生活雑貨

ゴミ箱はどうやって選ぶ?選び方のポイントとおすすめのアイテム


Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/eligo/litora.jp/public_html/wp/wp-content/themes/bloom_tcd053/single.php on line 74
どんな家でも生活必需品として使われているゴミ箱。見た目より実用性を重視しがちですが、意外と目につくインテリアのひとつであるゴミ箱は目的や用途合ったものを選ぶことが重要です。ポイントを押さえ、自分の家や部屋にあったゴミ箱をみつけましょう。
Warning: Use of undefined constant _aioseo_description - assumed '_aioseo_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/eligo/litora.jp/public_html/wp/wp-content/themes/bloom_tcd053/single.php on line 74

目的・用途からゴミ箱を考えよう

ゴミ箱を選ぶときには、どんな点を重視して選びますか?部屋に置くインテリアのひとつとしてデザインを重視する人もいれば、ゴミを捨てるという行為を考えて実用性を重視する人もいるでしょう。あるいはゴミの入る容量や匂い対策ができているがどうかなどといった点を気にする人もいると思います。

インテリアの観点からすると、汚れたものを捨てるイメージの強いゴミ箱は、できればその存在感を主張したくない家具です。とはいえ、生活をしていると、どうしてもゴミは出るものです。ゴミ箱を家に置かないという選択肢をとるのは、なかなか困難です。ゴミ箱を置いていない部屋で不便な生活を送るより、部屋のイメージを壊さないようなゴミ箱を選ぶ方が、生活しやすい部屋を保つことができます。

ゴミ箱を置く場所と、そのゴミ箱の用途から、どんな種類のものを選べばよいかを考えてみましょう。

ゴミ箱を置き場所で考える

ゴミ箱の置き場所は1カ所ではありません。リビングやキッチンなど、家のなかのゴミ箱を置く必要がある場所において、それぞれのスペースに合ったゴミ箱を選ぶことが重要になります。置き場所ごとの選ぶポイントをみていきましょう。

「リビング」はデザインを重視

リビングに置くゴミ箱は、デザインを重視して選ぶことをおすすめします。ティッシュなどの小さいゴミが出やすいリビングは、ゴミ箱を置くことが必須ともいえるスペースです。部屋に生活感を出したくないという人でも、ゴミ箱を置かないという判断はしづらいでしょう。さらに、生活の快適さを考えると、ゴミを捨てやすい場所にゴミ箱を置きたいところですが、ゴミの捨てやすい場所は、人の目に付きやすいという問題点も抱えています。

人の出入りが多く、来客を招く可能性もあるリビングのゴミ箱は、常に人の目を意識する必要があります。そのため、意識存在感を主張せず、部屋になじんでいることが重要になります。インテリアのじゃまにならないおしゃれなデザインのものや、部屋のイメージに合ったものを選ぶことで、違和感を感じさせないようにしましょう。

「キッチン」は隙間でキッチリ分別

キッチンは、紙ゴミや生ゴミ、ペットボトルに缶や瓶など、さまざまな種類のゴミが発生する場所です。そのためキッチンに設置するゴミ箱は、きっちりと分別できるものであることがポイントになります。

ゴミを細かく分別することを考えると、ゴミの種類ごとにゴミ箱を設置したいところですが、キッチンのスペースには限りがあります。ゴミ箱を設置するためだけに貴重なスペースを割くことはできません。限られたキッチンのスペースに設置するゴミ箱は、隙間を活用して設置できるものを選び、無駄なスペースを作らないようにするといいでしょう。

また、匂いが気になるゴミが出がちなキッチンには、フタ付きのものを選ぶことをおすすめします。フタ付きのゴミ箱にすることで、ゴミが丸見えにならず、おしゃれなキッチンを演出することも可能になります。

「トイレ」は小型でスッキリ

トイレは非常にこじんまりしたスペースです。存在感のある大きなゴミ箱ではなく、小型なものを選ぶことで、空間をスッキリさせましょう。コンパクトなトイレポットなら、さまざまな形状があり、シンプルながらもおしゃれなデザインのものも多くあります。

掃除用具入れと一体型になったものや、サニタリーボックスとして使用できるフタ付きのものなど、実用性のあるものを選ぶと、トイレに設置するものが少なくて済みます。サニタリー用品とそれ以外のゴミを分けて捨てるために、分別できるタイプを選ぶというともひとつの手です。

「屋外」は頑丈で安心

屋外やベランダにゴミ箱を設置するスペースを設けることができる場合には、雨風にさらされても壊れたり飛ばされたりしない頑丈なものを選びましょう。また、屋外のスペースが活用できる場合には、室内に置くことができないゴミを置けるように、分別機能がついた大きめのものを選ぶことをおすすめします。室内に置いておくと悪臭の原因となる生ゴミや、ごみの収集日まで出すことのできない分別したゴミなど、一時的に屋外に置いておきたいゴミは、多岐にわたるからです。

ただし、屋外に設置するからといってゴミの匂いをそのままにしていいというわけではありません。近隣に住む人への迷惑とならないよう、フタ付きでできるだけ密閉性の高いものを選ぶことを意識しましょう。

ゴミ箱をタイプ・形で考える

ゴミ箱には、さまざまな形状をしたものがあります。具体的にはどのようなタイプのものがあり、それぞれどのようなメリットをもっているのでしょうか。タイプや形状を確認し、自分の家に合ったものを選びましょう。

定番で使いやすい横型

ゴミ箱が横に並んだ横型の分別ゴミ箱は、使い勝手がよく、ゴミ箱の定番ともいえます。横型のゴミ箱は、高さが低く幅があるため、安定性があり、大人から子どもまで使いやすいタイプです。横型は設置するスペースが大きいイメージがあるかもしれませんが、スペースをとらないようにスリムに設計されたものも多いので、ゴミ箱を設置するスペースのサイズに合わせたものを探してみましょう。

重ねて省スペースの縦型

横型のゴミ箱を設置するスペースを確保できないときに選ばれるのが、ゴミ箱を縦に重ねた縦型の分別ゴミ箱です。縦型の場合、ゴミ箱が縦に積み重なっているので、省スペースで設置することが可能です。スペースが広く確保できないけれど、それなりにゴミが出て、ゴミ箱の容量は必要という場合には、縦型のものを選ぶことをおすすめします。

いつでも清潔丸洗いタイプ

ゴミ箱には、汚れたものを捨てることが多く、ゴミ箱本体も汚れがちです。特にキッチンに設置する分別用のゴミ箱は汚れることも多く、拭き取るだけではきれいにならないこともあります。大きいものだと、なかなか難しいところではありますが、できればゴミ箱をそのまま丸洗いしたいものです。

ゴミ箱にはさまざまな素材のものがあります。素材によっては洗うことが困難なものもあります。いつでも清潔な状態を保つためにも、水で丸洗いできるものを選ぶことをおすすめします。

お洒落にこだわるならデザインタイプ

たかがゴミ箱、されどゴミ箱。インテリアにこだわりがある人なら、ゴミ箱のデザインにもこだわりたいところです。おしゃれを重視すると、実用性に欠ける部分もあるかもしれませんが、部屋のイメージを損なうようなものは、たとえ少し不便を感じても置きたくない、という人もいるでしょう。

そんなこだわり派の人は、自分が納得がいくまでとことんおしゃれなデザインのゴミ箱を選びましょう。ゴミ箱は、家にいる限り、毎日目にするものです。納得がいっていないものが常に視界に入ると、その不快感は日に日に強くなっていきます。毎日目にして、毎日使うものだからこそ、デザインにもこだわって、お気に入りのものをみつけましょう。

こだわりのおすすめゴミ箱5選

ゴミ箱の選び方のポイントを押さえれば、あとは自分の部屋や目的にあったゴミ箱を探すだけです。どんなゴミ箱があるのかイメージがつかめていない人に、おしゃれで使いやすいおすすめのゴミ箱を5つ紹介します。ゴミ箱選びの参考にしてください。

シンプルがお洒落「無印良品のダストボックス」

無印良品のインテリアは、シンプルでおしゃれなものが多くあります。ダストボックスもシンプルなので、どんな部屋でもなじむことができるという魅力があります。なかでも「重ねて増やせるダストボックス」は、キッチンでの使い勝手を考え、細かい分別がしやすいよう設計されています。

スーパーの袋をそのままセットすることができるので、おしゃれなのに使い勝手がいい、デザインと実用性を兼ね合わせたダストボックスです。

インテリアになじむゴミ箱「ideacoのチューブラー」

「ideaco(イデアコ)」のゴミ箱「チューブラー」は、内側にセットしたビニール袋を隠して使えるよう二重構造になっています。ゴミ箱を汚れから守るために使われることの多いビニール袋ですが、ゴミ箱からビニール袋がはみ出していると、どんなにデザインの優れたゴミ箱も台無しです。ビニール袋を内側に隠す構造にすることで、実用的かつおしゃれなゴミ箱を実現しました。

シンプルなのに洗練されたフォルムは、ホテルの客室備品としても採用されるほどです。カラーは全部で6色あり、自分の部屋に合わせたカラーを選ぶことができるのも大きな魅力です。

カッコいいゴミ箱「simple humanのステップダストボックス」

アメリカで絶大な支持を受けているハウスウェアブランド「sinmple human」のステップダストボックスは、とにかくオシャレでカッコいいことが魅力のゴミ箱です。その魅力は見た目だけでなく、実用性もきちんと備わっています。

ペダルを軽くふむだけでフタが開いたり、特許を取得したリッドショックテクノロジーにより、フタがゆっくりと静かに閉まるなど、うれしい機能が満載です。スタイリッシュで場所をとらないので、好みのサイズを選んでさまざまな場所に設置することができます。

アヒルのフォルム「kcudのスリムペダル」

グッドデザイン賞も受賞した機能美が美しい「kcud」のスリムペダルは、美しい外観で、生活感を出さないスタイリッシュなデザインです。オシャレでスタイリッシュながらも、置く場所を選ばないシンプルなデザインが特徴で、アヒルのフォルムに似ていることから「duck」のスペルをさかさまにしたのが「kcud」の名の由来です。

その特徴的なフォルムによって、ペダルが本体からはみ出さないので、足元の動作を妨げることはありません。キャスター付きなので、楽に移動させることができ、調理や掃除のときにも邪魔にならないことも魅力です。

普及型屑入れ「Bunbukuのテーパーバケット」

1918年に創業した『Bunbuku/ぶんぶく』のテーパーバケットは、「ゴミ箱」と耳にした瞬間に思い浮かべる丸い筒状をしたシンプルなゴミ箱です。そのフォルムは、懐かしさを感じさせる一方で、色使いは洗練されていて、新しさも併せ持っています。以前から家に置いてあったかのように、日常生活にすっと溶け込んでくれます。ひとつで置いてもかわいらしいですが、色違いで並べるとオシャレ感が増し、さらにかわいらしさを演出できます。

ゴミ箱としてだけでなく、掃除道具などを入れておく道具入れとしても活用することができ、生活になじんで活躍してくれます。

ゴミ箱にも自分なりのこだわりを持とう

ゴミを捨てるという行為は、1日に何度も発生します。ゴミを捨てるたびに目にすることになるゴミ箱は、ぜひともお気に入りのものを見つけたいものです。

一言でゴミ箱といっても、さまざまな種類や特長があります。ゴミ箱は所詮、ゴミを捨てるためだけのものではありますが、部屋を彩るインテリアの一部でもあります。インテリアと認識してお気に入りのアイテムを探してみましょう。自分なりのこだわりを持って探すことで、運命の一品に出会えるかもしれません。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧