仕事の悩み

人間関係がつらくて仕事を辞めたいと思ったときの対処法

「仕事は嫌いじゃないけど、職場の人間関係で悩み仕事を辞めたい」と悩みを抱えている人もいるでしょう。一人で考え込んでいても、毎日辛い思いをしながら過ごさなくてはいけません。まずは、他の人に相談するなどの対処法を取って、解決へと導きましょう。

人間関係に疲れて仕事を辞めたい

職場の人間関係に疲れて、仕事を辞めたいという人もいるでしょう。プライベートや学校であれば、気の合わない人とは距離を置くことができ、接しなければ悩みにはなりません。

しかし、職場ではそのような甘えは通用しません。どんなに苦手な人であっても、仕事上のコミュニケーションが必要不可欠になります。それゆえに、多くの人が会社の人間関係に疲れて、「仕事をやめたい」と思ってしまうのです。

本記事では、人間関係に疲れて今の会社にとどまろうか、転職しようか悩んでいるという人に対して、アドバイスを提示しています。ぜひ参考にしていただき、自分が進むべき道に進んでください。

職場の人間関係で悩んでいる人は多い

職場の人間関係で、悩んでいる人は多いといわれています。その原因は「苦手な人と仕事をしなければならない」「理不尽に怒られる」「嫌がらせやいじめがある」など、さまざまなことがあります。

退職理由の多くは人間関係による疲れ

会社側には「結婚や家庭の事情」「体調の問題」を理由に、退職する人が多いです。しかし、実際は人間関係に疲れて仕事を辞める人のほうが多いという結果が、あるアンケートで分かりました。

また、厚生労働省の調査によると、職場での人間関係に悩む割合は全体の半数に達し、ニ人に一人は人間関係によって、ストレスを抱えているとされています。

1日の大部分は職場で過ごすことが多く、苦手な人と嫌でも一緒に協力して、仕事をしなければなりません。このようなことを、毎日続けていくと精神は疲れ果て、当然のことながら「仕事をやめたい」という気持ちが強くなっていきます。

職場の人間関係で多い悩み

職場の人間関係の悩みに多いことは「苦手な人や合わない人と仕事をしなければならない」「陰口や悪口を言われる」「理不尽に怒られる」などが挙げられています。

「大人なのにこれくらいも我慢できないの?」と思う人もいるかもしれませんが、どれも精神的な苦痛となる、つらい職場の人間関係における事柄です。

これらによる、精神的なダメージやストレスの蓄積によって、心身の調子を崩してしまいます。そして朝起きても活力がわかず、結果的に仕事に行きたくなくないという思いで、いっぱいになってしまいます。

女性が多い職場は人間関係の悩みも多い

「いじめや嫌がらせがある」「特定の派閥に所属しなければならない」「気を使わないといけない」など、女性が多い職場はでは、とくに人間関係のトラブルが多いもの。すると、ストレスがたまるばかりで、疲れてしまうと感じる人が多いです。

女性は感情的になりやすく、女性同士でウマが合わない人がいる場合は、小さなトラブルでも関係が悪化してしまう可能性も。

関係が悪化すると、声をかけても無視されたり、回覧板を投げつけられたりといった、嫌がらせが起きてしまうのです。

また、女性は派閥をつくる傾向があります。その派閥で人間関係がうまく行かなかったり、所属せずにマイペースで行動していたりすると、仕事がやりにくくなるケースがあるとされています。

仕事を辞める前にするべき対処法

仕事を辞めると、その後の生活に支障がでてきます。決断する前に、するべき対処を行うことで解決され、退職しなくても済む可能性があります。仕事を辞める前に、まずは対処法を実践してみるとよいでしょう。

信頼できる人に相談する

仕事を辞めたいと思ったときは、家族や親しい友人、仲のよい同僚など、信頼できる人に相談するとよいでしょう。一人で悩んでいると、客観的に判断できなくなるので、信頼できる人の意見を聞くことで、気持ちが整理しやすくなります。

中には、過去に自分と同じような経験をしたという人がいて、その後どうなったのか、現在はどうしているのかということを聞ける場合も。

また、人に話すだけでもストレスの緩和となり、自分では考えつかなかった解決方法が、見つかる可能性が高くなります。仕事を辞めようと思ったら、まずは、信頼できる人に悩みを打ち明けてみることをおすすめします。

第三者に相談する

より具体的にアプローチするなら、上司や人事部など、第三者に相談するとよいでしょう。まずは、直属の上司に相談をすることがマナーです。

しかし、上司との関係で悩んでいる場合は、直接人事部に相談することをおすすめします。相談して違った視点からのアドバイスをもらうことで、問題の解決策が見つかる場合があるからです。

また、多部署への移動を願い出るという切り口で相談することも、一つの方法として挙げられます。このときに、先に人事担当者に相談してしまうと、上司との人間関係が悪くなる場合があるため、注意が必要です。

上司が監督責任を問われたり、人づてに聞いて嫌な気分になったりする上司もいます。上司との関係性や、相談内容にも気をつけて、相談するようにしましょう。

仕事だと割り切って考える

仕事の人間関係はプライベートの友達関係と違い、価値観が違う人とでも、一緒に仕事をしなければならない場面が多く出てきます。無理に合わせようとすると疲れてしまうので、仕事だと割り切って、自分の仕事に集中することも一つの手です。

また、すべての人とうまく付き合う必要はないと考えることで、気が楽になる場合もあります。ただし、挨拶を怠ったり、悪口や陰口を言ったりすることはNGです。このような非常識な行動は、社会人として恥ずべき行為です。

人間関係をさらに悪化させないためにも、相手に無理に合わせようとせず、仕事と割り切って、社会人として恥ずべき行為は行なわないようにしましょう。

どうしても解決できない場合は転職しよう

家族・友人など信頼できる人や、第三者に相談しても悩みが解決できない場合は、転職することをおすすめします。職場を変えることで気が楽になり、仕事に対する意欲も増します。ただし、転職するにあたっては、下記の4点に注意しましょう。

転職する前に考えておきたいこと

今の職場を辞めて転職する場合は、まず事前に考えておくべきことがあります。転職すれば環境を一新でき、新しい職場で新たな人間関係が築けます。

しかし、職場の環境は体系が同じなため、また人間関係で悩む可能性があるのです。転職先の人間関係が良好と限らないことを、踏まえておくようにしましょう。

また、転職したら年収が下がるというケースも少なくありません。「給与が下がっても生活していけるか」など、転職に伴うリスクも事前に考えておく必要があります。

円満退職で転職につなげよう

退職するからといって、職場に迷惑をかけるような辞め方をすることは、控えるべきです。引継ぎを中途半端に終わらせたり、多忙な時期に突然退職したりすると、後任者に迷惑をかけてしまい、印象が悪くなってしまいます。

また転職しても、現在の会社の人と転職先の会社の人が、思いがけない形でつながっているというケースもあります。取引先を通じて、自分の悪い情報が伝わっていると、その後の仕事に支障が出てしまう可能性もあります。したがって、後々のこともしっかりと考えておき、なるべく円満退職で転職につなげるようにしましょう

退職スケジュールを組む

円満退職するにあたっては、行動する前に、退職スケジュールを組むことが大切です。無計画で、行きあたりばったりな行動をすると、会社や部署に迷惑をかけてしまいます。

円満退社するなら、業務の引き継ぎや後任者を決める期間を考慮して、少なくとも2カ月前には退職の意思表示をしておきましょう。

そして、転職状況活動の状況と現在の繁盛期、就業規則と照らし合わせて、退職スケジュールを組んでいきます。前もってスケジュールを立てることで、会社に迷惑をかけることなく、スムーズに退職できます。

退職理由を上手に言い換えよう

会社側に退職理由を伝えるときには、ストレートに「人間関係が悪いことが原因で退職する」というのはよくありません。はっきり伝えてしまうと、職場と喧嘩別れになる場合があります。

また、転職する応募先に「また、人間関係が悪くなってやめるのではないか?」と思われ、採用にいたらない可能性も。しかし、嘘をつくとさらによくないので、上手に言い換えて、ネガティブな印象を与えないようにしましょう

 【仕事を辞める理由】退社までの流れと円満に手続きを進める方法

相談して解決できなかったら転職も検討しよう

職場で人間関係に悩んで「仕事を辞めたい」と思ったら、まずは信頼できる人や上司、人事部などに相談することが大切です。自分では思いつかなかった、新しい解決策が見つかる可能性があります。

また、仕事と割り切って考えることで気持ちが楽になり、ストレスが軽減されることも。しかし、相談しても解決しない場合もあります。

その場合は、転職を検討するとよいでしょう。職場を変えることで、環境が一新されてストレスなく仕事をこなせます。ただし、新しい職場が絶対に良好というわけではありません。

このことを念頭に置いて、転職を検討するようにしましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール