生活雑貨

お気に入りのティーポットで紅茶をもっと楽しんでいこう

紅茶を飲んで息抜きを楽しみたい、そう考えているのでしたらぜひティーポットも選んでみませんか?この記事ではおすすめするティーポットを紹介していきます。お気に入りのティーポットを手に入れてお茶をもっと楽しみましょう。

おしゃれなティーポットでほっと一息を

リラックスを目的としてつかの間の一息を楽しむのでしたら紅茶は最高のものです。紅茶を飲んでゆっくりしたいという人の中にはティーポットもお気に入りのモノを揃えたいと考えている人が多いと思います。そこで今回はおすすめするティーポットを紹介していきます。ティーポットの基本知識を抑えた後におすすめするティーポットのサイトを紹介していきますので、きっとあなたのお気に入りが見つかるでしょう。ぜひ最後まで読んでみてください。

ティーポット選びのポイント

せっかくお気に入りのティーポットを見つけてもおいしいお茶を淹れることができなければ台無しです。そのためまずはティーポットを選ぶポイントを押さえておきましょう。

茶葉が動きやすい丸い形状

ティーポットの形状に注目するのは、ティーポット選びにおいてポイントの一つです。丸い形状のティーポットは、茶葉の旨味を引き出すのでおすすめです。丸い形状だと茶葉が対流しやすく、閉じている茶葉が開きやすくなるのです。この要素は美味しい紅茶をいただくために必要なもの。これにより旨味が引き出され、紅茶の美味しさがさらに引き立ちます。自らジャンピングをおこなった上で紅茶を飲みたい場合は、丸い形状のティーポットを選ぶと手軽に対流させることが可能です。

高い保温性

ティーポットを選ぶ場合は保温性もチェックしておきたい点です。もし保温性が高くないティーポットを選んだ場合、せっかく淹れた熱い紅茶が最後の方には冷めてしまい残念なことになります。冷めるとせっかく開いていた茶葉が閉じてしまい、旨味が紅茶に出てこなくなるからです。温度は紅茶を美味しくいただくための重要な要素です。ゆっくりと、また最後まで美味しくいただくためにも、保温がしっかり保てるという点にティーポット選びの際には気をつけるとよいでしょう。

生活スタイルにあわせたデザイン

さまざまな生活スタイルが増えたようにティーポットの素材もさまざまなものがあります。紅茶を楽しむためにも雰囲気は大事にしたい要素ですので、ティーポットは自分の生活スタイルに合わせて選ぶのがよいでしょう。自分が気に入ったティーポットでも雰囲気が浮いてしまっていたり、管理が大変なティーポットを選んでいてはせっかくのお茶を楽しめなくなってしまいます。ティーポットは商品によって特徴が違うので、まずは気軽に扱えそうなものから選ぶのをおすすめします。

生活に適したサイズ

ティーポットを選ぶ際にはサイズも考えましょう。もし普段何人かでお茶を楽しむのでしたら大きいサイズがおすすめですし、一人でお茶を楽しむ場合でしたら小さいサイズがおすすめです。もしも用途に適さないティーポットを買ってしまうとせっかくの紅茶の楽しみが減ってします。用途を考えてティーポットのサイズも気にしてみてください。ティーポットは大きなタイプも小さなタイプも同じようなデザインで販売しています。ネット上で購入する際は容量の方もチェックして買うかどうかを決めるとよいでしょう。

ティーポットの素材

現代では、さまざまな素材でできたティーポットが販売されるようになりました。素材によりそのティーポットの特性も変わってきます。簡単に特性を把握しておきましょう。

紅茶初心者にもオススメのガラス

ティーポットの素材はガラス、陶器、ステンレスといったものが主にあげられます。その中でも紅茶を淹れる経験がまだ初心者の方には中の茶葉が確認できるガラス製のティーポットがよいでしょう。紅茶を美味しくいただくためにティーポットにお湯を淹れて燻らす過程は重要なものです。保温性の点においては優秀とは言えませんが、他の素材ですと中が見えづらく、その点ガラス製は中がすっきりと見えます。また、インテリアとしても見栄えがよいので茶葉のおいしさを堪能したい人にはおすすめです。

保温性に優れた陶器

陶器のティーポットの特徴は保温性が高いことです。中はガラスと違って見ることはできませんが、磁器製より若干カジュアルで使いやすく、陶器のティーポットで淹れたお茶は味がまろやかになる傾向があります。また、陶器ですので冷めてしまってもレンジで温め直すことが可能です。ただし強い香りのお茶を淹れてしまうと匂いや色が染み付いてしまうことがありますので注意しましょう。デザインは陶器のため形や色に幅があります。ユニークな陶器製のティーポットを見かけることがあるかもしれません。

インテリアとしても魅力的な磁器

磁器でできたティーポットはそのつるつるとした触り心地が特徴です。磁器は白くて透明性が高いのが特徴で、細やかな装飾が施されているものが北欧インテリアを中心に多く販売されています。インテリアのためだけに磁器は人気なのではなく、匂いが強い茶葉を淹れても染み付かないのは磁器ならではの利点。そのため淹れたお茶も余計な味が混ざらずそのままの味を堪能することができます。磁器は陶器と違い、保温性が高くありません。一部では陶器と磁器を同じように扱うこともありますが、同質のものだと考えない方がよいです。

錆びにくく機能的なステンレス

機能性の高いティーポットを求めているのでしたらステンレスのティーポットがおすすめです。ステンレス製はたとえ落としてしまっても割れないというのが特徴でしょう。保温性にも優れており、商品によっては魔法瓶構造を採用しているものもあります。さらにステンレス製ですのですぐに錆びる可能性を心配する必要がありません。ステンレスと聞いてデザインがいまいちだと考える人もいるでしょうが、デザインにこだわっているティーポットも販売されています。その場合は基本的にレトロなデザインが採用されています。

オススメのティーポットブランド

ティーポットのそれぞれの特性を抑えたのでもうティーポット選びは問題ありません。あとはお気に入りのティーポットを見つけるだけ。ここではティーポットを取り扱っているおすすめのお店を紹介します。

紅茶用品も充実の「ハリオ」

ガラスのティーポットを探すのでしたらハリオがおすすめです。ハリオは創業当初から耐熱ガラスの製品を作り続けており、ティーポットも主にガラスで仕上がったものだけを販売しています。ハリオでは色々な形のガラスのティーポットが充実しており、ほとんどの製品が丸い形状をしたティーポットとなっていますので手軽に美味しい紅茶を楽しむことができます。ティーポットは基本耐熱ガラスを使った製品となっており、中の部品である茶こしを取り除けばレンジで温めても大丈夫な商品となっています。ぜひ一度ご覧ください。
URL https://www.hario.com/

英国陶器の名店「WEDGEWOOD」

Wedgwood Arris Teapot

Wedgwood Arris Teapot

Amazonの情報を掲載しています

陶器や磁器のティーポットをお求めでしたらWEDGEWOODをおすすめします。様々なデザインのティーポットが取り揃えてあり、WEDGEWOODのティーポットを置いているだけでも洗練されたデザインにより十分に楽しめるでしょう。模様は長年親しみ続けられてきたものから、新しいタイプのものまで様々用意されており、中でも野いちご模様のティーポットはWEDGEWOODの代名詞です。王侯貴族を魅了したとされる製品はイギリスのお茶会をイメージさせます。またアフターケアもばっちり対応してくれるので安心です。
URL http://www.wedgwood.jp/

フィンランド生まれの「Marimekko」

marimekko ティーポット ホワイト ブラック 700ml

marimekko ティーポット ホワイト ブラック 700ml

9,909円(10/23 08:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

フィンランドで誕生した現在では有名ブランドとなったMarimekkoのティーポットもおすすめです。ティーポットの販売は構造が全て同じタイプですが、その独特なデザインは誰の目にもとまること間違いなし。フィンランドが発祥の地ということもあって、デザインには北欧らしさが垣間見えます。持ち手や取っ手にもこだわりがあり、白木を採用しているとのこと。優しい雰囲気でありながら、可愛らしいデザインに仕上がっているのでぜひ覗いてみてください。
URL http://www.marimekko.jp/shop/marimekko/item/list/category_id/64

世界を席巻した国産ブランド「ノリタケ」

磁器のティーポットでしたらノリタケもおすすめです。ノリタケは陶磁器の製品研究を徹底して追及しており、ノリタケノ製品である陶磁器は絶妙な白色を醸し出します。磁器というだけあってデザインはシンプルですが洗練されており、装飾も細やかなものとなっています。そしてその装飾も職人が筆で書き起こしているという徹底ぶり。国産ブランドということもあって、日本人が好むデザインのティーポットも多々あります。紹介するサイトでは上品なデザインを多く販売していますが、カジュアルなデザインも販売しています。
URL http://tableware.noritake.co.jp/fs/tableware/c/pot_pitcher/

デンマーク王族御用達「Royal Copenhagen」

陶磁器のティーポットでしたらRoyal Copenhagenのティーポットもおすすめ。そのブランド力はすごく、デンマークの王族御用達の一品になったほどのデザインはあらゆる点において優れています。特にRoyal Copenhagenは青色に昔からこだわりぬいており、白い磁器を彩る青色に誰もが目を惹かれること間違いないでしょう。こちら紹介するサイトでは青をあしらったティーポットを主に販売しています。ぜひ一度覗いてみてはいかがでしょうか。
URL https://www.royalcopenhagen.jp/

お気に入りのティーポットを見つけて息抜きしよう

今回はおすすめするティーポットを紹介してみました。ティーポットで淹れると紅茶が美味しいものとはなりますが、さらに美味しくいただくためにはまずティーポットが自分の用途や好みに合ったものでなくてはなりません。お気に入りとなるティーポットは人それぞれですが、紹介したサイトは全てそれぞれの製品に伝統と誇りを持っているので、あなたの気に入ったティーポットがきっと見つかります。お気に入りのティーポットを見つけて、あなたの紅茶ライフをより楽しいものにしていきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール