仕事の悩み

【仕事ができない人の特徴】できる人との違いを知り悩みに対処しよう

仕事ができるようになりたいと考えても、うまくいかないことは多いです。はりきってやっても小さなミスをして、上司や先輩に叱られる毎日はつらいものでしょう。仕事ができない人の特徴と対処法を理解して、バリバリ仕事ができる人を目指しましょう。

仕事ができない人とできる人の違いとは

仕事ができない人には、何か特徴があるのでしょうか?また、対処法はあるのでしょうか?仕事ができない人とできる人には、大きな違いがあります。それを正しく理解できれば、人より仕事ができないと落ち込む日常から、離れられるはずです。

仕事ができる人とできない人の特徴と対処法を知り、毎日を充実した日々にしましょう

仕事ができないことによる悩み

仕事ができないことに関する悩みも、人それぞれに違います。自分自身が、人より仕事ができないと感じられる、またはチームや部下が仕事ができずに悩む人も多いでしょう。実力主義の企業でも、チームで仕事をすることが多いです。同時に、個人にそれぞれの責任があります。

仕事ができないと、下手をすれば一緒に仕事をする人たちにも、迷惑をかける可能性があることを理解しましょう。しかし、ただ悩んでいるだけでは何も解決しません。悩むのではなく、どうすれば問題を解決できるのか、その方法を探りましょう

仕事ができない人の特徴

仕事ができない人には、共通する特徴があります。特徴を見れば、自分にも当てはまることがあるかもしれません。また、会社の同僚を思い出す人もいるでしょう。仕事ができないことに関する問題は、まずは特徴を理解することが大切です。特徴を理解すれば、自然に改善点が見えてきます。

計画性がない

計画をきちんと立ててから、仕事をはじめているかどうかをチェックしてみてください。計画を立てることで、優先順位をつけやすくなります。計画を立てずに、思い出したり思いつきのままで仕事を進めると、すべて中途半端になる可能性もあります。それでは、スムーズに仕事ができないことも必然です。

例えば段取りを考えるときも、計画を立てなければ、何を早急に用意して、何から手をつけなければならないのか、あやふやな状態です。計画を立てることで、最終目標に向かって、一つずつ階段をのぼれるのです。

責任感がない

責任感がない人も、注意しなければなりません。目の前の仕事に対し、自分に割り当てられたものという感覚が持てないからです。自分がやらなければならない仕事だと感じられなければ、責任感が生まれるはずはありません。

また、責任感がない人に共通してよく見受けられることは、失敗したときの態度や振る舞いの悪さです。責任追及から逃れるため、他の人へ責任転嫁する場合があります。自分が悪いのではない、あいつの仕事が遅いからこっちも遅くなるのだという具合です。「こんな仕事を押し付けた上司が悪い」などと文句を言っても、根本にある原因は、自分自身の責任感の欠如です。

問題はいつまでも解消できずに、同じミスを何度もするでしょう。また、責任転嫁ばかりすることで、周囲から冷たい視線を向けられるようにもなります。居心地が悪くなるだけで、得はないでしょう。

言われたことをすぐに忘れる

忘れっぽい人は、特に注意しましょう。頼み事をした相手は、信頼をしてものごとを頼んでいるのです。時間が経過して、様子を見たら何もできておらず、聞いてみたら忘れていましたとなれば、信頼性も消えてしまいます。ものごとを頼んだほうも、スケジュールを大きく変更しなければならないでしょう。下手をしたら、取引先とのトラブルに発展する可能性も、ゼロではありません。

仕事に忙殺されて、忘れてしまうことはあるかもしれません。しかし、頼まれたことをメモでもすれば、忘れてもすぐに思い出せます。言われたことをすぐに忘れることは、仕事ができないといわれてもしかたありません。

机の上が散らかっている

机が散らかっている人は、仕事ができない可能性があります。ただし、机が散らかっているようでも、当人にとっては整理されている状態の人もいます。そのため、必要な資料でも簡単に見つけ出せるのです。

一方、単純に机が散らかっている人は、仕事ができません。例えば、資料が見つからずに1時間も探している人がいます。これでは仕事がスムーズにいかないこと、もうなずけるでしょう。資料を探す時間が、仕事を圧迫することはよくありません。自分の机が散らかっているなら、整理することをおすすめします。

分からないことをそのままにする

知ったかぶりになってはいけません。知ったかぶりをした結果、重大なミスにつながることもあるからです。分からないことがあっても、何も考えずに仕事を進めると、案の定ストップしてしまうのです。しかし、その時点で調べたり、自分より知識が豊富な同僚に聞いたりすればよいのですが、それもできません。

また、分からなければ勉強をする人は向上心があるので、すぐに克服もできるでしょう。知ったかぶりの人は、自分で調べようという気持ちもなく、分からないままになるので、同じ所でミスをするのです。

言い訳が多い

どんなに優秀な人でも、ミスをしてしまうものです。ミスがあっても、責任感があれば素直に認められますし、次から失敗をしないための対策を練ります。仕事ができない人は、ミスに対し言い訳がはじまることも多いです。

無理難題を押し付けられたから、あの人が早く仕事をすればこちらも早くはじめられた、調子が悪かったからなどが、代表的な言い訳でしょう。たまになら、その言い訳を本当だと信じてもらえ、同情もされるかもしれません。しかしいつもであれば、またはじまったと思われるだけでしょう。

批判ばかりしている

世の中には、自分のことを棚に上げて批判が多いだけの人もいます。仕事をする環境が整っていないとか、上司や部下や同僚の能力が低いから、自分の言うことを聞かないこの会社はだめだなど、たくさんあるでしょう。結果、批判ばかりでやるべきことをやらなければ、人が耳を傾けることはまずありません。

批判者は自分の考えが絶対に正しく、他人の意見は間違っていると決めつける傾向があります。ある程度の自信は、よい結果が出るかもしれませんが、仕事ができない人は勘違いな自信も多いです。

疲れとストレス

仕事ができる人の特徴

仕事ができる人も、世の中にはたくさんいます。仕事ができる人にも、共通点があることは無視できません。仕事ができないと考えている人は、仕事ができる人の特徴を知って、対策をしてはいかがでしょうか

余裕がある

余裕がある人は、信頼もされます。同じ仕事量なのに、余裕がある人とない人とで差が出ることは、計画的に行動できているかどうかがポイントです。一貫した考えを持って、計画を立てられる人は、あらゆる想定をして対応力も抜群です。

そのため、仕事に対しスマートに進められます。いつも余裕がない状態で仕事をしている人は、その場をクリアできればなんとかなると考えたり、必要な準備もせずに仕事をはじめていないか、振り返りましょう。

伝える力がある

他人に自分の考えを、正確に分かりやすく伝えられる人は、同じ仕事をしても楽しいですし、負担も軽いでしょう。身につけた感覚と能力で、仕事ができる人も中にはいます。職人気質な人は、それで結果も出せるのですが、チームで仕事をする場合、あるいは人を指導する立場になったときに、伝える力がなければうまくいかないことも多いでしょう。

また、人に分かりやすく伝えることは、情報量と考える人も注意したほうがよいでしょう。情報を提示するのは悪くないのですが、整理せずにあまりにたくさんの情報量を詰め込みすぎると、分かりづらくなるからです。

相手の視点で考えられる

仕事が出来る人は、相手の視点に立って物事を考えられる人が多いです。相手のことを思って行動が出来るので、意思疎通もスムーズですし、気づかいの出来る人だと思われ、信頼関係も築きやすい傾向にあります。

相手の立場に立って物事を考えていない場合、こちらが伝えたいことがうまく伝わっていなかったり、嫌な気分にさせてしまったりとミスにつながりやすいことが起きているはずです。

なにか行動を起こす前に、自分の言動で相手がどう思うか?どんなことをしてあげたら嬉しいか?ということを立ち止まって考えてみることが大切です。

情報収集を怠らない

仕事ができる人は、総じて情報収集を行っています。街に出ても、アンテナを張り巡らせていることも少なくありません。情報収集を意識して行うことで、情報交換を求めている人たちとの人脈もできあがります。そうなると、情報が集まることも必然でしょう。

情報感度の高さは、ビジネスマンにとって非常に重要視されます。世の中に広まっていないけれど、よいものを見つけるためには、情報収集が欠かせません。情報を人よりも先に得ることが、他者と差をつけるポイントだからです。実際に、多くのヒット商品は情報収集を行い、ニーズに合ったものを提供しているからこそ、ヒットしているのです。

逆算して考える

ゴールを見据えて逆算をする考えの人は、仕事ができることが多いです。これは、計画性という部分でも重要な意味を持っています。ゴールから逆算することで、何が必要なのかが分かってきます。

何を準備して、どれぐらいの時間がかかるのかが見えるのです。逆算思考をすることで、何が無駄かも見えてくるでしょう。時間の効率化ができ、無駄な手間が省けるのです。

自己管理ができている

仕事をスムーズに行うには、自分が万全の状態でなければなりません。そのためには、自己管理がきちんとできているかどうかも、ポイントになります。仕事を効率的に進めるうえで重要になることが、時間の短縮です。自己管理ができている人は、そのことを理解しています。だから机も整理整頓され、資料探しも簡単にできるのです。

また、体調についても意識しています。体調を崩しても、仕事をすることは美徳だと、手放しで称賛される時代ではありません。そもそも体調を崩さないように自己管理ができていれば、予防ができたはずだからです。この意識の差に、仕事ができる、できないの差が生まれます。

人の意見をしっかりと聞く

プライドを優先して、かたくなに人の意見を聞かない態度だと、向上は期待できません。足りないものは、自身が一番よくわかっているでしょう。しかし、自分で気づいていない問題も少なくなく、その場合、客観的な目で見られる他者が気づいていることも多いのです。

仕事ができる人は、素直に他人からのアドバイスなどに耳を傾け、さまざまな意見を吸収できます。しかし、素直でない人は受け入れられないので、同じ問題点をずっと引きずることになるのです。

 仕事ができる人の特徴とは。行動特性を知り、自分自身に取り入れよう

自分は仕事ができているかチェックする方法

自分は仕事ができているかどうかが、気になる人も多いでしょう。仕事ができない人や、できる人の特徴だけではなく、実際に仕事ができているかどうかを、ポイントに照らし合わせることで、自分を冷静に見つめるきっかけになります。

☑ 失敗の原因を明確にする

仕事ができないと感じたときは、まずは、なぜそんな状況に陥ったのか、その原因を明確にしましょう。そこは冷静に、客観的な視点でチェックしなければなりません。

仕事ができない場合、自分に問題があるなら、対策をすることで改善も可能だからです。また、仕事環境や取引先などの外部要因による原因で、仕事ができない可能性も考えられます。その点を基準にし、失敗の原因を探りましょう。

☑ 周りの人に意見を聞く

仕事ができているかどうか、自分だけでチェックすることもできますが、どうしても感情など主観の問題が出てきます。また、自己評価が過剰に低くても高くても、正しい判断はむずかしくなります。そんなときには、周りの人に意見を求めてみましょう。

自分の仕事内容を、上司や同僚に聞いてフィードバックしてもらうのです。案外、自分は思った以上に仕事ができる人だと、評価されているかもしれませんし、また逆の場合も可能性はあります。ただし、客観的な評価を受けられるので、参考になるでしょう。

☑ 人事評価を冷静に分析する

人事評価で、冷静にチェックをしてみてください。上司や一緒に働いている同僚の感想を聞くこともよいのですが、遠慮や気遣いなどが影響する場合も少なくありません。しかし、人事評価はそのような甘さやあいまいな部分がないので、参考になるのです。

人事評価を行う人は、低い評価について冷静に分析し、丁寧に相手へ伝えなければならないからです。その結果は、良質であることが多いため参考になるでしょう。人事評価を見ることで、得意分野や苦手分野を客観的にチェックできるのです。

☑ 外部のキャリアアドバイザーに相談する

客観的に判断してもらう方法の一つとして、外部のキャリアアドバイザーに相談するのもよいでしょう。外部のキャリアアドバイザーは、自分が働いている会社とはまったく異なる立場の人です。

外部の人からの客観的な評価は、まったく私情が入りません。少しでも関係ある人ではなく、あくまで客観的な評価や意見、アドバイスが欲しい人は検討してみましょう。

 仕事の相談はだれにする?相談できずに悩む人へのアドバイス

周りに仕事ができない人がいるときの対処法

社内でも仕事ができると、評価されている人もいるでしょう。それなら安心できますが、問題は周りの人です。自分の部下や新人の教育係を任されたのはよいけれど、仕事ができないと感じる人もいるはずです。また、上司に対してイライラする人もいるのではないでしょうか。仕事ができない人が職場にいるときには、どんな対処法がベストなのでしょうか

部下が仕事ができない場合

部下と自分は違う人間で、入社まで関わりのなかった他人です。しかし、会社内では部下と上司という関係性で成り立っています。しかし、仕事ができない部下の場合、その影響が上司の評価につながる場合も少なくありません。仕事ができない部下に対しては、どのような対処法をすればよいのか解説します。

ミスに対して改善策を示す

部下が失敗をすれば、イライラして怒鳴り散らしたい気持ちは分かります。しかし、パワハラやブラック企業が社会問題化している時代です。頭ごなしに怒ってばかりいて辞められたら、管理責任を追及される可能性もあります。よって上司の立場としては、回避したい所でしょう。

仕事ができない部下に対しては、成長させるような流れを作ることが大切です。そのためには、失敗の原因を冷静に探ってまとめましょう。原因が分かったら、改善策を提案します。結果、部下が成長して失敗が少なくなれば、教え方がうまい上司として評価される可能性も出てくるのです。

得意な仕事を割り振る

人間、誰でも得手不得手があります。得意な分野の仕事なら、1日中やっていても飽きないかもしれません。ミスがなくなることも多く、生き生きと仕事ができるものです。不得意な仕事を任せると、途端にうまくできなくなります。
いつも楽しくなさそうに仕事をしている部下がいるなら、得意そうな仕事を割り振りましょう。そうすることで、円滑に仕事を進められる可能性が生まれます。

ただし、延々と得意な仕事ばかりを割り振れない場合もあるでしょう。そのときは、得意な仕事をしてもらっている間に、また別の対策を考えましょう。

同僚が仕事ができない場合

同僚との関係は、部下より少し難しいです。同じ立場なので、下手な指摘をすればプライドを傷つけ、逆恨みされる可能性もあります。では、どうすればよいのでしょうか?

上司やほかの同僚と話し合う

まずは、ほかの同僚や上司に相談をしてみましょう。ただし、同僚に相談するときには、いじめや陰口になってしまうことは避けましょう。あくまで客観的な判断を提示し、言い方に注意をして相談してみてください。

下手なことをいうと、嫌な奴だというレッテルを貼られる可能性があるからです。また、ほかの同僚に相談することで、まったく違う評価が出る場合もあります。個人的な問題か、それとも問題のある同僚に致命的な問題があるのか、見極める助けにもなるでしょう。しかし、気軽に相談できる仲のよい同僚が、いない場合もあります。そんなときは、上司に相談してもよいでしょう。

相手の話を聞いてみる

仕事ができない同僚を、バカにしたりすることは誰でもできますし、人間性を疑われます。仕事ができないのなら、サポートを検討しましょう

同僚が何に困っているのか、何が分からないのかを聞いてみましょう。もしかしたら、仕事ではなくプライベートで問題があって、精神的に参っている可能性もあります。さらに、人から説明するより書籍などを見て勉強したほうが、理解できる人もいるのです。

また、同僚の問題点を理解し、改善策を提案することで説明上手になります。これは、自分のスキルアップのためにも重要でしょう。助けたことにより感謝され、友情が生まれるだけではなく、自分が困ったときには助けてくれる可能性も生まれるのです。

上司が仕事ができない場合

部下や同僚なら、まだ対応は簡単かもしれません。しかし問題は、自分より上の上司についてです。優秀な上司ばかりとは限らず、仕事ができない人もいます。そのような人が上司の場合、どう対処すればよいか、悩む人も多いでしょう。そんな方に、仕事のできない上司の対処法を解説します。

会話の回数や長さを減らす

上司に向かって、「もっとしっかり仕事をしてください」とは言えないでしょう。歯を食いしばり、我慢するしかない人もいるはずです。しかし、我慢も限界に達すればイライラもします。そんなときは、一旦、距離を置くことも考えましょう。

仕事上の事務的な連絡だけで、雑談などは比較的口数少なく対応するのです。必要最低限の関わり方をすれば、上司の振る舞いや言動を遠ざけられます。そうすれば、イライラすることも激減するでしょう。

さらに上の上司に相談する

上司より、もっと上の立場の上司に相談する方法もあります。組織管理の面、あるいは本当に仕事ができない上司であるなら、対応を検討してくれる可能性もあります。ただしその場合は、きちんと証拠を残しておく必要があります。

言動や行動、メールの内容などあらゆる証拠を提示しましょう。気をつけたいことは、相談するもっと上の上司が、仕事のできない上司と親密な関係である場合です。下手をすると告げ口をしたといわれ、報復される可能性もあります。相談するにしても、関係性をチェックしてからのほうが無難です。

転職を考える

我慢にも限界があるはずです。上司なので、下の立場の人間にまったく耳を貸さないタイプもいます。それどころか、仕事ができないなどと指摘すれば、怒って報復を行う場合も。それは自分のキャリアにとって、どれだけの悪影響をもたらすでしょうか。

長い人生、楽しく、充実した生き方をするためには、仕事選びは非常に重要です。上司との関係が我慢の限界に達したら、転職という選択肢も考えておきましょう

 仕事辞めたい瞬間。辞めどきと辞めない方がよいときの見極めかたとは

仕事ができないと悩んでいる人の気持ち

自分は同僚より仕事ができないと、自覚している人も少なくありません。では、どんな気持ちになっているのでしょうか。その気持を理解することで、相談にのれます。ほかにも、自分が人よりも仕事のできない人間だとしたら、ほかの人がどう考えているのか心を理解することで、改善点が見つかる可能性もあるでしょう。

周りの人が気になって集中できない

自分と他人とは違うのだと、割り切れない人がいます。自分の仕事に集中して結果を出せばよいのですが、どうしても人の仕事が気になって仕方ありません。本人に状況を聞いたり、周りに評判などを聞いたりして、自分と比べます。相手の評価が高ければ高いほど、悔しくて落ち込んでしまうのです。

また、結果を残そうと焦り、強引な仕事をして失敗する人もいるでしょう。仕事は、精神的にも体力的にも非常に消費するものです。仕事以外で、人の評価や仕事を気にすることは、損であると考えましょう。

同時に複数の仕事をこなすことが難しい

器用な人や要領がよい人は、同時に複数の仕事をこなしてしまいます。それは、能力が高いことの証明でもありますが、逆に一つの仕事しかできない人もいるでしょう。ある一つの仕事に集中しすぎて、ほかに頼まれごとがあると、混乱するタイプの人です。

同時に複数の仕事ができない人は、優先順位をつけることが難しい傾向にあるのです。いつでもできる仕事を優先し、本当に必要な作業を後回しにするのです。結果、納期などに遅れてしまい、仕事ができない評価をされてしまいます。まずは優先順位は何かを考え、計画的な仕事の取り組み方をするように心がけましょう。

業務や職種が合っていない

よくあるパターンとして、それまで生き生きと仕事をしていたのに、人事異動した途端にミスを連発する人がいます。自分に合わない業務や職種は、一生懸命やってもなかなか馴染めない場合も多いです。結果、時間が経過しても仕事がうまくいかず、ストレスだけが溜まります。仕事ができると評価されていたのに、人事異動で仕事ができない人に評価が変われば、追い詰められた気持ちになるものです。

ただし、考え方を変えることで、対処ができる場合もあります。不得手な仕事も、自分のキャリアにつながると考えてみましょう。楽しくないから、不得手だからと考えすぎてはいけません。不得手な仕事でも、ポジティブな感覚で取り組めば、楽しさが見つかる場合もあるからです。また、配置転換を希望することで、変えてもらえる場合もあるので、相談してみましょう。

実力不足を感じる

実力不足も、仕事ができない原因の一つです。あまりに周囲のレベルが高すぎて、知識や経験が追いつかない場合があります。とくに、自信と希望を持って入社した新人に、よくある傾向です。

新入社員が、現役で何年も働いてきた人間に勝つことは、まず難しいでしょう。よって、知識や経験不足は当然と考える必要があります。それを前提に、毎日仕事に取り組み、素直にアドバイスを吸収することで、仕事に対応できるものです。

ただし、キャリアがあるのに知識や経験不足を感じるなら、勉強不足の可能性もあります。ビジネスの現場では、日々新しく変化していることを忘れないようにしましょう。

職場での居心地が悪い

どんなに夢だった業種や、やりがいのある仕事、あるいは希望した役職だったとしても、職場の雰囲気が悪ければむずかしい続けられるものではありません。雰囲気によって精神的に参り、仕事ができない状態にまで追い詰められる場合もあります。

また、どんなに希望をした仕事でも、できないときはできません。自分がいて役に立つのだろうかと、ネガティブな気持ちになり、居心地が悪くなる場合もあります。そして会社を休むことが増え、辞めたくなることもあるでしょう。ただし、どんな企業に行ってもそんな気持ちになり、何度も転職を繰り返しているのなら、忍耐力が足りていない可能性もあるので気をつけましょう。

 仕事辞めたい瞬間。辞めどきと辞めない方がよいときの見極めかたとは

仕事ができない悩みを解消する方法

仕事ができないなら、改善策を考えましょう。悩んでいても、改善することは簡単ではありません。自分の問題を落ち着いて理解し、意識した対策を行えば、改善できる可能性が高くなります。では、仕事ができない悩みを解消するために、何をすればよいのか解説します。

マイペースを心がける

物覚えが悪い人は、マイペースを心がけましょう。そんな人はどうしても、物覚えがいい同期などにおくれを取ってしまう気がして、焦ることもあります。さらに、後輩に飛び越えられそうになれば、ますます焦ってしまうはずです。

しかし、じっと耐え抜きましょう。焦る気持ちを抑え、マイペースを意識してみてください。焦っても、よい結果が出るものでもありません。マイペースを意識したほうが、ミスを抑えられる場合もあるのです。

自分の仕事を客観的に把握する

自分の仕事をきちんと理解しなければ、うまくいくものもうまくいきません。ただし、主観的な理解ではまだ足りないのです。客観的に見て整理をして、全体像を把握することが大切です。

俯瞰的に全体像を把握し、自分がどんな立場でどのような作業を行い、結果が得られるのかを考えましょう。その中でどんな仕事をすればよいのか、改善点なども見えてきます。

目の前の仕事に集中する

仕事ができないと落ち込んだ所で、何を得られるのでしょうか。確かに悩みの中で問題点を見つけて、解決方法を得られれば意味はあるでしょう。しかし、純粋に悩んで落ち込むだけでは意味がないのです。

悩むぐらいなら、目の前の仕事に集中しましょう。どんな仕事でも経験になり、知識も得られます。知識と経験は、自己成長につながるのです。そうすれば仕事の精度も高まりますし、できる作業も多くなるでしょう。悩みがあっても、目の前の仕事に集中することをおすすめします。

ミスをプラスに捉える

仕事で高評価を得るためにはミスに注意し、減らしましょう。ミスが多いから、仕事ができないと評価されるのです。ただし、人間は失敗をする生き物ですが、そのことに安心してはなりません。ミスをすることで、どんどん信頼を失っていきます。

ミスをしたら、まず反省をしましょう。ミスは、自分の欠点や仕事に対する向き合い方の問題が、表れているという考え方もできます。「失敗は成功の母」という有名な言葉もあることも無視できません。どうしてミスをしたのか反省をしたうえで、原因を考えて成長につなげましょう。

分からないことは質問する

分からないことがあれば、知っている人に聞けばよいのです。小さなことでも、ずっと考えているだけでは、何もはじまりません。ただし、人には恥ずかしいという感情があります。とくに簡単なこと、常識的なことを聞くことは、恥ずかしさが前面に立ち、なかなか聞けないこともあるでしょう。

一番ダメなことは、知ったかぶりをすることです。分からないのに、分かったふりをして仕事をした結果、ミスが出れば仕事ができない人として、低評価になるでしょう。しかし、それは避けなければならないので、聞くことに勇気を持って立ち向かいましょう。

仕事ができない人の特徴を理解しよう

仕事ができない人は、ほんの少しの問題点を改善するだけで、仕事ができる人間に近づくことができます。なぜなら、仕事の失敗は自分に問題がある、あるいは外部環境の問題、運の要素など、複合的にからみあって生じているからです。

ただし、自分に問題があるのなら、原因を分析して対処をすれば乗り越えられます。仕事ができないのではなく、仕事ができる人間を目指さなければ、何もはじまらないのです。苦難を乗り越え、仕事ができる素敵な女性を目指しましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール