ダイエット

健康的に痩せたい人必見!続けやすい「野菜スープダイエット」とは

野菜を刻んでスープで味付けするだけの簡単な「野菜スープ」はダイエットにとっても効果的。「食べることが好き」「食事制限はうまくいかない」という方に参考にしていただきたい食べても太りにくい「野菜スープダイエット」についての記事です。

野菜スープダイエット、実際のところ効果はあるの?

野菜スープでダイエット、という方法を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。〇〇を食べてダイエット、という方法は今や数えきれないほどありますが、その中でも野菜スープがおすすめできる理由があるのです。痩せたいけれど、断食はきついし…と思っているそこのあなたに必見です。

なぜ野菜スープはダイエットに効果的なのか

野菜スープはヘルシーですし、ダイエットに良さそうなのはなんとなくわかっても、数あるダイエット法の中でなぜ野菜スープダイエットが効果的なのでしょうか?その根拠についてみていきます。

低カロリーで満腹感が得られる

野菜スープダイエットの一番嬉しいポイントは、なんといっても低カロリーで満足感のあることです。当たり前ですが、お腹いっぱい食べても野菜をいっぱい食べただけです。健康的で低カロリーなのに満腹になれるのは、食事制限が苦手な方にはぴったりですね。

体を温めて代謝アップ

人間は身体が冷えていると代謝が悪く、身体の老廃物を出しにくくなってしまいます。野菜スープは身体を温めてくれるので代謝もアップします。スープにすりおろし生姜を加えることでさらに身体がぽかぽかしますよ。

ダイエットに効果的な栄養素が豊富

野菜スープにより多くの種類の野菜を入れることで、さまざまな栄養素が一気に得られるバランスの素晴らしい食事になります。健康的に痩せるにはバランスのいい栄養が不可欠です。ダイエットをすると不安定になりがちなお肌の調子も整えてくれますよ。

短期間でダイエット効果が期待できる

例えば、一食を野菜スープに置き換えるだけで一日の合計摂取カロリーはだいぶ抑えられます。カロリーは抑えていても栄養はばっちりなので、心配はいりません。野菜スープダイエットは長期的なものではなく短期的に効果が期待できるので、モチベーションも保ちやすいのです。

野菜の食物繊維でデトックス効果も

野菜が足りていないと、便秘になってしまうことも多くあります。野菜スープダイエットで野菜をたくさん食べれば、便秘解消が期待できます。身体の老廃物を出し、デトックスすることで身体の内側から綺麗になり、お肌の調子も良くなりますよ。

成功させるための秘訣とは?

野菜スープダイエットは、「ただただ野菜スープを食べていれば痩せる」ダイエットではありません。成功させるために、以下の方法を参考にしてみてください。

1食分を野菜スープにチェンジ

朝の1食野菜スープに変える

まず、朝ごはんを野菜スープに置き換えてみましょう。朝起きた時、私たちの身体は体温が下がっています。朝ごはんに身体のあったまるスープを飲めば、たちまち代謝もアップ!その日一日効果が期待できそうです。

カロリー高めな夕食を野菜スープに変える

可能であれば、夕食を野菜スープに置き換えてみましょう。日本人の食事はどうしても夕食に食べ過ぎてしまう傾向があります。そんな夕食を栄養たっぷり、なおかつ低カロリーの野菜スープに変えることで、ヘルシー夕ご飯に。仕事等で夕飯が遅くなってしまう人にも、野菜スープはおすすめです。

ダイエット期間中は飲み物も無糖に

いくら食事を意識して野菜をたくさん摂れていたとしても、飲み物まで意識していますか?食事制限をしているのになかなか痩せない…なんて方は飲み物でカロリーを取ってしまいがちです。砂糖たっぷりのカフェオレ、炭酸飲料など、糖類を多く含む飲み物は十分に注意しましょう。

1週間続けてみる

ダイエットはなかなか続かない…なんて方も、まずは一週間こだわって続けてみましょう。効果が出ないとダイエットのモチベーションを保つのは難しいですが、野菜スープダイエットは短期間で出るので一週間だけ頑張ってみましょう。習慣化すれば大変さも軽減されますよ。

よく噛んでゆっくり食べる※満腹度を上げる

野菜スープはただのスープではなく「食べるスープ」として頂きましょう。一気に飲み干してしまうようにするのではなく、よく噛んでゆっくり食べることで満腹度を上げていきます。野菜を少し大きめに、ゴロゴロとした感じに切って入れれば、よく噛めるかもしれませんね。

炭水化物やタンパク質抜きはNG

とはいえ、ダイエットは「〇〇だけ食べる」のは失敗に繋がります。炭水化物は抜くと一時的に体重は落ちますが、本当に痩せているわけではないのです。また、タンパク質は身体の筋肉を作る大事な栄養素です。野菜スープに一食を置き換えたとしても、炭水化物やタンパク質で活動するためのエネルギーを蓄えることが大切です。

野菜スープにおすすめの食材

ここで、野菜スープを「ダイエット食材」としていただくために、野菜スープに入れると良い食材をピックアップしてみました。

ビタミンCが豊富なブロッコリー

ブロッコリーは野菜の中でも特にビタミンCが豊富です。30グラム(約2房分)食べるだけで成人の一日のビタミンC必要量を満たすといわれています。最近ではブロッコリーは栄養価の高い食べ物として身体を鍛える人にもおすすめとメディアで紹介されるほど注目の野菜なんです。

満腹ホルモンを分泌するホウレンソウ

ダイエットが失敗に終わるリバウンドの原因はレプチンというホルモンの分泌量によるもの。このホルモンの分泌が減ってくると、突然襲ってくる猛烈な食欲によってドカ食いをしてしまうことも。ほうれん草にはチラコイドと呼ばれる成分が含まれており、その成分がレプチンを分泌します。満腹感を感じるにはほうれん草がおすすめです。

脂肪吸収を抑えるコマツナ

コマツナは天然のマルチサプリと呼ばれているほど、緑黄色野菜の中でも栄養価の高い食材です。抗肥満作用のあるネオキサンチンを含んでおり、体重抑制に効果的であることが動物実験でも証明されています。実際に、市販のグリーンスムージーには必ずと言っていいほどコマツナが入っていますよね。

コレステロールを下げるオクラ

オクラのネバネバにはコレステロールを減らす作用や整腸作用、血糖値の急上昇を防ぐ働きがあります。スーパーではカット済み冷凍オクラを手に入れられることもあるので、下処理が面倒な方は利用すると簡単にスープに入れることができるでしょう。

代謝を上げるトマト

トマトに含まれるリコピンや食物繊維は血液をサラサラにし、それによって基礎代謝をアップしてくれます。トマトのすごいところはそれだけじゃなく美肌効果も得られることです。美しく痩せたい人にはぴったりの食材なんです。

TVでも話題の飲む日焼け止め!サンタンブロックで日差しケア 美肌スペシャリスト、美容家:飯塚美香さん(キレイナビ主催)がプロデュースした飲むだけ簡単、便利なサプリが衝撃!
PR:キラ★リズム

むくみ解消に効果的なセロリ

セロリにはむくみ解消効果があるカリウム、また便秘解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれており、身体をすっきりさせたい方に効果的です。セロリからとったスープの出汁も大変栄養豊富なので、ぜひスープに取り入れてみてください。

食物繊維が豊富なゴボウ、キャベツ

便秘はダイエットの敵。食物繊維が豊富なゴボウやキャベツは、便秘の解消につながります。ぽっこりお腹もすっきりさせてくれます。ただし、ゴボウは糖分もたくさん含んでいるので食べ過ぎには注意してくださいね。

糖質が多い食材は要注意

サツマイモもトウモロコシも野菜…でも、ダイエットには向かないのです。その理由は「糖質」。糖質が多く含まれる食材は野菜スープに入れてしまうとダイエットの成功率を下げてしまいます。

甘みに比例して糖質も豊富なサツマイモ

サツマイモは甘さがあるのでわかりやすいですが糖質を多く含む食材です。つい野菜として食べ過ぎてしまうと炭水化物なので太りやすくなってしまいます。ダイエット中にはなるべく避けたほうがよさそうですね。

同じく甘みを強く感じるトウモロコシ

同じく、甘みが強い野菜として代表的なトウモロコシですが、これも糖質が多く含まれています。野菜スープには適度な量なら心配はありませんが、コーンスープなどはダイエットとしてはNGです。食べすぎには注意したい食材ですね。

質量が重いのでたくさん食べがちなカボチャ

サツマイモと並んで人気なカボチャ。こちらも野菜ではありますが糖質が豊富です。スープに入れることはなかなかないかもしれませんが、カボチャベースのカボチャスープなどは控えましょう。基本的に甘さを感じる野菜は要注意です。

炭水化物を多く含むジャガイモ

ジャガイモも注意するべき食材です。それもそのはず、日本の主食はお米ですがジャガイモを主食にする国もあります。つまり、炭水化物を多く含むということ。野菜と言えど、成分はお米やパンと同じく炭水化物が豊富なのでなるべく避けたほうがよさそうです。

見落としがちなソラマメ

豆はダイエットにはいいイメージですが、ここで見落としがちなのがソラマメです。なんと前述したイモ類ほどのカロリーを持っており、ダイエットには不向きな食材なのです。同じマメ科の中でもソラマメは特に糖質が豊富なので注意しましょう。

ダイエット系スープでよく見かける春雨

春雨はダイエット食品としてよく見かけますが、実は春雨の原料はイモ類から採ったでんぷんなので、ラーメンやうどんなどと一緒で炭水化物の部類に入ります。また糖質も多く含むので、春雨ではなく似たような食材として白滝をおすすめします。

長く続けるための工夫とは?

ダイエットがなかなか続かない…なんて方は必見!野菜スープを、飽きずにしっかり続けていくための工夫・方法についての情報を挙げていきます。

お肉も適宜入れると◎

お肉はダイエットに不向きなのでは…と思っている方も多いかもしれませんが、お肉に含まれるタンパク質は重要な栄養素です。おすすめは鶏むね肉やささみ。ま野菜だけでなくお肉があることでスープの満足度もアップします。

3食すべて置き換えてしまうのはNG

極端なダイエットとして3食すべてを野菜スープに置き換えてしまうのはいけません。しっかりと炭水化物もとりつつ、バランスのとれた食事をすることこそがダイエット成功の近道なのです。健康にも良くありませんし、長続きしないのでNGです。

お腹にたまる食材を入れる

スープに野菜だけじゃ物足りない…なんて方は、カロリーが低めでお腹にたまりやすい食材をスープにいれましょう。おすすめは豆腐やこんにゃく、わかめ、前述したささみなど。食感を楽しめるものを入れれば「食べるスープ」として満足度もアップしますよ。

ダイエットにおすすめ調味料

野菜スープを飽きずに楽しむには「味」を変えていくこと。ここでは、ダイエット向きな調味料をご紹介していますので、飽きてきたな…なんて方は参考にしてみてください。

代謝を上げるトウガラシ

唐辛子の入った料理を食べて身体がぽかぽかした経験はありませんか?実はトウガラシには代謝を上げる効果があるのです。味に飽きてきたな…なんて方は、少しピリッとトウガラシを利かせてみてはいかがでしょうか。

営巣抜群のミソ

ミソには脂肪燃焼を促進するロイシン、イソロイシンが豊富に含まれています。一番簡単なのは野菜たっぷりの味噌汁を作ること。豚肉を入れて豚汁にしてもいいですね。味噌汁は簡単に作れる上、家庭に常にある調味料であると思いますので、一番手っ取り早い味付けではないでしょうか。

便秘やむくみを解消するオリーブオイル

油なのにダイエットにいいの?なんて思う方もいるかもしれませんが、実はオリーブオイルはわざわざそれだけで飲んでもいいくらいダイエットに効果的なのです。ただし注意したいのは、調味油として使用されるエクストラバージンオイルではなくピュアオリーブオイルや精製オリーブオイルといった風味の少ないものを選びましょう。

野菜スープを取り入れて健康にダイエットを

いかがでしたでしょうか。野菜スープはその手軽さ、そして続けやすさゆえ他のダイエット法に比べて効果を実感しやすいものです。食材を変えるだけでなくスープのベースを変えることでまた違った味を楽しむことができるので、何か一つだけとにかく食べるダイエットとは違い飽きがきませんのでおすすめです。綺麗に、そして健康的に痩せたいそこのあなた、実践してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧