生活雑貨

プレゼントに最適なワイングラスを贈ろう。好みのスタイルに合わせて

友人にとっておきのワイングラスをプレゼントしたいです。でもワイングラスはたくさん種類があり悩む方も多いはず。そこでワイングラスの選び方やおすすめのワイングラスを考えていきましょう。ワイングラスだけでなく、ワインに関する知識も深まります。

友人の好みに合うワイングラスをプレゼントしたい

ワインが好きな友人や家族など大切な人の為に、とっておきのワイングラスをプレゼントしたいと考えたとき、ワイングラスには種類が豊富にあって悩む方も多いことでしょう。選び方のコツや、おすすめのワイングラスを知ることで、プレゼントのアイデアとして役立てましょう。

ワイングラスの選び方

ワイングラスで味が変わる

ワイングラスによってワインの味がかなり変わります。理由はワインの香りと、ワインの口に流れ込む形状や量などが変わるからです。普通のタンブラーとワイングラスで比べると、ワイングラスの方は香りがグラスの中に残り、それが飲むときにフワッと香ります。

またワイングラスの場合には、グラスを傾けたとき、舌に広がるように適量口に流れ込むので、ワインの複雑な味わいをより深く味わうことができるのです。タンブラーではストレートにそのまま口に流れていきます。これは水やジュースなどの飲み物には適していますが、ワインの複雑な風味の全ては味わいつくせないでしょう。

相手の好みのワインに合わせて

相手の好みが渋い赤ワインなら大きめの卵型などのグラスの形をしたワイングラス、好みが端麗な白ワインならグラスの膨らみが小さな薄いグラスの形をしているワイングラスを選びましょう。

ワインそれぞれの原料に使われているブドウの品種ごとにワイングラスの形状があるといいます。ワインを飲むときの香りと味のポテンシャルを最大限活かすために、ワインの個性に合った形のワイングラスがそれぞれにあるので、ワイングラスを選ぶときは相手の好みのワインに合わせるのがベターです。

カップルにはペアグラスを

カップルにプレゼントするなら、ペアグラスでもいいでしょう。特別なものとして印象もいいですし、何より相手の幸せなディナーを演出する最高のプレゼントになります。

同じペアグラスなら同じワインを同じ味で楽しむことができ、二人の共通な時間を同じ色と味をしたワインが華やかに彩ってくれることでしょう。

名入グラスで特別な品に

名前を入れて特別なワイングラスにするという方法もあります。世界でただ一つしかないそのワイングラスで楽しむワインは、例え一人で飲んでいても貴重な時間になることうけあいです。

そのワイングラスはきっと一生使えるものになるでしょう。ワインを飲むたびに、プレゼントされたことを思い出し、友情の証になる一品になり得ます。

ワイングラスの形

赤ワインが好きな方に

赤ワイン用のワイングラスが大きく分けて二種類の形状があります。ワイングラスのふくらみの部分が卵型をしているワイングラスと、ふくらみの部分が金魚鉢のような形をしているワイングラスです。それぞれの特徴を簡単にまとめました。

  • 卵型をしたワイングラス:ボルドータイプと言われ、比較的重たいしっかりしたワインにおすすめです。
  • 金魚鉢の形をしたワイングラス:ブルゴーニュタイプと言われ、赤ワインの中でも軽めのものに合うワイングラスです。

これはグラスの中に香りを閉じ込めることと、舌に流れ込むワインの形状と量の調整の役わりを担います。赤ワインの深みのある香りとコクを十分に味わうために、二次的な香りを楽しむことと、舌に絡まりよりよくワインと舌が接するようにこのような形状をしているのです。

白ワインが好きな方に

白ワインは赤ワインと比較するとブドウの皮などが入っていないため、雑味が少なく端麗な味わいとなっています。白ワイン用のワイングラスはふちが薄く、ふくらみの部分がやや小さめにできています。

これは白ワインの端麗な味わいをストレートに舌にいきわたらせると共に、白ワインの弱点である温度変化に対応するためです。ワイングラスの薄いふちはそのまま舌にワインの味を伝え、小ぶりなワイングラスは温度が変化する前にワインを飲み切れるようにと作られています。

シャンパンが好きな方に

シャンパングラスはシャンパンの特徴である泡を観て、華やかな気分に浸るためにあります。その立ち昇る泡を十分に楽しむためにグラスは深めで薄くできています。

味はスッキリとしていて、シュワシュワの泡が口の中にダイレクトに流れ込み味わえるように、薄めで深いグラスなのです。シャンパングラスは視覚と味覚にその特徴の泡を十分に活かせる形状となっています。シャンパン好きな方には専用のシャンパングラスをプレゼントすると非常に喜ばれます。

カジュアルにワインを楽しみたい人に

バーベキューやホームパーティーなどで大人数でいろいろなワインを飲む場合、一種類ごとにグラスを変えてしまってはめんどうですし、洗い物とか大変になります。その場合はタンブラーグラスでも構わないでしょう。

カジュアルにワインを楽しみたい場合はそんなに気にすることなく、タンブラーグラスを使いましょう。テーブルワインなどはこれでも十分にワインを楽しむことができます。

おすすめワイングラスメーカー

RIEDELのワイングラス

ワイングラスメーカーの先がけとして、現在のワイングラスの形を作ったといわれているメーカーです。ポイントはそのワイングラスの形状の種類の豊富さ、ブドウの品種やワインの種類にあわせて、160種類もあります。

これだけあるといろいろ迷うところですが、このRIEDELには専門のコンシェルズがいて、好みのワインにあわせて専用のワイングラスを選んでくれます。専門家の選んだ目と言うのは間違いないものになります。遠慮なくワイングラス専門家のRIEDELコンシェルズさんに任せましょう。

プレゼントとしては、相手のワインの好みが完全に解っている場合に、このメーカーでワイングラスを選ぶといいです。ワインに関して知識がある人ならきっとよいものであることが分かってもらえるでしょう。

LOBMEYRのワイングラス

LOBMEYRのワイングラスは硬質で非常に加工などがしやすいです。ですからネーム入れなどの特別グラスはこのメーカーさんがおすすめ。皇帝御用達との格式高い作りに偽りはありません。一部のワイン愛好家からは強烈な支持を受けているメーカーです。

ワイングラスの種類も24種類とどのようなワインの好みにも合わせられます。薄く強いグラスはワインの味をストレートに伝えるという評判もあります。なにより加工ができるぐらいですから一品買えば壊れない一生もののプレゼントになります。

ネーム入りの場合には通常の納品より2週間程度余計にかかります。それを見越して、早めに注文をすることをおすすめいたします。

ティファニーのワイングラス

宝石ブランドとして有名なティファニーからもワイングラスが出ています。ティファニーの特徴としてやはりそのネームブランドといえるでしょう。

女性から支持が高いこのティファニー、プレゼントギフトとしてもワイングラスが5,000円程度から有ったりと非常にプレゼントの値段として向いています。キラキラした夜にティファニーのワイングラスでゆったりとしたひとときを、なんて素敵です。

ワイングラスは確かにワインをより楽しむものでもありますが、お気に入りのワイングラスで自分なりに楽しむことが一番よい時間といえます。特に相手のワインの好みなどが解らない場合には、このティファニーのワイングラスが失敗する可能性が少なく、おすすめです。

おすすめのワインアイテム

持っておきたいワインボトルクーラー

実はヨーロッパでは白ワイン専用のワインボトルクーラー(赤ワインには使わない)しかし日本の室温はヨーロッパより高いので、このワインボトルクーラーも一つは欲しいところです。

また最近は赤ワインでも冷やして飲むワインが流行りになっているので、赤ワインでも白ワインでもワインボトルクーラーを使う用途は広がっています。ワインボトルクーラーはできれば大きなタイプ(沢山ワイン冷やせるタイプ)と1、2本用と2つ持っておくと、いろいろな場面で役に立つでしょう。

ワインをより美味しくさせるデキャンタ

ワインをより楽しみたいならデキャンタもおすすめです。若いワインなら空気に触れさせることで味がよりよいものになります。逆にヴィンテージなワインでは独特のえぐみや渋みを取り除いてくれ、飲みやすくなるでしょう。

またデキャンタにワインを注いておいておくとそれだけで食卓を彩るインテリアにも。食事の時間が特別なときへと変わります。いろいろなデザインのものがあるのでデキャンタも一緒に選んでみるのもいいでしょう。

大切な人に素敵なプレゼントを

ワイングラスの選び方は、それぞれの好みに合わせ、ワイングラスの形もワインの好みや楽しみ方に合わせて選びましょう。おすすめのワイングラスメーカーから選ぶと素敵な贈り物となります。

合わせてワインの楽しみ方を増やすアイテムを選びたいです。そしてワインと言うのはその味やアルコールだけを楽しむものではなく、気分や雰囲気も一つのアクセント。

特別なワイングラスはその食卓を彩ります。特別なワイングラスをプレゼントして、大事なご友人に素敵なひとときを味わってもらいましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール