPPAN(クリッパン)スウェーデン国内ではとても有名な会社です。クリッパンの商品は高品質。一生ものとして愛用できるものに出会えます。

羊毛選びからこだわりぬかれたウールのブランケット。高品質だけでなく、可愛らしい羊柄など、デザイン性も高い北欧のブランケットです。しっとりとやわらかい可愛いデザインが暖かい冬を彩ります。

柔らかく保温性に優れたSilkeborg

Silkeborg(シルケボー)のゴッドランドシープは太くて柔らかい毛が特徴です。ふわりと柔らかいブランケットは、保温性がよく、寒い日も体を包み込み、暖めてくれます。稀少なゴッドランドシープの毛で作ったウールは一般的なものよりも暖かいといわれています。

毛に含まれるリノレンの量がゴッドランドシープには多く含まれています。これはシミになりにくいという特徴があります。丁寧に作られた高品質なシルケボーのブランケット。そしてデンマークで企画されるデザインはシンプルかつ飽きのこないもの、冬のアイテムとして活躍してくれます。

やさしい肌触りのgelato pique

gelato pique(ジェラートピケ)とはアイスの生地の意味。大人のデザートをコンセプトにルームウエアを中心に商品展開をしているブランドです。着心地をこだわった部屋のファッションとして、ブランケットもおしゃれで可愛いアイテムの一つです。

ジェラートピケのブランケットの柄はふんわりとしたパステルカラー。ソファにかけてあるだけで、インテリアにもなりそうなアイテムです。ルームウェアのブランドなだけに肌触りが優しく、もこもこふんわり。冬も暖かく体を包み込みます。

撥水性や耐久性に優れたPendleton

Pendleton(ペンドルントン)のブランケットは100%バージンウールを使用しています。高品質で、保温性が高いものです。アウトドアの必需品ともいわれ、撥水性や耐久性にも優れています。大きめのブランケットも取り揃えているのですが、軽量なため羽織っても邪魔になりません。

なんといってもペンドルントンは柄が可愛いく、ネイティブ・アメリカンの伝統的な柄なのですが、カラフルで鮮やかです。

北欧柄が人気のROROS TWEED

ROROS TWEED(ロロスツイード)のブランケットは、ノルウェーのニューウール100%で作らています。ふんわり、やわらかな印象の柄が可愛らしいブランケット。シロクマやヘラジカといった北欧の動物らしい柄、といっても羽織れば大人っぽい印象になるようなデザインです。

ニューウールはとても暖かく、燃えにくく、汚れも付きにくいものです。ロロスツイードの商品は、すべてリバーシブルになっていて、裏表どちらでも使うことができます。

シープスキンがお馴染みのUGG

UGG(アグ)はムートンブーツのイメージがありますが、ブランケットもあります。それも、もこもこふわふわな肌触りが心地いいのです。触った瞬間、暖かく、ふんわりとした肌触りが最高のブランケット。見た目はシンプルですが、しっとりとした大人なカラーがインテリアにもなじみます。

女性にも男性にもおすすめできるシンプルなブランケット、一度さわったら手放せなくなりそうです。

吸水性が高いkashwere

kashwere(カシウエア)の素材の特徴は、ポリエステル100%です。そのため、洗濯機、乾燥機も使える便利さがあります。カシウエアは、日常でも使えるカシミアというコンセプトのもとに作られているため、扱いが簡単です。また、吸水性が高く、速乾性がいいという面も便利なところ。

カシミアのような素材感。ふわふわで暖か、敏感肌や乾燥肌にもなじむカシウエアは、アカデミー賞のギフトにも選ばれています。

さまざまな高級素材が人気のRalph Lauren Home

Ralph Lauren Home(ラルフローレンホーム)はラルフローレンが展開するブランドのなかでも、寝具やルームウエア、タオルを中心とした商品を販売しています。そのなかにブランケットがあるのですが、カシミア、コットン、ウールといったさまざまな高級素材を取り入れられています。

ラルフローレンの有名なロゴのついたブランケット。高級感というだけでなく、チェックの柄も可愛いくおしゃれです。

お気に入りのブランケットで毎日を快適に

冬の寒い日も、夏の冷房にも、お気に入りのブランケットがあれば毎日がステキな時間になります。暖かく快適なブランケット。いいものを、おしゃれに、機能的なものを選ぶ。そうすれば、毎日の手入れにも面倒さを感じません。汚れにくい素材や、洗いやすさを追求している商品などもあります。そういった便利さ、可愛いものを選んで毎日を楽しく快適に過ごしましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール