資格・語学

安全で安心の国内留学|楽しく、安く英語を学んで語学力を向上

英会話のスキルを磨くアプローチは、海外留学ばかりではありません。最近では、より手軽に英語を学べる国内留学がトレンドになっていて、人気のサービスには応募者が殺到しています。今回は、国内留学のメリットと注意点についてみていきましょう。

1泊2日からでも留学できる

国内留学の場合、海外留学と違って費用も時間もかからないため「仕事や学校でなかなかまとまった時間が取れない」という方でも手軽に申し込めて、語学力の向上につなげられます。最短で1泊2日からでも異文化交流を楽しめる、国内留学の魅力についてお伝えしていきます。

国内留学とはどういったものか

かつては、語学留学といえば海外留学が主流でしたが、ここ数年は経済情勢の影響もあり、国内留学の人気が高まりつつあります。日本にいながらにして生の外国文化に触れられて、語学力も向上する国内留学のポイントについて解説していきます。

ホームステイタイプの国内留学

海外留学でも国内留学でも、語学力向上のステップとしてはホームステイが主流です。最近では、遠い外国まで足をのばさなくても、国内で留学生を受け入れるホストファミリーが増えていて、語学留学へのハードルが下がっています。

国内ホームステイの場合も、基本的に自分以外には外国人しかいない状況です。そのため、最初のうちは英語でのコミュニケーションが苦手だったとしても、生の英語に触れるうちに耳がどんどん慣れていきます。そして、帰る頃には自然な英語で話せるようになります。

もちろん、公認団体の厳正な審査を通過した、優良なホストファミリーがそろっているため、「知らない人の家に、いきなり泊まるのはちょっと。」という方も不安なく参加できます。

合宿のスクールタイプの国内留学

ホームステイで、「初対面の家族と交流することは少し恥ずかしい」という方には、合宿タイプの国内留学がおすすめです。合宿なので、まわりは日本人ばかりです。また、泊まる場所も日本国内なので、慣れた環境でプレッシャーを感じずに、英語力を高められます。

また、合宿のカリキュラムも注目ポイントのひとつです。ここ数年は、どの合宿プログラムも個性豊かなカリキュラムを打ち出しています。

たとえば、朝から晩までみっちりと英語を習得できるところから、サークル気分の延長で、楽しみながら英語を覚えられるところまで、バリエーションはさまざまです。英語を学ぶ用途に合わせて、無理なく英語を学べる合宿を選びましょう。

24時間英語漬けの環境が得られる

国内留学には、さまざまなパターンがあります。どの留学パターンでも集中した環境を整えられて、その気になれば24時間英語漬けの生活を送れます。

国内留学では基本的に、「英語を学ぶ」というコンセプトが統一されているので、もともと英語がそれほど得意ではないという方でも、学習に集中できます。また、ゲーム要素の強いカリキュラムでは「英語を学んでいる」という感覚もないうちに、語学力を高められるでしょう。

特に、ホームステイ型の国内留学の場合は、起きてから寝るまで生の英語に触れられるため、基礎的な英語力が備わっている方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

国内のため気軽に参加できる

国内留学には何といっても、手軽に足を運べるというメリットがあります。海外留学なら、最低でも2週間以上はスケジュールを空けなくてはなりません。また、パスポートの用意やビザの申請など、事前の準備にもいろいろと時間がかかります。そのため初心者の場合は、1カ月以上の期間が必要になることも多いです。

留学を受け入れる側もそうしたニーズを踏まえ、週末や長期休暇に合わせて、本格的な留学のプログラムを実施しています。したがって、平日は仕事や学校で忙しいという方も、ウェブサイトをチェックして、自分に合った留学プログラムをピックアップしてみましょう。

国内留学ができる場所

国内留学のポイントについて把握できたところで、次は実際に国内留学を楽しめる場所について、具体的に見ていきましょう。ウェブサイトを上手に活用すれば、あなたのお近くの留学スポットが、きっと見つかるはずです。

福島県のブリティッシュヒルズ

「パスポートのいらない英国」というキャッチフレーズで知られる、こちらの「ブリティッシュヒルズ」では、1泊2日から参加できる英語研修「Highland Life」を体験できます。

約73000坪の広大な敷地には、中世のイギリスを彷彿とさせる伝統的な建物が建ち並び、日本にいながら本格的な国内留学を満喫できます。

【公式HP:https://www.british-hills.co.jp/

ホームステイタイプでの国内留学のLily English Center

お子さんから学生、社会人まで、年齢制限に関係なく応募可能な「Lily English Center」。最短で半日からでも参加でき、事前にホストファミリーともメールで連絡を取り合えます。そのため、ホームステイそのものに不安を感じている方も、安心して参加できます。

【公式HP:http://www.lily-ec.jp/

国内留学用英会話学校のランケッジヴィレッジ

「もっと本格的に英語を学びたい」という意識の高い方には、こちらの「ランケッジヴィレッジ」がぴったりです。敷地内では24時間英語のみという環境で、カリキュラムもまさに塾のような充実度です。

午前3コマ、午後3コマの英会話レッスンのほか、1日の終わりの映画鑑賞会も楽しみのひとつです。食事中や休み時間も、クラスメイトと積極的にコミュニケーションをとれば、より自然な形で英語力を身につけられます。

【公式HP https://languagevillage.co.jp/

人気の米軍基地内にあるアメリカ人家庭

日本にいながらにして、異国の雰囲気が感じられる場所といえば、米軍基地があります。基地内のアメリカ人家庭へのホームステイも、ここ数年でますます人気となっていて、週末だけのステイも可能です。

期間中は就寝以外の時間は、すべてホストファミリーとともに過ごすので、連帯感も自然に高まります。また、「日本語を一切使えない」という制約があるからこそ、ポジティブな気持ちで語学学習に取り組めます。

国内留学のメリット

ここであらためて、海外留学と比較した場合の「国内留学のメリット」について見ていきましょう。海外留学か、国内留学か。自分に合った留学スタイルで迷っている方は、参考にしてください。

短期間で英語を鍛えられる

海外留学が長期戦なら、国内留学は短期戦です。本格的な学習というよりは、とにかくまず英語に親しむ、英語に触れる時間をつくるという目的には、国内留学のほうが向いています。

国内留学において、基礎的な語学力が身についたら、より本格的な海外留学を検討するというパターンが、一般的になっているようです。

気軽に参加できる

語学学習に関心があり、スキルを高めたいと考えている方でも、普段は仕事のスケジュールがたてこんでいたりして、なかなか留学には踏み切れないものです。

その点、週末のみ、半日のみという参加が可能な国内留学であれば、スケジュールを調整する必要はありません。また、長期休暇を取らなくても、気軽に留学プログラムに参加できます。

さらに、知り合いを誘いやすいということも、大きなポイントです。「一人だと、やはり少しハードルが高い」という方でも、ぜひ友達を誘って国内留学を体験してみてください。きっと、新鮮で刺激的な体験ができるはずです。

費用が掛からない

コスト面でも、海外留学と国内留学では大きな違いがあります。留学場所によっても異なりますが、英語圏での海外留学となると、渡航費用だけでも5万円以上は必要になります。さらに、宿泊費や保険料などを含めると、10万円を超える出費を覚悟しなくてはなりません。

国内留学なら渡航費用がかからず、海外留学のように特別な損害保険をつける必要がないため、トータルコストを圧倒的に低く抑えられます。

社会人でも利用できるので英語の学習に利用しよう

生涯学習として根強い人気を保っている国内留学。週末だけでも参加できるため、社会人になっても時間と費用をそれほどかけずに語学力を磨けます。

ホームステイタイプから合宿タイプまで、学習スタイルもバリエーション豊富なため、自分の個性に合ったカリキュラムをリサーチして無理なく楽しく英語力を向上させましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール