ダイエット

脂肪燃焼スープで痩せよう。ルールを守れば効果大でリバウンドなし

脂肪燃焼スープは、ルールさえ守れば効果を実感でき、リバウンドなくスリムな体型を維持できます。スープは好きなだけ食べれるため、ストレスなく続けられますが、1週間以降の取り組みも重要になります。継続することで体質改善ができるのです。

脂肪燃焼スープは実際どのようなものなのか

ダイエットに取り組んでいる人は、運動はもちろんのこと、日々の食事にも目を向けて、ダイエットに効果的な食材を選んで食べていることでしょう。

そこで、ダイエット効率を高める食事に「脂肪燃焼スープ」を取り入れている人が増えています。

脂肪燃焼スープといっても、さまざまな種類があります。ご飯と一緒にスープを飲めばよいものなのか、一食を置き換えて食べるものなのか、正しく食事をすることでダイエット効率を高める方法につなげられます。

ここでは、脂肪燃焼スープの作り方や効能について見ていき、燃焼系スープでダイエットをチャレンジする人に向けて情報を提供していきます。

脂肪燃焼スープのレシピ

脂肪燃焼スープは、意外と簡単に作れます。これなら作れるという人は、積極的に活用してダイエットメニューに取り入れてみましょう。

脂肪燃焼スープの基本的な作り方

材料

  • たまねぎ    3個
  • ピーマン    1個
  • セロリ     1本
  • キャベツ    半分
  • ホールトマト  1缶
  • 固形コンソメ   2個
  • 塩・コショウ適量

作り方

  • 1.すべての材料を口に入れやすいサイズにカットする
  • 2.鍋に1の具材を入れ、ひたひたになるように水を加えて煮る
  • 3.塩コショウで味付けして完成

基本の形はこのレシピになります。特別なスパイスや香辛料を使用しなくても、野菜本来の特性で脂肪燃焼効果が発揮されます。お医者さんも推奨するレシピで、手術前の人が体力を落とさずに短期間で減量するときに活用されるメニューです。

アレンジをして味付けを変えると長続きでき、効果を得ながら飽きずに食事を楽しめます。基本のレシピを大幅に崩さなければ、いろいろなアレンジをして調理ができます。

だしを変える

コンソメスープの替りにチキンスープや鶏がらスープ、和風だしなどで使ってもよいでしょう。コンソメにも少量のスパイスが含まれているため、燃焼作用を高めてくれます。基本的な具材は大きく変えず、だしや味付けを変えるだけで別メニューのような味わいに仕上げられます。もの足りない人は、ウインナーを加えてもよいでしょう。

注意したいのは、味付けを濃くしてしまうことです。ダイエットの基本は薄味です。塩分も必要ですが、体内の水分と結びつき、消化しきれないものはむくみとなり脂肪に変換されてしまいます。いろいろなだしや味付けを楽しみながら、入れる分量も考えて調理しましょう。

脂肪燃焼スープのアレンジ

毎日同じスープでは飽きてしまうので、アレンジをして楽しく日々のメニューに取り入れましょう。残っても、アレンジが出来れば楽しみも増えます。長く続けるためには、脂肪燃焼スープのレシピと食材アレンジ法を知っておくことがポイントになります。いくつかアレンジ法をみていきましょう。

豆乳を入れる

豆乳を入れるとマイルドに仕上げられるため、味が濃くなった場合にも活用できます。豆乳には、イソフラボンが含まれ、女性ホルモンの安定や腸内環境を整える作用もあります。

脂肪燃焼スープには向かないように思われていますが、実は体の内側から改善できる栄養素が含まれており、燃焼のサポートをしてくれます。体によいといっても入れすぎに注意です。スープに少量加える程度にしましょう。

チーズを入れる

カロリーは高くなるので、糖質が高いとされるジャガイモや人参を入れず、玉ねぎや葉ものを入れましょう。毎日続けるのではなく、気分転換として活用すると楽しみを感じて食事ができます。変化を付けることも、継続のポイントになります。入れる具材を工夫することでカロリーを調整します

チーズの入れすぎや食べ過ぎに注意して、適量を食することが大切です。1日3食全てにチーズを入れるのではなく、2~3日に1回という間隔を置いて入れると、よい気分転換をしながら食事を楽しめます。食べるスープになり、満足できるためストレスなくダイエットができます。

セロリを抜く

セロリは、脂肪燃焼効果を高める作用があります。しかし、味やにおいが苦手な人が多く、継続できない人も多いです。セロリが苦手な人は、ニンジンで代用可能なので試してみましょう。人参も根菜類で体を温め代謝をよくする作用があります。

他にも、アンチエイジング、目の疲れ、むくみの解消、くすみや乾燥肌の予防にも適しているため、人参を加えるメリットはあります。脂肪燃焼作用を重視するならセロリですが、美容も取り入れたい場合は人参にしてみるのもよい方法です。

キムチを入れる

キムチを加えることで、脂肪燃焼効果を高められます。豚肉も入れると、ビタミンBを摂取でき、脂肪を燃やす際に必要な栄養を補えます。キムチと豚肉との相性もよいので、効率を高め美味しく食べることができます。

毎食キムチを入れると脂肪燃焼によいイメージもありますが、胃腸に負担をかけてしまうため、毎食には不向きです。

たまに食べるからこそ美味しさが実感できたり、楽しく食べられるのです。キムチの量を調節できる場合は、入れすぎに注意しましょう。入れれば入れるほど効果を引き出せるという考えはNGです。体調を壊す原因になるので、適量を入れてキムチの味も楽しみましょう。

満腹感のある春雨を入れる

春雨は、腹持ちがよくなるがカロリーは増えるので注意して入れましょう。食感も楽しるので、アレンジには最適です。置き換えメニューとして活用することをおすすめします。小分けされているタイプの春雨を利用すると、入れすぎや食べ過ぎを回避できます。カロリーを抑えたい場合には不向きですが、置き換えや気分転換に活用すると、楽しく続けられます。味を変えたバージョンでも試してみましょう。

どうしてもお腹が空いてどうしようもないときにも最適です。他のお菓子を食べてダイエットを台無しにするよりも、春雨を多めにして食べるスープにしてもよいでしょう。毎食入れるのではなく、朝または昼に入れることをおすすめします。夜は活動しないので、ダイエット効果を引き出すためにも、夜に食するのは避けましょう。

キノコを入れる

風味がアップする上に、食物繊維が豊富なので、ダイエット効果を高められます。キノコは、脂肪や余分なものをかき集める働きがあり、一緒に排泄されていくため、キノコを加えることで太りにくく痩せやすい体に改善できるのです。風味がよくなれば気分よく食事ができ、リラックス効果も高まります。

さらにダイエットだけではなく、健康や美容にもよい作用があるので、体質改善を行いたい人はキノコも加えてみると、効果を実感する近道ができます。低カロリーで満腹感も出て、ダイエット食材としても人気です。安く手に入る食材なので、毎食スープに入れてもよいほどです。キノコはいろいろな種類があるので、具だくさんにして楽しみましょう。

カレー風味にする

食べなれたカレー味でおいしく食べられるため、人によっては毎食でも飽きないほど好みが別れます。お好きな人は、ぜひ試してほしいアレンジ法です。カレーにはスパイスが含まれているので、代謝アップの効果も期待できるのも魅力。栄養を速やかに届ける作用も抜群なので、活発に動きたい人や運動もダイエットに取り入れている人にとっても最適です。

発汗作用もあるため、効率よく脂肪燃焼をサポートしてくれるので、スープに入れるのはおすすめです。食欲が出るので、野菜をたくさん入れるか、腹持ちのよい食材を入れると満足できるスープに仕上がります。

脂肪燃焼スープダイエットのやり方

単にスープを味わって食べるのもよいですが、効果を引き出すためには食べ方があります。基本的に継続して毎日食べることを考え、計画的に取り組んでいきましょう。

1週間を基本に考える

1週間のメニューはかなり細かく決まっています。ダイエットを1カ月または半年続けるとなると、道のりが長くゴールが分かりにくいので挫折する人も多いです。しかし、1週間という短期間ならできそうな気がしてきます。1週間の食事は、全て決まっているため、必要な材料を準備することが大切になります。スケジュールに沿って食事を行いましょう。

1週間のメニューが決められていると、何を作ろうか迷うことがなくなり、買いものも楽にできます。まとめて買うと別のものも買ってしまう場合が多いため、必要なものをメモしてから買いものに行きましょう。ダイエット中に買いものに出ると、ダイエットしていることを忘れてしまう人が多いです。気持ちを強く持ち、計画的に食事を摂ることを心がけましょう。

食べてはいけないもの

脂肪燃焼スープダイエットを成功させるには、NGポイントを把握しておくことが大切です。次のことに注意して、効率よく効果を引き出し、ダイエットを成功させましょう。

ビールなどのアルコール類

ダイエット開始24時間前から摂取NGです。アルコールは水分や体内の栄養を外に排出し、肝臓に負担をかけた状態になります。その後、暴飲暴食になる傾向もあるため、ダイエットが全く意味のないものになります。体内機能が正常でないとダイエット効果を得られないため、始める場合は24時間以上時間を空けてから行いましょう。

アルコールを飲んでしまった場合、ダイエットは振出しに戻ります。24時間開けてから、再度チャレンジするか別の機会に持ち越すかしましょう。アルコールを飲みたくなったら、現在続いているダイエットが中断されることをよく考えてから決めましょう。

甘味料を含んだ飲食物

ダイエット開始24時間前から摂取NGです。ダイエット中の飲みものは、水、お茶、ブラックコーヒーのみです。カロリーがゼロでも、甘味料が使われているものは飲まないようにしましょう。甘味料は糖質となり、体内で脂肪に変換されます。脂肪燃焼効果を求めているのに、自ら脂肪の原因を摂取することになるため、甘味料は避けることを心がけましょう。

甘いものが好きな人にとっては、我慢生活が続くことになります。スープダイエット事態、糖質やタンパク質が不足するため、より辛く感じる人もいます。人によっては、甘いものがなくても平気な人もいるため、個人差が出ます。ダイエット中の飲みものにも注意をして、周りに甘味料の含む飲食物を置かないようにして、ダイエットに集中できる環境を作りましょう。

脂肪燃焼スープダイエット1週間のメニュー

1週間のプログラムを計画し続けることで、人によっては3~5kg、または8kg減という効果を得られる人もいます。1週間の進め方を把握して、成功へつなげましょう。

1日目 バナナ以外のフルーツ

この日の水分摂取は水が望ましく、100%果汁ジュースでもよいです。バナナ以外のフルーツは何を食べてもよいです。フルーツにも甘さがあるので、満腹感がでます。食物繊維も十分ありますが、食べ過ぎるのはNGです。何を食べてもよいとされていますが、まとめ買いをしてしまいがちです。

何を食べるのかをあらかじめ決めておき、1度の食事の量を決めておきましょう。食物繊維を重視した食事になりますが、食べ過ぎるとお腹が張ります。食べ過ぎて気分が悪くなる場合もあるので、無理せずに食事をしましょう。

2日目 豆・スイートコーンを除く野菜

スープと野菜を食べる日です。味付けに油は使わないようにすれば、野菜の調理法は自由です。夕飯にベイクドポテトはOK。油を使わないので、あっさりとした野菜の調理になりますが、味付けが濃くなりがちなので薄くなるように心がけましょう。

この辺りから、お腹に張りを感じる人が多いですが、食物繊維をしっかり摂っている証拠なので、ストレッチも取り入れて水分も適度に摂取しましょう。炭水化物を摂取していないため、物足りなさが出てきます。スープを具だくさんにするか、春雨なども少量加えてみましょう。

3日目 フルーツとベイクドポテトを除く野菜

スープと野菜とフルーツの日です。これらを好きなだけ食べてもよいですが、ベイクドポテトはNGです。スープも野菜も多めに準備しておきましょう。甘いものが食べたくなりますが、スープで甘みを出さないように注意して、フルーツの甘みのみで補いましょう。

玉ねぎも過熱をすれば甘みが出るので、野菜やフルーツを味わうように心がけましょう。冷凍フルーツもよいですが、甘みが増すので、ダイエット中の冷凍フルーツは控えましょう。

4日目 バナナ3本とスキムミルク

スープとバナナとスキムミルクの日です。バナナは3本とし、スキムミルクは適量を水で溶いて500mlにして飲みます。水は多く摂取するのがポイントです。それぞれ別にして飲むのもよいですが、バナナ、水、氷、スキムミルクをシェイクにして飲む方法もおすすめです。

砂糖を加えず、バナナの甘みのみで楽しみましょう。スープは具だくさんにして大丈夫です。バナナな、加熱すると甘みが増すため、そのままのものを食べるようにしましょう。バナナには糖質が多く含まれているため、糖質不足となっている体なので、食べ過ぎてしまう可能性があります。3本までとなっているため、注意しましょう。

5日目 肉とトマト

スープと肉とトマトの日です。トマトは6つまでOKです。牛肉の量に制限はありませんが、350~700gの目安にしましょう。牛肉の赤身、または鶏肉か煮魚でもよいので、お好みで食べるとよいでしょう。鶏肉の場合は皮を除くことを忘れてはいけません。皮は高カロリーで「油」にもなります。また、ベイクポテトを除く野菜なら食べてもよいでしょう。

スープは最低1杯は飲むようにします。水分も多めに摂取することも心がけましょう。タンパク質をしっかり摂れる日なので、肉類を準備しておきましょう。脂身部分は避けて、薄い味付けを心がけて食べるようにしましょう。

6日目 ベイクドポテトを除く野菜と牛肉

スープと牛肉と野菜の日です。牛肉はたくさん食べてもよく、摂取量の制限はありません。この日も、煮魚や鶏肉など、自分の好きな肉を選びましょう。好きなだけ食べてもよいですが、スープは必ず1杯は食べるようにしましょう。ベイクポテトを除いた野菜であれば何でも食べてよいです。

7日目 玄米と野菜と100パーセント果汁のフルーツジュース

玄米と野菜とフルーツジュースの日です。フルーツジュースは100%果汁のものを飲みましょう。忘れずに1杯以上スープを飲むことです。玄米が苦手な人は、リゾットにして柔らかくすると食べやすくなります。野菜や玄米を食べるときは、味付けをできるだけ薄味にすることです。

脂肪燃焼スープダイエットを工夫しよう

1週間のプログラムが終わったからといって、急に通常食に戻るとリバウンドの原因になります。大切なのは8日目以降からの取り組みになります。

8日目以降も続けるべき

そのあとも脂肪燃焼スープを続けるのが理想です。体に変化が出始めているときなので、このまま継続した取り組みでリバウンドしにくく、太りにくい体に体質改善ができます。いろいろなアレンジを取り入れ、基本形を守っていれば大丈夫です。気が緩みがちになりますが、食べてはいけないものに注意することで、継続して取り組めます。

食材の代用もできる

キャベツ→アスパラガスなどで代用可能になるため、いろいろな食材で試してみましょう。味付けを変えるだけではなく、食材の代用をすることで旬の野菜を取り入れられ、楽しく続けられます。注意したいのが、普段の飲料水や他の食べものです。炭酸飲料、パンや揚げものといった小麦粉を使った食品も控えることで、さらにダイエット効果を継続できます。

スープだけ食べるのは大変

同じスープだと飽きてしまうため、一日1回は食べるようにして、あとは通常食にしてもよいでしょう。置き換えにするとリバウンドしやすくなりますが、具だくさんのスープにすることや、ときにはチーズを使ったレシピにアレンジするなどして、気分転換を取り入れることで楽しく続けられます。基本形の食事と注意点だけ把握して、プロテインや運動も取り入れて行ってみましょう。

毎食食べるのは無理なら夜だけでも

夜だけでも効果はあります。短期間ではなく、長期間取り組むことで効果が実感できるようになるため、アルコールや甘味料も長い期間控える必要があります。夜だけでも、注意点やルールを守ることで効果を実感できます。脂肪燃焼スープもよいですが、食材をアレンジすればデトックスの毒だしスープにもアレンジできます。毎食続けるのは難しい人は、このようなアレンジスープにも挑戦するとよいでしょう。

ゆるくやってみるのもあり

毎食スープがきつい場合は、1食だけの置き換えもありです。3食のうち、どのタイミングでもよいですが、一番効果的にできるのは夜です。夜が難しいと感じる人は朝でもよいでしょう。ゆるくやっても、効果がないわけではなく、緩やかに効果が表れてきます。

しかし、アルコールや炭酸飲料を摂取していては効果は期待できません。ゆるく行うことはよいですが、ルールを守って取り組むことで結果に反映されていきます。

脂肪燃焼スープと運動で相乗効果を図る

ただしストレスがたまるのならやらないほうがよいでしょう。運動がストレスになる場合は、軽いストレッチだけでも効果的です。せっかくスープの効果で代謝がよくなっているのですから、合わせて運動を取り入れることでさらに効果的にダイエットができます。ダイエット効果を引き出したい場合は、運動も適度に取り入れるとよいです。

脂肪燃焼スープの効果

脂肪燃焼スープは、脂肪を燃焼するだけではなく、他にも期待できる効果があります。健康的に痩せるためにも、得られる効果を知っておきましょう。

ダイエット効果が期待できる

「食べる」ことはできるので、ストレスのないダイエットが可能です。また、材料や味付けなど、自分好みにアレンジできるので、飽きずに続けられる魅力があります。料理が苦手な人でも作り方が簡単なので、手軽さも続けられるポイントになります。1週間、ルールを守って続けることで成功率の高いダイエットができます。具だくさんにしても肉を食べても痩せられるため、魅力を感じる人は多く、成功させている人も多いです。

便秘解消効果が期待できる

食物繊維が豊富なので、便秘も解消される効果がえられます。ダイエット目的ではなく、便秘解消として行うこともよい方法です。頑固な便秘や、体質改善をしたい人にもおすすめです。体調も整いやすく、健康維持のために続けている人も多いです。最初はダイエット目的でも、次第に健康を目的として続けてもよいでしょう。日々のお通じサイクルを整えてくれるので、気持ちもスッキリします。

肌の調子が整えられる

美肌効果、腸内環境の改善などもはかることができます。肌が凄くきれいになったといわれる人も多く、デトックス効果もあるので、体の内側から綺麗になり、老廃物をため込まない体に改善できます。そのため、肌の調子もよく透明感のある美しい肌に改善できるのです。入れる具材によって、アンチエイジング効果も得られるようになります。野菜には多くのビタミンが含まれているため、健康や美容のための体質改善にもおすすめできます。

玉ねぎ成分が血流に良い影響

硫化アリルが血液を凝固させない、血栓を作らない効果があるといわれているため、玉ねぎを入れることをおすすめします。玉ねぎには、食物繊維が含まれ便秘解消にもよい効果を発揮します。動脈硬化や血栓の予防にもつながり、流せる綺麗な血液にしてくれます。カットすると目や鼻にきますが、実はこの成分こそ硫化アリルという物質なのです。

脂肪燃焼スープの体験談

体験談は、3つのポイントを見ることが大切です。それぞれの体験談を見ることで、自分が出来そうか、注意したいポイントが見えてきます。

痩せすぎたという人の体験談

運動なしでも2、3kg痩せたりするという体験談もあれば、5~8kg痩せたという声もあります。成功はしたが、とにかく過酷だったという声が多く寄せられています。

毎日食べれるのでストレスにはなりませんが、甘味料や炭酸、アルコールも禁止になるので、普段摂取している人にとっては我慢しなければならないため、キツイと感じる人も多いです。しかし、1週間のルールさえ守れればさほど大きな試練はなく、体もスッキリしたという好評の声が寄せられています。

痩せないという人の体験談

必要以上にいろいろ食べてしまう場合があるため、効果を実感できなかったという人も多いです。1週間のメニューをしっかり準備できればよいのですが、甘味料や炭酸飲料、アルコールなど、少量ならよいと思って摂取する人は、ダイエット効果を得られないため効果を実感できません。

絶対的な糖質やタンパク質の量が足りないため、別な食べもので補おうと体が自然に欲してしまうのです。痩せなかったという人は、「他のものを食べてしまうことによる失敗」という声が多いです。1週間という期間、ルールを守って取り組むことで成功へとつなげられます。

リバウンドしたという人の体験談

ダイエット後に甘いものをたくさん食べてしまうなど、リバウンド体験も寄せられています。ダイエット効果を実感でき、1週間で5~8kgも減量してしまうと、体が不足したものを補おうとします。

ダイエットが終わったという安心感から、いろいろと食べてしまうため、結局リバウンドしたという声も。リバウンドしないためには、8日目以降の取り組みが重要になります。1週間のダイエットが成功したからといって油断は禁物です。その後も継続することで、リバウンドを回避できます。

脂肪燃焼スープの注意点

脂肪燃焼スープは、成功するとダイエット効果が発揮されます。しかし、注意したいポイントがいくつかあるので、失敗しないためにも注意点を押さえておきましょう。

賞味期限が短い

スープを作っても、常温だと3日ほどしか持ちません。夏場だと1日も持たないので、作りすぎてもダメにしてしまう可能性があります。夏場なら、1日分を作り、食べきれる量を作ることがポイントになります。あらかじめ材料を用意しておき、作りすぎないことを心がけましょう。

まとめて作っておけば、その分手間もかからず楽にできると思いがちです。万が一残ったとしたら冷蔵庫で保存するなどして、スープを悪くさせて体調を壊さないようにしましょう。

お腹が張る

食物繊維が豊富なため、おなかにたまる感触があることも。人によって個人差が出ますが、二日目でお腹が張ったと感じた人も多いです。デトックス作用があるので、諦めず続けることで、お腹の症状は治まりしっかり排泄でき、お腹周りがスッキリとしてきます。

三日目でお腹が張る人、四日目でなる人もいます。お腹に痛みが出てきて辛くなったら、無理をせずに中断して、体調を整えてから再びチャレンジしてみましょう。

便が臭くなる

お肉を食べると便やおならが臭くなるというイメージがありますが、野菜でも便やおならが臭くなる成分が入っているのです。臭い成分とは裏腹に、抗酸化作用がしっかり含まれている証拠でもあるのです。特に、玉ねぎとキャベツが臭いの原因となる野菜になります。

臭いに敏感な人は、この野菜を別な野菜に代用するなどの対策を取って行うとよいでしょう。また、消臭効果のある野菜と一緒に食べることもよい方法です。トマトやレモンも臭いけしによい食べものです。おならを我慢することは体によくないので、食材を変える工夫をして取り組んでみましょう。

利尿作用で頻尿になる可能性

利尿作用があるため、日常生活を送るうえで気になることもあるかもしれません。さらにデトックス作用もあるため、人によっては下痢になる人もいます。これは体の悪い毒素や老廃物を排泄しようとする、好転反応として捉えるとよいでしょう。

毒素をどんどん外に排泄するため、我慢せずすぐにトイレに行ける環境を整えておきましょう。下痢になると、自分に合っていないと思う人が多く途中でやめてしまう人もいます。ここを乗り越えれば、スッキリとした体に改善できるので、体の変化も受け入れていきましょう。

リバウンドする可能性

ストイックな食生活の反動から、リバウンドする人も多いです。リバウンドをしないためには、8日目以降の食生活が鍵となります。お酒は週3日、飲みものは水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース、スキムミルクです。炭酸飲料はNGですが、炭酸水はOK。砂糖などの甘味料は続けて控えましょう。

このルールを守れれば、リバウンドの可能性は低くなり、スッキリとした体形を維持できます。8日目以降の取り組みを知らない人も多いため、リバウンドしてしまう人も多いのです。取り組む前に、8日目以降の食事をあらかじめ考えて多くとよいでしょう。

リバウンドしないためには

リバウンドしないためには次のポイントがあります。せっかくダイエットに成功してもリバウンドをしては意味がありません。努力を台無しにしないためにも、リバウンドを回避する策を知っておきましょう。

ダイエット後に気を抜かないようにする

リバウンドしてしまう人もたくさんいますが、リバウンドしない人も多くいます。その人たちはダイエット後も気を抜かなかった人たちです。効果が出るダイエット法ですが、自分の取り組み次第で失敗につながってしまうデメリットもあります。ダイエット後でも引き続き取り組んでいこうという意識を持っていると、リバウンドなりにくく、体型を維持できます。

回復食に注意する

脂肪燃焼スープメインの食事から、通常食に切りかえるまえに回復食を取り入れましょう。いきなり通常食にするとリバウンドは免れません。豆腐や納豆、玄米などがおすすめです。柔らかくして消化がよく腹持ちするようなレシピにすると、リバウンドのリスクを軽減できます。

また、おやつにポテトチップスやチョコレートなど、今まで我慢していたものを一気に食べないことです。回復食は2~3日設けて、通常食に切り替えましょう。引き続き続けたい場合は、1日に1食はスープを摂り入れた食事を継続していきましょう。

その後の食生活にも注意する

前と全く同じ食生活はリバウンドにつながります。回復食を設けたとしても、以前と同じ食生活では確実にリバウンドしてしまいます。燃焼スープを続けることで、体の調子がよくなり健康にもよいのですから、ダイエットだけではなく健康や美容を目的として食べてもメリットはあります。

最低でも1日1食をスープにして、継続するルールを守った食生活を心がけましょう。朝はゆるやかな効果が期待でき、夜にすると継続して効果を引き出せます。無理せず楽しく取り組むことが継続できるポイントになるので、アレンジや気分転換も上手に取り入れて、日々のスープレシピに活用していきましょう。

無理をせずに脂肪燃焼スープでダイエット。

脂肪燃焼スープは、ルールを守って取り組むことでダイエット効果を実感できます。しかし、1週間後の食生活次第で、人によってリバウンドする可能性が高まります。効果を継続させるためには、引き続き燃焼スープを摂り入れた食事を心がけることです。

そして、アレンジをしながら楽しく調理をすることで、飽きずに旬の野菜を楽しみながら食事ができます。自分の取り組み次第で効果を引き出し、継続できるダイエット法なので、成功できるように計画を立てて取り組んでいきましょう。


LITORA編集部

自分らしい生き方を見つけたい。大好きなものに囲まれる生活をしたい。暮らしや仕事、オシャレも美容も恋愛も“自分らしく心地よく”を軸に自分のライフスタイルに合わ...

プロフィール