メイク・コスメ

自分に合ったコンシーラーでクマの悩みとサヨナラしよう

寝不足や疲れが出がちなクマにも、種類があります。そのクマに合わせたコンシーラーを使ってあげなければ、上手に隠せず、かえって目立たせてしまうかもしれません。クマのタイプ別おすすめのコンシーラーをみつけて、上手な塗り方もマスターしましょう。

クマをしっかりカバーするコンシーラー

寝不足や疲れが出るとクマが出てきて、コンシーラーであわてて隠そうと奮闘することはありませんか。実はクマにも種類があって、それに合わせたものを使ってあげないと上手に隠れないこともあります。クマをしっかりカバーしてくれるコンシーラーを探しましょう。

クマのタイプと最適なコンシーラーの色

実はクマのタイプによって、最適なコンシーラーの色も違います。自分のタイプを分析して、最適なコンシーラーを使いましょう。

寝不足や血行不良が原因の青クマ

目の下を軽く引っ張ってみてください。クマが薄くなったらそれは青クマです。青っぽいクマの原因は寝不足や血行不良が原因です。目の周りに通っている血管の血流が滞り、薄い皮膚から毛細血管が透けて青く見えている状態です。

このような青クマには、オレンジ系のコンシーラーを使うと効果的です。反対色を乗せることで青色を目立たなくすることができます。イエロー系を混ぜるとより自然な仕上がりになるのでおすすめです。

【関連記事】青クマにおすすめのコンシーラーについて詳しくはこちら
クマ隠しにおすすめコンシーラーとは?青クマの原因とコスメの選び方

色素沈着やシミが原因の茶クマ

目の下を引っ張ったり、上を向いたりしてみてください。もしこの時クマが薄くならなければ、それは茶クマです。茶色っぽいクマは、紫外線のダメージによって出来た色素沈着やシミ、乾燥や摩擦が原因でできます。紫外線を浴びる機会の多い人や、そばかすの多い人ができやすいと言われています。

このような茶クマには黄色系、ベージュ系のコンシーラーを使うと効果的です。濃いめのオークル系やライトベージュ系を組み合わせるとより自然な仕上がりになります。茶クマの赤みが濃い場合にはグリーン系がおすすめです。
肌より明るい色を使用すると、コンシーラーだけが浮いて見えてしまうので注意が必要です。その場合は何色か混ぜ合わせて肌に合わせた色になるようにしましょう。

加齢が原因の黒クマ

もし上を向いてみてクマが目立たなくなれば、それは黒クマです。加齢や皮膚が薄くなったり、コラーゲンが減少することによって目の下にたるみが生じ、くぼみができることが原因です。

黒クマには、ベージュ系やオークル系のコンシーラーを使うと効果的です。また、目元を明るく見せてくれるパール系もおすすめです。

黒クマを隠すときは、目元に光を集めるようにすることがポイントです。影である黒クマ部分だけでなく、目頭や目じりにもコンシーラーで明るみを出しましょう。目の下全体にコンシーラーを塗ってしまうと、逆にたるみが目立ってしまうので注意しましょう。

クマを上手に隠すコンシーラーの塗り方

自分のタイプに合ったコンシーラーをみつけて、それで終わりではありません。上手に塗ってあげなければ、逆に目立たせてしまうこともあります。コンシーラーの上手な塗り方をマスターしましょう。

指で軽く叩くように乗せる

コンシーラーを塗る時は伸ばすのではなく、指にとって軽くたたくように乗せていきます。塗る、伸ばすのではなく、クマに「乗せていく」ようにしましょう。

指でうまく乗せられない、ムラになってしまうときは綿棒や専用のブラシを使いましょう。これらを使うと綺麗にクマの上に乗せることができます。

薄く塗る

クマを隠そうとするあまり厚塗りになってはいませんか。コンシーラーの厚塗りは、逆にクマを目立たせてしまいます。

クマを上手に隠すには、コンシーラーを薄く塗ることがポイントです。1度で上手く隠せなかった時は、ごく少量ずつ重ねていくようにしましょう。

最後に優しくぼかして馴染ませる

コンシーラーを塗った後あとは、指やスポンジを使って優しくぼかし、肌になじませます。せっかく隠したクマが出てきてしまわないように、丁寧に注意しながらなじませましょう。

周りの肌と境界がわからないようにするのがポイントです。なじませるのが難しく感じたら、スポンジを使うと上手にできます。

このときコンシーラーを塗ったクマの中央部分はぼかしません。コンシーラーと周りの肌の境目をいかに上手になじませるかがポイントです。クマを隠しつつ、コンシーラーだけが浮かないような自然な仕上がりを目指しましょう。

【関連記事】コンシーラーの詳しい使い方についてはこちら
効果的なコンシーラーの使い方は?部位別タイプ別に解説

クマを隠すのに最適なプチプラコンシーラーを紹介

プチプラコスメでも優秀なものはたくさんあります。まずドラックストアやバラエティショップでお手軽に購入できるプチプラコンシーラーを紹介します。

キャンメイク カラースティックモイストラスティングカバー

カラー展開が6色と豊富で、自分に合った色を見つけることができます。お値段もお手頃なので試しやすいのでおすすめです。スティックタイプで、ヒアルロン酸など美容保湿成分が配合されています。また、SPF50+・PA++++なので日焼け対策も同時にできます。

セザンヌ ハイライトコンシーラー

セザンヌ ハイライトコンシーラー クリアベージュ

セザンヌ ハイライトコンシーラー クリアベージュ

748円(09/30 06:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

赤、青、ゴールド3色の偏光パールでクマをやくすみを飛ばしてくれます。ハイライト効果もあり、コンシーラーとしてもですが、鼻すじや目元、あごなどにハイライトとして使うこともできます。7種の保湿成分が配合されており、乾燥が気になる部分に潤いを与えてくれます。

資生堂 スポッツカバーファウンデイション

あざ、シミ(肝斑)などの色や、傷あとの状態などに合わせて幅広く使える優れものです。普通のメイクでは隠すのが難しいあざやシミもカバーできます。のばしやすく、厚塗り感なく使うことができ、コスパも良いです。6色展開なので、自分に合ったカラーを選ぶことができます。

theSAEM チップコンシーラー

韓国ブランドtheSAEM(ザ・セム)のコンシーラーです。クマやニキビ、またニキビ跡も消してくれる超強力なカバー力で人気です。SPF28・PA++で、紫外線対策もでき、ヨレにくいので厚塗りにならず、アロエなどの保湿成分も配合されています。

KATE スティックコンシーラーN

クマだけでなくニキビ跡も消してくれるコンシーラーです。コンパクトで持ち運びにも便利なスティックタイプで、ライトベージュとナチュラルベージュの2色展開です。

クマを隠すのに最適なデパコスコンシーラーを紹介

次に百貨店やデパートで購入できるおすすめコンシーラーです。デパコスでワンランク上の仕上がりを目指しましょう。

ディオール フィックス イット カラーコンシーラー

伸びの良い柔らかなテクスチャーが光沢ある色で、クマを光の効果で強力カバーしてくれます。毛穴の小ジワのカバーも可能で、目元以外にも顔、口紅を塗る前の下地にも使用できます。

グリーン、イエロー、ブルー、アプリコットの4色展開なので、自分に合ったコンシーラーを選ぶことができます。

イプサ クリエイティブコンシーラーEX

イプサ(IPSA) クリエイティブコンシーラー EX

イプサ(IPSA) クリエイティブコンシーラー EX

4,612円(09/30 17:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

様々な用途に合わせて使えるカラー3色が、一つになっているため目的に合わせて使い分けができます。色のブレンドもできるので、より自分に合った色を作ることもでき、光の効果で透明感のある仕上がりになります。

フレキシブルネットEXが肌にフィットし、化粧持ちを高める効果もあり、SPF25 PA+++で紫外線対策も同時にできます。

THREE アドバンスド スムージング コンシーラー

天然由来の保湿成分がたっぷりと含まれた肌に優しいコンシーラーです。オレンジ系、イエロー系、オークル系の他にアジア限定色もあり、全6色展開されているのも嬉しいです。

どんなタイプのファンデーションに重ねてもなじみやすく、簡単に使えるテクスチャーと形状です。メイク崩れもしにくく、ナチュラルな仕上がりなので、部分用や化粧直しの際のファンデーションとしても活躍します。

ボビイブラウン インテンシブ スキンセラムコンシーラー

全10色とカラーバリエーションが豊富なので自分に合わせた色選びができます。冬虫夏草、インディアンツリーエキス、チシマザサ水などのスキンケア成分が含まれており、目元の乾燥を防ぎ、エイジングケアも期待できます。

ポール&ジョー イルミネイティング タッチ ペン

伸びが良い、パールのような美しい光沢あるコンシーラーです。ピンポイントに塗りやすい筆ペンタイプです。アセチルヒアルロン酸などの保湿成分が肌の凹凸やキメを滑らかに整え、美容液のようにふっくらハリ感のあるつや肌にしあげてくれます。デザインも化粧ポーチに入れておきたくなる可愛さです。

クマを隠して明るい目元を演出しよう

このようにクマの種類も、コンシーラーの種類もたくさんあります。自分に合ったものは見つかりそうですか?目元は年齢や疲れの見えるポイントです。自分に合ったコンシーラーを見つけて、うまく隠せれば印象もガラッと変わるかもしれません。上手に隠して明るい元気な目元を演出しましょう。

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール