生活雑貨

電気毛布は寒い季節に大活躍。おすすめな選び方を知っておこう

肌寒い季節に持っているとおすすめなのが電気毛布です。暖房器具のなかでもトップクラスの安さで、使用することができるため、光熱費を抑えたい方にもおすすめ。電気毛布を使えば、寒い冬場の布団もあっという間にポカポカに温めることができます。

電気毛布選びのポイントは

寒い季節に活躍する暖房器具の電気毛布。使用したことのない方も多いですが、一度使い心地を知ってしまうと、寝る時に欠かせない必須アイテムになります。冷え性の方にもおすすめで、あっという間に身体を温めてくれます。

寒い季節の布団は温まるまでひんやりとしていますが、寒さを感じたくない場合に電気毛布が大活躍。寝る前に冷えきったた布団を温めておくなど、効率的に使える便利なアイテムです。

エアコンやヒーターを使用するよりも、電気代が圧倒的に安く済むため、節約志向の方におすすめ。電気毛布を購入する際に選び方のポイントを知っておくと、より快適な使用ができるようになります。どのような商品を選ぶのがよいか、知っておきましょう。

電気毛布のおすすめの選び方

電気毛布を選ぶ際に知っておくと便利な、3つのおすすめポイントをしっかりとおさえておきましょう。

温度調節機能付きのものを選ぶ

電気毛布を選ぶ際のポイントは、温度調節機能がついているかどうかです。電気毛布の温度が一定である場合、自分好みに調節できないため、快適に使用することができません。

温度が高すぎても低すぎても、質のよい睡眠を妨げる原因にもなりかねません。温度が細かく設定されているものを選べば、自分で好きな温度に変えることができます。使用している布団や気温によって、適切な温度に調節できる電気毛布を選ぶことをおすすめします。

タイマー付きのものを選ぶ

電気毛布はタイマー機能がついているアイテムを選ぶことがおすすめです。どんなに電気代が安いといっても、消し忘れてしまえばその分電気代はかかってしまいます。

眠った後に電気毛布がついたままだと、温まりすぎて寝汗の原因になってしまったり、ポカポカと心地よすぎて朝方寝坊してしまう原因にも。

使用方法によっては、長時間皮膚に触れることで低温やけどを起こしてしまう可能性もあるので注意が必要。タイマー付きのものを選べば、消し忘れて寝てしまう心配がない。

丸洗いできるものを選ぶ

いつまでも清潔に使い続けたい場合、丸洗いが可能な電気毛布を選ぶことが大切です。電気毛布を毎日使用していると、布団やシーツと同じように少しずつ汚れが蓄積してしまいます。

丸洗いできないタイプの電気毛布の場合、気になるにおいや汚れがあっても落とすことができません。電気毛布を清潔に使い続けるために、お手入れが簡単な丸洗いOKの商品を選ぶ。

洗濯機で洗える電気毛布なら、手洗いよりも手間がかからず効率的に洗えるのでおすすめです。

おすすめの電気毛布ランキング

人気の高い電気毛布を事前にチェックしておきましょう。

パナソニック 電気かけしき毛布db-r31m-c

パナソニック 電気かけしき毛布 丸洗い可 188×137cm DB-R31M-C

パナソニック 電気かけしき毛布 丸洗い可 188×137cm DB-R31M-C

10,800円(09/15 19:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

パナソニックから発売されている、電気かけしき毛布シングルDB-R31M-Cは、8段階の温度調節機能がついた電気毛布。細かい温度調節が可能なので、一人ひとりに合った適切な温度で使用することができます。

落ち着いたやさしい色味のベージュカラーで、インテリアの邪魔をしません。足元を中心に温められる「頭寒足熱構造」で効率よく温まります。150Hzの「強」で使用した場合、一時間の電気代はおよそ約1.2円と格安。丸洗いOKな電気毛布です。

山善 電気敷毛布yms-13

山善(YAMAZEN) 電気敷毛布(140×80cm) YMS-13

山善(YAMAZEN) 電気敷毛布(140×80cm) YMS-13

2,208円(09/15 19:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

山善(YAMAZEN)から発売されている電気毛布は、温度調節機能、ダニ退治機能搭載。お手頃価格で購入できる電気毛布です。洗濯機での丸洗いが可能なので、いつでも清潔。

おすすめなポイントが電気代の安さ。一時間あたりの電気代の目安は、強の場合約0.83円。弱での使用であれば約0.09円という格安です。140cm×80cmの小さめサイズでシングル布団にピッタリ。小柄な体系の方であれば十分な大きさです。

なかぎし敷き毛布na-023s

Sugiyama 【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm NA-023S

Sugiyama 【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm NA-023S

1,860円(09/15 19:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

なかぎし電気敷き毛布は、スライド式コントローラータイプの電気毛布です。室温センサー付き、ダニ退治機能付きで、快適な眠りに導きます。

一時間あたりの電気代は、強の場合約0.68円、弱の場合約0.07円。光熱費を安く済ませたい場合、ナカギシの電気毛布を使用すれば大きな節約になります。

広電 電気毛布抗菌防臭加工シングルm cws-552p

広電(KODEN) 洗える 電気敷き毛布 抗菌防臭 140×80cm CWS-552P

広電(KODEN) 洗える 電気敷き毛布 抗菌防臭 140×80cm CWS-552P

5,980円(09/15 19:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

広電から発売されている電気敷き毛布CWS-552Pは、やさしいピンクカラーの電気毛布です。抗菌防臭加工・ルームセンサー付きで快適な温度を維持。

本体は丸ごと洗うことが可能。一時間あたりの電気代目安はおよそ0.7円。サイズは140cm×80cmで、小柄な女性であれば十分温められる大きさです。

電気毛布がおすすめな人

電気毛布がおすすめな人とは。自分に当てはまるかチェックしておきましょう。

寒さに弱い人

電気毛布を使用するのが特におすすめなタイプが寒さに弱い人です。冷え性の場合、布団に入った後身体が十分に温まっていないと、手足が氷のように冷たくなってしまいます。

寝る前にエアコンやヒーターで室内を温めていても、血行が悪い人は体温が下がり気味なので、冷たい布団に入っても寝付くのに時間がかかることも。電気毛布は布団を温かく保ってくれるため、寒くてなかなか寝つけないという人におすすめ。

パソコンなどの作業が多い人

電気毛布は普段からパソコンや勉強などをする人にもおすすめ。机に座って作業することの多い人は下半身が冷えやすいため、電気毛布のひざ掛けタイプがあると冷えを防げます。

ひざにかけて使用するだけでなく、椅子に敷いたり、肩から掛けても暖かさを実感できます。特に寒い時期には、全身を電気毛布で包むと暖房いらずでも快適です。

冬の暖房費を節約したい人

電気毛布は他の暖房器具に比べて電気代も安いため、冬の暖房費を節約したい人におすすめ。他の暖房器具と比較してみても圧倒的な電気代の安さにもかかわらず、十分使えるアイテムといえます。

電気毛布を上手く使用すれば、ホットカーペットやコタツよりもさらに電気代を抑えられ、冬場も寒さを感じるこなく快適に生活することができます。

エアコンの乾燥に弱い人

エアコンで空気が乾燥することに困っている人にもおすすめ。エアコンを使用した場合、室内の空気が乾燥してしまうため、ノドを傷めたり、咳が悪化してしまうことも。

電気毛布は乾燥対策にも最適な暖房器具。室内の空気が乾燥することもなく、身体の芯からしっかりと温まることができます。

電気毛布のおすすめの使い方

電気毛布をより快適に使用する方法も覚えておきましょう。

就寝時には下に敷く

就寝時に使用する際、上に掛けて使用するか下に敷いて使用するかで迷ってしまいがちですが、効率よく温めたい場合は、下に敷いて使用しましょう。

温かい空気は上に向かって行くため、下に敷いて寝る方が温かくなりやすいのです。下に敷くことによって、背面からしっかりと温めることができます。

就寝時はタイマーを入れる

就寝時に使用する際の注意点として、覚えておきたいのがタイマー機能を使用すること。十分に温まり、眠りについたあとも、電気毛布をつけっぱなしにしていると、必要以上に温度が上がってしまいます。

寝汗や脱水症状の心配があるため、就寝時には1時間後くらいに消えるようにタイマーをセットすることを忘れずにしましょう。タイマー機能を使えば、電気代も大幅に節約できます。

自宅で飼っている犬や猫のために使う

基本的な使用方法以外のおすすめな使用方法として、飼っているペットの暖房器具として使用する方法があります。動物だけで留守番している場合、火事になる心配のない電気毛布を活用すると安心です。

寒い季節は人間だけでなく、動物も同じように寒さ対策をしてあげる必要があります。電気毛布の場合は電気代も安いので安心して使うことができます。

お昼寝をする時のブランケット代わりに使う

サイズ感もちょうどよい電気毛布は、ブランケットの代わりに使用することもできます。子どものお昼寝はもちろん、休息時のうたた寝にも大活躍です。保温に優れた生地なので、配線を繋いでいなくても体温で温まり、ふわりと優しい温かさで心地よいお昼寝ができます。

床やソファの上など下のほうには冷たい空気がたまりがちです。暖房の効いた室内でも、ブランケット代わりに電気毛布をつかうと、身体が冷えないのでおすすめです。

お気に入りの電気毛布を見つけよう

昔からなじみのある電気毛布は使い勝手がよく、効率よく温めることができます。使わない際は自由自在に折りたたんで収納することが可能。ファンヒーターやこたつのように大きく場所を取らないので、クローゼットの小さい、ワンルームの一人暮らしの方にもおすすめなアイテムです。電気毛布は本体の値段も安く、使用する際の電気代も格安なため、家計にやさしいので安心です。お気に入りの電気毛布を手に入れて、暖かく快適な生活をしましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール