仕事の悩み

職場でのいじめはとてもつらい|いじめられる原因や対処方法は?

多くの職場で人々を苦しめているいじめ。職場でのいじめはとても辛いもので、精神を追い詰められて自殺をしてしまうような人もいます。辛い時に無理をして抱え込むのは止めて、いざという時のために原因や対策を知っておきましょう。

職場いじめはとてもつらいもの

職場でのトラブルは色々とつきものですが、その中でも特に厄介なトラブルがいじめです。ある日突然同僚から無視をされる、上司から理不尽に怒鳴られるなど、職場でのいじめは本当に辛いものなので、早めに原因と対策を練りましょう。職場でのいじめの原因や対処方法をご説明します。

職場いじめについて

職場でのいじめと一口に言っても、いじめには様々な種類があります。いじめかどうかの判定が難しいタイプの物もあり、余計に追い詰められてしまう方もいるのです。いじめにも色々なやり方がありますが、職場でのいじめには例えばこのようなタイプがあるでしょう。

様々なハラスメント

そもそも職場いじめとはどのようなものかと言うと、同僚や上司など、立場に関係無く職場関係の人から受けるいじめ全般のことを指します。物理的暴力や言葉での暴力はもちろん、セクハラやパワハラ、モラハラなども職場いじめに該当しますので、職場でのトラブルの多くは職場いじめに該当するのです。

職場いじめの場合は陰湿な物も多く、表立っては問題にならないようにされている事が多い傾向にあります。中には、仕事で使う資料をその人にだけわざと送らないというような、仕事に差し支えが出てしまうような悪質ないじめもありますので、非常に陰険と言えるでしょう。

いじめられている側は不利

職場いじめの場合は特に、集団でグループを組んで1人に対して攻撃することが多いため、いじめられている側が不利な状況に陥りやすいでしょう。勇気を出していじめられている事を誰かに相談しても、いじめている方は協力していじめを無かった事のようにしますので非常に悪質です。

職場いじめの場合は暴力などよりも、無視などの精神的ないじめが多くあります。特に女性間でのいじめは他の人にはバレないように姑息な手が使われるのが特徴です。あからさまに1人だけランチに誘わなかったり、仕事用のグループラインに誘わなかったり等の例があります。いじめられている側にとって不利になることが多いのも、職場いじめの特徴です。

いじめられても指導だと言われる

いじめている相手が上司や先輩からの場合は非常に厄介で、例えいじめだと告発しても、これは指導だと言い切られ、従わざるを得ない状況になりやすいのが難点です。上司や先輩からのいじめの場合は特に、周囲には絶対にバレないように細工を施しています。下手をすると自分が周囲から問題児扱いされることもありますので非常に厄介と言えるでしょう。

いじめている側は優位だと思っている

いじめている相手は、自分は相手より上なんだと思いたいがために、相手を下にみるような行為を行います。その行為こそが職場いじめと呼ばれる物の本質です。職場いじめはいかに相手からマウントを取るかどうかの一心で勃発することが多く、心が狭い人間が行う行為として知られています。

疲れとストレス

職場でいじめられる原因

職場いじめは唐突に始まることはほとんど無く、何らかの原因があって始まることがほとんどです。原因のほとんどが非常に理不尽なものばかりなのですが、職場でいじめられる原因には、例えばこのような物があります。

忍耐力がある

最初に軽いいじめを受けて、それを我慢し続けてしまった結果、相手も大丈夫だと思い込んでしまい、いじめがエスカレートしてしまうことは少なくありません。最初のうちはいじっているつもりでやっていた行為が、気がついたら本格的ないじめへと発展するケースです。

こちらはいじめている相手にも最初は悪気が無かったというケースも多く、忍耐力があったからこそ起きてしまったいじめと言えるでしょう。耐えれば耐えるほどいじめが過酷になりますので、我慢しすぎてはいけません。例え相手が誰であろうと、無理をしないようにしましょう。

仕事ができすぎる

こちらも多いのが、仕事に関する事が原因でいじめが始まるというものです。仕事があまりにも出来ないと言う場合や、仕事があまりにも出来過ぎるという場合、他の同僚などからどうしても注目を集めやすいので、いじめの標的にもなりやすいでしょう。

仕事ができない人の場合は、周囲に迷惑をかけてしまった結果いじめに発展するケースが、仕事ができすぎる人の場合は、周囲のやっかみをかってしまいいじめられる事がほとんどです。特に仕事が出来ない人の場合は、辞めてもらいたくていじめをするという方が多い傾向にあるでしょう。

人と一緒にいることが少ない

職場いじめは集団で手を組んで行われやすい傾向にあります。その為、1人や少人数でいることが多い場合はその集団からターゲットにされやすくなるでしょう。1人だと抵抗もしてこないだろうと思い、いじめを始める卑怯者が多いのです。

ランチを1人で食べている、普段から人とあまりコミュニケーションを取らないという方は特に注意。いじめる相手を狙っているような人からチェックされ、何をしているわけでも無いのにいじめられる可能性があります。

まともな人が集まっている会社であればそんな事は起りませんが、大人数の会社であればある程、その傾向があるでしょう。無理矢理誰かと一緒に居ないといけないという事ではありませんが、必要最低限のコミュニケーションは取れるようにした方が賢明です。

労働環境が悪い

労働環境そのものが悪いと社員にもストレスがたまってしまい、それを晴らすためにいじめに発展してしまうことも多々あります。いわゆるストレス発散でいじめをするという職場いじめが多く、根本的に労働環境が解決しないと延々と続いてしまうのです。

いわゆるブラック企業では特に職場いじめが多く、いじめを苦にして人が辞め、人手不足に陥った結果、更に労働環境が悪化しているという負の連鎖が起ることも。こちらの場合は労働環境そのものが見直されないと、いじめが無くなる事は無いでしょう。

上司のストレスが溜まっている

上司が仕事でミスしたと言うときなど、上司がイライラしているときに、それを解消するために部下をいじめることもあります。いわゆるストレス発散でいじめを始めるケースで、相手がどうなろうと知ったことでは無いと思っているタイプです。

この場合上司の機嫌が良いときはいじめが行われません。あくまで上司に嫌な事があったときだけに、自分より立場が弱い人間にいじめをする、上司の風上にも置けないタイプと言えるでしょう。

疲れとストレス

職場でいじめられたらどうなるのか

職場でいじめを受けたとき、いじめられた人間には深い傷が残ります。仕事にも影響が現れてしまう事がほとんどで、何も良いことはありません。職場でいじめられると他にも、こんな状態になることが多いでしょう。

精神的にダメージを負う

いじめによってストレス反応や適応障害、ひどくなると鬱などの精神疾患を患ってしまう可能性があります。職場いじめが原因で仕事を辞めて引きこもりになり、再就職が出来ないと言う方も沢山いるのです。いじめはその人の人生を脅かす可能性があるほど、許してはいけない悪質な行為と言えるでしょう。

いじめは子供大人に関係無く、いじめられた方に大きな傷を残します。我慢すれば我慢するほどより一層精神的な負担が重くのしかかりますので、我慢せずに早めに対処をすることが大切です。

退職を拒否される

職場いじめから逃れるために退職を決意したあなた。ですがその職場いじめに関わっている場合は非常に厄介で、いざその退職の意思を上司につたえると、ダメだと言われることもあります。酷い場合ですと、その場で辞表をびりびりに破られてしまう方もいるのです。

退職を拒否されたことで更に自分を追い込んでしまい、自殺をしてしまう方もいるのです。そんな状態になる前に、拒否をされたらもっと上に全てを暴露して辞めるか、バックれてしまっても問題ありません。一番大切なのは自分ということを忘れてはいけません。

また、退職をその場では受け入れられたにも関わらず、いつまでも先延ばしにされてしまい、いつまで経っても退職日が決まらない事もあります。退職をお願いするときには1ヶ月後など、具体的な日付を必ず伝えましょう。

ストレスと疲労

職場いじめをされたときの対処法

自分が職場いじめをされたとき、何もせずにいると辛いだけです。自分を守る為にもその時に合わせた対処を行いましょう。例えば、こんな時にはこんな対処方法が有効です。

相手と距離をとる

いじめてくる相手と関わると、何かにつけてせめてくるなどろくなことはありません。とにかくいじめてくる相手とは、なるべく関わらないようにしましょう。物理的に合わないように出来るだけ距離をおき、とにかく必要最低限近寄らないようにします。

いじめの原因にもよりますが、相手と距離をとることで時間がたてば、いじめも自然になくなることもあるでしょう。わざわざ自分に嫌な思いをさせるような人と関わりを持たないで済むように、上手く工夫することが大切です。

どうしても相手と近寄らないといけない場合は、上司に相談して、近寄らないで済むような仕事割りをしてもらう事も1つの方法になります。それが難しいと言う場合は、あくまで業務の一環として、必要最低限離さないように、心のスイッチをオフにすると良いでしょう。

上司に相談する

同僚などがいじめをしてくる場合は特に、職場いじめを思いきって上司に相談することも有効です。上司に相談することで、なるべく職場で会わないようにする、働く会社を変えるなど、負担がかからないような様々な対処をしてもらえます。職場によってはすぐにでも対処してもらえますので、今までのストレスが嘘のように無くなる事も多いでしょう。

もちろんいじめている相手が上司の場合は、更にその上の上司や、別の上司に相談するのも1つの手です。上司の上司の場合は特に、パワハラ等で騒ぎにならないように迅速に対応してくれるケースが多いでしょう。上司の上司もダメな場合は、思いきって社長など、トップに近い人に相談してみて下さい。

相談をする時には、いじめられていると伝えるよりも、具体的にどんな事をされていて、仕事に支障が出ているというように伝える事がおすすめです。まともな上司であれば、それがどれだけ問題な事態なのかわかってくれますので、丁寧にされている事を伝えましょう。感情的になってしまうと伝わりにくくなりますが、出来るだけ辛い事が伝わるように、泣いているフリをするのも1つの方法です。

公的な機関を利用する

仕事を辞めようとしたのに辞めさせてもらえない、上司に相談したのに一向にいじめが解消されないなど、職場いじめが悪質な場合は、公的な機関を利用しましょう。国が設立した法律相談所である法テラスや、各都道府県に存在する労働局などの、公的機関に相談することで、外側から対処をしてもらえます。こうした事柄に強い公的機関、専門企業も多く、相談は無料で出来る所も多いでしょう。

仕事を辞めさせて貰えないという時は特に、公的な機関の利用は非常に有効です。社会人には職業選択の自由と言う物がありますので、こうした権利を脅かされる事態が起っているとなると、公的機関も黙っていません。外側から圧をかけてもらうことで、いじめがストップする可能性が高くなるでしょう。

公的機関を利用した結果、会社をクビになるという可能性もあります。ですがその程度でクビにしてくるような会社は、働く価値がありません。誰に相談しても受け入れて貰えない場合は、遠慮無く利用しましょう。

いじめられたことを記録しておく

いじめを受けたときには出来るだけ、いじめられた内容を何か形として残しておくことで、相談窓口で相談する際に証拠として役に立ちます。いじめられた内容などを日記に残しておいたり、出来ればカメラや録音などの記録媒体で、しっかり記録しておくと良いでしょう。

いじめられたと上司などに相談するときにも、口頭で伝えるだけでは信憑性が出ない可能性があります。いざという時の切り札として使えるように、いじめられている証拠を形に残しましょう。隠しカメラなどのように、本人の姿が映っている物であれば特に良いですが、難しければケータイのアプリなどを使って録音する方が簡単です。

触ってくるようなセクハラなどの場合はカメラなどで無いと物的証拠が押さえにくいですが、パワハラなど口頭で暴論を吐くようなタイプの場合は、物的証拠を押さえやすいでしょう。いじめと戦うという覚悟を持つ事が、自分を守ることに繋がります。いじめの内容にもよりますが、証拠があるといざという時、恐喝などで警察に相談する事も可能です。

会社を辞める

どんな対策をしても会社に居づらい状況になってしまったときには、最後の手段として退職する方法があります。仕事の度にストレスを抱えるような場所は、居ても辛いだけです。勤め先は世の中にいくらでもあります。自分を追い詰めて辛い状況になるくらいなら、思いきって退職をするのは1つの手です。

ですが上司からのいじめなどの場合、退職を拒否される等が起る場合もあります。また、精神が追い詰められ過ぎて、もう会社に行きたくないという方も居るでしょう。そんな時におすすめなのが退職代行サービスです。退職代行サービスの利用も視野に入れることで、気持ちが楽になるでしょう。

退職代行サービスはその名の通り、退職に必要な各種手続きなどを全て代行してくれるサービスです。退職願の作成やお届け、職場にある荷物の引き取りや、退職後必要な書類受け渡しに関する手続きなど、一切代行して貰えます。会社に行って気まずい思いをすること無く、スパッと会社を辞められますので、とにかく一刻も早く辞めたいという方におすすめです。

職場いじめを解決して快適な職場にする

職場いじめは早めに対処しないと、自分自身がどんどん追い詰められていきます。的確な方法で早めに解決することで、快適な職場に出来るでしょう。我慢をしても良いことは1つもありません。仕事に集中して取り組める理想の職場を作る為にも、勇気を出して戦うことも大切です。

どうしても解決しない場合は、仕事を辞めるのも1つの方法です。精神を追い詰めてしまうくらいなら、新しい仕事を探して楽しく働きましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール