仕事の悩み

仕事が嫌いなあなたへ。気持ちを切り替えるワンポイントアドバイス

ふとしたきっかけで仕事が嫌いだ思ったことはありませんか。早く切り替えたいのに、その気持ちに気づいてしまうと苦しさから逃れるのは至難の技。そもそもどうして仕事を嫌いになってしまうのでしょう。その原因から嫌いと感じる事への対処法を提案します。

仕事が嫌いだと感じてしまう原因とその対処法

今までやりがいを感じて楽しく働いていたはずなのに、気がついたら仕事が嫌いになっていたという人は意外に多いようです。どうせ働くなら嫌々働くよりもポジティブに取り組むべきなのは自分でもわかっているのに、気持ちを切り替えるのはかんたんではありません。

そもそもどうして仕事が嫌いになってしまったのでしょう。そしてどのように気持ちを切り替えていくのがいいでしょうか。その原因と対処法を考えていきましょう。

仕事が嫌いになってしまう原因

何事も原因がわからないと対処のしようがありません。まずは自分と向き合って、仕事が嫌いになってしまった原因をリストアップしてみましょう。

仕事の内容が自分に合っていない

あなたが今の仕事を選んだのは何故ですか。就職活動をする際に、仕事の内容よりも待遇の良さや通勤しやすさなどを優先してしまった場合は、仕事に面白みを発見できずに仕事が嫌いだと感じるかもしれません。生活をしていく以上仕事をしなければならないのに、そのためだけに出勤すると思うと気が滅入るのも仕方ないことかもしれません。

しかし自分がもともと好きだったことを仕事にできている人は実は少数派。もちろん好きなことを仕事にできれば、そのような幸せなことはないでしょう。しかしみんな何かしらの妥協や不満を抱えながら仕事をしています。

お金を稼ぐために働くことは決して悪ではありません。むしろ普通のことと言ってもいかもしれません。そのような中で今でも仕事をきちんと続けているあなたは十分に素晴らしいともいえるでしょう。

上司や同僚に嫌悪感を感じる

仕事をしているとどうしてもソリの合わない人も存在するでしょう。その相手が上司であったり、避けることが難しい同僚だったりするとさらに息苦しく感じます。そのように職場の人間関係が上手くいかないと職場に行くのも億劫になり、その延長線上で仕事を嫌いだと感じてしまっている可能性があります。

大切なのはそこにいる人たちよりも、あなたが仕事とどのように向かい合えるかでです。仕事自体が楽しいと思えるのであれば、まだ改善できる可能性を感じます。

人間関係の問題は残念ながらどの職場に行ってもつきまとう問題です。仕事自体にも嫌悪感を感じているなら、仕事を辞めなくてはならないほどに辛いのか、なにか改善方法はないのかと順番に気落ちを整理してみることをおすすめします。

毎日の残業がつらい

仕事は仕事、プライベートはプライベートできっちり分けて生活したい人にとって、残業が多い職場はストレスになるでしょう。中には「仕事を定時で上がって、帰りに習い事をしよう」などとアフターファイブに仕事のゴールを定めている人もいるかもしれません。

あまりにも残業が多すぎる、サービス残業が蔓延しているなどの環境は自分一人で改善するのは難しいかもしれません。ですが日中の仕事の効率をあげることで残業を減らすことはできるはずです。

サッと仕事を終わらせて帰っている先輩や同僚がいたら、その仕事術を学ばせてもらいましょう。そのような自己啓発の書籍を読むのもよいかもしれません。

なかなか評価されないため

人間は褒められると、つい頑張れてしまう生き物です。新入社員だった頃は契約を1件取ってきただけでももてはやされていたのに、最近ではどんなに頑張っても誰も褒めてくれない。評価されないと「自分はこの職場に必要ないのではないか」とまで考えてしまって、とてつらく感じてしまいがちです。

特に日本は表立って誰かを褒めるということが苦手な文化だといわれています。ですが、仕事ができる人は真面目に取り組んでいる人のことを必ず見ているものです。

積もり積もった評価はいつか必ずあなたの元に届きます。目先の評価だけに惑わされずに、仕事を続けてみましょう。そして「褒められたい欲」が湧いてきたときは、少し贅沢なスイーツや非日常的なスパなどの自分で自分にご褒美をあげましょう。

給料に満足できない

こんなに働いているのに割に合わないと感じながら仕事を続けていると、いつの間にか仕事自体が嫌いになっていくことがあります。このままこの会社に勤めていて、給与が上がる日は来るのでしょうか。

そのような場合は、まず会社の仕組みをきちんと知ることから始めましょう。昇進や給与アップの条件がわかれば、そのために目の前の仕事に積極的に取り組むことができるようになるはずです。

また持っている資格で手当がつく場合も。空いた時間に資格取得に向けて勉強をすることで、ますます仕事に対しての意欲を掻き立てることができるでしょう。

ライフステージの変化が影響

独身や実家暮らしだった頃は毎日が気ままで、仕事が生活の中心だった人も多いでしょう。ですが結婚や出産を経てから職場に戻ると、そのような訳にはいきません。仕事をこなしつつ帰宅した後も家事や育児が待っていれば、その両立に疲れてしまいます。

しかし昔と今を平等に比べることはできません。そして仕事と同じくらい、またはそれ以上に大切なものを手に入れたのですから、昔のように仕事中心になれないのも仕方のないことだと割り切りましょう。

もちろん親やパートナーに頼れるようであれば協力してもらうのもいいかもしれません。今はまだ独身であったり、夫婦で共働きの人も、将来的にライフステージが変化する可能性があります。そのことを視野に入れた人生設計をしていく必要があるでしょう。

仕事が嫌いだと感じた時すべき事

「私は仕事が嫌いだ」。この気持ちに気づいてしまったら、その先どのように切り替えていけばいいのでしょうか。自分と向き合ってみたり、割り切ってみたり…ご自身のパターンに当てはめて考えてみましょう。

自分の仕事が誰のために存在するのか考える

あなたの仕事は、誰のために役立っていますか。もし誰かの役に立っている、感謝される仕事だと思うことができれば、仕事にやりがいを感じられるでしょう。

時には職場を離れた立ち位置から、あなたの仕事のことを客観的に見てみましょう。あなたの影の活躍によって生まれるお客さまの笑顔や、ほっと一息つける瞬間を感じることができるかもしれません。そして競合他社で同じ感動を与えることはできますか。自分にしかできない価値ある仕事だ、と気づくことができればこの苦しさから自然に逃れることができるでしょう。

お金が目的であると割り切る

「お金のために働いている訳じゃない」。そのようなセリフを耳にすることがありますが、果たして本当でしょうか。少なからず、誰もがお金のために働いているのは事実です。そしてそれは決して悪いことではありません。

お金があれば気持ちに余裕を持つことができます。万が一に備えることもできます。将来への不安も少なくすることができるでしょう。仕事をするのはお金を稼ぐため。そのように潔く割り切ってしまえば、その目的のために仕事に対して一生懸命になれるでしょう。

仕事以外の生き甲斐を見付ける

毎日自宅と職場の往復だけでは心も体も疲弊してしまいます。時には刺激を取り組むことで、毎日の生活がより充実したものになり、心のエネルギーも満ちてくるでしょう。

おすすめなのはジム通いや陶芸、料理などの習い事を始めること。もし自宅でDVD鑑賞をしているのなら、映画館で見ることをおすすめします。とにかく自宅と職場以外に定期的に立ち寄る場所を増やすことです。自分をいつもと違った環境に置くことで、リフレッシュできたり今までになかった新しい発見が生まれたりするでしょう。

仕事の環境を整え直す

あなたの職場のデスクは整理せんとんされていますか。デスク以外の場所が散らかっていたり、汚れていませんか。雑事とした環境では、あなたの気持ちも落ち着かなくなるのは仕方のないことです。気持ち良く仕事ができるよう、一旦環境を整えなおしてみましょう。

清掃係のいる職場であっても、気になる箇所はサッと片付けてしまいます。自分の視界に入る場所に、ちょっとしたフェイクグリーンを置くのも効果的。落ち着いた職場になると、不思議と仕事に集中で器用になるものです。騙されたと思って少しだけでいいので身の回りを片付けてみましょう。

誰かに相談する

悶々と一人で考え込んでしまうと、次第に思考も閉塞的になりマイナスの感情に引っ張られてしまいがちです。対面でなくても、電話やメールでも構いません。時には信頼できる友人などに話を聞いてもらうと気持ちがすっと楽になるでしょう。

誰かに話すことで気持ちが楽になる。これは「カタルシス効果」といって、カウンセリングの世界でも活用されている方法です。もし話せるような友人もいない、という場合は心理カウンセラーに話を聞いてもらうのもよいでしょう。上手く話す必要はありません。とりとめのない話で吐き出してしまって、スッキリとした気分を味わってみましょう。

仕事を楽しいと感じられる人の特徴

仕事が楽しくて仕方がない。そのような人を見るとつい眩しく感じてしまいます。その人と自分は何が違うのだろう。そのように考えたことはありませんか。楽しく仕事をしている人の特徴にはどようなものがあるのでしょうか。

特技や好きな事を仕事にしている

自分の得意な事や好きな事を仕事にしているひとは、本当に楽しそうに仕事をしています。好きだから続けられる。好きだから苦にならない、という話もよく聞きます。

もし今の仕事が好きではない、というひとも続けていくうちに得意なジャンルが見つかるかもしれません。それは誰かのバックアップをその部分に磨きをかけていくのもいいでしょう。

コミュニケーション能力が高い

人間関係が円滑に進むようなコミュニケーションを心掛けている人には笑顔が絶えません。どんな仕事をしていても、周りには人が溢れて楽しそうに見えるでしょう。

しかし本心で楽しんでいるかどうかは別。「仕事だから仲良くしているだけ」という表面上のお付き合いも時には必要です。少し寂しく感じるかもしれませんが、職場の人間関係とプライベートの交友関係は分けて考えた方が気が楽になる場合もあります。

人にありがとうを言われる機会が多い

接客業やコミュニケーターなど、お客さまと触れ合う機会がある仕事だと「ありがとう」と言われる機会があります。感謝されることでモチベーションを維持することができるため、楽しく仕事をすることができます。

事務職やいら方の業務ではお客さまにお礼を言われる機会はないかもしれませんが、周りには職場の人がいるはずです。ちょっとした雑務などでも積極的にこなすことで、周りの人に自然と「ありがとう」をもらえるようになります。

お金が目的であると割り切った考えを持っている

報酬を得るために仕事をしている、と割り切って考えていると辛い仕事も前向きに乗り越えることができます。仕事の目的を失うと、仕事のために仕事をする、という精神的に辛いループにはまってしまうでしょう。

お金に重きをおくことに抵抗がある人は、そのお金をなんのために稼ぐのかを考えてみましょう。自分の夢を叶えるためであったり、欲しかったバックを買うことでも、駅近の新築マンションを買うことでも構いません。何かの為に頑張ろうと思う力は、想像以上の原動力になるはずです。

完璧主義と対極にいる

仕事が嫌いだ、どうしよう、と悩む人は大概「真面目な人」。仕事に真剣に取り組み、パーフェクトを求めるからこそいるからこそ生まれてくる悩みだともいえるでしょう。

そのような人は少し肩の力を抜いてみましょう。楽しそうに仕事をしている人の中には、いい意味で「いい加減」な人が多いもの。なんでも一人で全てこなすのではなく、上手に人を頼りなが仕事をこなしているのです。場合によっては人を使うことも仕事上の重要なスキル。役職や立場もあるかもしれませんが、仕事とは本来それくらいでもいいのかもしれません。

退職したいと考えた時すべき事

自分の気持ちと向き合ったりいろいろ工夫をこらしても、やっぱり仕事が嫌。こんな仕事は辞めてしまいたい。そのような気持ちになってしまっているようであれば、退職することも視野にれる必要があるかもしれません。

ですがその前に、最後に立ち止まってもう一度だけ落ち着いて考えてみましょう。退職を行動に移すのはその後でも遅くないはずです。

本当に転職が最善の判断か考える

転職してしまえば、今の職場の煩わしさからは解放されるでしょう。ですが一生仕事をせずに生きていくわけにはいきません。少し休憩を挟んでもいつかはまた就職活動を経て仕事を再開する日が来るでしょう。

転職によって状況が良くなるパターンもありますが、原因によってはどの職場にも蔓延していて状況が変わらないパターンもあります。転職をするのは想像以上に重労働。結局状況が変わらないのであれば、無駄な労力でしかなくなるかもしれません。

嫌な仕事を断ってみる

仕事の内容に好き嫌いは許されないかもしれませんが、余計な仕事でストレスが溜まっている場合は思い切って引き受けるのを断ってみることも必要です。断る時も「やりたくない」ではあまりにも子供じみています。

もし仕事を断る時は「今はこちらの仕事を優先したい」「違う人に別の仕事をすでに頼まれている」などと角が立たないように上手にかわせるようにしましょう。

自分が退職したいと思う理由を分析する

それでも辞めたい気持ちが治まらない時は、自分が退職したいと思う理由を分析してみましょう。思いつくままに箇条書きにするのも効果的。カタルシス効果で書き出すことで気持ちがすっきりするかもしれません。

そして書き終わった紙を改めて見てみると、「辞めてしまうほど深刻ではないかも」 という気づきもあるでしょう。また本当に退職し、次の仕事を探す時に同じ轍を踏まないためのヒントにもなりえます。

どうしようもなく追い詰められていたら転職の準備を

「仕事に行くことを考えるとドキドキしてしまう」「このまま布団から出たくない」。そのように心や体を病んでしまいそうなくらい追い詰められている場合は、転職を考えるべきかもしれません。

生きていく為に仕事をする必要は確かにありますが、あなたの幸せや健康を代償にするほどの価値はありません。次に仕事を見つける時は時給の高さや肩書きよりも、自分が楽しんで働けるか、やりたいと思える仕事かどうかを重視しましょう。

上司が嫌いな場合の対処法

仕事をしていると嫌でも上司という立場の人間が存在します。そしてその上司が嫌いだと、仕事も一緒に嫌いになってしまいます。仕事は嫌いではないけれど、上司が嫌いという場合はどのような対処法があるのでしょうか。

上司に完璧を求めない

この世には完璧な上司は存在しないと割り切って考える。その一言に尽きるでしょう。上司とて所詮同じ人間です。苦手なことや欠点の一つや二つあってもおかしくないのです。

もちろん仕事ができて面倒見が良く、懐の深い上司がいれば最高ですが、そのような人はテレビドラマの中にしかいないもの。そう割り切りってしまうと案外楽になれるので不思議です。

理不尽な怒りは受け流す

中には八つ当たりのように理不尽な怒りをぶつけてくる上司も存在します。彼らに「やめてほしい」ということもできないでしょうし、例えその不満を伝えたところで逆効果になるのは目に見えています。

ここは立ち向かうだけ無駄だと諦めて、聞いているふりするが勝ちです。話は本当に必要な注意や指示だけを心に留めて、それ以外の愚痴や余計なお説教は心の中で受け流す術を身につけるのが賢い回避方法だと言えるでしょう。

上司は別の生き物だと割り切る

上司のことを理解しようとしても疲れてしまうでしょう。彼らは自分は同じ価値観やレベルの人間ではなく、宇宙人的な別の生き物なのだと割り切って付き合ことをおすすめします。

あなたの上司も、さらに上の上司に口うるさく言われて、あなたを指導するように「言わされている」可能性もあります。あの人はあの人で大変だな、くらいに捉えてしまうのもよいでしょう。

おどおどした態度は見せない

イライラしている相手におどおどした態度をとると、さらにイライラさせて怒りを助長させる可能性があります。また叱責が終わった後もいつまでもビクビクされると、上司とていい気はしないはず。

もちろん反抗的な態度は持っておほか。注意されたことには潔く謝罪してしまった方が火に油を注ぐ事がなく、いつまでもお説教をきかされなくて済むでしょう。

同僚が嫌いな場合の対処法

上司と同様、同僚が嫌いでも仕事が億劫になってしまうもの。上司とは上下関係がありますが、対等であるはずの同僚との距離感は上司以上に難しいものがあります。

それとなく距離をとる

大前提として、同僚は友達ではありません。ですので女性グループにありがちな、一緒にランチ、一緒にトイレなど、仕事と関係のない部分でストレスを溜めてまで無理に付き合う必要はないのです。

また飲み会などでもあまり近付かないようにすれば、相手も自分を避けていると気づいてくれるはず。無難な距離感を保てるようにしましょう。

仕事のためと割り切る

いくら苦手でも、個人の気持ちで職務上一緒に過ごす時間を減らすわけにはいきません。そしてそのような相手を邪険にしたり、無視をしていても仕事環境は一向に改善しません。大人の対応が必要になるでしょう。

仕事上の人付き合いはあくまでもドライなもので十分。お互い大人なのですから特別仲良くなろうと考えず、仕事のため仕方なく付き合ってるだけだと割り切ってしまって大丈夫です。

自分への攻撃だと思わない

同僚も仕事上、どうしてもあなたに苦言を呈する必要な場面があるかもしれません。ですがこれはあくまでも仕事。同僚も本音をいえば厳しいことを言いたくないはずです。これはあくまでも業務上の注意なのであって、決してあなたの悪口ではないことを認識しましょう。指摘されたことを謙虚に受け止めて、自分のスキルアップに繋げます。

また逆に自分が誰かに指摘しなければならない場合には、その内容だけを簡潔に伝え、余計な小言や嫌味を挟まないように気をつけましょう。自分がされて嫌だと思うことは、相手にもしないことは仕事をする大人の鉄鼠則です。

社内では愚痴を言わない

嫌なことがあるとつい社内でも愚痴っぽくなってしまいがち。ですが同僚の愚痴は、どこで本人が聞いているかわかりません。また自分の知らないうちに「あの人が悪く言っていたよ」と伝わる可能性もあります。

社内での愚痴は自分に跳ね返ってくるリスクが高いため、どうしても誰かに話したくなったら場所を社外にするか、別の職場で働く友人に聞いてもらいましょう。SNSでのつぶやきも誰が見ているかわからないため、相手を特定できない形であってもやめておくのが賢明です。

仕事を嫌いと感じたらまずは冷静に自己分析しよう

どんな仕事も辛いことや煩わしいこととセットになっているものです。相手を批判しても、今の職場を離れても根本的な原因がわからなければ仕事を好きになることはありません。

仕事から離れることはいつでもできるので、今は立ち止まってゆっくり深呼吸。今の現状やこれから自分がどのような生き方をしてきたいのかを冷静に自己分析をして、後悔のない毎日を送っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

編集部おすすめ記事一覧

ピックアップ記事一覧